INDEX

「じろじろ見る」ってどういうこと?

「じろじろ見る」の言葉の意味

見る

一般的な辞書では意味として「凝視すること」「無遠慮な様子で相手や対象をつくづくと見るさまなどを表す語」として掲載されています。じっくり見るという意味なので、あまり良い意味で使用されることはない言葉です。

そのため、「じろじろ見られる」というのは見られることに不快感を感じるときに使用することが多い言葉です。ポジティブに言えば、見入っているともとれますがあまりそのように受け取る方は少ないでしょう。

「じろじろ見る」の類義語

見る

類語で「吟味」「品定め」「見入る」「食い入るように見る」「熱い視線を送る」などと言います。現代では「ガン見」とも表現されます。表現の仕方で、ポジティブにもネガティブにも受け取ることができます。

男性からじろじろ見られる理由とは?|じろじろ見る人の心理6選

【男性からじろじろ見られる心理・理由】①自分の好みに当てはまるから

好み

男性からじろじろ見られる場合、その男性にとって「可愛い」「美人」など自分の好みに当てはまる魅力的な相手をじろじろ見てしまう傾向があるようです。これは無意識に見てしまうことが多く、目で追ってしまうというパターンです。よく好きな相手を無意識に目で追うということがありますが、それに当てはまります。

ただ、無意識なので自分でさえもじろじろ見ていることに気づいていない場合があります。「つい見てしまう」というのは、まさに獲物を物色する生物の本能の名残であるので、仕方ないといえば仕方ない部分もあります。

好きな人からじろじろ見られる場合はもしかしたら脈ありかもしれません。下記関連記事でその視線の意味について詳しく掲載されているので参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 502740214
関連記事 遠くからよく目が合う男性心理11選|近くで目が合わない/そらさない/真顔

よく目が合う男性は、脈ありなのか勘違いか迷うことってありますよね。男性

【男性からじろじろ見られる心理・理由】②既視感を感じているから

スマホを持っている女性

何かを考えながらや訝しげな表情をしながらじろじろ見られる場合は相手は自分のことを知っているか、知り合いに似ている、または見覚えがある可能性があります。「どこかで見たことある気がする」「知っている人かも?」と思ったことは誰かしらあることでしょうが、その時の場合は大体が相手をじろじろ見ているものです。

そして自己完結したとき、もし相手の勘違いだった場合はじろじろ見るのをやめ、反対に知り合いだと思い出した場合は声をかけてくるでしょう。ですから、考えながらじろじろ見られるときは一度知人や顔見知りかどうか自らも確認することが大切です。

ちなみに既視感を感じることを「デジャブ」と言います。デジャブについて詳しく知りたい方は、関連記事を見るとよりデジャブに詳しくなれます。

【男性からじろじろ見られる心理・理由】③興味をひくから

ベッドで横になる女性

例えば突拍子もない奇抜な恰好をしていたりクリーニング店のタグがつけっぱなしだったり、服を裏返して着ていた人やスカートがパンツの中に入ってしまってた人、ズボンのチャックが開いたままの人をつい見ちゃうことってありませんか。理由は人はつい気になることには注視してしまう傾向があるからです。

それはやはり一概に興味をひくからではないでしょうか。そして、「注意したほうが良いのか」「あの人は気づくだろうか」などの心の中の葛藤をしている間はつい目が離せなくなってしまい、そのままじろじろ見てしまう、という状態になってしまいます。

このじろじろ見られる場合の心理としてはまさに「恐いもの見たさ」のような、好奇心のままに相手をじろじろ見てしまいます。ですから自分がもしじろじろ見られる場合は、自身の恰好を一通り確認するのが良いのかもしれません。もしかしたら自分では気づかなかった失敗があるかもしれません。

【男性からじろじろ見られる心理・理由】④スタイルが気になるから

綺麗な女性

1つ目の好みの部分と似通る部分もありますが、男性自身の好みの部位「胸」「脚」「お尻」などの主な部分が好みの相手にはついじろじろ見てしまう傾向があります。よく言われるのが「胸が大きい」人はよく男性から見られると言いますが、なぜ男性はつい女性の胸を見てしまうのでしょうか。

理由として、男性は揺れるものに目がいくと言われています。それは本能の部分からだそうですが、そのため女性の身体でよく揺れる部位である胸につい目がいってしまいます。また、自分にはないもの女性らしさというのがやはり胸に集約されているので、本能とともに興味をひかれ、ついじろじろと凝視してしまいます。

また、ありえないほどの長身だったり信じられないほど巨躯だったりなど主にびっくりしたスタイルの場合にもじろじろ見てしまう傾向にあります。スタイルを見てじろじろ見られる場合はあまり相手の理由はよろしくないものばかりなので、できれば避けたい視線です。

【男性からじろじろ見られる心理・理由】⑤人間観察をしているから

観察

おしゃべり中にじろじろ見られる場合は人間観察されている可能性があります。よく芸人さんでも人間観察をしてネタにしている方がいますが、それと同じように人間観察が趣味な人も存在します。

人間観察をしている人は、純粋な興味や好奇心で人の癖や言動などを細かく見ているため、自然と興味対象者を観察したいという心理が働くので、故意にじろじろ見ています。

あまりに長時間じろじろ見られる場合は自分が個性的な癖や仕草があるのかと気をつけたほうが良いかもしれません。また、誰かとおしゃべり中の場合は声のトーンを落とすのが良いかもしれません。

【男性からじろじろ見られる心理・理由】⑥無防備だから

無防備

服の間からブラの紐が見えていたり足を組み替えたときにパンツが見えてしまったりと女性の隙を見て、「おっ」と視線が移り、そのままじろじろ見られる場合があります。理由としては単純に下心です。男性の「もう一度見たい」「もしかして誘ってる?」などの心理が作用して、無防備な女性をじろじろ見てしまいます。

そのようにじろじろ見られる場合、主にその男性は女性を物色している場合が多く、ナンパを目的としていたり酷いと性犯罪を目論んでいたりする場合があるので、できる限り避けましょう。自分の身は自分で守れるよう女性は隙を見せないように気をつけてください。

女性からじろじろ見られる理由とは?|じろじろ見る人の心理7選

【女性からじろじろ見られる心理・理由】①怒りや不満から

怒りを持っている女性

行列の割り込みをしたり横柄な態度をとったりする人をつい見てしまう女性は多いのではないでしょうか。女性の場合、怒りを視線で向けます。それは暗に視線で「なんだこいつ」「マナー違反だ」などと攻撃的な心理が作用しているからです。

じろじろ見ることで、自分の怒りや不満を相手へのメッセージとして届けようとしています。ですから、明らかに不機嫌な表情をした見知らぬ女性にじろじろ見られる場合は自分に何かしら落ち度があったかもしれません。

ですが、そのようにいわゆる「睨む」行為をする女性はクレーマー気質があるのでできればその女性と距離を置き、避けたほうが良いでしょう。近くにいるとトラブルのもとになりかねません。下記の関連記事に怒りやすい人の傾向があるので参考にしてください。

【女性からじろじろ見られる心理・理由】②ミスマッチだから

ミスマッチ

コーディネートがおかしかったり季節と服装が一致してなかったりと、全体のバランスとミスマッチな人に女性は目がいきがちです。メイクの色味やバランス、服のサイズや清潔感など細かいところまで、女性は何かと気づきます。それは女性の観察眼が優れているからです。

女性が何かと察しがいいと言われているのは、この観察眼が優れているからこそ発揮される能力です。しかし、その観察眼が仇となり、ついつい自分が気になった相手をじろじろ見てしまう傾向があります。余計なお節介ながらも、このじろじろ見られる視線は相手を気遣うからこそ見てしまうとも言えます。

【女性からじろじろ見られる心理・理由】③羨望しているから

羨む

買えなかった憧れのバッグを持っていたり限定品で買えなかったグッズを持っていたりと持ち物で羨ましいな、という気持ちが出てしまうとつい相手をじろじろ見てしまいます。また、羨ましいほどのスタイルや美人、イケメンの彼氏や旦那様を連れている人なども羨ましさからじろじろ見られてしまいます。

そこにはやはり羨望の心理があり、「羨ましい」という気持ちが全面に出てしまっているからこそ、不躾にじろじろ見てしまうと言えるでしょう。しかし、羨望とともに嫉妬も入り混じってしまう部分があります。

自分の装飾品や同行者とともに自身がじろじろ見られる場合はできるだけ見てくる相手を視界に入れないようにしたほうが不快感が少なくて済むでしょう。また、できれば相手の視界に入らないように気をつけましょう。

【女性からじろじろ見られる心理・理由】④マウンティングしているから

階段に座る女性

装飾品やスタイル、年齢や見た目などで品定めをしてマウンティングを行う女性は少なからずいます。それは先ほどの羨望の心理にも表れていますが、自分より上か下かと自分の中で上下関係を決めることで相手を見下し、優越感を感じ自尊心を保つためです。

マウンティングする女性は自分勝手な評価で相手を品定めしているので、相手が実際どういった人だかは関係なく自己満足のためにマウンティングしています。見知らぬ人で上から下までじろじろ見てくる場合、マウンティングされてもほぼ実害がない相手なので気にしなくても良いでしょう。

マウンティングする女性に関してはいくつか関連記事があるので下記の記事を参考にしてみてください。これでマウンティングする女性の心理・理由や対策がわかります。

Small thumb shutterstock 72942013
関連記事 マウンティング女子の定義は?対処法や特徴・上手な付き合い方も紹介

あなたは、「マウンティング女子」という言葉を知っていますか?この記事で

【女性からじろじろ見られる心理・理由】⑤ぼんやりしているだけ

ぼんやり

女性は常にとりとめのないことを思考している生き物です。例えば「今日の献立何にしよう」から始まり、「冷蔵庫に何があったかな」「あれの賞味期限いつだっけ」「そういえば今月のお財布ピンチだった」など思考がどんどん派生していきます。その際はぼんやり視線を放りっぱなしにしていることが多いです。

人は眉間部分に視線がくると見つめられていると錯覚すると言われていますので、その際放りっぱなしの視線が眉間にいっていただけ、というのもあり得ないことではありません。ずっとこちらを見ているから見返したけど、知り合いでもないのに目を離さないな、という場合はただぼーっとしているだけという可能性は高いです。

【女性からじろじろ見られる心理・理由】⑥好意があるから

好き

ただし女性からの好意があった場合は、見つつも逸らします。相手に気づかれないようにじろじろ見ますが、気づかれたときはさっと視線を外します。その理由は女性の「羞恥」の心理が働くからです。両想いの場合は女性は主に話しかけるときに視線を合わせますが、それは自分の気持ちを理解してもらいたいからです。

しかし、片思いの場合は羞恥が全面に出てしまうので、相手に気づかれることが恥ずかしく臆してしまいます。ですから、じろじろ見られるかつ目が合って逸らされた場合は脈ありかもしれません。

下記関連記事に女性からの好意を伝える方法が掲載されているので、もし心の中で燻っている気持ちを相手に伝えたい方は是非参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 544760872
関連記事 男性に好意を伝える方法21選!恋する気持ちを温めてる女性必見!

男性に好意を伝える方法っていろいろありますよね!まずシチュエーションや

【女性からじろじろ見られる心理・理由】⑦視力が悪い・癖

眼鏡

対象物が自分ではなく後ろの壁やポスターだったり、見つめる癖があったりと人によってじろじろ見ているつもりはないが不可抗力でじろじろ見てしまった場合があります。視力が悪かったり、じっと見つめる癖があったりする人は見ることのみに集中していることが多いです。

ですから例えじろじろ見られることに気づき、見てくる人物を見かえしたとしてもじろじろ見てくる人物はその視線に気づかず、視線が逸らされることはありません。

視線の差が男女である?

男性は好きな異性の話を聞くときは目を見ながら聞く

見つめる

男性は基本的に興味の無い人には無関心な事が多いです。だから興味関心がない話は上の空で聞いていることが多いです。反対に関心の深い好きな人の場合はついつい前のめりになって相手を見つめながら話を聞きます。じっと彼女を見つめながら聞くことであなたに興味関心があります、というアピールをしているのです。

女性は好きな異性には話しているときに相手の目をよく見る

見る

好きな男性に話を聞いてもらう場合は「私の話を聞いてほしい」といった気持ちが目に表れていると言われています。女性は男性よりも共感や賛同して欲しい心理があるので、相手に自分の気持ちを理解してほしいと思いながら相手を見つめることで好意をアピールします。

じろじろ見られる時はどうすればいい?|じろじろ見る人への対処法

直接聞く

聞く

ものすごいハードルの高い対処法ですが、見知った人には有効の対処法です。ある程度話せる人の場合は直接、「何かついてる?」や「どこか変かな?」など高圧的ではなく、できれば不安や不思議そうな感じで聞くのが良いです。もし自分に何かしら原因がある場合はきっとすぐに相手も理由を答えてくれることでしょう。

身嗜みをチェックする

身嗜み

まずは自分で変なところはないか確認することが大事です。メイク崩れがないか、歯に食事カスがついてないか、服装は乱れてないかなど一通り確認できることは確認してみましょう。

もし確認して何か問題があれば気づけてラッキーですし、問題がなかったとしても急に身嗜みを慌てて確認し始めたら相手は自分が見ていることに相手も気づいたことを認識するはずなので、視線を逸らすはずです。

自分の癖を確認する

確認

自分に何かしら変な癖があったとしてもたいていの人は癖ですから無意識に行っていることなので気づきません。ですから、よく人から視線を感じる機会が多い人は仲の良い友人や家族などに自分の癖について確認することが大切です。そして、変な癖がある場合はできるだけ直すように心がけましょう。

そうすればきっと人からじろじろ見られる機会も減り、変な癖がなくなることで魅力が増すことでしょう。口癖について詳しく書かれている関連記事がありますので、ぜひ気になる方は確認してみてください。

Small thumb shutterstock 145300075
関連記事 口癖でわかる性格や心理13選!「なんか」、「いや」の裏の意味を分析!

人にはいろいろな口癖があるものです。そういった口癖から見えてくる性格や

気にしない

気にしない

まったく自分に非がない場合はいっそ気にしないことが得策です。気にしてストレスを溜めてネガティブになるよりも、気にしないでストレスを溜めないほうがよっぽど人生にプラスになります。いっそ見られることに優越感を感じるくらいがちょうどいいかもしれません。

じろじろ見られることは興味を持たれているということ

興味ない人をじろじろ見るほど人は暇ではありません。きっと何かしらあなたに興味があるからこそ、じろじろ見ているはずです。もしそれがネガティブな場合、じろじろ見られる機会が多いはずなので自分の言動や服装、背筋などを見直すだけで自然と良い方向に変わるはずです。

じろじろ見られることは何かのきっかけになる1つになるはずです。ポジティブな理由のときはそれを武器にし、ネガティブな理由のときは原因を改善すればきっと周りが興味を持ってくれるだけの魅力ある人物になれるでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。