Large thumb shutterstock 124002844

紙袋のリメイク法20選!ショップ袋の再利用・活用例|スタバ袋/ブランド袋

更新:2019.06.21

普段買い物などで手に入るショップの紙袋、リメイクや再利用・活用方法について知りたいと思いませんか?ついついため込んでしまうショッパーやブランドの手提げ袋など、せっかくおしゃれなデザインをしているのですから、リメイクアイテムにしましょう。大きいものから小さいものなどまとめました。

おしゃれな紙袋やショップ袋ためてしまっていませんか?

捨てられずついつい増えてしまう

困った女性

普段、特に女性はファッションや小物など様々な場面で買い物袋を手にしますよね?ショップバッグや紙袋など、捨てずにとっておいているという人も多いのではないでしょうか?「かわいいから」、「なんだかもったいない」などといった理由から、気づけばかなりの量が余っている!なんてこと、ありますよね?

ショップやブランドによっては、お客様に商品をお渡しする「紙袋やショップバッグ」にもとてもこだわっているところもあるでしょう。ブランドの特性を生かしたとてもおしゃれな紙袋は、なかなか捨てるのがもったいないと感じてしまいますよね。

いつか使うかもしれないから…

ショッピング

ショップバッグや紙袋などを取っておいてしまって、たまる一方な人の中には「いつかきっと使う日が来る」、「そのうち必要になるかもしれないし」といった気持からいつまでも捨てられない人もいますよね。その「いつか」がいつ来るかもわからないのにずっとため込んでしまうのです。

紙袋は、何もショップのものばかりではありません。昨今ではハンドメイドやDIYといった、「手作り」のものが流行りになっていますよね。百円ショップで手に入れられる紙袋について10選にまとめられているこちらの記事も合わせていかがでしょうか?手提げ袋の作り方についても詳しく掘り下げていますよ。

おしゃれな紙袋・ショップ袋(ショッパー)リメイク・再利用・活用例5選

ショップ袋(ショッパー)リメイク①オリジナルプレゼントバッグ

では具体的に、どういったリメイク方法や再利用する方法があるのかを見ていきましょう。まず「おしゃれな紙袋・ショップ袋(ショッパー)リメイク・再利用・活用例5選」についてまとめていきます。初めにおすすめなのが「オリジナルのプレゼントバッグ」です。

特にコスメ系のショップバッグや紙袋なら、全体的にとてもかわいらしいデザインのものも多いでしょうからおすすめできますよ。紙袋から取っ手を切り取ったのち、きれいに袋を開きましょう。あとは送りたいもののサイズに合わせてカットしたり、織り込んだりすれば簡単におしゃれなプレゼントになりますね。

ショップ袋(ショッパー)リメイク②ビニールバッグ

「おしゃれな紙袋・ショップ袋(ショッパー)リメイク・再利用・活用例5選」としておすすめな一つが「ビニールバッグ」です。昨今ではリメイクやハンドメイド用のグッズも多く登場してきています。その中に、何も描かれていないビニールバッグもあるのです。

何もデザインされていないビニールバッグの内側に、ビニールバッグと同じサイズに切り取った紙袋を入れましょう。あとは入り口の部分を簡単に固定させることができれば、オリジナルのビニールバッグの出来上がりです。あえて紙袋の取っ手を切り取らずにビニールバッグの取っ手と巻いてみてもいいでしょう。

ショップ袋(ショッパー)リメイク③トイレットペーパーケース

次のご紹介するリメイク方法は「トイレットペーパーケース」です。トイレットペーパーのサイズに合わせてカットするだけでも十分かわいらしいDIYが完成しますし、大きめに切り取ってかごのようにすれば、トイレットペーパーをストックしておくのにも役立ちますね。ブランドのショップバッグによっておしゃれに置けます。

ショップ袋(ショッパー)リメイク④タオル入れ

「おしゃれな紙袋・ショップ袋(ショッパー)リメイク・再利用・活用例」としておすすめなのが「タオル入れ」です。簡単なタオル入れがあるだけでも、狭い洗面所や脱衣所であったとしてもすっきりタオルを収納しておけますよね。紙袋の形をそのまま利用して、壁にかけておいても十分おしゃれで使いいやすいですよ。

紙袋を箱のような状態にして、もともとあった紙袋の手持ち部分を活用し、飾り付けるなどすれば元のデザインも相まってとてもおしゃれに決まります。毎日の習慣がちょっとだけ素敵な日常に変化しますよね。

ショップ袋(ショッパー)リメイク⑤ポケットティッシュの収納

そこそこ失火入りしているタイプの紙袋であれば、気づけばいろんなところから増えてしまって行き場をなくしている「ポケットティッシュ」を収納してみませんか?意外と家庭の中でしまう場所に困ってしまうポケットティッシュですから、かわいい簿ランドの紙袋を使ってすっきりと片付けてしまいましょう。

ただの箱にしても十分便利に活用できますが、せっかくなら余った部分や別の紙袋を利用して仕切りなどを作ってもいいですね。細かいタイプの人は、ポケットティッシュの柄や大きさ・種類などできちんと分けていることもあるようです。使いたい順など自分なりに決めて仕切りを入れてもいいでしょう。

リメイクアイテムとしておすすめなのは「紙袋」にとどまりません。着なくなった服やはかなくなったパンツなどもリメイクできるのです。特にジーパンは元の素材がとてもリメイク映えするとも言われています。はかなくなってしまった「ジーパン」の再利用方法について、以下の記事でまとめられていますのでいかがですか。

ブランドの紙袋・ショップ袋リメイク・再利用・活用例5選

ブランドの紙袋・ショップ袋の再利用①植木鉢

ブランドのおしゃれな紙袋を素敵にリメイクする方法としておすすめなのが「植木鉢」です。実際に本物の花や植物を入れるのに抵抗がある方は造花でも十分素敵ですよ。紙袋を加工して植木鉢にしても十分素敵ですが、せっかくなら百円ショップなどで購入できる植木鉢やマグカップなどに張り付けてみてるのもおすすめです。

ブランドの紙袋・ショップ袋の再利用②タンブラー

最近意外と人気が高まってきているのが「手作りタンブラー」です。タンブラーは基本的に側面部分に紙などを入れるスペースがあるつくりになっていますので、メッセージを入れて贈り物にしたりすることも可能なのです。その側面部分にブランド物の紙袋を切り取って入れてみましょう。

まるでそのブランドのグッズや、ノベルティのようなタンブラーにリメイクが可能です。お気に入りのショップの紙袋を使用知れば、気分もさらに上がりますよね。ブランドの紙袋で作ったタンブラーによって、お昼も華やかになりますし昨今話題に欠かせない「インスタ映え」も目指せますよ。

ブランドの紙袋・ショップ袋の再利用③調味料収納

ブランドの紙袋・ショップ袋リメイクや再利用方法の三つめが「調味料の収納ボックス」です。意外とキッチン周りで散らかってしまうのが「調味料」ですよね。小さめの紙袋であれば、小分けにされている調味料を収納できますし、シンクの引き出しなどに入れ込むことで仕切りのような役割も目指せます。

紙袋だけでは味気ない…と感じるようであればレースデザインのマスキングテープやシールなどを張り付けるだけでも十分おしゃれな収納ケースになります。また紙袋ですので、もしも調味料などで汚れてしまったとしても簡単に取り換えることができますので、とても便利ですよ。

ブランドの紙袋・ショップ袋の再利用④野菜ストッカー

実は意外と便利なのに、知られていないのが「野菜ストッカー」です。野菜というのは、特に湿気の多い時期蒸れやすくなってしまうと鮮度が悪くなっていくのが早まるそうです。紙袋であれば、厄介な湿気を吸い取ってくれる効果を持っています。かごやバスケットと合わせると弱い紙袋が崩れてしまう心配もありませんね。

ブランドの紙袋・ショップ袋の再利用⑤ペンスタンド

ブランドの紙袋やバッグなどはペンスタンドとしても活用できます。丸い形にしなくても真四角にするだけで充分ですし、強度が不安なのであれば網のかごなどと合わせてリメイクしてもいいでしょう。普段、日常的に使うものがお気に入りのブランドの柄だったら、なんだが嬉しくなりませんか?

先ほど、「ブランドの紙袋・ショップ袋の再利用②」でタンブラーを手作りすると述べましたね。タンブラーと同様に、水筒のカバーもリメイクやハンドメイドすることが可能です。水筒カバーの作り方について、デザインや素材・道具などを詳しくまとめられている以下の記事も合わせておすすめですので参考にしてみてください。

大きい紙袋・手提げ紙袋リメイク・再利用・活用例5選

大きい紙袋・手提げ紙袋リメイク・活用例①収納ボックス

「大きい紙袋・手提げ紙袋リメイク・再利用・活用例5選」についても見てきましょう。大きくてある程度強度のある紙袋なのであれば、収納ボックスとしても十分再利用が可能です。それでも心配であれば、百円ショップなどで購入可能なボックスにお気に入りのブランドの紙袋を張り付けるなどしても十分素敵になりますよ。

ちょっとした小物や、ノートなども収納できますし紙袋の中にさらに小さな紙袋で、仕切りや小さいボックスを作ることによって、ジャンルや大きさなどを分けることができますのでおすすめですよ。

大きい紙袋・手提げ紙袋リメイク・活用例②おもちゃ箱

ブランド物の大き目な紙袋は「おもちゃ箱」としても活用可能です。オリジナルでかわいいおもちゃ箱であれば、毎日の片付けも少しは楽しくなるかもしれませんし、お子さんと一緒にリメイクすれば、お子さんが積極的に片づけをしてくれるようになるかもしれませんからおすすめです。

大きい紙袋・手提げ紙袋リメイク・活用例③額縁やディスプレイ

ご家庭によっては、壁などに思い出の写真を飾るようなところもあるかもしれませんよね。せっかくなら既存で買った額縁をさらにかわいくリメイクしてみませんか?額縁やディスプレイのふちをブランド物の紙袋で飾ってあげるだけでも十分オリジナル性のあふれた写真を飾ることができますよ。

大きい紙袋・手提げ紙袋リメイク・活用例④ストックバック

大きめの紙袋が余っているようであれば、ストックバックとして再利用するのもおすすめします。キッチンなどの細かいアイテムを収納するのにも便利ですしそのまま入れておいておくだけでも十分素敵でおしゃれ場スペースになりますよ。ブランドの紙袋であれば細かなデザインや加工を施さなくてもそのまま使えるのが魅力です。

大きい紙袋・手提げ紙袋リメイク・活用例⑤キッチン引き出し収納

キッチンの引き出し、気づけば物でごった返してて奥のほうで使われていないキッチングッズがあったりしませんか?そんな時にもおすすめなのが余った紙袋です。仕切りなどに活用できますし、柄や大きさを変えれば何がどこにあるのかが一目瞭然です。

タンブラーを手作りできるとも述べましたが、では実際に百円ショップなどでも購入ができるのでしょうか。ショップ別に分けてタンブラーのアレンジ方法についてまとめたこちらの記事もおすすめですよ。

小さい紙袋・手提げ紙袋リメイク・再利用・活用例5選

小さい紙袋・手提げ紙袋リメイク・再利用法①スマホケース

ブランドの紙袋の中には、微妙に使い勝手の悪い「小さい紙袋・手提げ」があったりしますよね。しかし、そんな小さ目の紙袋もリメイクすることが可能なのです。まず一つ目にご紹介するのが「スマホケース」です。透明のケースに張り付けるだけなので比較的簡単に作れますね。

小さい紙袋・手提げ紙袋リメイク・再利用法②ブックカバー

次におすすめの再利用方法が「ブックカバー」です。特に紙袋は、ブックカバーの素材として適しています。簡単に織り込むことが可能ですし、折り目に合わせて強めに跡を入れてあげれば専用のブックカバーが完成です。これなら毎日持ち歩くのも楽しくなりそうですね。

小さい紙袋・手提げ紙袋リメイク・再利用法③ティッシュケース

「小さい紙袋・手提げ紙袋リメイク・再利用法」としておすすめなのが「ティッシュケース」です。ティッシュ収納ボックスではなく、「ケース」です。ポケットティッシュのケースとして追って使ってもいいですし家用のティッシュケースとして再利用するのもおすすめです。

小さい紙袋・手提げ髪袋リメイク・再利用法④封筒

最近では、「封筒」も自分で作ってしまう人も多いようです。小さ目な贈り物であれば封筒でも簡単に相手に送ることができますし、手作りの封筒で届いたらなんだかうれしい気持ちになりますよね。またショップの紙袋であれば、デザインをしなくても十分おしゃれな封筒が作れますからおすすめできますよ。

小さい紙袋・手提げ髪袋リメイク・再利用法⑤うちわ

これから来る暑い夏、うちわが欠かせない時もあるでしょう。ショップの紙袋の再利用方法として「うちわ」にするのもおすすめです。よく夏場に配っているようなうちわの髪の部分をはがして、骨組みの状態にしたらサイズに合わせてカットして、のりで張り付けるだけで簡単にオリジナルのうちわが完成です!

再利用方法がない紙袋は?

再利用方法がない紙袋は:フリマアプリに出品する

スマホ

意外と知られていない方法なのですが、ブランド物のショップバッグや紙袋というのは需要があるのです。もしも、上記した再利用方法以外に活用できる方法がなかったり、リメイクするのはちょっと…と思っているのであれば複数まとめ売りにして「フリマアプリ」に出品してみましょう。

つなぎ合わせてハンドメイドに使う方や、同じようにリメイクアイテムを作るために必要としている人が買い取ってくれるかもしれません。中には、ブランドの紙袋などを使ってアイテムをハンドメイドし、同じようにフリマアプリで販売している人もいますので、そう言った方からの需要もありますよ。

再利用方法がない紙袋は:古紙と一緒に捨てる

ショッピング

どうしても再利用ができないと思われる紙袋は、古紙回収に回すことが可能です。地域によって、日にちや曜日は違いますが基本的に紙袋は「古紙回収」の日に一緒に捨てることが可能です。穴が開いていた李汚れてしまった紙袋は古紙回収に出してしまいましょう。

再利用方法がない紙袋は:梱包資材として利用する

プレゼント

再利用方法ないし…捨ててしまおうとなる前に「梱包資材」として利用してみてはいかがですか?最近では多くの人々が「フリマアプリ」を利用していますよね。何かが売れたときそれを何に入れて発送していますか?普通郵便などの配送方法は基本的にどんな入れ物に入れても問題はありません。もちろん安全性は気にしましょう。

明らかに中身が見えてしまうものや、もろい袋などは好ましくありませんがブランド物の紙袋などであったとしてもきちんと配送先へと届けてくれます。そういった時のために取っておいて活用してもいいでしょうし、袋としてではなくて商品を守るために入れる緩衝材として紙袋を切ってくしゃくしゃに丸めて入れてもいいですね。

昨今ではリメイクやハンドメイド・DIYと言った「手作りなもの」がトレンドとして取り入れられていますね。手作りというのは、世界で一つだけ・自分だけのものが作れるといったメリットがあります。比較的簡単に作れるのが手作りティッシュケースです。おすすめのリメイク方法についてまとめたこちらの記事もどうですか。

ためてしまった紙袋を上手に活用しよう!

ショッピング

いかがでしたか?あなたに合ったおしゃれで素敵な紙袋の再利用方法は見つかったでしょうか?あなたのライフスタイルなどに合わせて、リメイクグッズを作ってもいいでしょう。もしもブランドの紙袋など、余ってしまって困っているのでしたら、この機会にぜひおしゃれに活用してみてはいかがですか?

また、再利用にできない・方法がないと思ったとしても、フリマアプリなどで買い取ってくれる場合やほかの梱包資材として活用できる可能性もありますから、ぜひ一度考え直してみてもいいかもしれませんよ。リメイクは最近とても流行のトレンドとして取り入れられています。Tシャツのリメイクについて、以下の記事もどうぞ。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。