Middle shutterstock 639915670

目次

台所収納を見直しませんか?

なぜか散らかる台所

最初は何もなくきれいな台所だったのに、使い続けていくとどうしても散らかりがちになってしまいます。「片づけているつもりなのに、なぜかすっきりとまとまらない」と日々感じている人も多いでしょう。

その収納術、使いやすい収納方法?

お料理

おしゃれな台所収納を紹介するサイトが増えています。「いいなぁ」と憧れて試してみても、自分の家事動線や台所の設計に合わなかったりするとせっかくの努力も残念な結果に終わってしまいます。毎日の食卓を美味しいお料理と素敵な笑顔でいっぱいにするためには、台所におしゃれだけではなく実用性も必要なのです。

散らからない台所にするためには?

ものを見直す

収納術を考える前に、今持っているものを見直すことが大事です。いつか使うからととってあるもの、もったいないからと奥の方に収納してあるものはありませんか。もしそういうものがあったら本当にそれが必要なものなのか見直しましょう。台所はこまごましたものが多いですが本当に必要なものは意外と少ないのです。

よく使うものとそうでないものの順番を考える

ものの見直しができたら、残ったものの使う頻度を考えましょう。毎日必ず使うものはすぐに取り出しやすいところに、来客用の食器などはたまにしか使わないから奥の方に、といった感じで収納場所を考えます。見た目も大事ですが、散らからない台所を維持するためには収納場所を考えることを第1に考えることが大事です。

台所のものの定位置をしっかりと決めましょう!

使ったらすぐしまえる場所を作りましょう。

収納場所が決まったらその定位置をしっかりと把握しましょう。毎日使うものは特にしっかりと定位置を決めて、いつもそこに戻すようにします。特に小物類はあとで片づけるからとちょっとそこらへんに置いておくのではなく、使ったその時にムリなくさっと戻せる場所を定位置にするのが台所収納術で大事なところです。

調理台は収納場所にしない

調理台は見える場所なので物を置いてしまうとゴチャついて散らかったイメージになってしまいます。ものを見直す時点で調理台にものを収納しないように考えるとスッキリとした調理台を作れるのではないでしょうか。どうしても物を置くときには高さや容器のデザインをそろえるようにしてごちゃつき感を無くすといいでしょう。

何が向いてる?台所収納場所の特性に合わせた収納術

シンク下の収納に向いているもの

台所収納術の基本はものをしまう時に向き不向きを考えます。シンクの下は湿気が溜まりやすいので、湿気に弱いものの収納は向いていません。食品や電化製品はシンク下に収納しないようにしましょう。シンク下の収納に向いているのはざるやお鍋、ボウルなどの調理用品です。

引き出しの収納に向いているもの

キッチンの引き出しはうまく使えばとても便利ですが、間違った収納をしてしまうとゴチャついて使いづらくなってしまいます。特にシステムキッチンにはたくさんの引き出しがあるので、効率の良い収納を目指しましょう。引き出し収納術に向いているのはキッチンツールです。細かいものもあるのでうまく仕分けしましょう。

コンロ下の収納に向いているもの

コンロは調理をする場所なので、鍋やフライパンなどの調理器具を収納するのがおすすめです。お玉やフライ返し、菜箸なども収納しておくと調理中にさっと取り出せて便利です。油など冷蔵しなくても保存可能なものを収納しておいてもいいですね。コンロ下には調理の即戦力になるものをまとめておくと、手際よく調理できます。

吊り戸棚の収納に向いているもの

吊り戸棚は普段使いのものを収納するのは難しい場所です。そのため頻繁に使わないものを収納するようにしましょう。また高い場所にあるので重たいものや刃がついたものも向いていません。吊り戸棚収納術のポイントは比較的使う頻度が高いものは下に、頻度が少ないものは上に収納するようにしましょう。

台所シンク下収納術!実例のご紹介

ケースに分けて取り出しやすく収納

引き出しになっていないシンク下の収納術は一工夫が必要です。立体的にして全体的に使いやすいようにすると収納量もアップします。ワイヤーネットやつっぱり棒を使ってシンク下を上下2段にし、種類別にケースに分けて収納すれば、とても見やすくて取り出しやすくなりますね。

キッチン掃除グッズもシンク下収納がおすすめ

シンク下の収納はキッチン掃除グッズをしまっておくのにも向いています。キッチン掃除グッズは水回りで使うものなので、ひとつの引き出しにまとめておくといいですね。洗剤やスポンジなどを仕分けしておいておくと、掃除をしたいと思った時にすぐに取り出せるので掃除を面倒に思うことがなくなり清潔な台所を保てますよ。

収納グッズをうまく使った収納

よく見ると100均で買える収納グッズをうまく使ってとてもきれいに仕分けされたシンク下収納術です。スーパーのレジ袋やごみ袋などはかさばってしまいがちですが、収納ケースを使えばコンパクトに使いやすく収納できます。細かいものはかごにしまえば、定位置がしっかりと決まって、使いたいときにさっと取り出せます。

開けても収納!でも使いやすい

引き出しを開けると、ふたつきの収納ボックスがきっちりと入っているので収納されているものが見えません。ラベルに収納されているものを書いておけば、さっと取り出せるので中が見えないからといって困ることはありません。かえって使い勝手がいい収納術です。ふたは扉のように開けられるものが便利です。

食器棚の代わりに

食器棚を置かずにシンク下収納を利用しているという人も増えています。調理しながらさっとお皿が取り出せるのでとても便利ですね。上から見て何がどこにあるかさっとわかるようにケースなどを使って仕分けしてある使い勝手の良い収納術ですね。

ざるやタッパーを取り出しやすく収納

ざるやタッパーは使う頻度が多いのに収納が難しく、イライラしていたという人もいるのではないでしょうか。シンク下に立てるようにして収納するととても取り出しやすくて便利です。ブックエンドなどを利用して、あまりぎゅうぎゅうに詰めないようにすると取り出しやすくてイライラも解消できる収納術になります。

シンク下収納は扉もうまく利用して

シンク下収納が開く扉の場合、扉もうまく利用すれば収納量がアップします。フライ返しやお玉、トングといったキッチングッズは立てて収納すると意外とかさばるので、フックをつけて扉にかけておくとさっと取り出すことができてとっても便利です。収納するときもそこにかけるだけなのでとても手軽な収納術です。

ゴミ箱を収納して生活感を隠す収納

シンク下にゴミ箱を収納できるスペースがあるという時には、思い切って収納してみると、台所がすっきりとします。大胆ですが理にかなったアイデア収納です、ゴミ箱はどうしても生活感が出ますから、生活感をなくしたいという人にはおすすめの収納術です。

余裕をもって収納

特に鍋などの普段さっと使いたいものは、ケースなどを使って余裕のある収納を心がけましょう。重ねて収納する場合は、たくさん重ねてしまうと下の方の鍋が取り出しにくくなってしまうのでほどほどを守るようにするといいですね。

仕分け用ケースをそろえるとすっきり!

収納を仕分けするときにケースを使う場合は、デザインをそろえるとてもきれいですっきりとします。そして、収納ケースには入る分だけ収納するようにすると、ゴチャ付き感がなくなるので、見栄えもとてもよくなります。スポンジなどのストックはどうしてもかさばるので収納ケースに立ててしまうのがおすすめです。

台所の引き出し収納術!実例のご紹介

カトラリーケースを使って

引き出しにカトラリーケースが備え付けてある場合はそれをうまく利用するといいですね。ない場合は100金などでも売っていますから、収納するものに合わせてそろえるといいでしょう。収納するときは種類別に少しずつ入れることを心がけましょう。たくさん入れてしまうと、あとで取り出しにくくなってしまいます。

普段使いのカトラリーも細かく収納

スプーンやフォーク、箸なども細かく収納するとさっと取り出しやすくて便利です。コーヒーや紅茶などはふた付きのケースにわかりやすく収納しておけば、おしゃれ感が増します。取り出しやすい1番上の引き出しにこれらをまとめておけばすてきなティータイム&コーヒーブレイクのひとときになりますね。

ビンを使って見やすくおしゃれに収納

調味料や粉類を収納するときに、ビンを使うと取り出しやすくて便利です。引き出し収納には上から見えるようにふたの部分もガラスになっている密封ビンを選ぶようにしましょう。引き出しの1番前に収納すれば調理しながらでもさっと使えます。

引き出しをパントリーの代わりに

ストックを引き出しにしまっておくと、さっと使えて便利です。収納が多いとついついストックを多く買いすぎてしまうのですが、引き出しのこの1段だけと決めておくと買いすぎを防止することもできますね。引き出しと冷蔵庫がパントリーとしておけば、毎日の献立を考えるのも楽になりますよ。

ジッパー付き袋を使ってわかりやすく収納

袋物のふりかけや調味料などはそのまま収納すれば場所を取らずわかりやすくて済みますが、収納方法が意外と難しいですね。そんな時はケースでしきりを作ってたてて収納しましょう。小物は透明のジッパー付き袋に入れれば同じように立てて収納できます。ジッパー付き袋は同じものにしてラベルを貼っておきましょう。

すべてビンでラベルを付けて

ビンの蓋が透明のものではない時には、ラベルを貼ってしっかりと管理をしましょう。ぴったりと引き出しに合ういわゆるシンデレラフィットのビンがそろえばいいのですが、キッチンを作る時点で最初からサイズをきっちりと図っていない限りそれはなかなか難しいです。すき間には小さな調味料などをうまく収納しましょう。

保存容器を使いやすく収納

小さなタッパーなどを収納するのにも引き出しは便利です。ちょっと残ったおかずや食材を取っておくのに小さなタッパーは活躍するので、手元に収納しておきたいですからね。ふたと容器を別々に立てて収納すると、取り出しやすくておすすめです。

たまに使う家電を収納

タコ焼き機やホットサンドメーカーなどはあると便利なキッチン家電です。特に小さいお子さんのいる家庭やホームパーティーをよく行う人には必須アイテムですね。ところがこういう家電は収納に困るのも事実です。そんな時には引き出しにしまいましょう。システムキッチンの場合は足元にある引き出しがおすすめです。

お弁当小物を仕分けして収納

お弁当の必須アイテム、カップやピックは意外と収納に困っている人が多いです。さっと使いたいときに取り出せる場所を定位置にするのがおすすめです。そんな時にはやはり調理中にさっと手の届く引き出しがおすすめです。種類別に仕分けして、ケースなどに入れておけば取る時の手間が省けます。

調味料ポットでわかりやすくきれいに

調味料ポットは四角いのでピタッときれいに収納することができます。同じものでそろえれば高さもあってとてもきれいです。上にラベルを貼っておけば間違えることはありません。使う時にはポットをさっと取り出して、使い終わったら同じ場所に戻すだけですから、片づけの手間もありません。

コンロ下の鍋・フライパン収納術!実例のご紹介

ファイルケースを使って

お鍋やフライパンは収納に困る代表格です。しかし、毎日使う物だし出しっぱなしだと場所を取るのですっきりとコンロ下に収納しておきたいですね。そんな時にはファイルケースを使って立てて収納しましょう。本のように上から見れば何がしまってあるかわかるようにすれば、使う時にもさっと取り出せて便利です。

余裕のある収納

鍋やフライパンだけではなくふたも立てて収納しましょう。しかし立てられない鍋もありますよね。はそのまま収納できるように余裕を持った収納を意識しましょう。そのためには収納前のものの見直しの時点で、コンロ下収納の量と調理器具の量を考えておくとよいでしょう。

棚をDIYして

コンロ下が引き出し式の収納ではない場合はファイうケースをたてに使って収納すると取り出しやすいです。上の部分もうまく使えるように棚を作れば、収納量がかなり増やせます。木材を使ってDIYしても、既成の収納棚を利用してもいいですね。

調味料も一緒に収納

フライパンやお鍋を収納したら一緒にお玉やフライ返しといった調理器具や頻繁に使う調味料を収納すると、コンロ下収納をあけるだけですべての調理が可能になります。その時にはファイルケースなどで仕分けしておくと、ゴチャ付き感を防ぎ、取り出しやすくなります。

ワイヤーネットでお鍋用の棚を作って

ワイヤーネットなら細かいサイズも調整できるので、収納したい鍋やフライパンのサイズに合わせて収納することができます。100均で売っているワイヤーネットと結束バンドを使えば簡単に棚を作ることができるので、DIY初心者の人でも短時間で作ることができます。

調理器具を厳選して

本当に必要な鍋やフライパンだけを厳選して収納すれば、コンロ下収納は意外と広くなるものです。空いた場所に炊飯器を入れることもできますよ。調理に必要なものがすべてコンロ下に集約できます。炊飯器を収納するというアイデアはなかなかありませんが、収納すると生活感が隠れてすっきりしますね。

奥の収納を便利に

引き出し式の収納ではない場合、奥の収納に困ることがあります。使わないものを奥にしまってしまうと、もうそれはずっと使いません。そのため奥の方こそ取り出しやすい収納にする必要があります。棚を作って取り出しやすいようにしましょう。手前には調味料などの小物を収納すれば奥のものも取り出しやすく便利になります。

引き出しを使って便利に収納

引き出しをコンロ下収納に組み合わせれば、奥の方を気にすることなく便利に使うことができます。透明、または半透明の見やすい引き出しだと何がどこに入っているのかがわかってとても便利です。

空間をうまく利用して

コンロ下の収納が引き出し式になっている場合、開けた時に上の方が空間になっていることに気づいた人もいるでしょう。ただそこにつっぱり棚を利用するアイデアはなかなか思いつきません。素晴らしいですね。つっぱり棚の耐荷重量を確認して、収納するものを選びましょう。軽めのお鍋やふたなどをしまっておくといいですね。

ラップやホイルを一緒に収納

横にすると場所を取るタップやホイルも立ててしまえばとてもスマートに収納できます。お鍋やフライパンをしまったすき間にさっとしまえば取り出しやすく便利です。手前に収納しておくとさっと取り出せ、収納も簡単なのでおすすめです。

キッチン収納グッズを利用して!吊り戸棚の収納術実例

吊り戸棚にはケース収納が便利

吊り戸棚には、頻繁には使わないものを収納することができるので便利です。紙皿や紙コップ、割りばしなどのお出かけグッズやタッパーなどの保存容器などその種類は多岐にわたるので、種類ごとにケースに入れて仕分けしておくといいでしょう。ラベルに何が入っているのかを書いて何が入っているのかすぐにわかります。

一番上には使う頻度の少ないものを

大きなお鍋や来客用の食器など普段使う頻度の少ないものは吊り戸棚の一番上にしまいましょう。たまに使うくらいだったら多少取り出しにくくてもその時だけだからと割り切ることができますね。台所の使いやすい場所には普段頻繁に使うものを収納しましょう。

手の届くところには普段使いのものを

昇降式吊り戸棚には普段使いのものを

昇降式の吊り戸棚は目線まで棚が下りてくるのでとても便利です。そのため、普段使いのものを収納しても問題ありません。食材のストックや調味料などを収納するといいですね。昇降式の吊り戸棚には耐荷重量がありますから、かならず確認をしましょう。

100均収納グッズで効率よく見た目もきれいに

収納グッズをそろえれば、とてもすっきりとして効率よく見やすい収納になります。100均の収納グッズはとても便利でさまざまなものがそろっていますから、収納棚の大きさと収納するものを考えて買いそろえるとよいでしょう。下の方の収納は取っ手がついていると頻繁に取り出す物でも安心です。

トレイや天板は立てて収納

吊り戸棚の下の段にトレイや天板をたてて収納すると、さっと使いたいときに取り出せてとても便利です。お子さんのプラスチック食器なども一緒に収納するといいですね。

つっぱり棒を利用してストック収納

キッチンペーパーやラップ、ホイル、保存用ビニール袋などをストックするときにはつっぱり棒をおすすめします。重たいものではないので、突っ張り棒を2本使えば安全に収納できます。上の方がどうしても空いてしまうという悩みもこれで解決です。

便利な収納グッズを台所収納術にプラスしましょう!

シンク下伸縮棚/1,765円(税込)

アイリスオーヤマで販売しているシンク下の収納棚です。ネジを使わずに組み立てられるので、DIY初心者でもすぐに作れます。排水管を避けて設置できるのでシンク下を有効に使うことができます。

収納バスケット5個セット/739円(税込)

吊り戸棚などは同じ収納ケースを使うととてもスリムにまとめることができます。持ち手があるので取り出す時にも滑ったりすることがなく安心です。

アイデア次第で台所収納術は無限に広がる

いかがでしたか。台所収納はアイデア次第でとても使いやすく便利になります。収納グッズなどをうまく利用して、ご自身の家事動線と台所にあった収納を見つけましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。