Large thumb shutterstock 427453777

ズボンの紐の通し方5選!ジャージやパンツのゴムが抜けた時でも

更新:2019.06.21

急いでいる時や外出時にズボンの紐やゴムが急に抜けた場合は、かなり困ってしまいますよね。そこで、ズボンやジャージの紐やゴムが抜ける原因や紐が抜けないようにする方法、紐の通し方、紐通しがない場合の代用品などを紹介していきます。

ズボンの紐が抜ける原因

ズボンの紐が抜ける原因①紐が何かに引っかかり抜ける

ズボンの紐が抜ける原因1つ目は、紐が何かに引っかかたことが原因となるケースです。紐が何かに引っかかって抜ける原因は、紐を蝶々結びなどにせず、垂らして履いている場合に多く見られます。また、込み合った電車内で、他の人のバッグなどに引っかかってしまい、移動した際にズボンの紐が抜けるケースなどもあります。

ズボンの紐が抜ける原因②紐の片側を引っ張りすぎた

ズボンの紐が抜ける原因2つ目は、紐の片側を引っ張りすぎた場合です。ズボンの紐を、何かの拍子に、片側だけ引っ張ってしまう場合があります。この原因は、紐の片方だけが長く・短くなっている場合におこりやすいです。そのため、洗濯前後やズボンを履く前や後には、ズボンの紐の左右が同じ長さになる様に調整しましょう。

ズボンの紐が抜ける原因③紐が劣化して切れた

ズボンの紐が抜ける原因3つ目は、紐が劣化して切れた場合です。ズボンの紐は、長年使用していると摩擦によって擦り切れてしまう場合があります。また、ズボンの内部で紐が切れている場合は、見た目には判断しにくいです。この原因は防ぐ方法がありませんので、切れてしまった紐を新しい紐に交換しましょう。

ズボンの紐が抜ける原因④洗濯機の中で他の衣服にからまった

洗濯機の中で他の衣服にからまった

ズボンの紐が抜ける原因4つ目は、洗濯機の中で他の衣服にからまった場合です。この原因は、洗濯前にズボンの紐の左右どちらかの長さが長い場合におこりやすいと言えます。この原因を予防するためには、ズボンを洗濯ネットに入れて洗濯しましょう。

紐つきのズボンにシワをつけないためには、収納方法やたたみ方にも気を配る必要があります。そこで、下記記事ではズボンのたたみ方やシワにならない収納方法について紹介しています。紐つきのズボンだけでなく、スラックスやジーンズのたたみ方や収納方法もチェック可能です。

ズボンの紐が抜けないようにする方法

ズボンやジャージの紐が抜けないようにする方法①紐の両端を丸結びする

ズボンやジャージの紐が抜けないようにする方法1つ目は、紐の両端を丸結びする方法です。一般的に、ウエスト紐の両端は、金具などがついているか、丸結びされています。丸結びされている場合は、洗濯後や使用しているうちに、丸結びがほどけてしまうケースがあります。ほどけている場合は、自分で丸結びしなおしましょう。

ズボンやジャージの紐が抜けないようにする方法②紐をズボンに縫い付ける

ズボンやジャージの紐が抜けないようにする方法2つ目は、紐をズボンに縫い付ける方法です。紐が抜けないようにするために、ズボンの紐通し穴付近で、紐をズボンと縫い付けましょう。この方法は、ズボンの紐を垂らして履きたい方にもおすすめで、紐の左右の長さが変わることがない点も魅力です。

ズボンやジャージの紐が抜けないようにする方法③紐の両端を1つに結ぶ

ズボンやジャージの紐が抜けないようにする方法3つ目は、紐の両端を結ぶ方法です。ズボン紐の左右の両端を1つに結びます。この方法は、ズボンやジャージの紐がある程度長い場合におすすめの方法です。ズボンの紐の長さを調整する場合は、輪っか状になった紐を2本合わせて1つにし、丸結びや蝶々結びにしましょう。

ズボンやジャージの紐が抜けないようにする方法④靴ひもストッパーを付ける

ズボンやジャージの紐が抜けないようにする方法4つ目は、靴ひもストッパーを付ける方法です。靴紐ストッパーは、蝶々結びにした靴紐の結び目につけて、靴紐がほどけないようにしてくれます。ズボンやジャージを蝶々結びにして履く方におすすめのアイテムです。靴紐ストッパーは、カラーや素材なども豊富に発売中です。

ズボンの紐やゴムが抜けた時の対処法5選

ズボンの紐やゴムが抜けた時の対処法①紐通しを使って直す

ズボンの紐やゴムが抜けた時の対処法1つ目は、紐通しを使って直す方法です。紐通しは一般的に針のような細い棒の先端に穴が開いており、その穴に紐やゴムを通して使います。また、ゴムや紐を挟むタイプの紐&ゴム通しなどもラインアップ中です。紐通しはお店の手芸用品コーナーや100均ショップなどでも販売しています。

ズボンの紐やゴムが抜けた時の対処法②安全ピンを使って直す

ズボンの紐やゴムが抜けた時の対処法2つ目は、安全ピンを使って直す方法です。抜けてしまった紐の端付近に安全ピンを留めて、ズボンの紐穴を通していきましょう。安全ピンは、文具用品コーナーや手芸用品コーナーなどに陳列されている場合が多く、100均ショップなどでも取り扱いしています。

ズボンの紐やゴムが抜けた時の対処法③ヘアピンを使って直す

ズボンの紐やゴムが抜けた時の対処法3つ目は、ヘアピンを使って直す方法です。抜けてしまったズボンの紐の端を短めの2つ折りにし、折り曲げ部分にヘアピンを挟んで紐を通していきます。ヘアピンは、女性用のヘアアクセサリーコーナーなどにあり、ドラッグストアや100均ショップなどでも販売中です。

ズボンの紐やゴムが抜けた時の対処法④ゼムクリップで代用する

ゼムクリップを使用している

ズボンの紐やゴムが抜けた時の対処法4つ目は、ゼムクリップで代用する方法です。ウエスト部分をズボンの紐で締めている場合や紐を通すための道具・時間がない場合は、クリップを使いましょう。ズボンのウエスト部分の布をウエストサイズに合わせて重ね合わせて、布が重なりあった部分をゼムクリップで留めて完成です。

ズボンの紐やゴムが抜けた時の対処法⑤ホッチキスで代用する

ズボンの紐やゴムが抜けた時の対処法5つ目は、ホッチキスで代用する方法です。時間や紐を通す時間がない場合におすすめの対処法で、ウエストサイズに合わせて、ウエスト部分の布を重ね合わせてホッチキスで留めましょう。この対処法は、ズボンに小さな穴が開いてもかまわないと言う方におすすめです。

ズボンやパンツの紐が抜けた時に便利なダイソーグッズは

ズボンやパンツの紐が抜けた時に便利なダイソーグッズ①紐通し

ズボンやパンツの紐が抜けた時に便利なダイソーグッズ1つ目は、紐通しです。ダイソーの紐通しにズボンの抜けてしまった紐を通し、ズボンの紐穴に紐通しを差し込んで、抜けた紐を通していきましょう。ダイソーの紐遠しは、細い紐穴にも入りやすい細いデザインがラインアップしている点も魅力です。

ズボンやパンツの紐が抜けた時に便利なダイソーグッズ②ボールペン

ズボンやパンツの紐が抜けた時に便利なダイソーグッズ2つ目は、ボールペンです。ダイソーのボールペンのラインアップには、ポケットやノートなどに引っ掛けるタイプのボールペンも多数揃っています。ボールペンの引っ掛け部分に、ズボンの抜けてしまった紐を2つ折りにして引っ掛けて、紐をズボンに通していきましょう。

ズボンやパンツの紐が抜けた時に便利なダイソーグッズ③ヘアピン

ズボンやパンツの紐が抜けた時に便利なダイソーグッズ3つ目は、ヘアピンです。ダイソーには、種類豊富なヘアピンがラインアップしています。ヘアピンにズボンの抜けた紐を2つ折りにして挟み、ズボンの紐を通していきましょう。ダイソーのカラーヘアピンは、紐を通した後に付箋の代用品としても活躍してくれます。

ズボンやパンツの紐が抜けた時に便利なダイソーグッズ④針金

ズボンやパンツの紐が抜けた時に便利なダイソーグッズ4つ目は、針金です。ダイソーには、様々な太さの針金が揃っています。ダイソーの針金を10cm程度にカットして2つ折りにし、折った部分に抜けてしまった紐を結ぶか挟んで、ズボンの紐穴に通していきましょう。紐穴の細さに合う、針金の太さを選ぶのがポイントです。

ズボンの紐の通し方

ズボンの紐の通し方①紐通しを使った通し方

紐通しを使った通し方

  1. 紐通しの穴に紐を通し、穴から出た紐を5cm程度引っ張り出します。
  2. 紐を通した紐通しを、ズボンの紐穴の片側に差し込みましょう。
  3. 指を使って紐通しを紐穴の中で動かし、反対側の紐穴の出口まで、紐通しを通していきます。
  4. 紐穴から紐通しを引っ張り出し、紐通しから紐をはずして完成です。

ズボンの紐の通し方1つ目は、紐通しを使った通し方です。紐通しは、紐を通すための道具なので、誰でも扱いやすい点が魅力と言えます。そのため、不器用な方や裁縫が苦手な方などにもおすすめの紐の通し方です。

ズボンの紐の通し方②安全ピンを使った通し方

安全ピンを使った通し方

  1. 抜けたズボンの紐の左右どちらかの端付近に、安全ピンを刺しこんで留めましょう。
  2. 安全ピンをつけた紐を、ズボンの紐穴の左右どちらかの穴から差し込みます。
  3. 指先を使って紐穴の中の安全ピンを動かし、反対側の穴まで紐を通していきます。
  4. 反対側の穴から安全ピンつきの紐を引っ張り出し、安全ピンを外して完成です。

ズボンの紐の通し方2つ目は、安全ピンを使った通し方です。安全ピンは、比較的どこでも手にいれやすい点が魅力と言えます。コンビニやドラッグストア、スーパーなどでも、安全ピンを取り扱っているお店は多いです。安全ピンを選ぶ際には、紐穴の細さに合ったサイズを選びましょう。

ズボンの紐の通し方③ヘアピンを使った通し方

ヘアピンを使った通し方

  1. ズボンから抜けた紐の左右どちらかの先端を5cm程度折り返します。
  2. 1の折り返し部分に、紐に対して直角になるようにヘアピンを差し込みましょう。
  3. 紐を挟んだヘアピンを、ズボンの左右どちらかの紐穴に差し込みます。
  4. 指先を使って、反対側の紐穴までヘアピンを動かしていきましょう。
  5. 反対側の紐穴からヘアピンを引っ張り出し、ヘアピンを紐から外すと完成です。

ズボンの紐の通し方3つ目は、ヘアピンを使った通し方です。ヘアピンはアメピンと呼ばれることもあり、コンビニやドラッグストア、スーパーなど、比較的見つけやすい点も魅力と言えます。波型タイプのヘアピンは紐が抜けにくい、平らなヘアピンは紐穴の中で動かしやすいです。

ズボンの紐の通し方④針金を使った通し方

針金を使った通し方

  1. 針金を10cm程度にカットし、2つ折りにします。
  2. 1の2つ折り部分に、ズボンから抜けた紐を引っ掛けます。
  3. ズボンの紐穴の左右どちらかに、紐を引っ掛けた針金を差し込みます。
  4. 紐穴の中の針金を動かして反対側の紐穴まで届いたら、紐穴から針金を引っ張り出します。
  5. 針金から紐を外すと完成です。

ズボンの紐の通し方4つ目は、針金を使った通し方です。針金は、ホームセンターや100均ショップなどでも購入できます。針金が自宅にある方やズボンの紐穴が細い方などにもおすすめの方法です。針金を選ぶ際は、針金を折り曲げた太さが、ズボンの紐穴に通るかどうかをチェックしましょう。

ズボンの紐の通し方⑤糸通しを使った通し方

とじ針を使った通し方

  1. 糸通しの穴にズボンから抜けた紐を通し、10cm程度引き出します。
  2. 1の糸通しを、ズボンの紐穴の左右どちらかに差し込みましょう。
  3. 紐穴の中の糸通しを動かして反対側の紐穴まで届いたら、紐穴から針を引っ張り出します。
  4. 糸通しから紐を外すと完成です。

ズボンの紐の通し方5つ目は、糸通しを使った通し方です。糸通しは、スーパーやホームセンターなどの手芸用品コーナーなどで販売されています。しかし、細い紐穴の場合は糸通しが通らない場合があるので、紐穴に通るサイズかどうかをチェックしましょう。

ズボンの紐と同じように抜けてしまうことがあるのが、「パーカーの紐」です。そこで、下記記事ではパーカーの紐の結び方や交換方法、紐の通し方などを紹介しています。また、パーカーの紐のアレンジ方法などもチェック可能です。

ズボンの紐が抜けた場合の代用品

ズボンの紐が抜けた場合の代用品①ウエストゴム

ズボンの紐が抜けた場合の代用品1つ目は、ウエストゴムです。ウエストゴムは、ズボンやスカートのウエスト用のゴムで、様々な幅がラインアップしています。通し方は、紐と同じ方法でできる場合が多いです。

ズボンの紐が抜けた場合の代用品②ビニール紐

ズボンの紐が抜けた場合の代用品2つ目は、ビニール紐です。ビニール紐は、耐久性に優れ、比較的手に入りやすいアイテムと言えます。通し方は、紐と同じ方法で可能です。

ズボンの紐が抜けた場合は対処できる時間に合わせて方法を選ぼう

ズボンの紐が抜けた場合は、ズボンの紐直しにあてられる時間に合わせて方法を選ぶのがおすすめです。時間がない場合は、クリップやホッチキスなどで応急処置し、時間のある場合は紐通しやヘアピンなどで紐を通しましょう。また、自分の周りにある道具を使って対処法を考えるのもおすすめです。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。