INDEX

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴5選

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴①普段から常に笑顔

女性

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴1つ目は「普段から常に笑顔」の方です。常に笑顔だとどんなことをしても笑顔で対応しこの人は怒らないというイメージを勝手に持ってしまいます。常に笑顔の方は怒らないであろうという勝手なイメージによって笑顔の人が怒ると怖く感じます。

常に笑顔の人は怒らないという訳ではなく笑顔を心掛けているか無意識的に笑顔になっているだけで内心では怒っている方もいます。そして、沸点が高かったりと怒り出すまでが長い方がいますが、決して怒らないであろうと言ったかってなイメージを持たないようにしましょう。

常に笑顔の方が怒ると怖い原因は笑顔と怒った時のギャップです。ギャップと言うのは普段から怒っているこわもての顔の方は実はあまり怖い怒り方はしませんが、起こるイメージのない方が怒ると笑顔と怒りのギャップに恐怖を感じてしまいます。

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴②優しすぎる人

女性

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴2つ目は「優しすぎる人」です。優し過ぎる人が怖い原因は常に笑顔の方と同じく怒らないだろうという勝手なイメージと怒る時の恐怖にギャップがあり優しすぎる人は怒ると怖いという原因になります。

優しすぎる人は怒らないというイメージが付きやすいですが、優しすぎる方も人です。優しすぎる人でも怒りを感じていますが。怒らない原因があります。勝手なイメージを持つことなく普通に接しましょう。

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴③ちょっとしたことでは怒らない

女性

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴3つ目は「ちょっとしたことでは怒らない」ことです。ちょっとしたことでは怒らないという方は他の人よりも怒りの沸点が高くちょっとしたことでは怒ることはありませんが、沸点が高くても怒る時は怒ります。そして、あまり怒らない方は日頃から貯めている苛立ちも怒りとなります。

ちょっとしたことでは怒らない方は怒りを溜めやすく怒った時はすべてを爆発させて怒ってきますので、さらに怒ると怖いと思ってしまいます。ちょっとしたことでは怒らない方も怒りを感じ怒ることもありますので、怒らないからと言った行動をするのはやめましょう。

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴④おとなしく物静

女性

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴4つ目は「おとなしく物静か」という方です。普段からおとなしく物静かな方が怒ると怖いと思う原因は怒り方です。おとなしく物静かな方は怒るという感情を出すことに慣れていないため感情表現が苦手で怒った時に爆発してしまいます。

おとなしく物静かな人は怒り方になれていないことが多く、怒らないという勝手なイメージによってさらに恐怖と感じます。おとなしく物静かな方でも怒る時は怒りますので、おとなしく物静かな方が怒らないと言う勝手なイメージを無くしましょう。

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴⑤誰に対してでも気遣う人

女性

普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴5つ目は「誰に対してでも気遣う人」です。誰に対しても気遣う人はとてもいい人という評価を受けることもありますが、人に気を使うということを利用したり舐めた態度を取る方など色々いますが、気遣う方はどんな人に対してでも優しく気遣いを行います。

気遣いをする方は基本的に低姿勢なのでそういう部分から怒ると言うイメージがつながらず怒ると怖いと思ってしまいます。気を使う人でも人に対して怒りを覚えます。低い姿勢で対応するからという理由で舐めた態度を取っていると痛い目に合いますので低姿勢の方でも見下さず怒らないというイメージは無くしましょう。

実は怒ると怖い人の怒り方3選

実は怒ると怖い人の怒り方①怒ると怒鳴り散らす

女性

実は怒ると怖い人の怒り方1つ目は「怒ると怒鳴り散らす」ことです。普段から怒らない方には怒りを溜めている人と怒ることが少なく人に対して怒る時にどんな方法で怒ればいいのかわからないという方がいます。怒鳴り散らすのは怒る人は基本的に怒鳴り散らす方もいますが、普段から怒らない方が怒鳴ると恐怖を感じます。

普段から怒らない方が怒鳴り散らすことに恐怖を感じるのは怒らないであろうという思い込みのギャップによる恐怖です。怒鳴り散らす方法しか知らないという方もいますので、人は誰もが怒り、怒る時は手段が分からず怒鳴ってしまう方もいるというのを覚えておきましょう。

実は怒ると怖い人の怒り方②まくし立てた理論攻め

女性

実は怒ると怖い人の怒り方2つ目は「まくし立てた理論攻め」です。普段怒らない人は怒りと言う感情をあまり出さずに怒る方も多くいますが、その人たちは言い返すことも許さないぐらいにまくし立てながら理論攻めをしてきます。

そして、怒らない方は感情をあまり出さずにクールにまくし立て反論する暇も与えない程に攻めてきますので、謝罪の気持ちよりも恐怖を感じ怖いと思ってしまいます。

実は怒ると怖い人の怒り方③目が笑っていない

女性

実は怒ると怖い人の怒り方3つ目は「目が笑っていない」ことです。普段からニコニコして常に笑顔を心掛けちょっとしたことでは顔色一つ変えず笑顔で対応してくれる方がいます。常に笑顔の方は怒らないのではないかと思われていますが、実は笑顔で怒っている時もあり、その人たちが怒ると怖いのが目が笑っていないことです。

普段から笑顔の方は怒る時も笑顔の時があり、怒られている側はあまり怒っていないのではと思う時もありますが、目は一切笑ってはいません。目が笑っていないことに気付けば怒っていないのではという考えにはなりません。常に笑顔で怒らないと言うイメージがあっても怒っていないとは限りません。

怒ると怖い人の対処法5選

怒ると怖い人の対処法①反論をしない

女性

怒ると怖い人の対処法1つ目は「反論はしない」ことです。怒られている時も自分の言い分があったりその時の経緯を話そうとしたい気持ちは分かりますが、その行為は火に油を注ぐ行為となりとても危険です。そして、正し言い分でも反論と受け取られると怒りが収まることはないので無駄なこととなってしまいます。

怒ると怖い人には反論はせずに黙って聞いて相手の言い分を聞きましょう。そして、相手が落ち着きを見せたころに自分の言い分を言ってみるのが1番おすすめの対処法です。ただし、自分の言い分が正しいと思って相手が冷静になったころも見計らって説明しに行ってもその行為がまた、逆鱗に触れることになる可能性もあります。

もし、落ち着いたときに話しても再度怒り出すような人であれば落ち着いた環境で話し合うか、相手がスッキリするまで言わして放置するのが1番です。起こると怖い人は怒らせないようにしましょう。

怒ると怖い人の対処法②とにかく謝る

女性

怒ると怖い人の対処法2つ目は「とにかく謝る」ことです。怒りだすと怖い人には何も言わずとにかく謝ることがご紹介する対処法の中でも1番おすすめする方法です。あまり怒らない人が怒りだすと長い間怒りが溜まっており落ち着いたと思っても怒っていたりと難しく思う時があります。

あまり怒らない人が怒る時は基本的に何を言っても焼け石に水でまた怒り出すこともありますので、謝り続けましょう。謝ることで相手が落ちついた後も低姿勢でいることをおすすめします。

怒ると怖い人の対処法③黙って見守る

女性

怒ると怖い人の対処法3つ目は「黙って見守る」ことです。怒っている人がいる時についつい話しかけ落ち着かせようとしてしまう方がいますが、その落ち着かせようとする行為や「落ち着いてね」とかけるセリフがさらに怒りの元となります。そして、宥めようとしてくれた方にも当たり散らす可能性もあります。

怒ると怖いあまり怒らない人は日頃から何かしらで溜まっている発散できない怒りがあります。その怒りが爆発した時には留めようにも本人が落ち着くまで止めようがないので、落ち着かせようという行為が逆に苛立ちの元となりますので、怒っている時は何もなかったかのように黙って見守ることが1番です。

怒ると怖い人の対処法④怒りに触れない

女性

怒ると怖い人の対処法4つ目は「怒りに触れない」ことです。怒っている人に対して怒りに触れることはさらに怒りを増す行為でどんなに怒りが落ち着いていても再加熱させるので怒りに増えないようにしましょう。よくある怒りに触れてしまう行為が自分の言い分を言おうとして怒りに触れてしまいます。

相手が怒っている時に良い分を言ったとしても相手がその言い分で落ち着く相手なら良いのですが、その言い分を良い訳と受け取ってしまう方もいますので、怒りに触れないように黙って話を聞いていましょう。怒りに触れることは本当に面倒なことで関係も悪化してしまうので避けるべき行為です。

怒ると怖い人の対処法⑤聞き流すもしくは無視

女性

怒ると怖い人の対処法5つ目は「聞き流すもしくは無視」をすることです。相手が怒っている時は話を聞かないと怒られてしまうので自分が怒られている時は聞くべきですが、とばっちりのような発言が来た時はこちらも怒るのではなく聞き流すようにしましょう。

聞き流すことができない場合は相手の言い分を無視するのもおすすめです。やはりとばっちりのような行為をされると苛立ちもたまるものですがこちらもキレると相手もさらに怒り出し喧嘩にしかならないので聞き流すか無視が1番おすすめです。

普段は優しいけど怒ると怖い人は常日頃我慢して過ごしているの?

普段から優しい人はキレるまでの沸点が高く怒りに達しない

女性

普段優しく怒らないという方は我慢している訳ではなく沸点が高く普通の人のようなところでは沸点に達しないので怒ることもしません。ただし、普段怒らない人も沸点に達すれば怒りますので、怒らないから何をしてもいいということではありません。沸点が高い人ほど怒ると怖いので注意しましょう。

普段からおとなしい優しい人は我慢しているので怒らせてはいけない

女性

普段からおとなしく優しい人は我慢している人もいます。我慢している人は「怒り方が分からない」「ここで怒ってもなにも変らない」「怒っても仕方がない」という色々な考えがあり人に対して怒ることを我慢している方がいます。こういった方は日頃怒りと言うストレスを抱えていますので怒らせないようにしましょう。

怒る部分が他の方とは違う

女性

おとなしい人で怒らないと思われている人は実は沸点が高い訳ではなく怒る部分が人とは違うという方もいます。こういった方は禁句ワードや禁止行為がありその人が気に食わないと怒りますので意外とかかわるのが難しい人です。関わるなら相手の怒るポイントを把握しておかないといけません。

普段はおとなしい怒らない人は怒らせてはいけない

男性

普段はおとなしい怒らない人は怒らせてはいけない特徴や怒り方、対処法と言うのは参考になったでしょうか。普段からおとなしく笑顔で対応している方は決して怒らない訳ではありません。沸点が高かったり実は起こっていたりします。

怒らないからなにしても大丈夫と勝手な決めつけをするのではなく、沸点が高くあまり怒らないだけです。怒らない優しい人ほど大切にしておくことをおすすめします。

Small thub shutterstock 396735082
関連記事 怖い彼氏、すぐ怒る彼氏との付き合い方。恐怖を感じたら見直したい対処法

皆様の彼氏はすぐ怒る彼氏ですか?男らしくていつも隣にいてくれる頼りにな

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。