Large thumb shutterstock 278161865

母子家庭の子供の特徴・性格|片親の子供の恋愛における傾向は?

更新:2019.06.21

母子家庭で育った子供の性格は、どんな特徴があるのでしょうか。母親と育った場合と、父親に育てられた場合、男性と女性でも微妙に違う部分があります。どうしても、片親で育つことで影響を与えてしまうことがあるのです。母子家庭に育った子供の性格や特徴、恋愛傾向についてお伝えします。

母子家庭の子供の特徴・性格

母子家庭の子供の特徴・性格1:意外と寂しがり屋

赤ちゃんを抱っこする女性

母子家庭に育つ子供の性格には、寂しがりという特徴があります。母子家庭の場合、母親の不在時間も長く、子供の頃から母親との時間が短い傾向があります。母子家庭の子供は、そんな環境から気丈でしっかりした印象の子が多いですが、実際心の中は、寂しい思いを抱えて育つため、寂しがり屋となる傾向があります。

母子家庭の場合、母親が働かなければいけなく、家事などもこなすとなると、母親が自分の相手をしてくれる時間は必然的に少なくなります。子供も母親の大変さを理解しているので我慢をして、自分の欲求を心の中で溜め込む傾向もあるのです。そのため、一見寂しがり屋には見えないのです。

母子家庭の子供の特徴・性格2:自分の意見を言えない

本を読む子供

母子家庭に育つ子供の性格には、自分の意見を言えないという特徴もあります。これは、母子家庭の中でも長子に見られる傾向が強く、妹や弟の母親代わりをすることもあり、自分が率先して意見を言う習慣がないのです。なるべく、妹や弟を優先させる生活となるので、人の意見を優先してしまう傾向があります。

自分の中で意見や意思がないわけではなく、意見を言うことを控えてしまう癖が付いてしまっているからです。そのため、周りの意見がどうしてもまとまらなかったりした場合は、最後に意見を言うこともあります。自分の意見を抑えているため、自分の意見を言えないと思われてしまうのです。

母子家庭の子供の特徴・性格3:我慢強い

鏡を見る子供

母子家庭に育った子供の性格には、我慢強いという特徴もみられます。母子家庭の場合、母親がいつも側にいてくれることばかりではありません。今これがしたい、今欲しいと思っても叶わないことが多くあります。そのため、常に我慢をすることになるので、自然と我慢強い性格になります。

周りの子と同じように何か欲しいと思っても、経済的な余裕がない場合は、我慢をしなければなりません。子供ながらに、状況を理解し母親にわがままを言ったりすることがないのです。

母子家庭の子供の特徴・性格4:男の子は甘えん坊

母親と遊ぶ子供

母子家庭に育った子供に性格には、甘えん坊という特徴もあります。これは、特に男の子に見られる傾向で、母親の愛情を独り占めしたいという思いが強いためです。普段、妹や弟の面倒を良く見ているのに、突然赤ちゃん返りをしてしまう子もいます。母親が忙しいことを理解しながらも、母親に甘えたいという気持ちがあります。

普段はしっかりしているのに、突然異常な甘え方をしてくる子供は、自分のことをもっと構って欲しいという気持ちを表しているのです。愛情を欲する気持ちと、普段我慢していることから感情が爆発してしまう場合もあります。

母子家庭の子供の特徴・性格5:向上心が高い

遊ぶ子供

母子家庭であることをコンプレックスに感じている場合、向上心が高いという性格の特徴がある子供もいます。母子家庭に育ったことを恨んでいるわけではないですが、周りの子供よりも苦労をしているように感じることもあります。自分が大人になったら、少しでも良い暮らしが出来るようになりたいと考える子供もいます。

そして、お金を稼いで母親を楽させてあげたいという気持ちが早くから芽生える子もいます。そのため、人よりも良い学校や会社に入れるように、勉強やスポーツを頑張るようになるのです。向上心や野心のようなものが、早いうちに心の中に目覚めるのです。

特集:2019年のあなたの運勢を占ってみませんか?

【BELCY編集部イチオシ!】あなたの今年の恋愛運は?

スマホ

2019年の運勢を占ってみませんか? 「今年の恋愛運を知りたい…」「運命の人は?」 「仕事や人間関係がうまくいかない」という人は、LINEのトーク・電話機能を使ったLINEトーク占いで占ってみて下さい。
BELCY編集部がオススメする 「LINEトーク占い」 は、テレビや雑誌など各メディアで活躍中の凄腕の占い師に 初回10分無料 で占ってもらえます!
運気アップのアドバイスや、悩み事の相談など
この機会に是非試してみて下さい!

※LINEが立ち上がるので、好きな占い師を選択してまずは占ってもらってみてください!

母子家庭の子供の特徴・性格6:暴力的

ガラス

母子家庭に育った子供の中には、暴力的な性格の特徴を持つ子もいます。これは、親の愛情を十分に味わえなかったことで、孤独な時間を感じ、寂しい思いをした子供が、その感情をぶつける場所がなく暴力的な行動に出てしまう場合があるのです。家庭内だけでなく、学校で喧嘩をしたりやんちゃな行動が目立つようになります。

この傾向は、自分のことを構って欲しい、母親にこの寂しい気持ちを分かって欲しいと訴えている行為となります。スポーツをやっていると、そのストレスがスポーツに打ち込むことによって解消することが出来ますが、はけ口がないと、このような暴力的な行為へと走ってしまうこともあるのです。関連記事も参考ください。

父子家庭における片親の子の特徴・性格

父子家庭における片親の子の特徴・性格1:しっかりしている

父親とバーベキュー

父子家庭で育った子供の性格には、しっかりしているという特徴があります。父親の場合、母親の役割の部分がどうしても不足してしまいます。そのため、男の子であっても家の中のことを手伝ったりするため、早いうちから色々なことが出来るようになります。そのため、周りの子供達より大人っぽくみられる傾向があります。

父子家庭における片親の子の特徴・性格2:優しい

天使の恰好をした娘

父子家庭の子供の性格には、優しいという特徴があります。仕事も家事も頑張る父親に対して、感謝の気持ちを持っています。そのため、優しい気持ちを持つことが出来るように育ちます。周りの人に対しても、優しい気持ちを持って接することが出来る人が多いのが特徴です。

父子家庭における片親の子の特徴・性格3:自立心が高い

勉強をする子供

父子家庭で育つ子供の性格には、自立心が高いという特徴があります。仕事が忙しい父親の代わりに、子供の頃から家事などを手伝いながら覚えます。例えば、料理や掃除、洗濯などを手伝いながらやり方を身に着けていきます。そのため、早い段階から自立心が芽生えるようになります。

父子家庭における片親の子の特徴・性格4:おとなしい

お茶を入れる子供

父子家庭で育つ子供の性格には、おとなしいという特徴があります。父子家庭で育つ子供は、少し大人っぽい性格であったり、しっかりした性格であったりするため、ワイワイと騒ぐより物静かなタイプの傾向があります。これは、生活の中で子供というよりも、大人のように過ごしているため、少し冷めた性格の可能性があります。

父子家庭における片親の子の特徴・性格5:心を開かない

夜空を眺める子供

両親の離婚や、死別など理由は様々ですが、父子家庭で育った子供の中には、トラウマを抱えている子供もいます。母親の死であったり、両親が離婚に至った経緯などによって、心に闇を抱えてしまう場合です。このタイプの場合は、心に傷を負ってしまった為、本心を表に出すことが出来なくなることもあります。

父子家庭における片親の子の特徴・性格6:女の子は母親代わりになる

料理の材料

父子家庭に育った女の子は、母親の代わりとなるため、母親目線の性格になるのが特徴です。父親に対して、母性本能を持つようになります。ある程度の時期になれば、家事もこなせるようになり、父親の面倒を見るようになります。女の子の場合は、父親や兄弟の世話を自然とするようになり、どこか母親のような存在になります。

父親だけの家庭になると、どうしても女性の力が必要になる状況があります。そんな場合に、女の子がいれば必然的に頑張るようになり、逞しく優しい女性になっていきます。男性の子育てに関した、関連記事も参考にしてみてください。

母子家庭の恋愛における性格・傾向

母子家庭の恋愛における性格・傾向1:女の子は男性に甘えられない

距離があるカップル

母子家庭に育った女性の恋愛における性格や傾向には、男性に甘えられないという特徴があります。父親がいない状態で育つと、男性との距離感がわからなかったり、男性との接し方がわからない女性もいます。恋愛をして、男性と付き合っても親に甘えた経験がほとんどない人は、甘え方がわかりません。

付き合った男性は、そんな事情が分からず自分のことを好きではないのかもしれないと疑問に思います。そんな溝が出来てしまい、恋愛が長続きしないという人もいます。甘えられるのは良くても、甘えることが苦手になってしまうのです。

母子家庭の恋愛における性格・傾向2:結婚に夢が持てない

考え込む女性

母子家庭の育った家庭環境が影響で、恋愛や結婚などに夢が持てない傾向があります。母親の父親の愚痴を子供時代に聞かされていたり、父親が暴力的だったり浮気癖があったなど、子供でも分かるようなダメな父親だった場合、どうしても恋愛や結婚などに前向きになれなくなります。

恋愛の段階では良くても、結婚がちらつくと逃げ出してしまいたくなる人もいます。この心理には、結婚をして離婚をするという恐怖を感じてしまうからです。一般的には、結婚となれば幸せを感じますが、母子家庭で育った人の中には、結婚から幸せなイメージに繋がらないのです。

母子家庭の恋愛における性格・傾向3:男性を否定的に見る

想いにふける女性

母子家庭に育った女性の中には、男性不信になったり男性を否定的に見てしまう傾向があります。これは、嫌悪感がある父親像を持ってしまった人や、父親を全く知らずに育った人にある傾向です。父親に対して、嫌悪感を抱くことがあった場合は、男性に対してトラウマを抱えてしまっている可能性があります。

そして、物心ついた時から父親がいなかった女性は、大人の男性と密に接することがなく育ちます。そのため、男性に慣れていないので、男性に対して否定的な見方をしてしまいます。これは、自分に経験がないため未知の世界となってしまうのです。

母子家庭の恋愛における性格・傾向4:異常に依存する

男性を引き寄せる女性

母子家庭で育ち、愛情不足で育った可能性の高い人は、愛情を求める気持ちが強い特徴や傾向があります。そのため、恋人が出来ると異常に相手に依存してしまう人もいます。子供時代に親の離婚などの経験から、愛する人を失ってしまう辛さを経験している為、その感情を恋人に向けてしまうのです。

恋愛中でも、常に離れて行ってしまう不安が拭えずに、常に連絡を取ったり、一緒に居たがる傾向があります。これは、恋愛が上手くいっていたとしても、終わってしまうことへの不安が常にあるため、このような行動に出るのです。行き過ぎると相手の重荷になってしまい、結果的に終わってしまうという悪循環となります。

母子家庭の恋愛における性格・傾向5:温かい家庭を求める

親子で遊ぶ家族

母子家庭で育った人の中には、自分が手に入れられなかった温かい家庭を望むようになる人もいます。結婚して子供を産んだら、両親が揃った温かい家庭を手に入れて守りたいという気持ちが強いのです。両親が揃った友達の家庭を羨ましく思っていた気持ちがあり、いつか自分もそんな家庭を作りたいと考えます。

結婚や恋愛に対してマイナスイメージを持ちやすいタイプと、ポジティブに結婚がしたいと思える人の両タイプがいるのが特徴といえるでしょう。温かい家庭を考える人は、父親に対するイメージがさほど悪くない人に見られます。恋愛の関連記事も参考にしてください。

母子家庭の子供の仕事における性格・傾向

母子家庭の子供の仕事における性格・傾向1:働き者

オフィスで仕事をする人達

母子家庭に育った人の仕事における性格や傾向には、働き者という特徴があります。母子家庭で育つと、様々なことを子供の頃からやらされる為、真面目で仕事熱心な傾向があります。自分の判断で行動することが出来るので、良く気が付き良く働く特徴があります。働くことに対して特に違和感を感じないのです。

母子家庭の子供の仕事における性格・傾向2:強さがある

スピーカーで怒る女性

母子家庭で育つと、父親がいないことで、母親も子供も強くなっていきます。何かトラブルがあっても、父親がいないため母親が男並みに頑張る姿を見ているので、女性は強くなるものだと育っていきます。男性に頼らず、自分の力で頑張ろうとする為、社内の中でも男並みに働く強さがあるのです。

母子家庭の子供の仕事における性格・傾向3:真面目

真面目に勉強する女性

母子家庭で育った人の仕事における性格には、真面目という傾向があります。子供の頃から、母親のお手伝いなどをしてきたため、何かする際に手抜きが出来ない性格になる人もいます。これは、子供の頃から厳しく教えられた経験から、怒られないように手抜きをしない習性がついているのです。

母子家庭の子供の仕事における性格・傾向4:人に頼らない

パソコンで仕事をする女性

母子家庭で育った場合、子供の頃から人に頼る経験がない人が多いです。その為、仕事面でも出来るだけ自力でやろうとする傾向があります。甘えることが苦手なので、ギリギリになるまで人を頼ることをしません。なんでも自分の力でやろうとする習慣が付いている為です。仕事に関する関連記事も参考ください。

母子家庭の子供がしっかり育つコツは?

母子家庭の子供がしっかり育つコツ1:子供に責任を押し付けない

泣いている子供

母子家庭の子供がしっかり育つコツには、子供に責任を押し付けないというポイントがあります。子供に家事などを頼むこともありますが、責任を押し付けるようなことはやめましょう。手伝ってくれて当たり前というような気持ちで、出来ていないことを叱るのは厳禁です。

母子家庭の子供がしっかり育つコツ2:愛情を与える

料理をする親子

母子家庭の母親が子供に絶対にしなければいけないことは、愛情を与えることです。普段寂しい思いをしている子供に対して、文句を並べたり、疲れたなどの愚痴をこぼして、子供が話したいことも話せない状況を作るのは避けましょう。仕事から戻ったら、家事をしながらも子供とスキンシップを取ることを心掛けて下さい。

母子家庭の子供がしっかり育つコツ3:父親の悪口を言わない

不機嫌な女性

母子家庭の子供がしっかり育つには、子供の前で父親の悪口を言わないことも大切です。自分にとっては、不満のある元夫であっても、子供にとっては大事な父親なのです。子供の前で、子供の父親の悪口を言うことは子供の心に傷が残ります。そして、母親の前で父親の話題を出さないようにと気を使うようになります。

母子家庭の子供がしっかり育つコツ4:父親の役割ができる人を作る

ボール遊びをする家族

母子家庭の子供がしっかり育つコツは、父親代わりの男性と接するようにすることです。母親だけでもしっかり育つ子もいますが、やはり子供のときから大人の男性が身近にいる方が良い場合もあります。これは、再婚や恋人ということではなく、自分の兄弟や近所のおじさんのような存在でも良いのです。

子供が気を使わずに接することが出来る大人の男性がいれば、叱ってくれたり、遊んでくれたりするだけで良い影響を与えます。出来れば、血縁関係のある人がベターかもしれませんが、いない場合は身近な人で良いでしょう。大人の男性との接し方を知ることは良い結果につながるはずです。

母子家庭の子供がしっかり育つコツ5:子供の勉強やしつけを怠らない

一緒に絵を書く親子

母子家庭の子供は、どうしても母親が不在の時間がある為、勉強をさぼったり、友達と悪さを行ったりしてしまいやすい環境になります。あまり子供に構わず、話しをすることもなければ、子供のさぼり癖も加速しやすいことになります。これを避ける為には、子供の勉強などに関心を持つようにしましょう。

どんなに仕事で疲れていても、子供の宿題を見てあげたり、今日あったことを聞き出すようにすれば、子供も勉強をやっておかなければ怒られると感じ、学校で良い成績を上げたら喜んで報告をするようになるでしょう。とにかく、子供に関心を向けることを大事にしましょう。関連記事も参考ください。

母子家庭で育つ子供の特徴を理解して子育てに活かそう

母親と子供

母子家庭などで片親で子供を育てるのは、誰でも不安がつきものです。自分が同じ環境にあったのであれば、子供の気持ちもわかりますが、両親に育てられて何不自由のなかった人には、簡単には理解できないでしょう。母子家庭の子供の性格や特徴を知って、子育てに活かしてみましょう。

気になるあの人は「運命の人」ですか?

「運命の人は?」「復縁できる?」など、モヤモヤした未来の輪郭をLINEトーク占いでハッキリさせてみませんか?

テレビや雑誌などでも活躍中の凄腕の占い師にいつでも占ってもらうことができます。
初回10分無料で占ってもらえるので、
是非試してみて下さい♪
>>さっそく無料で占ってもらう!<<
※LINEが立ち上がるので、好きな占い師を選択してまずは占ってもらってみてください!
●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。