INDEX

テーパードパンツってどんなパンツのことをいうの?

テーパードパンツとは裾に向けて細くなるシルエットのパンツ

「テーパード(Tapered)」とは「次第に細くなっていく」という意味を持ちます。「テーパードパンツ」とは、腰や太もも周りにゆとりがあり、裾に向けて細くなる先細りなシルエットのパンツのことを言います。

「テーパードパンツ」は、ストレートパンツやワイドパンツ、スキニーパンツに比べてパンツのシルエットが特徴的なので、選び方がわからなく似合わないと苦手意識がある方もいるようですが、正しく選べばスタイルアップも叶えてくれます。

デニムやチノなど素材を問わずにおすすめなレディースボトムスとして人気

「テーパードパンツ」は、デニムやチノなど素材を問わずにおすすめなレディースボトムスとして人気です。テーパードパンツは素材によってもシルエットや印象が変わりますが、タックやセンタープレスなどのデザインによっても印象が大きく変わるのが特徴です。

タック入りや腰回りのゆとりがあるデザインのテーパードパンツは、モンペやサルエルパンツのようになってしまい、女性らしく着こなすのが難しいと感じる方もいるようです。しかし、トップスとのバランスや着こなしのコツなどを取り入れれば、バランスよくレディースコーデにも取り入れることが可能です。

テーパードパンツが似合わない!似合わない人の特徴8選

テーパードパンツが似合わない人の特徴①低身長やミニサイズな小柄体型

テーパードパンツが似合わない人の特徴1つ目は、低身長やミニサイズな小柄体型であることです。裾に向けてシルエットが先細りになるので腰回りにゆとりをもたせているテーパードパンツは、低身長の人が着ると視線を下に下げてしまうこともあります。

それによって足が短く下半身がどっしりとしてみられてしまったり、洋服に着られている印象になってしまうこともあるので、上手に着こなすにはサイズやバランスを考慮した選び方がポイントです。

しかし、写真の着用例のようにロールアップをして足首の華奢さを演出しすっきり脚長効果を演出したり、トップスをインして視線を上に引き上げれば、低身長な方でもバランスよく着こなせます。

テーパードパンツが似合わない人の特徴②ヒップや太ももにボリュームがある

テーパードパンツが似合わない人の特徴

テーパードパンツが似合わない人の特徴2つ目は、ヒップや太ももにボリュームがあることです。腰回りにゆとりのあるデザインのテーパードパンツですが、それが仇となりヒップや太もものボリューム感が強調されてしまうこともあるので注意が必要です。

テーパードパンツが似合わない人の特徴③胸やお腹にボリュームがある

胸

テーパードパンツが似合わない人の特徴3つ目は、胸やお腹にボリュームがあることです。ヒップ周りにゆとりをもたせたシルエットで足首にかけてスリムになるシルエットのテーパードパンツは、胸やお腹など上半身にボリュームがある人の場合には、重心が上に固まりすぎてしまうこともあるので注意が必要です。

テーパードパンツが似合わない人の特徴④骨格診断ストレートのメリハリ体型

テーパードパンツが似合わない人の特徴4つ目は、骨格診断「ストレート」のメリハリ体型であることです。骨格診断ストレートタイプの特徴としては、立体的な体型でグラマラスな、重心が上にある体型です。

腰回りにゆとりのあるテーパードだと腰のくびれは強調されますがヒップが大きく見えてしまったりもします。そのため、すっきりとみせたい場合にはストレートタイプのパンツがおすすめです。テーパードパンツを選ぶときには、パンツの中央に折り目の入ったセンタープレスなどIラインを強調できるものを選ぶと良いでしょう。

「ストレート」「ナチュラル」「ウェーブ」といった身体の特徴別に導き出す骨格診断に合わせた、似合うファッションの着こなし例については、以下の記事でご紹介していますので、参考にしてみて下さいね。

Small thumb shutterstock 484709755
関連記事 骨格診断で分かる似合うファッション21選|ストレート/ウェーブ/ナチュラル

骨格診断で分かる似合うファッション21選をご紹介します!骨格診断はスト

テーパードパンツが似合わない人の特徴⑤パンツの着丈サイズがあっていない

テーパードパンツが似合わない人の特徴5つ目は、パンツの着丈サイズがあっていないことです。身長や股下に対して着丈が長すぎてしまうと、足首辺りで裾がたるんでしまい、せっかくのテーパードのシルエットを生かすことができません。裾をロールアップさせるだけでも、サイズ感などのバランスは微調整可能です。

テーパードパンツが似合わない人の特徴⑥タックの有無など形が合っていない

テーパードパンツが似合わない人の特徴6つ目は、タックの有無など形が合っていないことです。裾に向かってシルエットが細くなるテーパードパンツは、合わないものを選ぶとふくらはぎが強調されてしまったり逆効果なこともあるので、体型や気になるコンプレックス別の選び方に注意しましょう。

テーパードパンツが似合わない人の特徴⑦形と色合わせのバランスが合わない

テーパードパンツが似合わない人の特徴7つ目は、形と色合わせのバランスが合わないことです。特にタックなしのハイウエストタイプのテーパードパンツは、体型によっては平面的な印象になり、ヒップや腰回りのボリューム感が強調されてしまうこともあるので、そういった場合には引き締め色のものを選ぶのがおすすめです。

テーパードパンツが似合わない人の特徴⑧着こなしにシルエットを生かせない

テーパードパンツが似合わない人の特徴8つ目は、着こなしのバランスにテーパードパンツのシルエットを生かせないことです。例えば、ストレートパンツやスキニーパンツを履いている時と印象が変わらないコーディネートでは良さを生かせないですよね。

テーパードパンツが似合わない!上手なパンツの選び方と着こなしのコツは?

テーパードパンツの上手な選び方①体型に合わせてセンタープレスもおすすめ

テーパードパンツの上手な選び方1つ目は、体型に合わせてセンタープレスなどのタイプを選ぶことです。【テーパードパンツが似合わない人の特徴④骨格診断ストレートのメリハリ体型】でもご紹介したようにグラマラスなボディーラインの場合などは、すっきりと見えるセンタープレスタイプのテーパードパンツがおすすめです。

テーパードパンツの上手な選び方②タックの有無でシルエットを調整

テーパードパンツの上手な選び方2つ目は、タックの有無でシルエットを調整した選び方です。骨盤が広い方や、太もものハリが気になる方の場合には、平面的だとコンプレックスが強調されるので、立体的なタック入りタイプがおすすめです。

タック入りのパンツを使ったレディースコーデの着こなしについては、以下の記事でご紹介していますので、タック入りタイプのテーパードパンツの着こなし術の参考にもしてみて下さいね。

Small thumb shutterstock 124584727
関連記事 タックパンツのレディースコーデ20選!春夏秋冬おしゃれを楽しむ

最近男女ともに人気のある「タックパンツ」。タックパンツのレディースコー

テーパードパンツの着こなし方のコツ①トップスをウエストインでくびれ強調

テーパードパンツの着こなし方のコツ1つ目は、トップスをウエストにインしてくびれを強調した着こなし方です。腰回りにゆとりをもたせたデザインのテーパードパンツは、オーバーサイズなトップスを合わせたり、下手するとお尻が大きく見えたり下半身を大きくみせてしまうこともあります。

トップスをインして上半身のバランスをコンパクトにすれば、女性らしく魅力的なバランスのメリハリ体型を演出してくれ、着太りして見えるのも避けられます。

テーパードパンツの着こなし方のコツ②引き締め色アウターで縦長Iライン

テーパードパンツの着こなし方のコツ2つ目は、引き締め色アウターで縦長Iラインを強調した着こなし方です。ゆったりとしたシルエットで気になるヒップなどを隠しつつ、アウターの組み合わせて縦長にみせてくれるので、低身長な方などにもおすすめです。

テーパードパンツが似合わない!可愛くて体型カバーの着こなし例5選

テーパードパンツの体型カバーの着こなし例①ロールアップで華奢な足首みせ

テーパードパンツの体型カバーの着こなし例1つ目は、裾をロールアップして足首みせをすることで華奢なパーツを強調できる着こなし方です。ヒップラインや太ももなどを隠してくれるゆったりシルエットのテーパードパンツの場合には、足首で細いパーツを見せることで、下半身が着太りしてみられるのを避けられます。

テーパードパンツの体型カバーの着こなし例②トップスのバランスで脚長に

テーパードパンツの体型カバーの着こなし例2つ目は、トップスのバランスで脚長に見せた着こなし方です。太もも周りに余裕のあるテーパードパンツは、お腹などをトップスで隠してしまうとメリハリのない体型に見えてしまう危険性があります。トップスをコンパクトなバランスにすれば脚長効果でスタイルアップも可能です。

テーパードパンツの体型カバーの着こなし例③フロントインで体型カバー

テーパードパンツの体型カバーの着こなし例3つ目は、トップスをフロントインした体型カバーも叶う着こなし方です。【テーパードパンツの体型カバーの着こなし例②トップスのバランスで脚長に】でもご紹介したようにトップスをコンパクトにまとめると脚を長く見せてくれますが、お尻の大きさが気になる人は躊躇しますよね。

そんな場合には、トップスのフロントのみをウエストインしましょう。前から見たバランスでは足を長く見せてくれつつ、気になるヒップラインなどの後ろ姿はカバーすることができますね。

テーパードパンツの体型カバーの着こなし例④ヒールでレディースらしさ強調

テーパードパンツの体型カバーの着こなし例4つ目は、ヒールで女性らしさを強調したレディースパンツコーデです。スキニーパンツなどに比べて肉感を拾わないので、その分ボディーラインが出ないのが長所でも短所でもあるので、女性らしさを出したいときにはヒールパンプスなどを合わせるのがおすすめです。

テーパードパンツに合う靴の選び方やコーディネート例については、以下の記事でもご紹介していますので、合わせてチェックしてみて下さいね。

Small thumb shutterstock 579971776
関連記事 秋のテーパードパンツのレディースコーデ・着こなし15選|靴/トップス

1年中活躍してくれる万能なテーパードパンツ、秋の着こなし方やおすすめコ

テーパードパンツの体型カバーの着こなし例⑤細く見える色合わせ

テーパードパンツの体型カバーの着こなし例5つ目は、細く見える色合わせ術を取り入れた着こなし方です。例えばホワイトのテーパードパンツの場合には、太もものハリがきになるという方の場合には、引き締め色を組み合わせれば美しいコントラストで華やかに見せつつ、気になるボディーラインが強調されるのを抑えられます。

上手に選べばテーパードパンツはレディースコーデの着こなしアップに最適

テーパードパンツが似合わないと感じている人は、自分自身が「テーパードパンツが似合わない人の特徴」のどれに当てはまるのかを検証してみましょう。それによって、着こなすためサイズやデザインの上手な選び方など、解決策も見えて着ますよね。

上手な選び方を取り入れれば、気になる体型のコンプレックスを隠してくれたり、レディースコーデに大活躍してくれますね。テーパードパンツを取り入れたレディースコーデの着こなしについては、以下の記事でもご紹介していますので、合わせてチェックしてみて下さいね。

Small thumb shutterstock 249095608
関連記事 秋の定番テーパードパンツとは?おすすめレディースコーデ15選

最近よく聞く、テーパードパンツとは何かご存知ですか?ぴったりし過ぎずゆ

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。