Middle shutterstock 427071115

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴5選|怒り方とその対処法も

更新:2019.06.21

普段は全くと言って良いほど怒らないけど怒ると怖い人は周りに居ませんか。怒らない人の特徴には実は優しい性格でおとなしという方が多く普段から怒らない人は怒り方が分からなくて怒ると怖く感じます。そこで、怒ると怖い人や怒らせてはいけない人の特徴やキレる時の対処法をご紹介します。

スポンサーリンク
×
スポンサーリンク
×

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴5選

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴①普段から常に笑顔

女性

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴1つ目は「普段から常に笑顔」の方です。常に笑顔だとどんなことをしても笑顔で対応しこの人は怒らないというイメージを勝手に持ってしまいます。常に笑顔の方は怒らないであろうという勝手なイメージによって笑顔の人が怒ると怖く感じます。

常に笑顔の人は怒らないという訳ではなく笑顔を心掛けているか無意識的に笑顔になっているだけで内心では怒っている方もいます。そして、沸点が高かったりと怒り出すまでが長い方がいますが、決して怒らないであろうと言ったかってなイメージを持たないようにしましょう。

常に笑顔の方が怒ると怖い原因は笑顔と怒った時のギャップです。ギャップと言うのは普段から怒っているこわもての顔の方は実はあまり怖い怒り方はしませんが、起こるイメージのない方が怒ると笑顔と怒りのギャップに恐怖を感じてしまいます。

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴②優しすぎる人

スポンサーリンク
×
女性

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴2つ目は「優しすぎる人」です。優し過ぎる人が怖い原因は常に笑顔の方と同じく怒らないだろうという勝手なイメージと怒る時の恐怖にギャップがあり優しすぎる人は怒ると怖いという原因になります。

優しすぎる人は怒らないというイメージが付きやすいですが、優しすぎる方も人です。優しすぎる人でも怒りを感じていますが。怒らない原因があります。勝手なイメージを持つことなく普通に接しましょう。

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴③ちょっとしたことでは怒らない

女性

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴3つ目は「ちょっとしたことでは怒らない」ことです。ちょっとしたことでは怒らないという方は他の人よりも怒りの沸点が高くちょっとしたことでは怒ることはありませんが、沸点が高くても怒る時は怒ります。そして、あまり怒らない方は日頃から貯めている苛立ちも怒りとなります。

スポンサーリンク
×


ちょっとしたことでは怒らない方は怒りを溜めやすく怒った時はすべてを爆発させて怒ってきますので、さらに怒ると怖いと思ってしまいます。ちょっとしたことでは怒らない方も怒りを感じ怒ることもありますので、怒らないからと言った行動をするのはやめましょう。

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴④おとなしく物静

女性

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴4つ目は「おとなしく物静か」という方です。普段からおとなしく物静かな方が怒ると怖いと思う原因は怒り方です。おとなしく物静かな方は怒るという感情を出すことに慣れていないため感情表現が苦手で怒った時に爆発してしまいます。

おとなしく物静かな人は怒り方になれていないことが多く、怒らないという勝手なイメージによってさらに恐怖と感じます。おとなしく物静かな方でも怒る時は怒りますので、おとなしく物静かな方が怒らないと言う勝手なイメージを無くしましょう。

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴⑤誰に対してでも気遣う人

スポンサーリンク
×

女性

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴5つ目は「誰に対してでも気遣う人」です。誰に対しても気遣う人はとてもいい人という評価を受けることもありますが、人に気を使うということを利用したり舐めた態度を取る方など色々いますが、気遣う方はどんな人に対してでも優しく気遣いを行います。

気遣いをする方は基本的に低姿勢なのでそういう部分から怒ると言うイメージがつながらず怒ると怖いと思ってしまいます。気を使う人でも人に対して怒りを覚えます。低い姿勢で対応するからという理由で舐めた態度を取っていると痛い目に合いますので低姿勢の方でも見下さず怒らないというイメージは無くしましょう。

実は怒ると怖い人の怒り方3選

実は怒ると怖い人の怒り方①怒ると怒鳴り散らす

スポンサーリンク
×