Large thumb shutterstock 1074553637

心を無にする意味とは?心を無にする方法もご紹介!

更新:2019.07.04

心を無にするという言葉の意味とは何か知っていますか?心を無にすることで精神的にゆとりができると言われていますが、その分難しいとも言われています。今回は、そんな心を無にするについて紹介します。これをやるための方法もチェックしましょう。

心を無にするの意味とは?

心を無にするの意味とは「心の中にある雑念を払う」こと

念じる

心を無にするの意味は、地震の心の中に存在する「怒り」や「不安」といった、デメリットを生む感情を表す「雑念」と呼ばれる心の乱れを払うことを指します。心を無にして無感情になることで、人生を豊かに生きられる上に理不尽な目にあっても動揺しづらくなると言われています。

心を無にする行為は現在重要視されている

重要視

現代では、ストレスを溜めがちな社会人が存在すると言われている通り、ストレスが原因で仕事が嫌になったり会社に行くことに精神的な苦痛を感じる人が増えてきました。これを解決するためには、自身を弱める考えである雑念を捨て去り、心を無にすることで強くなれると言われています。

心を無にできる人の特徴とは?

心を無にできる人の特徴①面倒な物事には関わらないようにしている

面倒

心を無にできる人の特徴1つ目は、面倒な物事には関わらないようにしていることです。周囲が持ってくる厄介ごとに巻き込まれたくないと考えているため、基本的にこちらから首をつっこむことはしません。そのため、上司や同僚から休日は何をしているのかわからないと思われがちです。

心を無にできる人の特徴②感情に振り回されない

感情

心を無にできる人の特徴2つ目は、感情に振り回されないことです。嬉しいといった気持ちに捉われて相手を喜ばせることばかりしていたり、怒りといった気持ちに捉われて人を傷つけるようなことはしません。なぜなら、いつでも平常心を保っているからです。

いつまでも平常心を保つことで、心地よい感情から不安な感情に落ち込んだ反動で絶望しなくなり、周囲が闇で覆われている感情から晴れたきっかけでハメを外すなどの行動が見られなくなります。

心を無にできる人の特徴③我慢強い

我慢

心を無にできる人の特徴3つ目は、我慢強いことです。衝動に任せて行動するとよくないことを知っているので、日常的に感情を抑制しています。そのため、お金がない時にどうしても欲しいものがあっても買わなかったり、他人に暴言を吐かれても殴らずにグッと堪えられます。

こちらの記事では、我慢強い人の特徴についてまとめられています。仕事をそつなくこなしたり人に対して優しくなれるといった特徴を持つこの人たちには、様々な長所を持っています。そんな我慢強い人達について知るためにもこちらの記事を読んで、色んな特徴を把握しましょう。

心を無にできる人の特徴④ニュートラルを意識している

ニュートラル

心を無にできる人の特徴4つ目は、ニュートラルを意識していることです。人は心地よい感情を求めて並走しがちですが、そのために良い感情と悪い感情を生き行きしていては疲れるだけです。その状態を抜け出すには、良くも悪くもない「ニュートラルな状態」が重要になります。

この「ニュートラルな状態」は、良い感情・悪い感情に振り回されず、どちらも釣り合っている状態を表しています。これを意識するとこで、嬉しいことがあってもはしゃぎすぎず、辛いことがあっても引き摺らずに過ごせるのです。

日常の中で心を無にする方法とは?

日常の中で心を無にする方法①瞑想をする

瞑想

日常の中で心を無にする方法1つ目は、瞑想をすることです。何も考えない時間を作り、ただひたすらに呼吸を繰り返してみましょう。最初は考えないことに慣れていないため、余計な思考が頭の中で巡らせてしまいがちですが、慣れて行くと心が解放されて行くようなすっきりとした感覚を味わえます。

こちらの記事では、瞑想にオススメのマントラについてまとめられています。魔法の呪文を表すマントラは、瞑想中に唱えることで普通に瞑想をするよりも雑念が取り除きやすいと言われています。いらない考えを捨てるためにもこちらの記事を読んで、自分的に唱えやすそうなマントラを探してみましょう。

日常の中で心を無にする方法②ヨガを始める

ヨガ

日常の中で心を無にする方法2つ目は、ヨガを始めることです。ヨガはインドの修行僧が鍛錬に使っていた行為であるため、精神統一の手助けをしてくれます。また、現代ではストレッチと呼吸法が組み合わさった健康法として扱われているので、日常に取り入れれば身も心も健康になります。

こちらの記事では、ヨガ初心者にオススメの服装についてまとめられています。ヨガを始めようと考えても、それに合う服装で挑まなければ上手にできません。ヨガに支障のない服装を取り入れるためにもこちらの記事を読んで、自分にあった格好を探してみましょう。

日常の中で心を無にする方法③一人の時間を確保する

一人

日常の中で心を無にする方法3つ目は、一人の時間を確保することです。ストレスがたまると誰かと一緒にはしゃいだりして時間を共有しがちですが、一人でも立ち向かっていけるように自分だけの時間を確保してそこで休むようにしましょう。

例えば、パソコンやスマホでネットをよく見る人は見ないようにして情報を遮断したり、家に美味しいコーヒーやお菓子があるなら時間をかけて召し上がるようにしましょう。このように、仕事や友達といった人間関係から離れてプライベートを大切にするとゆったりと身も心も休まります。

日常の中で心を無にする方法④ランニング・ジョギングをする

ランニング

日常の中で心を無にする方法4つ目は、ランニング・ジョギングをすることです。毎日走ることに集中すれば他のことを考えられなくなるため、無の状態に近くなります。また、走り続けていると気分もよくなるため終わった頃にはネガティブな気持ちが晴れてポジティブになれるでしょう。

仕事や会社の中で心を無にする方法とは?

仕事や会社の中で心を無にする方法①深呼吸をする

深呼吸

仕事や会社の中で心を無にする方法1つ目は、深呼吸をすることです。仕事中に不安に駆られたり会社の中で理不尽な目にあって心が不安定になった時は、一度立ち止まって深呼吸をしてみましょう。何度も呼吸をして肺に新鮮な空気が入れば、悪い気が消滅して悪いことが思い浮かばなくなります。

こちらの記事では、深呼吸の正しいやり方についてまとめられています。新鮮な空気を取り込もうとしてなんとなく呼吸を繰り返しても、良い効果が得られません。体全体がリラックスしている状態にするためにもこちらの記事を読んで、深呼吸の正しいやり方を学びましょう。

仕事や会社の中で心を無にする方法②将来の不安を考えるのをやめる

不安

仕事や会社の中で心を無にする方法2つ目は、将来の不安を考えるのをやめることです。物事には様々な可能性が含まれています。その可能性の中から「もしも悪いことが起きたら」と考えると、今やっていることがおろそかになってしまいます。

仕事のや会社のことで、万が一のために備えることは良いですが、それ以上のことを考えて不安を引き起こしたり無理に行動しないようにしましょう。

番外編|心を無にするの類義語・対義語とその意味

心を無にするの類義語とその意味①リラックス

リラックス

心を無にするの類義語とその意味1つ目は、リラックスです。体や心に緊張がない状態を表す言葉で、一般的にはリラクゼーションの同志として扱われています。また、この言葉の語源はラテン語の「relaxare」となります。

どちらも緊張をほぐしてネガティブな感情を無くすことや心の中を換気させることを意味するので、お互いに類語関係にあると言えます。

心を無にするの類義語とその意味②心頭滅却

心頭滅却

心を無にするの類義語とその意味2つ目は、心頭滅却です。自分の気を散らすような考えを消し去ることや、集中していれば苦しみを感じないことを意味する四字熟語です。元々は「心頭を滅却すれば火もまた涼し」を省略した言葉です。ちなみに、「心頭」は心の中、「滅却」は何も残らないように全て消すことを表します。

どちらも自分を無の境地に至らせることや心の中にある恐れや不安といった雑念を払うことを意味するので、お互いに類語関係にあると言えます。

心を無にするの類義語とその意味③落ち着く

冷静

心を無にするの類義語とその意味3つ目は、落ち着くです。あちこち動いていたものが一定の場所に留まることや、その人が軽々しさのない様子を表します。基本的に、その人の性質が何事にも慌てずに冷静に振る舞う状態に対して使われています。

どちらも心の動揺がなく静まっている様子やその人の精神状態が安定している状態を表すため、お互いに類語関係にあると言えます。

心を無にするの対義語とその意味①感情的

感情的

心を無にするの対義語とその意味1つ目は、感情的です。その人が理性を失って感情に任せて行動している様子や、興奮しているために誰の言葉にも耳を傾けない状態を指す言葉です。

心を無にするは感情に支配されず理性的に行動できる様子を表すのに対して、感情的はポジティブ・ネガティブに関係なく感情に振り回されていることを意味するので、お互いに対義語関係にあると言えます。

こちらの記事では、感情的になる人の特徴についてまとめられています。ふとしたきっかけで感情が爆発してわめき散らしがちなこの人たちは、周囲にとってめんどくさい存在です。しかし、うまく対処すれば円滑な人間関係を築けられるでしょう。周囲に感情的な人がいる時はこちらの記事を読んで、上手な対処法を学びましょう。

心を無にするの対義語とその意味②煩悩に支配される

仏教

心を無にするの対義語とその意味2つ目は、煩悩に支配されるです。煩悩とは仏教の教えの一つで、心身にまといつき心をかき乱す欲望を指します。言い換えれば欲望に支配されるとも表現できます。

心を無にするは自身を苦しめる感情や要求を無くすことを表すのに対して、煩悩に支配されるはそれらに捉われて求めてしまう様子を表すので、お互いに対義語関係にあると言えます。

感情に振り回されそうになったら心を無にするようにしましょう!

ストレス社会と言われている現代は、ちょっとした感情によって自身を滅ぼしかねない存在となっています。しかし、心を無にして自分の感情をコントロールすれば、不安にかられることも喜びのあまりハメを外すこともありません。心の健康のためにも、自分の心を無にする練習を始めてみましょう。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。