Large thumb shutterstock 599744498

優しい顔のメイク|モテる平行眉の整え方やきつい顔の目元は?

更新:2019.06.21

優しい顔に見られたくても、きつい顔だと言われる人がいます。そんなきつい顔に見られる人は、メイクなどで印象が変えられます。優しい顔に見えるポイントは「眉毛」になり、眉毛の形で目元の印象は大きく変わります。そんな優しく見える眉毛で、オススメが平行眉です。そんな、眉毛の整え方などを紹介しています。

きつい顔に見える原因は?眉毛の形は?

きつい顔に見える原因は眉毛にある!

初対面の方に会ったときに、「気が強そう」や「怖そうな人」などのきつい顔だと言われてしまう人がいます。どうしてそんなイメージをもたれてしまうのでしょうか。その原因は「眉毛」にあり、眉毛の形や濃さなどの条件によってイメージは大きく変化します。

またきつい顔だと言われる人も、できるだけ優しい印象はもたれたいです。また優しい顔の印象にすることで、モテることにも繋がります。そんな優しい顔の印象にするためには、眉毛の整え方やメイクなどで変化するためぜひ試してみてください。

きつい顔に見えるのは眉毛の形のせい!

人の印象は眉毛の形で大きく変わります。そんなきつい顔に見える眉毛の形は、眉毛の「角度」によって違います。そんな眉毛の形は、大きく下げることで眉毛にきつい角ができるため、顔つきもきつくなって見えます。そのため、眉毛を大きく下げることは避けましょう。また逆に、眉毛角がないと優しい顔の印象になります。

また眉毛の形は、それぞれの顔の輪郭によって合う形が違います。そのため、眉毛の整え方をしっかり学んでから整えましょう。そんな、それぞれの顔に合う眉毛の形など紹介している関連記事を、下記に付けてあるためぜひ読んで参考にして眉毛の形を整えてみてください。

眉毛の濃さもきつく見える原因になる

印象には、眉毛の形が大切だと紹介しましたが、眉毛の濃さもとても大切な条件です。眉毛が濃いと主張しすぎてしまい、きつい顔や印象にみられる傾向があります。また薄い場合でも、眉毛がないような印象になるため怖い印象があります。また優しい印象にするためには、自身の髪色に合せた眉毛の色や、濃さにしましょう。

そんな眉毛の濃さですが、その濃さは人によって違い元から眉毛が濃い人も多くいます。そんなもとからも眉毛が濃い人の眉毛の整え方などを紹介している関連記事を紹介するので、気になる方はぜひ読んでみてください。

優しい顔を作る平行眉の整え方は?

優しい顔に見える整え方ポイント①眉毛の流れをアイブロウブラシで作る

優しい顔の印象にするため平行眉毛がおすすめです。そんな平行眉の整え方は、まず眉毛の流れを整えるためにアイブロウペンシルなどに付いているスクリューブラシで、眉毛の流れを整えていきます。そうすることで、切らなくてもいい眉毛を切るなどの失敗が防げます。この作業が、眉毛の整え方ではとても重要です。

そんなスクリューブラシは、メイクブラシのセットにも付属しています。メイクブラシのセットは、100均でも購入ができます。100均で購入できるメイクブラシのセットの詳しい関連記事を付記しておくので、ぜひ読んで購入するときの参考にしてください。

優しい顔に見える整え方ポイント②眉毛のムダ毛を処理しよう

眉毛の流れをつくったら、眉上側と眉間のムダ毛を処理します。眉間や、眉の上側のむだ毛の処理にはカミソリで剃る整え方がオススメです。なぜカミソリがオススメかと言うと、眉上などは産毛が広範囲に生えているため、毛抜きで抜くのは大変だからです。

優しい顔に見える整え方ポイント③眉毛コームを使って眉毛をカット!

次は眉毛用のコームや、眉ばさみに付いているコームなどを使って、そのコームからはみ出ている眉毛をカットして眉毛の長さを整えます。またコームを使わずに眉毛をカットすると、必要な部分が切れたり眉毛がマダラになる失敗に繋がります。

そんな平行眉を作るときのポイントは、眉毛の長さを短くしすぎないことになります。眉毛の長さを短くしてしまうと、平行眉を描いたときに不自然な感じになるため、眉毛の長さは長めに残すことをおすすめします。

優しい顔に見える整え方ポイント④整え方の最後の仕上げはピンセットで

眉毛のカットまでできたら、最後の仕上げとして眉毛の下の部分の余分な眉毛を、毛抜きを使って抜いていきます。眉毛の下の部分の毛は、毛自体が濃い場合が多いため、カミソリで剃るのではなく、毛抜きで抜くことをオススメします。

しかし、細かい産毛が多く生えている場合にはカミソリで剃りましょう。眉毛の整え方をしっかりすることで、顔の印象は大きく違ってくるためしっかり整えておきましょう。

優しい顔のメイク|平行眉の書き方は?

優しい印象の平行眉メイクポイント①眉ペンシルで整える

優しい顔に見える平行眉の描き方は、まずアイブロウペンシルで眉の縁取りをします。眉の縁取りの方法は、まず眉毛の上部分に真っ直ぐのラインを引きます。次に、眉下に眉上に描いたラインと平行になるようにラインを描きます。縁取りの方法のポイントを下記で紹介するので、縁取りするときの参考にしてください。

そんな、優しい顔に見える平行眉を描くために使うアイブロウペンシルには、たくさんの種類があります。そのアイブロウペンシルのおすすめランキングの関連記事を紹介するので、ぜひ読んでモテる眉を手に入れてください。

平行眉の縁取りのポイント

  • 綺麗に平行に描くためには、すぐにラインを描くよりも印を付けてから引く
  • 特に眉頭の上の部分と、眉尻の下の部分に縁取ると平行になりやすい
  • 縁取るときの、ラインは濃く描かずに薄めに描く

優しい印象の平行眉メイクポイント②眉毛ブラシで流れを整える

アイブロウペンシルで縁取りをしたら、眉専用ブラシで眉毛の流れを作りながら、描いた縁取りのラインをぼかしていきます。特に眉毛の眉頭は、ペンシルなどで描かれていると不自然なため、きちんとぼかすことが平行眉を綺麗に仕上げるポイントになります。ぜひポイントをふまえてぼかしてみてください。

優しい印象の平行眉メイクポイント③アイブロウパウダーで隙間を埋める

縁取りしたラインをぼかしたら、次は眉毛が薄くなっている場所を、アイブロウパウダーを使って埋めていきます。眉頭から眉尻にかけて、グラデーションになるように埋めていくと、優しく見える平行眉を綺麗に描くことができます。また優しく見える平行眉は、描いているとメリハリがなくなる場合があります。

そんな平行眉にメリハリをつけるためには、眉頭は薄くし眉尻にかけて濃くするのがポイントになるため、そのことを意識しながら埋めましょう。そんな眉毛の隙間をうめるアイブロウパウダーは、石鹸で落とせる物も多く存在します。そんな石鹸で落とせるタイプ関連の記事を紹介するので購入時の参考にしてください。

優しい印象の平行眉メイクポイント④コンシーラーで眉毛を整えたら完成

アイブロウパウダーを使って、眉毛の間を埋めたら、眉の周りの気になる部分にコンシーラーをのせます。その後に、指の腹などを使ってコンシーラーをぼかします。コンシーラーをしっかりぼかすことで綺麗な平行眉が作れます。

またコンシーラーは、塗り方で化粧落ちや崩れの度合いが違ってきます。そんなコンシーラーの詳しい塗り方や、オススメなコンシーラー関連記事を紹介するので、コンシーラーを購入する時の参考にしてください。

優しい顔のメイク|アイメイクはどうしたらいい?

優しい印象のアイメイクポイント①アイラインは垂れ目のように下げる!

優しい目元を作るためには、アイラインの引き方を工夫する必要があります。つり上がったアイラインだと印象がきつくなるため、つり上がげないようにしましょう。そのため目元を優しく見せるには、アイラインをつり上げずに、逆に垂れたアイラインを引くことが大切です。

上のまぶたのアイランの次は、本来なら下まぶたにアイラインを引きますが、今回はアイシャドウを入れるときに引くので後から説明します。そんなアイラインは、アイラインの角度だけではなく太さでも目元の印象は変わります。そのため自身の目元に合うラインの太さを探しましょう。

またアイライナーには種類がたくさんあります。そんなアイライナーの中で人気でオススメなものを、紹介している関連記事を付属するのでぜひ参考に読んでみてください。

優しい印象のアイメイクポイント②アイラインはの色は絶対ブラウン!

優しい目元を縁取るアイライナーには豊富に色があります。そんな豊富にある色の中でも、優しい目元を作るにおすすめなのがブラウンです。多くの人が黒のアイライナーを使いますが、黒だと色がハッキリしすぎるためきつい印象を与えてしまします。

しかしブラウンにすることで、柔らかいく優しい印象にできるのでおすすめです。そんなアイライナーは100均でも購入できます。その100均のアイライナーは複数の色を試す時に使うと便利です。その100均のアイライナーの関連記事を紹介するのでぜひ読んでみてください。

優しい印象のアイメイクポイント③目元はアイシャドウは色選びが重要

優しい目元を作るためには、まぶたに塗るアイシャドウの色はとても重要です。そんな優しい目元を作る時に、オススメしたいアイシャドウのカラーは暖色系になり、その中でも「ブラウン・ボルドー・ピンク系」の色が特にオススメです。

しかしアイシャドウのカラーの中には、まぶたにアイシャドウをのせることできつい印象を与えるカラーもあります。そのきつく見えるアイシャドウのカラーは寒色系になります。きつい印象を与えないため、寒色系のアイシャドウを使うことは避けましょう。

そんなアイシャドウは、おすすめしたブラウン系でも豊富にあるため選ぶのが大変です。そんなブラウンのアイシャドウでオススメを紹介している関連記事を付属するので、ぜひ読んで購入するときの参考にしてください。

優しい印象のアイメイクポイント④下まぶたの目元も効果的にメイク

優しい目元を作るのためには、上まぶただけではなく下まぶたにも手間をかけましょう。まず上まぶたに塗ったベースカラーを下まぶたにのせます。次にベースカラーを下まぶたにのせたら、下まぶたの目尻から黒目辺りまでアイライナーで細いラインを引き黒目を印象づけます。

その引いたアイラインの上に、引き締めカラーのアイシャドウをのせます。この時のアイシャドウは、目尻側が太くなるように重ねていきます。また重ねる時に、少し垂れ目になるようにのせることで、目元がより優しい印象にすることができます。

目元は、下まぶたに涙袋がある方が優しい印象になります。また、涙袋はメイクで作ることができます。涙袋の作り方の関連記事を紹介するので、関連記事を参考にして涙袋を作ってみてください。

優しい印象のアイメイクポイント⑤モテるためにもぼかそう!

ここまで、アイラインやアイシャドウなどを色々紹介してきました。しかし、そのラインなどがハッキリしているときつい印象を受けます。そのため、綿棒やメイクブラシなどを使いアイラインや、アイシャドウを自然にぼかす必要があります。このひと手間をすることでより優しい印象になります。

ぼかしのひと手間が大切だと紹介しましたが、そのぼかす作業はメイクブラシなどでしていきます。そんなメイクブラシは、化粧をするのに複数本使います。そのため本数が増えると収納に困ります。そんなメイクブラシの収納方法を紹介している関連記事を付属するので、ぜひ収納などの参考にしてください。

優しい印象のアイメイクポイント⑥まつげはしっかり上げる!

アイシャドウを入れ終えたら、ビューラーを使ってまつげをしっかり上げます。まつげがしっかり上がったら、まつげにマスカラを塗ります。マスカラは、まつげの表裏の両方にしっかり塗ります。その時のイメージは、濃くするよりも長さをだすことを意識しましょう。上のまつげにマスカラを塗ったら下まつげにも塗りましょう。

しかし、まつげにマスカラをたっぷり塗るとダマになったり、ダマになることで化粧が濃く見えるため気をつけましょう。またビューラーの使い方にはポイントがたくさんあります。そんなビューラーの関連記事を紹介するのでぜひ参考にしてください。

愛され平行眉を手に入れよう!

顔の印象はいろいろありますが、初対面のときにきつい顔の印象をもたれる人がいます。その原因の多くが、眉毛の形に原因があります。そのため優しい顔の印象になりたい方は、眉毛の形などを変えることで顔の印象はガラリと変えられます。

そんな優しい顔や印象を与えて、愛されやすくなるオススメの形は「平行眉」になります。ぜひ優しい印象を与えるためにも、平行眉を手に入れて多くの人に愛されましょう!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。