Large thumb shutterstock 1195732939

シュパットの簡単な作り方は?買い物に便利なたためる蛇腹エコバッグの手作り方法

更新:2019.10.02

簡単なハンドメイドエコバッグの作り方を紹介していきます。折りたためる蛇腹エコバッグがあると便利ですし、おしゃれなシュパットがあると買い物をする時にも外出をする時にもテンションが上がりますよね!本当に簡単なので是非見て行ってくださいね!

基本的な簡単シュパットの作り方手順

①素材を広げてチャコペンで切り方を書き込む

カラフルな布

シュパットを手作りするためには素材を広げてチャコペンで切り方を書き込む必要があります。最初は生地をどのように切るか迷うかもしれませんが、書き込んでおけば迷うことはありません。おしゃれな折りたたみのショッピングバッグを自分で作ることができれば最高ですよね!

②素材をカットする

カラフルな布とはさみ

素材を手に入れたらカットします。基本的には60cm×90cmの生地もしくは50cm×100cmの生地を2枚用意します。2枚の生地の組み合わせによってデザインも変わってきますし、縫いあわせ方や持ち手の付け方によっても出来が変わってきますので、非常に面白いですよ!

③縫い合わせる

ミシンの風景

適当な大きさの素材を用意したらあとは縫い合わせるだけです。縫い合わせるのが意外に難しいと思われがちなのですが、簡単にできてしまいます!

ちょっとした工夫で凝ったシュパットを作ることも可能ですが、縫いあわせ方によって折りたたみ時の見え方が良くなかったり、物を入れると形が悪くなってしまうこともあるのでしっかり縫い合わせる必要があります。下記動画のように利便性の高いシュパットも手作りできますので、参考にしてみてください。

④折りたたんで完成

あとは折りたたみ、使えるようにすれば無事完成です!折りたたみ時にいかにポケッタブルで収納性がいいかも重要なので折りたたみ、自分のバッグに入れてみて問題がないと思えれば完成になります。自分で使ってもいいですし、友達や家族にあげても喜ばれますよ!

シュパットの作り方で必要になる道具

①ソフトメジャー

メジャーの風景

シュパットを手作りするためにはソフトメジャーが必要です。竹物差しでも代用はできるのですが、ショッピングで使えるおりたたみシュパットは様々な形があり、また100cmを測る場合もありますので、ある程度長さのあるソフトメジャーの方が使いやすいのです。

長さが少しでも違ってくると、手作りの場合だと完成に大きな差が出てきます。そのため「竹物差しでいいや」と妥協せずに、最高のハンドメイドのシュパットが作れるように道具はきちんと揃えましょう。完成度で買い物等でシュパットを使う時の自信やモチベーションが違ってきます。

②チャコペン

ペンのある風景

チャコペンもハンドメイドのシュパットを作る上で重要な道具です。切り方や縫い付け方を生地にしっかり書いてから制作に入ると失敗がありません。慣れてくればもちろん必要ない道具ではありますが、1回目から失敗しないように手作りをするためには必須の道具になります。100均でも手に入りますので必ず入手しましょう!

③裁断はさみ

はさみとメジャー

そして裁断はさみはショッピング用の手作りシュパットを作る上で非常に重要な道具になります。普通の切れ味のいいはさみでは布は綺麗に切れず完成度に大きな差が出てきます。ショッピングに持っていき恥ずかしくないシュパットを作るためには必ず必要になります。少し高価な場合もありますが、ケチらないようにしましょう。

色んな素材で作る!簡単な蛇腹エコバッグの作り方

①手ぬぐいを縫い合わせる簡単蛇腹エコバッグ

和服の女性

簡単な蛇腹エコバッグの作り方には様々な方法があり、33cm×90cmの手ぬぐいを縫い合わせることでも作ることが可能です。手ぬぐいで作る方法は下記の動画にまとめられていますので、是非参考にしてみてください。おしゃれにおりたためる便利なエコバッグであり、ポケッタブルで機能性も抜群ですよ!

手ぬぐいを縫い合わせる簡単蛇腹エコバッグ

  1. 2枚の手ぬぐいを用意する
  2. 2つの生地を縫い合わせる
  3. 持ち手になる部分を縫い合わせる
  4. 縫い合わせたらイメージどおり広がるか確認してみる
  5. 折りたたんで完成!

②パッチワークでおしゃれな簡単蛇腹エコバッグ

カラフルなお裁縫

適当な大きさの生地素材が手に入らない場合には、パッチワークで生地を繋ぎ合わせるのも一考です。パッチワーク生地を使うことで、完成した蛇腹エコバッグがさらにオリジナリティとファッション性を増すことになるでしょう。ショッピングでこの蛇腹エコバッグを使えばみんなの注目を集めること間違いありません!

パッチワークは多くの生地を組み合わせればそこまで生地の組み合わせにこだわる必要がなく、同系色で統一するよりも色の種類が多い方が面白い生地が出来上がることが多くなっています。ポケッタブルで機能性の蛇腹エコバッグが、カラフルなパッチワーク柄だと買い物もさらに楽しくなりますよ!

下記にパッチワーク生地の作り方の手順を記載しますが、ショッピング用の蛇腹エコバッグの作り方は手ぬぐいで作るエコバッグを参考にしてください。また、下記にパッチワークの参考になる動画も付けておきますのでそちらも参考にしてください。

パッチワーク生地の作り方

  1. 縫い合わせたい布を並べる
  2. 安全ピンで布同士を止める
  3. ミシンで縫い合わせて完成!(手縫いでもOK!)

③レインコートや傘をリメイクする簡単蛇腹エコバッグ

傘をさす子供

折りたたみできるポケッタブル蛇腹エコバッグはレインコートや傘をリメイクすることも可能です。こういった素材で作ったエコバッグは雨の日の買い物にも重宝します。防水性に優れているために液漏れや液しみについても耐性がある点でもおすすめできます。

レインコートの場合は広げて、ハンドメイドの折りたたみエコバッグを作るための、十分な生地の大きさをとることができますし、傘の場合は骨を外すことで生地にすることができます。傘の場合はおおきめの傘を使わないと十分な大きさを取ることができません。60cm以上の傘で、大きければ大きいほどおすすめです。

傘からの布の取り方は下記動画と手順書を参照し、作り方は手ぬぐいエコバッグの作り方を参考にしてください。穴などが開いていてもパッチワークで直したり、余った生地で補強することが可能なので、最初から綺麗に外そうと気負わなくても大丈夫です!

傘から生地を取り外す方法

  1. 傘を開く
  2. 傘を止めている内側の止め具付近の紐を切る(傘の骨が折れる部分付近)
  3. 傘の先を回して芯を抜き生地を取り外す(頂点の止め具が回らないタイプの場合は持ち手を回す。無理な場合はニッパーで芯を切って取り外す)

折りたためる手作りシュパットを作る時のポイント3選

①時間をかけない作り方を心がける

裁縫の風景

折りたためる手作りシュパットを作る時のポイントで最も大切なのは、時間をかけない作り方を心がけることです。ハンドメイドのシュパットはあくまでも生地を用意して縫い合わせるだけでできます。縫うのは2つの生地を縫い合わせるだけですし、生地は買い物に行けばいくらでも素材になるものが見つかります。

時間をかければ良いものができるかもしれませんが、シュパット作りは1日に1つ作るくらいの趣味にすることもできるものです。どんな風に折りたためるのか、また2枚の布がどんな組み合わせなのか、そしてそれを買い物に持っていけばどんな風に映えるのか、一つで満足せずバラエティ豊かに作っていきたいものです。

ちなみに道具を工夫することで折りたたみのポケッタブルシュパット作りが楽しく、またはかどるようになりますので、下記の関連記事も参考にして買い物してみてください!

②蛇腹やポケッタブル等用途に合わせたシュパット作り方を心がける

裁縫の最中

ハンドメイドの蛇腹エコバッグは用途に応じた作り方を心がけましょう。ショッピング用であれば折りたためるものでなくてもいいかもしれませんし、また普段使いでポケッタブルの利便性のいいものを求めるなら折りたためる蛇腹エコバッグが断然おすすめです。汎用性のあるシュパットはどんな場所でも大活躍することでしょう。

③加工しやすい柔らかい生地を使う

3人の友人たち

そしてハンドメイドのポイントで大切なのは加工しやすい柔らかい生地を使うことです。様々な生地を使ってできるシュパットですが、作ってみたら意外に使いづらいということが生地を起因として起こる場合があります。デザインも大事ですが、加工しやすくまた使いやすい柔らかい生地を使うよう買い物では心がけましょう。

シュパットなどのハンドメイドエコバッグの活用方法

①手作りお弁当入れとして

お弁当を並べる

折りたためるハンドメイドのシュパットは買い物等の外出で使うのが一般的ですが、お弁当用の巾着の代わりとして使うことができます。当然60cm×100cmの生地で作ればお弁当用としては大きいですが、生地を半分のサイズで作ればジャストサイズになります。

ちなみにお弁当巾着の代わりとして使えるハンドメイドの折りたたみシュパットですが、お弁当箱も可愛くてお洒落なものを選びたいものですよね!下記の関連記事はおしゃれなお弁当箱を紹介したおすすめの内容です。お弁当箱やお弁当巾着でもお弁当作りへのモチベーションは大きく変わるので是非参考にしてくださいね!

②お土産のための入れ物として

人形がたくさんある風景

さらにおしゃれな折りたためるシュパットや蛇腹エコバッグはお土産を入れる袋にしてお土産と一緒にプレゼントにすることで、相手から喜ばれます。お土産は中身だけではなく、入れ物も凝ったものだと中身のお土産の価値も高いと感じるものです。そして折りたためるシュパットは当然それ自体の価値も高くなっています。

ポケッタブルなエコバッグは、買い物だけではなくこのような形でプレゼントとしても真価を発揮するものです。手作りでお金には代えられないプレゼントは、まさに大切な人への贈り物にうってつけです!

簡単なシュパットや蛇腹エコバッグの作り方をマスターしよう!

簡単なポケッタブルのシュパットや蛇腹エコバッグの作り方をマスターすることでショッピングがさらに楽しくなりますし、ショッピング以外でも様々な楽しみ方をすることができます。シュパット自体の利便性が高いですし、シュパット作りが素晴らしい趣味にもなりますので、ここで紹介した作り方に是非挑戦してみましょう!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。