INDEX

Tシャツのリメイク・アレンジは自由自在♡

安価で手に入るTシャツ

Tシャツって誰でも1枚は持っているアイテムですよね。1枚だけでも簡単に着こなせ、さまざまなファッションと組み合わせることができるので、普段から愛用している人も少なくないでしょう。

そんなTシャツは古着屋さんにいけば1枚200円程度で手に入るくらい安価なものです。中にはブランドものもありますが、比較的洋服の中では安価で手に入るのがメリットですよね。そのためリメイクしやすい洋服なのです。

しかしそんなTシャツも、安価なわりにファッションに工夫を取り入れないと周りと差がつけれないというデメリットがあります。それを解消するためにも、TシャツのDIYを始めてみませんか?

夏の季節には周りと差を付けることができる!

TシャツのDIYをするとさまざまなアレンジによって変わったファッションや、女の子らしさをグーンとあげることができるので、周りとは違ったファッションをすることができます。

特にTシャツが活躍する夏の季節には周りと違ったファッションで差を付けることができるでしょう。古くなって使わない、要らなくなってしまったTシャツもリメイクをすることで素敵に生まれ変わります。

捨てるだけのTシャツがあるなら、ちょっと思い留まってリメイクしてみませんか?リメイク・アレンジ方法もとっても簡単なのでだれでもTシャツDIYが簡単にできますよ!

Small thub shutterstock 462425596
関連記事 着なくなった服を簡単リメイク!自分でできるリメイク方法13選!

着なくなった服や着られなくなった服を、自分で簡単にリメイクすることで二

どんなリメイク・アレンジ法がある?TシャツのDIY

フリンジを付ける

一番メジャーなリメイク・アレンジ方法としてフリンジを付けてみるのはどうですか?Tシャツの裾の部分や襟の部分に切ったTシャツをフリンジ代わりとして縫ったり編んだりするだけで可愛いフリンジ付きファッションが出来上がります。

ただフリンジといっても、付ける場所や編み方一つで多彩なフリンジが出来上がるので、自分なりのフリンジを編み出してみるのも楽しいでしょう。

TシャツDIYとしてはメジャーな方法なので、ちょっと切り込みを入れて編み込むだけで簡単にTシャツをアレンジすることができます。また要らないTシャツを他のTシャツに組み合わせてリメイクもできるのでやってみましょう!

アシメ風にしてみる

ちょっと斜めにTシャツをカットするだけでアシメ風のTシャツにリメイクができます。斜めに切ったら、フリルやレースなどを組み合わせればより女の子っぽいTシャツが完成します。

フリルやレースを付けるには少し裁縫の腕が要りますが、こちらもTシャツDIYとしてはかなりの優秀さんです!味気のない無地のTシャツはこの方法でアレンジしてみませんか?

また髪型と合わせるのも良いでしょう。髪型アシメ・Tシャツアシメでインパクトを与えることができるので、ちょっとイメチェンしたいときにも活用してみましょう!

カットワークで可愛くアレンジ♡

Tシャツを好きなようにカットワークするのも楽しいですよ!肩の部分に切り込みを入れたり、カットしたりするだけで肩だしファッションリメイクができあがり♡

また脇部分に切り込みを何個も入れたり、裾の部分を切って袖にくっつけたりとさまざまなカットワークで周りとは違ったファッションを作り上げることができます。

要らないTシャツをリメイクして新しいTシャツとして生まれ変わらせることもできるので、まずはどんなTシャツを作りたいのかイメージを固めてみましょう!

リボンカットワークなら可愛さアップ♡

ただチョキチョキとカットワークするだけじゃつまらない!という場合には切った部分をリボンにしてみるのはどうですか?リボンをたくさん作ればより女の子らしいTシャツを作ることができます。

肩口だけリボンでも、脇全部をリボンでもさまざまなアレンジが可能です。少しコツを覚えてしまえばやり方も簡単に感じるので、いくつもリボンカットが作れますよ!

大きなリボンから小さなリボンまで自由自在!お気に入りのTシャツをアレンジしても良いですし、要らないTシャツを切って繋げてつくっても可愛らしいTシャツが作れます。

大胆カットで自分だけのデザインを!

これまでの方法を組み合わせて大胆にカットしてしまうのも良いでしょう。背中を大胆にカットしてリボンにすれば後ろから見ても可愛いTシャツになります。

背中を大胆にカットしまくれば後ろを歩く人にもインパクトを与えることができるので、さまざまな方面でアピールが可能です!ちょっとの工夫で可愛いDIYとして変身してくれるので、やりたいという気持ちがあればトライしてみましょう!

ちょっとの工夫でも可愛くリメイク・アレンジできるので、まずは試しに1着作ってみましょう!やり方に沿って行えば、誰でも簡単にTシャツDIYができますよ!

簡単Tシャツリメイクのやり方5選!

①フリンジをつけるやり方

フリンジをつけるやり方はとても簡単です。用意するものはハサミくらいですが、裁縫用のもののほうが切りやすいです。切り込みたい部分を決めておきましょう。

フリンジをつけてみよう!
  1. ①フリンジをつけたい部分の折り返し部分を切り取る
  2. ②フリンジをつけたい部分を縦に切っていく
  3. ③そのままでも良いし、切った部分を編み込んでも良し。完成!

3つの手順だけで誰でも簡単にフリンジをつけることができます。ただ切るだけでも良いですが、どうせなら編み込んだり結んだ利した方が可愛いアレンジになります。

また襟元にフリンジを付けたい場合には、裾部分を切り取るか、他の要らないTシャツを使ってリメイクしてみましょう。フリンジを袖と裾元につけても良いですね。



②アシメ風にするやり方

アシメ風も簡単に作ることができます。使うものはこちらもハサミくらいですが、フリルやレースをつけたいなら裁縫道具も用意しておきましょう。

アシメ風にしてみよう!
  1. ①左右どちらにアシメしたいのか決める
  2. ②どちらに切るか決めたらそれに沿って切っていく
  3. ③フリルやレースをつける場合には切った部分にアレンジを加える。完成!

アシメ風も簡単に作ることができます。ただ切るだけなので、無地のTシャツだと少し味気ないように感じてしまいます。そのためフリルやレースをつけた方がより可愛くなります。

また大きくカットしてしまうと切った部分が肌に当たり痒くなってしまうので、可能であればカットした部分に折り返しを作った方が肌を刺激せずに済みますよ。

③カットワークのやり方

ここからが少し難しいアレンジ法になってきます。覚えてしまえば簡単にできますが、慣れていない場合にはよくデザインを決めて、Tシャツに下書きをしてから行った方が良いでしょう。

カットワークをやってみよう!
  1. ①切りたい部分を決める
  2. ②なるべく下書きをTシャツにして失敗を少なくする
  3. ③下書きに沿ってハサミで切り込みを入れる
  4. ④デザインによっては大きく切り取っても良し。完成!

下書きは洋服用の下書きペンを使って行いましょう。下書き無しでも良いですが、失敗するとアレンジが難しくなります。慣れていないならいきなり切り込むよりもデザインを決めて下書きするのをおすすめします。

こちらの動画は大胆にカットしていますが、とても参考になります。どんなカット方法が良いか迷ったときには参考にしてみると良いでしょう。ただ切るだけでなくアレンジを加えているので無地のTシャツでもかっこよく生まれ変わっています。

④リボンカットのやり方

次にカットワークのアレンジとしてリボンカットです。こちらは裁縫技術が必要になり、糸や針など裁縫道具が必要になります。チャコペンなどがない場合には揃えてから行う方が良いでしょう。

少し大変?!リボンカットをやってみよう!
  1. ①裾の折り返し部分をカットする
  2. ②襟元の折り返し部分をチャコペンで印をつけてからカットする
  3. ③袖元をチャコペンと待針を使って印をつけ、半分くらい切り込みを入れる
  4. ④切ったところをリボンの形になるように折って糸で留める(詳しくは動画参照)
  5. ⑤切った折り返し部分をリボン部分に使うべく④に巻き付け1周半のところでカットする
  6. ⑥カットした折り返し部分を半分に折り、祭り縫いしていく
  7. ⑦できた⑥をリボンの形にした肩口に当てて縫っていく(動画参照)
  8. ⑧追加で襟元などをアレンジしたり、道具を使ってリメイクしたら完成!

ちょっとやり方だけみると難しいように感じますが、この動画は分かりやすく説明してくれています。仕上がりも可愛いので、真似してみましょう!

ちょっと時間がかかるアレンジ法ですが、できればとっても可愛いですよ!色んなデザインのTシャツをこのリボンカットでアレンジしてみましょう!

⑤大胆カットのやり方

最後に大胆カットのやり方です。1か所だけでなく、複数に切り込みを入れることによって大胆なカットワークが楽しめます。ただ複数カットは失敗するとTシャツがおじゃんになってしまうので、失敗しないようにデザインを決めてから行いましょう。

大胆にアレンジ!カットしてみよう!
  1. ①切り込みたい部分を決める。多く切り込む場合には同じ間隔になるようにチャコペンで印をつける
  2. ②シャツを半分にして切り込んでいく
  3. ③切り終わったら少し伸ばして形を整える。完成!
  4. ④さらにアレンジするなら切った部分を組み合わせて糸で留めたり、小物をつけてみよう!

こちらの動画は背中を大胆にカットしています。カットするだけでなく、一つ飛ばしで糸で留めているので、編み込んでいるような大胆カットを実現しています。

リボンカットに比べると簡単なように思えますが、それでも少しコツがいるので失敗しないように注意深く進めていきましょう。これを肩口にアレンジしても可愛いですね♡

TシャツDIYの注意点!

失敗したらやり直しが難しい

Tシャツをリメイク・アレンジするときは失敗しないように気をつけながら行いましょう。安物といっても、失敗するとゴミになって処分が大変になります。

またアレンジ法によっては失敗した時点で取返しが利かないことがあるので、失敗しないように全体の様子を見ながらアレンジを進めていきましょう。

簡単に行えるといっても、切ってしまったらそれを元通りにすることは難しいです。なので、Tシャツをリメイクするときは必ずいらない洋服で行うようにしましょう。

きちんとイメージを持ってからリメイクしよう

TシャツをDIYするときは、きちんとどんなTシャツを作りたいかイメージを持ってから作って行きましょう。思いつくままに切り込みを入れても良いですが、出来上がった時に思ったモノと違うことがあります。

それではより失敗を増やしてしまうので、やはりイメージをきちんと持って作業に取り掛かった方が良いでしょう。どうしてもデザインが思い浮かばないときは既存のデザインを真似てみましょう。

また紹介したやり方だけが全てではないので、他のやり方も模索しながら自分なりのデザインを決めてみましょう。DIYは自由自在なので、自分の好きなように作ってみましょう。

洗濯が難しくなることも理解しておこう

一度リメイクしてしまうと今までの洗濯方法ではTシャツをダメにしてしまうことがあります。特に大胆カットをしている場合には洗濯ネットに入れて洗ったり、おしゃれ洗いとして洗濯しないと切った部分が絡まったり、余計ほつれたりするので注意しましょう。

洗濯するときにはいったん、要らない布を同じように切って洗濯してみると良いですよ。洗濯して問題ないようであれば、そのまま洗濯できますし、形が変わってしまうなら対策が必要です。

洗濯の他にもハンガーに掛けづらくなったり、上手にたためなくなるなどのデメリットもあるので、保存状態が悪くならないようにリメイク以外にも気を配りましょう。

まとめ

味気の無かったTシャツでも、リメイク・アレンジを加えることによって素敵に生まれ変わることができます。文化祭の衣装として、普段使いのファッションとしても活躍してくれるので興味があれば是非トライしてみてください!

簡単なアレンジから難しいアレンジまで、こなしてしまえばデザインも組み合わせて自由自在です。オリジナルTシャツが作れるように、デザインを考えてみましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。