Large thumb shutterstock 680916895

要領が悪い人の特徴4つ|手際が悪い!仕事の段取りの改善法は?

更新:2020.02.11

今回は、「要領が悪い女性の特徴」を中心に、原因や改善する為のヒントをご紹介していきます。仕事において物覚えが悪い、手際が悪いというのは生真面目な性格故の行動かもしれません。その為、要領よくなるにはどうしたらいいのかその具体的な改善策を見ていくと共に段取りよくできる方法も見ていきます。

要領が悪い原因3つ

要領が悪い原因①何事も焦ってしまう

男性

要領が悪い人の原因の一つに、「何事も焦ってしまう」という事があります。今までスムーズに行っていた事が急にそうはいかなくなってしまった時には、それに対するスキルを持っていない場合には余計にどうしたらいいのかわからなくなってしまう傾向にあります。手際が悪いなら尚更、悪化してしまう事もあるでしょう。

こういう人は、まずは冷静になる事が先決です。焦って対処してしまえば、手際が悪い事もあり、余計に悪化してしまう事もありますので、時間が掛かったとしても確実に対処できる方法を優先しましょう。

要領が悪い原因②視野が狭い

視野

視野が狭いという事も、要領が悪い事に繋がってしまいます。決して、真面目な事は悪いわけではないですが、イレギュラーな事に対処できないという欠点があります。要領が良い人は、優れた才能を持つ人の真似をしたりして、その人の良い所を盗もうとする癖があります。これは、特に大事な改善策です。

自分自身が信じた方法でしか試す事が出来ないという人もいると思いますが、ここは一度自分のやり方をやめて他の人のやり方も取り入れるようにすると周囲から見直される事も増えてくるはずです。

要領が悪い原因③目的や全体的な段取りの把握

女性

要領が悪い人というのは、全体的な目的が明確にできていない事が多いのも原因の特徴です。まずは、目的を明確にして行動するという事を癖付けましょう。そして、優先順位を今一度確認していきましょう。多くの場合、こういう人は優先順位が間違っている事が多いからです。

相手からの要望を今一度理解し、それに対して優先順位を決めていくというのもおすすめの改善策です。それにより、スケジュール管理などもスムーズに進んでいくはずです。そうすれば、徐々に周囲からのあなたを見る目も変わってくるはずです。

ここに、要領の悪い女性の特徴についての記事がありますので、客観的に見た時に周囲からどのように見えているのかを今一度確認してみるのもいいでしょう。

要領が悪い人の特徴4つ

要領が悪い人の特徴①手際が悪い上に真面目すぎる

職場

要領が悪い人の多くは、真面目な性格である事が多いのも特徴です。いわゆる「クソ真面目」と呼ばれるような人です。要領が悪い人は、仕事をやっていないわけではないんです。一生懸命やっていても成果がなかなか出ないのです。そして、言われた事しかできず、手際が悪いというのも特徴です。

言われた事をマニュアル通りにやろうとするので、それだけ多くの時間が掛かってしまい効率が悪いというのも手際が悪いと言われてしまう所以です。優先順位を理解できていないので、そこを指摘される事も多い傾向にあります。

要領が悪い人の特徴②手際が悪い上にハプニングに弱い

女性

要領が悪い人は、融通が利かないのでマニュアルに載っていないようなイレギュラーな事が起こった場合には途端にパニックになってしまいます。知識はあっても、それに対するスキルを持ち併せていないので応用がきかない、手際が悪い人間としてレッテルを貼られてしまうのです。

要領が悪い人の特徴③頑固な所がある

女性

要領が悪い人は、心のどこかに自分のやり方が正しいという考えを持っているので、仕事を教わって上辺では返事をしても心の中ではどこか腑に落ちない部分を持っている事が原因で話を理解していない事も少なくありません。それが結果として仕事を全うできない直接の原因になってしまっている可能性も否めません。

自分のやり方を他人に合わせる事が出来ない事も原因です。その為、周囲の人はなぜ、周囲に合わせる事ができないのか不満を募らせてしまうのです。逆に、要領が良い人は自分が良いと思ったものを取り入れる事が上手いのでその点でも差が出てしまうのでしょう。

要領が悪い人の特徴④人と話すのが苦手

女性

人と会話するのが苦手なので、何かわからない事があってもそのままにしてしまう傾向があります。また、自分が一番正しいと思っている節がありますので、その事も人に素直に聞けない原因になってしまっているのかもしれません。

ここに、会話を続けるのが苦手な要領の悪い人にピッタリの記事がありますので、参考にしてみて下さい。会話の幅を広げる事ができれば、自然と周囲との距離感も近くなるはずです。

要領が良い人の特徴は?

要領が良い人の特徴①適度に手を抜く事ができる

女性

要領が良い人の特徴としてまずは、「手を抜いても良い所」と「丁寧に行わなければいけない所」を理解して、事を進めていく事が出来るという事です。限られた時間の中で、どこを優先してやっていくかという事を瞬時に判断する事もできます。その事も、確実に仕事をしっかりとこなす事ができるポイントです。

要領が良い人の特徴②集中力が高い

女性

要領の良い人は、いつまでもダラダラと仕事をする事をしません。その為、決められた範囲内でやらなければいけない事をきっちりとこなす事ができるのです。また、周囲の騒音などに惑わされる事もないので、集中力の高さのおかげで一気に短期間で仕事をこなす事ができるのです。ここでの差も手際が悪い、良いの差が出ます。

要領が良い人の特徴③人に頼むのが上手い

依頼

要領の良い人は、人を使うのが上手いのも特徴です。自分一人でするよりも、他の人の力を上手く利用してやっていく方が終わるのが早いのは当然ですよね。周囲の力を上手く利用する事で、効率的に仕事を進めていく方が良い事を知っているという事も言えます。

下記に、仕事ができる女性の特徴をまとめた記事もありますので、この記事を参考にデキる上司になる方法を参考にしてみて下さい。

要領が悪い!改善する方法5つ

改善する方法①手を動かす前に頭で考える

女性

要領が悪い人は、とりあえず行動する癖があります。確認もせずすぐに行動を起こしてしまえば手際が悪いのも相まって失敗してしまいます。また、きちんと順序立てて行動しなければ当たり前ですが、無駄な動きも多くなってしまいます。その為、行動する前に、しっかりとスケジュールを確認したり、計画を立てる事が大事です。

単純作業であっても、仕事に着手する前に段取りを考える癖を付ける事で、何事においてもすぐに行動しないという事を徹底する事ができます。この事もおススメの改善策です。

改善する方法②要領よくなるにはプロセスに固執しない

女性

要領が悪い人は、自分のやり方を変えたくないという気持ちが強いので効率が悪い方法であってもそのままやり続けてしまうのです。要領の良い人は、あくまで効率優先で仕事をします。その為、少しでも早い方法が見つかればその方法にシフトする事ができます。柔軟性を養う事も重要だという事です。

改善する方法③仕事に優先順位をつける

順番

仕事は、多くが順番通りにする必要がない場合がほとんどです。その為、要領の良い人は複数の業務を掛け持ちする場合には、優先順位をしっかり決めてから仕事に取り掛かります。新たな仕事が途中で入ってきた場合にも、その都度優先順位をつけてから仕事に取り掛かる事ができます。

改善する方法④他者が協力しやすい方法を事前に考える

協力

要領が良い人は、全ての事において仕事仲間や人の力を借りて物事を進めていく事が得意です。その為、どんな場面で協力を仰ぐかという事を具体的に決めて、他者の協力しやすいような方法を事前に考えているんです。

要領が悪い人が余計に他者の協力を仰げないのは、本人も協力する方もどこで協力したらいいかわからないからです。手伝うにもどう手伝ったらいいのかわからない、本人自体もどこで手伝いを頼めばいいのかわからないという状況が問題なのです。その為、要領が悪い人はもう少し手伝ってもらう箇所を明確にする必要があります。

改善する方法⑤要領よくなるには期待値よりも少し上を目指す

カレンダー

要領が良い人は、周囲の期待以上の成果を上げます。しかし、要領が悪い人は期待値通りの成果を上げる事が目的となってしまっている事が多いです。その事が、成果物の完成度の低さやミスの多さに影響していると言っても過言ではありません。しかし、成果物の目標を少し上げるだけでそれだけ意識も変わってくるはずです。

そうなれば、周囲の期待度も変化してくるはずです。ここに、当事者意識を持つ事の意義についての記事がありますので、この記事を参考に当事者意識を持って仕事に取り組む事を意識してみましょう。

要領が悪い人に対してイライラしない方法・付き合い方は?

物覚えが悪い人の「わかりました」を信用しない

男女

仕事を一緒にした際に、その人の「わかりました」を信用しないという事は大事な事です。この言葉を多用する人は、信用できない事が多いのも特徴です。自分が「わかりました」という言葉を使った事で、相手が迷惑になってしまうのではないかという事を気にするあまり、わからない事があっても言ってしまう傾向にあります。

こういう人は、指示通りに動けない人も多いのでこちらから声掛けしてあげる事で改善する事も多いものです。そして、こちらから「分からない事があれば何でも質問してくださいね」というような、相手が質問しやすい環境を作ってあげる事も大事な事です。

仕事で注意する時には対面で話をする

注意

仕事のミスはどんな人も少なからずしてしまいますが、要領が悪い人はミスをした自覚がないので、ミスを指摘されても再度同じミスを繰り返す傾向にあります。こういう人は、注意されたとしても適当に受け流して早めに切り上げようという気持ちがどこかにあります。その為、話を聞いていない事が原因で再度同じミスをします。

こういう人には、頭ごなしにミスを注意しても効果はありません。どこに問題があったのか明確にして、改善策を提示してあげる事が大事です。そして、上手くいった際には褒めてあげる事もポイントです。アメとムチを上手く使い分けて、上手く扱うとこういう人は上手くできるようになります。

要領が悪くても生真面目な人には明るく接する

女性

仕事に対する姿勢は、真面目でもミスが多く要領が悪い人っていますよね。このような人は、注意されると余計に萎縮してしまい、余計に緊張してしまうのでその事が原因で再度、ミスをしてしまうのです。そういう場合には、できるだけ明るく接してあげましょう。リラックス状態で仕事ができた方が上手くいくはずです。

まずは、その人が仕事がしやすい環境を整えてあげるという事も大事な改善ポイントです。仕事をこなしていく中で、自信をつけさせる事を優先しましょう。根は生真面目ですので、時間は掛かったとしても必ずできるようになるはずです。その人の裁量を信じてやっていく事も大事です。

ここに、真面目な人の長所と短所についてまとめた記事がありますので、この記事を参考に真面目な人が向いている仕事などを今一度、確認してみましょう。真面目な人に向いた仕事が理解できるヒントになるかもしれません。

要領が悪い人は上手く扱えば要領が良くなる可能性も

今回は、「要領が悪い人の特徴や改善策」などをテーマにお話してきましたがいかがでしたか?要領良くなるには、多くの課題がありますがまずは、要領が悪い人が仕事をしやすい環境を整える事から始めてみるのがおすすめです。できる事が増えていけば、要領が悪い人も徐々に自信をつけていくはずです。

自信がつけば、仕事に対する姿勢も徐々に変わってくると思いますので要領よくなるにはまず、その事を優先して考える事が大事な事です。物覚えが悪い、段取りができないなど多くの課題は残りますが、細かい事は後回しでも問題ありません。本人に自信がつけば、少しずつできる事を増やしてあげるフォローをしてあげましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。