Large thumb shutterstock 558832264

鼻歌を歌う人の心理4つ|鼻歌を口ずさむ・ハミングする効果とは?

更新:2021.03.23

鼻歌を口ずさむ人の心理にはどのようなものがあるのでしょうか。この記事では、鼻歌を歌う人の心理について紹介しています。鼻歌はハミングと呼ばれることがあり、歌の練習に効果的であるとも言われています。仕事中に鼻歌を口ずさむ人の影響などについてもお伝えします。

鼻歌を歌う人の心理4つ

鼻歌を歌う人の心理①気分が良い

1

鼻歌を歌う人の心理の1番目は、気分が良いということです。人は気分が良い時に歌いたくなります。気分が良い時というのは、精神的にも体力的にも調子が優れているケースが多く、そんな調子の良さから、「さらに気分を上げたい」、「エネルギーを発散したい」という心理の表れとして、鼻歌を歌う人がいると言われています。

逆に気分が悪い時には、歌う気持ちになれないという傾向があります。なんとなく落ち込んでいる時には、元気がなく、歌う気にもなれないものです。以下の記事では、なんとなく気分が晴れない時の対処方法についてお伝えしていますので、ぜひご覧になってお役立てください。

鼻歌を歌う人の心理②余裕を見せたい

2

鼻歌を歌う人の心理の2番目は、余裕を見せたいということです。周囲の人達に「自分は余裕がある」ということをアピールしたいがために、鼻歌を歌うという心理です。

こういう状況の時は、本当は焦っていたり、不安だったりするものですので、余裕がないケースが多いと言われています。しかし、「周囲の人に余裕がないところを見られたくない」といった見栄っ張りな心理から、鼻歌を歌うという行動をとる人がいると言われています。

鼻歌を歌う人の心理③明るい人だと思われたい

3

鼻歌を歌う人の心理の3番目は、明るい人だと思われたいということです。鼻歌を口ずさむ人に対して周囲の人が抱く印象の中には、「明るい人」といったイメージがあります。そういったイメージを周囲の人に与えたいという心理から、鼻歌を歌うという人もいます。

こういった心理から鼻歌を歌う人は、特に女性に多いと言われています。「自分は明るくて素敵な人間」という魅力的なところをアピールしたいという心理が、鼻歌を歌う人にはあると言われています。

鼻歌を歌う人の心理⓸ハミングで歌の練習をしながら仕事の効率を上げたい

4

鼻歌を歌う人の心理4番目は、ハミングで歌の練習をしながら仕事の効率を上げたいというものです。単純作業などの仕事をする際には、仕事が単純なだけに、知らず知らずのうちに集中力が落ちたり、効率が悪くなってしまっていることがあります。

そんな時にハミングをすると、集中力が維持できたり、鼻歌のリズムにのって効率良く仕事をこなせたりするということを過去の経験から無意識に把握している人が、仕事中の効率を上げるためにハミングをするという傾向があります。

ちなみにハミングとは、口を閉じたままでメロディーだけをくちずさむことを言い、鼻歌と同じような意味合いで使われることが多い言葉です。声の通りを良くするためにボイストレーニングなどでハミングの習う人もいます。そういうことを知っている人は、日頃から歌の練習のためにハミングをする人も少なくありません。

鼻歌を歌う・口ずさむ効果とは?

鼻歌を歌う・口ずさむ効果①ストレス解消

5

鼻歌を歌う・口ずさむ効果の1つ目は、ストレス解消になるということです。鼻歌を歌うと気分が良くなるので、ストレス解消に効果的であるということは、多くの人に知られており、自律神経や血圧の安定にも効果があると言われることもあります。

また、仕事中に長時間の単純作業をしなければいけない時や、休日なのに家事に時間を割かなければいけない時には、無意識のうちにストレスをため込んでいる可能性があります。「本当なら、もっと自分の好きなことをしたいのに」といった思いから、目の前の仕事や家事からストレスを受けていることも少なくはありません。

そういった時に、手を動かしたまま鼻歌を歌うことで、仕事や家事を進めながら、自分なりの時間としても楽しむことができます。単に仕事や家事に追われている時間ではなく、仕事や家事をしながらも、楽しい時間を過ごすことができているということは、ストレス解消につながります。

鼻歌を歌う・口ずさむ効果②脳が活発に働く

6

鼻歌を歌う・口ずさむ効果の2番目は、脳が活発に働くということです。鼻歌を歌う際には、歌う音楽のメロディーや歌詞を頭の中で思い浮かべていることが多く、脳の記憶を司る部分を刺激していると言われています。

また、リズムや音程をとることも脳を使わないとできない行為であることから、鼻歌を歌うことは脳を活性化すると言われています。鼻歌を歌いながら他の作業をすると、歌と作業の両方に対して脳が働くことから、より複雑に脳を使うことになり、脳が活発に働くと言われています。

脳が活発に働くと記憶力や判断力などが上がることから、仕事がはかどるといった良い循環を生み出すことができると考える人もいますので、良い気分になるうえに効率的に作業を進めたい人の中には、好んで鼻歌を歌う人がいると言われています。

鼻歌を歌う・口ずさむ効果③カロリーを消費できる

7

鼻歌を歌う・口ずさむ効果の3番目は、カロリーを消費できるということです。鼻歌を歌う際には通常の息遣いとは違い、メロディーを奏でるので、カロリーを消費できると言われています。ちなみに、通常に歌った場合に消費するカロリーは、1曲歌うと約10~20キロカロリーを消費すると言われています。

そのため、家事をしながら鼻歌を歌ったり、ちょっとした散歩をしながら鼻歌を歌うといったように、鼻歌と運動を組み合わせることで、カロリーを消費することができると言われていますので、気軽に鼻歌を歌うことはメリットがあると考えている人もいます。

ちなみに以下の記事では、ウォーキングでカロリーを消費できる距離や歩数などについて詳しくお伝えしていますので、ぜひ合わせてご覧ください。ウォーキングをする時間帯で異なる効果や徒歩で消費カロリーを効果的にアップさせる方法、ウォーキングでカロリーを消費する時の注意点などを詳しく紹介しています。

鼻歌を歌う・口ずさむ効果⓸仕事中の雰囲気を和やかにする

8

鼻歌を歌う・口ずさむ効果の4番目は、仕事中の雰囲気を和やかにするということです。鼻歌を歌う効果は自分にだけでなく、周囲の人へも良い影響をもたらすと言われています。

鼻歌を歌うことは、周囲の人に余裕を見せる行為であることから、その余裕を感じ取った周囲の人は「この人がこんなに余裕な態度を持っているんだから大丈夫」といった安心感を与えることができると言われています。

ちなみに以下の記事では、ムードメーカーの意味や特徴について詳しくお伝えしています。空気や雰囲気を変えることができるムードメーカーは周囲の人から必要とされたり、魅力的であると思われることが多いので、ぜひ合わせてご覧ください。

鼻歌を歌う以外の仕草から分かる相手の心理は?

鼻歌を歌う以外の仕草から分かる相手の心理①髪の毛を触る

9

鼻歌を歌う以外の仕草から分かる相手の心理の1番目は、髪の毛を触るという仕草です。髪の毛を触るという仕草は、周囲の人からの視線を気にしている人に多く見られます。

周囲の人から「良く見られたい」、「褒めてもらいたい」、「もっと興味をもってほしい」といった心理が、髪を触るという仕草となって表れると言われています。

鼻歌を歌う以外の仕草から分かる相手の心理②爪を噛む

10

鼻歌を歌う以外の仕草から分かる相手の心理の2番目は、爪を噛むという仕草です。爪を噛むという仕草は、「不満」や「心配」という感情を抱いている時に出やすい仕草だと言われています。

爪を噛むという仕草は、細かいことが気になってしまう人や、ちょっとしたことに不安を感じてしまう人に多い仕草で、心が平穏でないという心理が表面化したものであると言われています。

ちなみに以下の記事では心が落ち着く、方法について詳しくお伝えしていますので、ぜひ合わせてご覧ください。不安を感じていたり、緊張していたりしている心を落ち着かせることで、力を抜いて自然体の自分でいられる方法について、詳しく紹介しています。

鼻歌を歌って気分の良い日々を過ごしましょう

鼻歌を歌うことは、自分にのみではなく、周囲の人に対しても良い影響があります。特に現代社会ではストレスの蓄積が深刻な問題になるケースもありますので、うまくストレスを発散しながら、脳を活性化させることができる鼻歌は、気軽にできる健康法と考えられることもあります。

鼻歌を歌うということは、気分が良い時が多いと言われていますが、そのようにテンションが上がるのは健康な体があってこそだと考える人は多く、体調管理に気を付けている人も少なくありません。

以下の記事では、健康な毎日を過ごすための理想的な朝食メニューについて詳しくお伝えしている記事ですので、ぜひ合わせてご覧ください。健康的で太らないといったダイエットを兼ねた栄養満点のメニューを紹介しています。健康で太らない理想の朝食についてもお伝えしているので、ぜひ参考になさってください。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。