Large thumb shutterstock 540159820

対策を講じる(たいさくをこうじる)の意味とは?対策を立てる/対応

更新:2021.04.19

対策を講じる(たいさくをこうじる)という言葉を正しく説明できますか?この記事では、対策を講じるの意味とは「対応や改善策を考えて実行すること」といった内容や、「対策を立てる」、「対策を打つ」といった類語などについて詳しく説明しています。些細な意味の違いを把握して言葉の理解を深めましょう。



対策を講じる(たいさくをこうじる)の意味とは?

対策を講じるの意味とは「対応や改善策を考えて実行する」

対応や改善策を考えて実行する人の画像

対策を講じる(たいさくをこうじる)の意味とは「対応や改善策を考えて実行する」という意味です。「対策を講じる」という言葉には、何かしらの問題や課題などに対して、それを打開する方法やアイデアを出し、実行することで事態を良くするといった意味合いがあります。

対策を講じる(たいさくをこうじる)という言葉は、あまりフランクな表現ではないと考えられる傾向があることから、ビジネスや政治の場面で使われることが多いと言われています。

しかし、友人や知人などの会話で和やかに話している時にも、「早めに対策を講じておいた方がいいよ」などと言われることはありますので、この機会に「対策を講じる(たいさくをこうじる)」という言葉の意味を押さえておくことをおすすめします。

対策を講じる(たいさくをこうじる)の各漢字の意味

対策を講じる(たいさくをこうじる)の各漢字の意味を辞書で調べるというイメージ画像

対策を講じる(たいさくをこうじる)の各漢字の意味を把握することで、「対策を講じる」という言葉の意味をより深く理解できると言われていますので、それぞれの言葉の意味についてお伝えしておきます。

「対策」の「対」という字には「~に対応して」といった意味合いがあり、「策」という字には「手段」や「改善策」といった意味合いがあります。また「講じる」という言葉には、「正しい行動をとる」、「適切な対応をする」といった意味合いがあります。

そのため、これらの言葉が組み合わさった「対策を講じる」という言葉には「問題などへの対応や改善策を考えて実行に移す」といった意味があります。

対策を講じる(たいさくをこうじる)は「対策を講ずる」と同じ意味

対策を講ずるという表現を書類で見かけた人の画像

対策を講じる(たいさくをこうじる)と似た表現に「対策を講ずる」という使い方がありますが、これらはどちらも同じ意味であり、「問題などへの対応や改善策を考えて実行に移す」といった意味があると言われています。


「対策を講じる」という表現は、主に口頭での会話で使われる傾向があり、「対策を講ずる」という表現は、本や書類などの文字表記に使われる傾向が多いと言われています。特に公用文書などの固い書類などには「対策を講ずる」と表記されることが多いと言われています。

このような硬い表現は日常では使いづらいですが、礼儀を重んじる場面やビジネスシーンでは言葉に重みや説得力を宿すことができるため、とても役立ちます。他にもビジネスシーンなどで役立つ「尽力いたします」という言葉の意味や使い方についても以下の記事で紹介していますので、ぜひお役立てください。

対策を講じる(たいさくをこうじる)の使い方・例文は?

対策を講じるの使い方・例文①怪我人が出る前に対策を講じよう

怪我人の画像

対策を講じるの使い方・例文の1番目は、「怪我人が出る前に対策を講じよう」という使い方です。学校や公園などの、たくさんの子供が遊ぶ場所では、子供の不注意や、間違った遊具の使い方などが原因で、怪我をしてしまうおそれがあります。

そのため、遊具などが「適切に動くかどうか」、「間違った使い方をしても大怪我につながらないか」などといった確認が必要となり、定期的な点検が求められます。

そういった点検の中で、子供の大怪我につながりそうな要因が見つかった場合に「怪我人が出る前に対策を講じよう」といった使い方がされます。

対策を講じるの使い方・例文②今後の不況に対策を講じる必要がある

不況への対策について話し合う人の画像

対策を講じるの使い方・例文の2番目は、「今後の不況に対策を講じる必要がある」という使い方です。会社を経営していたり、個人で事業を展開していると、不況はとても怖い存在であり、倒産の危険性があることから、事前に対策を練っておく必要があります。

「今後の不況に対策を講じる必要がある」という使い方は、不況ではない時に周到な準備をしておくことで、来るべき不況に対応して乗り越えることができるといった考えに基づき、「早い段階で対策を考えておくことが大切である」といった意味合いで使われる例文です。


現代の若者は不況を経験した人が多いことから、派手な出費を好まず、質素で堅実な生活を好む傾向があると言われているので、いつ来るかわからない不況に対して対策を講じていると言えるかもしれません。以下の記事では、そんな現代の若者の特徴や心理傾向などについて詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。

対策を講じるの使い方・例文③君はどんな対策を講じたんだい

君はどんな対策を講じたんだいと聞く上司の画像

対策を講じるの使い方・例文の3番目は、「君はどんな対策を講じたんだい?」という使い方です。この例文は、知人の成功談を聞いている時などに使われる例文です。

既に良い結果がもたらされたことを知ったうえで、どのような手段で成功を勝ち取ったのかを後日談として聞くようなケースです。例えば、仕事でライバルに売上成績が劣っていたにも関わらず、最後に挽回をしてライバルの成績を上回った場合などです。

こういった成功談を知人に話している際に、成功を勝ち取った方法を早く知りたいと思う知人から「君はどんな対策を講じたんだい?」と発せられるといった例文です。

対策を講じるの使い方・例文④過去の失敗例をもとに対策を講じるべきだ

過去の失敗例をもとに対策を講じる人の画像

対策を講じるの使い方・例文の4番目は、「過去の失敗例をもとに対策を講じるべきだ」という使い方です。日常生活や仕事の中で、いつも犯してしまう失敗というものは少なからずあると言われています。

そういった頻繁に起こる失敗について、過去の失敗例を参考にしながら対策を練り、毎回の失敗をなくすことで、現在よりも良い状況を生み出そうという考えから言われることが多い例文です。

「いつも夜更かしして授業に集中できないから、早めにご飯やお風呂を済ませてしまおう」などといった、毎日の生活に根付いてしまった悪い習慣などを改善する際などに使われる例文です。

対策を講じる(たいさくをこうじる)の類語


対策を講じるの類語①対策を立てる

対策を立てる人の画像

対策を講じるの類語の1番目は、「対策を立てる」という類語です。「対策を立てる」という表現には、「対策を打ち出す」、「対策方法を考え出す」といった意味合いがあります。

「対策を立てる」という言葉には、「対策を実行するところまでは意味していない」と考える人が多いと言われています。「対策を立てる」の意味合いは、あらかじめ対策を用意しておいて、すぐ対応できるように準備しておくといったニュアンスが含まれておらず、それが「対策を講じる」との違いであると考えられています。

対策を講じる時や対策を立てる際には、自分達の力で考えることが重要ですが、時には経験者や専門家の知識などを教えてもらうことも有効です。以下の記事では、そんな時に役立つ「お教え願えますでしょうか」という言葉を使う際のマナーなどについて詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。

対策を講じるの類語②対策を打つ

対策を打つ人達の画像

対策を講じるの類語の2番目は、「対策を打つ」という類語です。「対策を打つ」という表現には、「改善策を実行する」、「措置を取る」といった意味合いがあります。

「対策を講じる」という言葉にも「改善策を実行する」といったニュアンスが含まれることから、「対策を打つ」という言い回しは「対策を講じる」という表現の類語であると考えられています。

対策を講じる(たいさくをこうじる)以外の「講じる」の使い方は?

対策を講じる以外の「講じる」の使い方①手段を講じる(講ずる)

手段を講じる(講ずる)人の画像

対策を講じる以外の「講じる」の使い方の1番目は、「手段を講じる(講ずる)」という使い方です。「手段」という言葉には、「目的などを達成するためのやり方や方法」という意味があります。また、「講じる(講ずる)」という言葉には、「正しい行動をとる」、「適切な手段をとる」といった意味合いがあります。

これらのことから、「手段を講じる(講ずる)」という言葉には「目的を達成するための方法を実行する」といった意味合いが含まれます。「対策を講じる」という言葉との違いは、「何に対して行動するのか」といったところにあります。

対策は「問題などに対応する」という意味合いになり、手段の持つ「目的を達成するため」といったニュアンスとは少し異なる表現であると考えられています。

対策を講じる以外の「講じる」の使い方②処置を講じる(講ずる)

処置を講じる(講ずる)医師の画像

対策を講じる以外の「講じる」の使い方の2番目は、「処置を講じる(講ずる)」という使い方です。「処置」という言葉には、「その時の事態に適した手段をとって物事を終わらせる」、「傷や病の治療をする」という意味があります。

これらのことから、「対策を講じる」という言葉との違いは、「事前に手段を考えるのかどうか」という点にあると言われています。対策は「事前に問題が起こった時のことを想定しておくもの」であり、処理は「その時の事態に合わせて判断をするもの」といった意味合いがあることから、そのニュアンスは少し異なります。

また「処置を講じる(講ずる)」という言葉には、「対策を講じる」という言葉にはない「傷や病の治療をする」という意味があることも大きな違いであると言われています。

対策を講じる(たいさくをこうじる)という言葉を正しく理解しましょう

対策を講じる(たいさくをこうじる)という言葉は、日常会話ではあまり使わない人も少なくないことから、「自信をもって正しい意味を把握している」、「適切な使い方ができる」という方は多くないと言われています。

「対策を立てる」や「対策を打つ」といった表現との細かい意味の違いを把握することで、適切な表現力が身に付きます。また、周囲の人からの情報を的確に受け取ることにもつながるので、対策を講じる(たいさくをこうじる)という言葉を正しく理解しましょう。

最後に、間違えやすいと言われる言葉である「一翼を担う」という言葉の意味や使い方などに関する記事をご紹介しますので、合わせてご覧ください。「一役を担う」などと間違って使っている人もいるとのことですので、この機会に正しい知識を身につけて自信を持って発言できるようにしておきましょう。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。