INDEX

京都弁女子のかわいい告白の言葉8選

京都弁女子のかわいい告白の言葉①京都方言の定番セリフ!「好きなんよ」

好きなんよ

京都弁女子のかわいい告白の言葉1つ目は、京都弁の方言の告白の定番セリフである「好きなんよ」です。標準語で「好きなの」という意味の方言です。男性に寄り添いながら甘えた感じで告白するときに使います。告白する気恥ずかしさを隠すような言い回しでもあります。

「〜なんよ」と使う時は自己完結の時に使う言い回しです。女性から男性に告白するのはとても勇気がいることです。「〜なんよ」と言うことによって柔らかくかわいい方言で相手に伝えることができます。言われた相手もキュンとくることでしょう。

京都弁の「好きなんよ」や「好きやねん」はやはり格別に人気のある方言です。京都以外にも「好き」のかわいい方言はたくさんあります。下記の記事では「好き」の方言がかわいいランキング、「大好き」の方言がかわいいランキング、「愛している」の方言がかわいいランキングなどご紹介しています。

京都弁女子のかわいい告白の言葉②京都弁のイメージ!「うちでかまへん?」

うちでかまへん

京都弁女子のかわいい告白の言葉2つ目は「うちでかまへん?」です。標準語で「わたしでいいの?」という意味の方言です。相手から告白されて、返事はOKなのに告白されたことが嬉しくて自分でいいのかと聞いてしまう時に使う方言です。

「かまへん」は「大丈夫?」と聞き返す時に使う京都の方言です。京都弁で使うイメージの強い方言ですが、積極的なようでどこか控えめなので告白の返事の時にも使いやすいです。

京都弁女子のかわいい告白の言葉③京都らしい言い方!「側におって」

側におって

京都弁女子のかわいい告白の言葉3つ目は「側におって」です。標準語で「側にいてほしい」という意味の言葉です。京都の方言らしい言い方の告白です。

「好き」とストレートには伝えていないけれども、隣に寄り添って欲しいとか付き合って欲しいという意味が伝わる告白です。ストレートに伝えるより「側に」と言われてぐっとくる男性もいるでしょう。「〜おって」と京都弁で伝えることによって柔らかく甘えた感じがかわいいセリフになります。

京都弁女子のかわいい告白の言葉④返事はせかんから

日本

京都弁女子のかわいい告白の言葉4つ目は、「返事はせかんから」です。標準語で「返事は急いでないから」という言葉です。例えばずっと友達だった相手に告白した時に、相手はびっくりして少し気まずくなった際「返事は急いでないから、ゆっくり考えてね」という意味で伝える京都の方言になります。

告白は急に相手に伝えるわけですから、相手もびっくりしてしまうこともあるでしょう。「返事はせかんから」と伝えることで相手への気遣いを表しています。相手への気遣いと優しさがこもっている京都の方言ですね。

京都弁女子のかわいい告白の言葉⑤付きおうてくれへん?

日本

京都弁女子のかわいい告白の言葉5つ目は、「付きおうてくれへん?」です。標準語で「付き合ってくれない?」という意味で使う言葉になります。京都弁では「〜くれへん」は相手に頼み事をする時に使う方言になり告白の時も使います。

標準語で「付き合ってくれない?」と伝えると少しストレートに聞こえてしまう言葉ですが、京都の方言で「付きおうてくれへん?」と伝えると柔らかく甘えてかわいらしく聞こえます。京都弁はそうゆうところがお得感がありますね。

京都弁女子のかわいい告白の言葉⑥好きになってしもてん

日本

京都弁女子のかわいい告白の言葉6つ目は、「好きになってしもてん」です。標準語で「好きになってしまった」です。例えば「あなたのこと好きになってしまったの」と標準語で伝える言葉が、京都の方言では「あんたのこと好きになってしもてん」という言い回しになります。

標準語で伝えるとストレート過ぎて引いてしまうかもしれない言葉でも、京都の方言で「〜しもてん」と伝えることによって、柔らかく相手に対して親身なかわいい告白になります。伝えられた相手も悪い気はしない告白になるでしょう。

京都弁女子のかわいい告白の言葉⑦他に好きな人おるん?

日本

京都弁女子のかわいい告白の言葉7つ目は、「他に好きな人おるん?」です。標準語で「他に好きな人いるの?」という意味で使う言葉です。「〜おるん?」と京都の方言で伝えることによってかわいさと甘えた印象を与えてくれます。

告白した相手に他に好きな人がいたとしても、言い方やシチュエーションによっては相手を振り向かせるのに効果的な告白です。少し寄り添いながら甘えた感じで言うのがいいでしょう。

京都弁女子のかわいい告白の言葉⑧ほんまに好きやわぁ

日本

京都弁女子のかわいい告白の言葉8つ目は、「ほんまに好きやわぁ」です。標準語で「ほんとうに好きだよ」という意味の言葉です。主語をつけて「うち、ほんまに好きやわぁ」ということもあるでしょう。「うち」は京都の方言で「わたし」のことを表しています。

「〜やわぁ」と語尾が伸びるのは京都弁の特徴です。真剣に相手に告白しているけれど、どこか親しみがあり柔らかい印象に聞こえる言葉になります。告白された相手もストレートに言われると恐縮して固まってしまう人もいます。そんな相手の性格も考慮して柔らかく温かみのある告白もいいかもしれません。

京都の方言はかわいいので告白の言葉も男性がキュンっとしそうな方言がたくさんあります。京都弁に興味がある人は、下記の「【女子必見】京都の方言(京言葉)を徹底解説!かわいい方言も紹介!」をぜひ参照してみてください。京都の方言の特徴や、京都の方言頻出順ランキング10などもご紹介しています。

Small thumb shutterstock 172996742
関連記事 【女子必見】京都の方言(京言葉)を徹底解説!かわいい方言も紹介!

代表的な観光地「京都」。京都の方言といえば、舞妓さんが話す「〜どす。」

【番外編】京都弁男子のかっこいい告白の言葉は?

【番外編】京都弁男子のかっこいい告白①好きやで!

告白

次は番外編です、京都弁男子のかっこいい告白をご紹介しましょう。まず1つ目は「好きやで!」です。標準語で「好きだよ」という意味の言葉になります。ストレートに男らしく「好き」と元気よく伝えている言葉なので、言われた相手はドキッとときめいてしまう言葉です。

語尾の「〜だよ」から「〜やで」と京都弁に変換するだけで聞こえる印象が変わるが不思議なところです。「好きやで!」は爽やかにハキハキしているので印象に残りやすいでしょう。「好き」の前に「めちゃくちゃ」とか「ほんまに」を付け加えるのも熱意を伝えるのに効果的でしょう。

【番外編】京都弁男子のかっこいい告白②ずっと一緒におってくれへん?

告白

京都弁男子のかっこいい告白2つ目は「ずっと一緒におってくれへん?」です。標準語で「ずっと一緒にいてくれない?」という意味の言葉です。隣にいてとか、側にいてというのを柔らかく伝えた京都弁の告白になります。

いつもふざけている男子が真面目な顔をして「ずっと一緒におってくれへん?」と言ってきたら、女性をキュンとさせることができるでしょう。女性は恥ずかしくて言えないような言葉に弱いです。恥ずかしがらずに堂々と伝えると、男らしくてかっこいいと好意的に思うでしょう。

【番外編】京都弁男子のかっこいい告白③なんかあったら俺が守ったる

告白

京都弁男子のかっこいい告白3つ目は「なんかあったら俺が守ったる」です。標準語で「なにか起こった時は俺が守るから」という意味の言葉です。

女性は男性に「守られたい」と思っている人も多いので、「守る」という言葉は素直に喜ぶ人が多いでしょう。京都弁で男性から「守ったる」と力強く言われるとときめいてしまうことも多いでしょう。いつもは強がっていたり、1人でなんでもできてしまう女性などに言うと効果的かもしれません。

京都弁男子のかっこいい告白はいかがでしたでしょうか。京都弁の方言の告白は標準語とは違う雰囲気があり一度はされてみたいですね。京都は観光地としてもとても有名ですが、住んでいる府民たちの特徴や性格などはご存知ですか?下記の記事では京都の府民性や特徴などをご紹介しているので、ぜひ参照してみてくださいね。

Small thumb shutterstock 465736094
関連記事 京都の府民性まとめ!京都出身者の特徴や性格・あるあるを男女別に解説

今回は、京都の府民性やその特徴についてご紹介していきます。それだけでな

京都弁でかわいい告白をしてみよう!

京都弁女子の告白の言葉は、京都弁らしい柔らかい雰囲気と甘い言い方が特徴的です。相手に対して積極的でありながらも、京都ならではの上品であって親近感を与えながら伝えることができます。ある意味得な方言ですね。女性から告白するのはとても勇気がいる行動です。京都弁を駆使してかわいい告白をしてみましょう。

かわいい方言でも人気のある京都では、京都らしい美味しいスイーツやグルメがたくさんあります。下記の記事では京都の流行りのグルメやスイーツ、京都で流行りの食べ物の手作りレシピ、厳選した京都のお土産などをご紹介しています。ぜひ参照してみてくださいね。

Small thumb shutterstock 305302817
関連記事 京都で流行りの食べ物11選|美味しい人気のスイーツ・名物グルメは?

京都で流行りの食べ物11選について紹介をします。京都は京都らしい名物以

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。