INDEX

「夫」「主人」よりもよく聞く「旦那」という呼び方

辞書で引くと旦那とは奉公人等が主人を敬って言う語

辞書

自分の周りの友達や、会社でパートナーの話題になったとき、旦那という言葉を一番多く聞きませんか?そういう筆者の友達や上司の多くも皆、口を揃えたかのように自分のパートナーのことを旦那と呼んでいました。しかし実際「旦那」という言葉を辞書で引いて見ると驚きの事実が…。

旦那には色々な意味がありますがその中の一つとして「商家の奉公人等が男の主人を敬って言う語」と記載されていました。本来旦那とは、主人よりもさらに丁寧な呼び方なのです。しかし日本語は、身内のことを敬った表現はしません。恥をかかないためにも公の場では控えた方がいいでしょう。

実は旦那にはパトロン的な意味もありモヤモヤ!

パトロン

旦那とは、サンスクリット語「ダーナ」の音写で元仏教語です。「ダーナ」は「与える」「贈る」の意味を持ち「檀那」とも書きます。昔は主に僧侶が用いる言葉でしたが、時と共に一般にも「旦那」の語は広まり、「パトロン」のように生活の面倒を見る、お金を出してくれる人の意味で用いられるようになりました。

現代では、主に女性がパートナーを呼ぶ敬称として用いられていますが、その言葉の元の意味を考えると、旦那という呼び方が果たして適切なものなのかどうか、使うときに少し考えてしまいますよね。

理由はどうであれ、「旦那」という言葉を軽い敬称として使用している人は多いと思います。親しい間柄ではいいですが、しかし中にはマイナスのイメージを持っている人がいるというのも忘れないでおきましょう。

旦那にさんを付けるとさらにモヤモヤ!

モヤモヤ

旦那という言葉に「さん」を付ける女性は少なくないと思います。その理由としては、呼び捨てみたいで嫌だ、とか上から目線で少し偉そうな印象があるためそれを和らげるために「旦那さん」と呼んでいるなどです。しかし、本来「旦那さん」という言葉は他人の夫に対して使うもので、身内に使うものではありません。

「旦那さんは…」と言う会話は、自身のパートナーを指しているのか、聞き手のパートナーを指しているのか分からなくなってしまうこともあります。一見「さん」を付けることで丁寧に言っているようですが、実際にはおかしなことなのです。

また「旦那さん」と呼ぶことは、他社の人に自分の勤務先の社長のことを「社長さん」、部長のことを「部長さん」と言っているのと同じことです。身内に敬語を付けるのは日本語として変ですよね。

「旦那」「夫」より「主人」という呼び方は?

辞書で引くと主人とは家の長

家族

家の長とは家を代表する者、家を守っていく人のことです。一昔前は家制度というものがあり、家という制度体が世代を超えて存続し繁栄するようにと役割を受け継ぎ継承させるという任務をもった人のことを指していました。

主人という言葉には自分の仕える人という意味もある

家事

主人という言葉は元々、「自分の仕える人」「雇い主」という意味があり、一家の主従関係を表す言葉です。使用人が使う「ご主人様」という表現があるように、一家の主という立場を表します。

しかしその一方、自分の配偶者を紹介する上で世間では丁寧でかしこまった言い方で、一般的によく使われている言葉です。夫婦間で使う場合には、夫を立てるような意味合いもあるため、年配の方や目上の方と話すときは「主人」が無難です。

今は共働きの人が多いため主人という言葉にモヤモヤ!

モヤモヤ

昔は専業主婦の女性が多く「女性は男性を立てるべき」というイメージがありました。そのため本来女性に対しても使える「主人」という言葉が、男性の配偶者に対して使われることが多かったのです。しかし、本来夫婦とは対等な立場でありそこに主従関係を表す「主人」という言葉に違和感を感じる人もいます。

現代は共働きが増え、女性の地位も一昔前に比べると向上しています。男女平等の社会において「主人」という言葉を嫌がる人もいますが、全く気にしていない人もいます。相手の心の中を推し量るのは難しいことですが、出来ることなら不愉快にさせることなく臨機応変に使い分けをしたいですね。

「旦那」「主人」より「夫」という呼び方は?

辞書で引くと夫とは配偶者である男性

結婚式

配偶者とは、婚姻関係にある相手方。居住を共にし、場合によっては間に子供を持ち、養育しながら家庭生活生活を営むことです。配偶者は「夫から見た妻」「妻から見た夫」の両方を指しています。

夫とは書類等で続柄を表すときに使用する

書類

結婚をすると婚姻届けを始めとして、何かと公的書類の提出が増えることでしょう。婚姻届けにも氏名を書くところに「夫になる人」「妻になる人」という記載がありますが、そういった書類を提出する際に切っても切り離せないのが「続柄」の記載です。

「続柄」とは親族間の関係を明示するためのもので、続柄を見れば親子関係や婚姻関係などの間柄が詳しく分かるようになっています。「夫」や「妻」は夫婦のそれぞれを表すもので、とりわけよく使われる続柄です。

夫とは妻の反対語、上下関係がない対等な立場を表す!

笑顔

上記でも説明したように「夫」という言葉は。書類などで続柄を表す記号の様な役割もしています。夫婦間は本来対等なものであり、そこではへりくだることも主従関係も必要ありません。夫の反対は妻ですから、上下関係のない平等な関係を表している言葉といえます。

「旦那?」「主人?」「夫?」人前での正しい使い分け

会社や公の場では夫

会社

夫の反対は妻ですから、「夫」という言葉は平等な関係を表している言葉になります。また、シンプルで関係性がはっきりと分かる身分の上下関係を表さない言葉なので、最も公の場に適している言葉と言えるでしょう。

しかし「夫」という言い方は一部の人にとっては抵抗があり、時として生意気な印象を与えることもあります。年配の方や、目上の方、少しかしこまった相手などには「主人」という言い方に使い分けする方が無難です。

電話やSNS等では夫か主人

パソコン

相手が見えない状況や、相手の人柄がまだ理解出来ていない状況、またSNS等誰が見るか分からないよそのような場面では夫か主人がベストです。

相手の家族の前では〇〇(名前)さん

家族

例えば、彼の家族や親戚の前で二人きりのときのように「〇〇」と呼び捨てで呼んでいたら、口には出しませんが心の中では雑に扱われているような気がして不快に思う人もいると思います。筆者にも息子がいますが、もし相手の女性に息子が呼び捨てで呼ばれていたらやはりいい気はしないと思います。

一番問題が無く好印象なのは「〇〇さん」という相手の名前に「さん」という敬称を付けた呼び方です。もちろんお互いの家族との関係にもよりますが、親しき中にも礼儀ありという言葉を常に心の中に置いて、臨機応変に使い分けましょう。

まとめ

指輪を見る男女

お付き合いをしていたときよりも、結婚をすると何かと自分のパートナーを紹介したり、話題に出す機会が増えますよね。世の中にはたくさんの敬称が存在しますが、知らない内に他人を不快にさせたり恥をかいたりするのは、誰だって嫌なものです。

家の中では、子供と一緒に「パパ」「ママ」「お父さん」「お母さん」等とお互いを呼び合ったり、2人きりのときには名前で呼び合うのもいいことです。しかし一旦外に出れば、一人の社会人として臨機応変に使い分け他人を不快にさせないようにしましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。