Large thumb shutterstock 613094570

ジンとコーラのカクテルの作り方!ジンベースの種類やおすすめのおつまみも

更新:2019.06.21

ショットで飲むのにもカクテルのベースとして使うにもおすすめで広く愛されているジン。今回は、ジンとコーラを使ったカクテルのレシピを紹介します。おすすめの割合や割り方のポイント、ジンベースのカクテルやおすすめのおつまみも紹介していますので、参考にしてみてください。



ジンとは?ジンのカクテルの種類も

ジンとは世界4大スピリッツと呼ばれるものの1つ

ジンとはジャガイモと大麦、ライ麦で作り、ネズで香りをつけた蒸留酒の1つでスピリッツと呼ばれる分類のお酒です。ジンの歴史は古く、西ヨーロッパを発祥に今では世界中で愛されており、ウォッカと並ぶ世界4大スピリッツともいわれています。

ジンは辛口で爽やかな飲み口とクセがあまりない味で飲みやすいため、カクテルのベースとして大活躍することはもちろん、ショットでそのまま飲むお酒としても愛されています。ここに、ジンを含むショットで飲むお酒をまとめた記事を載せました。パーティ等でショットでお酒を楽しみたいときに参考にしてみてくださいね。

ジンベースのカクテルの種類①ジントニック

1つ目のジンベースのカクテルの種類は、ジントニックです。ジントニックはジンベースのカクテルの中で一番有名なものとも言えるでしょう。ジンをベースにトニックウォーターという柑橘系のほのかな甘みが加わった炭酸水で割ったカクテルです。下記のジントニックの作り方を記載しましたので参考にしてみてください。

ジントニックの材料

  • ジン45ml
  • トニックウォーター適量
  • ライム

ジントニックのレシピ

  1. 氷を入れたグラスにジンを注ぐ。
  2. トニックウォーターをグラスいっぱいまで注ぎ、軽くかき混ぜる。
  3. 最後にカットしたライムを飾って完成!

ジントニックのアルコール度数は13度ほどで、すっきりとした飲み口なのでカクテルをあまり飲まない方にもおすすめできます。夏の暑い日なんかにおすすめのカクテルです。ジントニックはそのシンプルな材料と作り方故、ジントニックを飲めばバーの良し悪しがわかるカクテルと言われています。

ジンベースのカクテルの種類②ジンバック

2つ目のジンをベースに使ったカクテルの種類は、ジンバックです。ジンをベースにジンジャーエールとレモンジュースを使ったこのカクテルは、ジントニックに並ぶ有名なカクテルです。すっきりとした飲み口と甘酸っぱいレモンとジンジャーの風味がマッチしてとても美味しいんですよ。作り方は下記に記載しています。


ジンバックの材料

  • ジン45ml
  • レモンジュース30ml
  • ジンジャーエール適量

ジンバックのレシピ

  1. 氷を入れたグラスにジンを注ぐ。
  2. レモンジュース、ジンジャーエールをグラスいっぱいまで加えて軽くかき混ぜる。
  3. 最後にレモンをグラスに飾って完成!

ジンとレモンジュースの割合はお酒の強さやお好みに合わせて自身で調節してみてくださいね。ジンジャーエールを甘口にするか辛口にするかでもジンバックの味が変わってきますので、お好みの割り方を見つけてみてください。

ジンベースのカクテルの種類③オレンジブロッサム

3つ目のジンをベースに使ったカクテルの種類は、オレンジブロッサムです。ジンとオレンジジュースで作るこのカクテルはオレンジジュースのフルーティーさと爽やかなジンがマッチしてとても飲みやすく美味しいカクテルです。材料が二つだけですので、自宅でも簡単に作れちゃいます。下記はオレンジブロッサムのレシピです。

オレンジブロッサムの材料

  • ジン45ml
  • オレンジジュース適量

オレンジブロッサムの作り方

  1. 氷を入れたグラスにジンを注ぐ。
  2. オレンジジュースをグラスいっぱいまで注いで軽くかき混ぜたら完成!

オレンジブロッサムは、お好みでグラスのフチにカットしたオレンジを飾ってもおしゃれになります。ジンの割合はご自身のお酒の強さやお好みに合わせて調整してみてくださいね。ジンにオレンジを入れる割り方は、ジンの辛さが和らぐので、ジンが苦手な方や甘いカクテルが好みの方にもおすすめの飲み方です。

ここにジンとオレンジを使ったオレンジブロッサムのレシピを詳しくまとめた記事を載せました。この項目でオレンジブロッサムに興味を持った方は、以下の記事を参考にして、美味しいオレンジブロッサムの作り方を色々と試してみてくださいね。

ジンとコーラのカクテルの作り方

ジンとコーラのカクテルはジンが苦手な人にもおすすめ


ジンとコーラで作るカクテルは、辛口のリキュールであるジンが苦手な人にもおすすめの割り方です。ジンの辛さがコーラの甘みでやわらぎますし、コーラの炭酸の爽快感がすっきりと気持ちいい飲み口になります。ジンが苦手な方やお酒があまり強くない方は、ジンの割合を少なめにして作ってみるとよいでしょう。

ジンとコーラで作るカクテルは、コーラの味が強くなり甘いカクテルになりがちです。ジンのさわやかな辛さをはっきりと感じたい人やコーラのカロリーや甘さを控えめにしたいという方は、ジンの割合を多めにしたりコーラをカロリーゼロのものに変えるとよいでしょう。

ジンとコーラのカクテルのレシピ①自宅で作れるジンコーク!割合や割り方も

1つ目のジンとコーラで作るカクテルのレシピは、ジンコークです。ジンをベースとしてコーラで割るだけの簡単なこのカクテルは自宅でも簡単に楽しめることでも人気があります。下記にジンコークのレシピを記載しましたので参考にしてみてください。

ジンコークの材料

  • 氷適量
  • ジン30ml(お好みでジンの割合を増やしてもOK)
  • コーラ適量

ジンコークのレシピ

  1. グラスの入った氷にジンを30ml注ぐ
  2. コーラをグラスいっぱいまで注ぎ、軽くかき混ぜる

ジンコークのジンの割合は、グラスの大きさやその日の気分にも合わせて自分好みに調整してみてください。ジンコークを作るときの割り方のポイントは、シェイクしないこととかき混ぜすぎないことです。シェイクしたり沢山かき混ぜると、せっかくのコーラの炭酸が楽しめなくなってしまいます。

ジンコークをかき混ぜるときはくるくるとかき混ぜるのではなく、専用のステアやマドラーなどで底に沈んでいるジンを氷と一緒に上に持ち上げるようにして軽くかき混ぜるとコーラの炭酸が抜けることなく、均等にかき混ぜることができますよ。

ジンとコーラのカクテルのレシピ②ロングアイランドアイスティー!

2つ目のジンとコーラのカクテルのレシピは、ロングアイランドアイスティーです。こちらは、ニューヨークで生まれたカクテルで、割りものに紅茶を使っていないのに紅茶の色や味がするカクテルでとっても飲みやすいんですよ。下記にロングアイランドアイスティーのレシピを記載しましたので、参考にしてみてください。

ジンとコーラを使うロングアイランドアイスティーの材料

  • ジン15ml
  • ウォッカ15ml
  • テキーラ15ml
  • ラム15ml
  • ホワイトキュラソー15ml
  • レモンジュース30ml
  • コーラ40ml

ジンとコーラを使うロングアイランドアイスティーの作り方

  1. 氷を入れたグラスにベースとなるリキュールを入れていく。
  2. レモンジュース、コーラを注ぎ軽くかき混ぜる
  3. 最後にお好みでレモンとチェリーを飾れば完成!

ロングアイランドアイスティーはジン以外にもベースとなるリキュールを使っており、ジンとコーラを使ったカクテルの中でも凝った作りのカクテルです。ベースとなるリキュールの割合はレシピ通りにしたほうが美味しく作れます。また、割り方のポイントはやはりコーラを使っているのでシェイクしないように注意しましょう。

ロングアイランドアイスティーはコーラとレモンジュースで割った本物の紅茶のような飲みやすい味のカクテルなのですが、ベースにジンやウォッカといった強いお酒を使っているためアルコール度数は25度と高めです。ロングタイプと呼ばれるゆっくり時間をかけて楽しむカクテルですので、飲みすぎには注意しましょう。

ジンとコーラのカクテルにおすすめの一工夫

ジンとコーラのカクテルにおすすめの一工夫①ライムを加える

1つ目のジンとコーラのカクテルにおすすめの一工夫は、ライムを加えることです。ジントニック等のジンベースのほかのカクテルにも使われる、爽やかな酸味と香りのライムはジンとの相性が抜群です。レモンより酸味が控えめで少し苦味が加わるライムは、ジンとコーラのカクテルを少し大人の味に仕上げてくれます。

ジンとコーラのカクテルにライムを加えるときは、1/8カットしたライムをグラスのフチに飾ってお好みで絞って飲んでもいいですし、輪切りにしたライムをグラスに浮かべるのもおすすめです。グリーンがカクテルに彩りを加えてくれるのもいいですね。

ジンとコーラのカクテルにおすすめの一工夫②レモンを加える

2つ目のジンとコーラのカクテルにおすすめの一工夫は、レモンを加えることです。レモン味が加わったコーラも市販されていることもあり、コーラとレモンの相性は抜群です。ジンベースのカクテルにレモンジュースを使うこともありジンとの相性もいいため、ジンとコーラのカクテルにレモンは間違いない組み合わせと言えます。

レモンは1つ目に紹介したライムよりも苦味が控えめで酸味が強いため、ジンにより爽やかな風味を加えてくれます。ジンとコーラのカクテルに加えるときは、ライムと同様に1/8カットにしてグラスのフチに飾るか、輪切りのレモンをグラスに浮かべるのがおすすめです。簡単なカクテルがおしゃれに変身します。

ジンとコーラのカクテルにおすすめのおつまみ

ジンとコーラのカクテルにおすすめのおつまみ①ミックスナッツ

1つ目のジンとコーラのカクテルにおすすめのおつまみは、ミックスナッツです。ミックスナッツも様々な種類がありますが、爽やかな炭酸ののど越しのジンとコーラのカクテルには、塩気が利いたミックスナッツがマッチしておすすめです。ついついおつまみを食べる手が止まらなくなってしまうこと間違いなしです。

ミックスナッツは簡単に用意できるおつまみですので、小腹が空いたときや仕事終わりで帰りが遅くなってしまった日の家での晩酌にもぴったりです。簡単にできるジンとコーラのカクテルと一緒にリラックスタイムを楽しんでみてくださいね。

ジンとコーラのカクテルにおすすめのおつまみ②赤身肉のステーキや肉料理

2つ目のジンとコーラのカクテルにおすすめのおつまみは、赤身肉のステーキや肉料理です。爽やかなのど越しとコーラがマッチしたジンとコーラのカクテルには、ジューシーな赤身肉がぴったりです。脂肪分が少なく食べ応えのある赤身なら胃もたれせずに美味しく食べることができますよ。

また、バーベキューで食べられるようなジャークチキンなどスパイスが効いた肉料理もジンとコーラのカクテルにおすすめのおつまみです。野外で炭火で焼いたスパイシーなお肉と一緒にジンとコーラのカクテルを飲めばすっきり爽快、気持ちの良い気分になれそうですね。

ジンとコーラのカクテルにおすすめのおつまみ③ピザ

3つ目のジンとコーラのカクテルにおすすめのおつまみは、ピザです。ピザを食べるときについ飲みたくなるのがコーラ。そんなピザと、ジンとコーラを使ったカクテルが合わないはずがありません。すっきりとのど越しのいいジンとコーラのカクテルなら、ボリュームのあるピザもどんどん手が進んでしまいそうです。

ただし、ピザは高カロリーですし、コーラもカロリーが高い甘めの炭酸飲料ですのでダイエット中の方は注意が必要です。カクテルを作るときに使うコーラをカロリーゼロのものや特定保健用食品指定のコーラを使ってダイエットを意識したものにするなど、割り方を工夫すると罪悪感なく飲むことができそうですね。

ジンとコーラのカクテルを楽しもう!

今回は、ジンとコーラを使ったカクテルの種類やおすすめの割合や割り方、カクテルへの一工夫、おすすめのおつまみを中心に紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。ジンとコーラを使ったカクテルはとっても飲みやすいうえに、自宅で揃えやすい材料で簡単に作ることができますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ここにジンの1つであるボンベイサファイアというお酒の味や飲み方を解説した記事を載せました。ボンベイサファイアはブルーのボトルが美しいジンで世界中で愛されているお酒です。カクテルのレシピやロックやお湯割りでの飲み方もありますので、この記事と合わせて読んでみてくださいね。

また、ここにジンと合わせて人気のあるお酒であるテキーラを使ったレシピを載せました。ショットで飲むイメージが強いテキーラもカクテルや割り方次第でとても飲みやすく美味しくいただくことができますので、強いお酒が好きな方はこちらの記事もおすすめです。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。