代表的な観光地「京都」。京都の方言といえば、舞妓さんが話す「〜どす。」や「〜どすえ。」を使うと思っていませんか?京都の方言はそれだけではありませんよ! 京都出身の筆者が、男心をくすぐるかわいい京都の方言(京言葉)をご紹介していきます。

INDEX

  • 京都の方言の特徴
  • 京都の方言(京言葉)頻出順ランキング
  • 京都の方言(京言葉)頻出順ランキング
  • 京都のかわいい方言(京言葉)ランキング
  • その他紹介しきれなかった方言
  • 京都の方言のかわいい京言葉を使ってみましょう

京都の方言の特徴

京都の方言の特徴①

京都のイメージ

京都といえば、古都の街並み。世界文化遺産のお寺や神社が沢山あります。京都の方言は京都弁、京言葉といい、平安時代から江戸時代中期まで、日本の都があった京都は、その頃の標準語であったとも言われています。

京言葉は、御所やお公家さんが使っていた御所ことばと、民衆や職人が使っていた町方ことばがあり、年月をかけて、混ざり合ったようです。しかしながら、純粋な京言葉を話しているのは、舞妓さんや、80歳を超えたご年配の方になります。若者たちは、受け継いでいる所もあったり、全く話さない京言葉もあったりします。

京都の方言の特徴②

お寺

関西地方に属している京都の方言は、兵庫、大阪、滋賀、奈良などのイントネーションとほぼ変わりません。「やな」「やし」「やで」「さかい」を語尾につけて話します。特に大阪は隣接しているせいか、あまり方言に違いがありません。ただ、大阪の方言と、京都の方言は話し方に差がでるようです。

一番の違いは母音を伸ばすところです。語尾は「やなぁ」「やしぃ」「やでぇ」となり、単語も「歯=はぁ」「血=ちぃ」となります。「〜したはる」と話すのも京都の方言の特徴です。相手に対して丁寧で、尊敬表現のように聞こえるため、京都の方言は「かわいい」「品がある」と高評価を頂けるのでしょう。

京都の方言の特徴③

京都の方言の3つ目の特徴は、「褒め言葉」と「批評する言葉」が表裏一体になっていることがあります。「えらい」という京言葉は「えらいお人どすな」=「偉い、尊敬できる人」と使う反面、無神経な人の事も「えらいお人どすな」と言う事もあります。どちらの意味で使っているかは、その場に居ればなんとなく伝わります。

そんな怖い意味を持つ京言葉もありますが、今回はご紹介させて頂く京言葉は、舞妓さんが使う濃い京言葉ではなく、比較的一般人にも馴染みやすく、普段使いしやすい、かわいい京都の方言を集めてみました。

京都の方言(京言葉)頻出順ランキング

京都の方言(京言葉)頻出順第10位:ぎょうさん

京都の方言(京言葉)頻出順第10位は「ぎょうさん」です。「よーさん」「ようき」とも言います。意味は「たくさん」「いっぱい」という方言です。人混みなどで行った際に「たくさん人が居るね」という標準語を京言葉に変換すると、「ぎょうさん(よーさん)人が居てはるわ」となります。

京都の方言(京言葉)頻出順第9位:いちびる

京都の方言(京言葉)頻出順第9位は「いちびる」です。「調子に乗る」「ふざける」という意味です。幼い子に対して使う方言です。小学校や公共の場で、ふざけている子に対して「おまえ、いちびってんなや!」と言ったりします。

この「いちびる」は先程説明した「褒め言葉」と「批評する言葉」が表裏一体になっていることに当てはまります。「調子に乗るな」という意味と、いい成績をとった子に対して「いちびってんなや」「調子に乗っていると痛い目にあうよ」という批評を込めた二つの意味を込めて使う事が出来ます。

京都の方言(京言葉)頻出順第8位:ぶっちゃけたはなし

京都の方言(頻出順)第8位は「ぶっちゃけたはなし」です。「ほんとうのところ」という意味です。この「ぶっちゃけ」というのは聞いた事ありませんか?