INDEX

目上の人に失礼でない体調を気遣う敬語7つ

体調を気遣う敬語①どうぞお大事になさってください。

お大事になさってください

体調を気遣う敬語の1つ目は、「どうぞお大事になさってください。」です。相手を気遣う言葉の中で1番便利な言葉が「お大事に」です。病院などでも診察が終われば医者や看護師に声をかけられますよね?体調を気遣うときに誰が相手でも使うことが出来る万能の言葉なのです。

ビジネスで使うのならば、これを敬語に変えて使った方がいいでしょう。上司や先輩などに大して使う場合は「くれぐれもお大事になさってください。」などとなります。同僚には「お大事にどうぞ。」でも大丈夫ですが、これだけでは素っ気ないと思われるかもしれません。

体調を気遣う敬語②ご自愛ください。

ご自愛ください

2つ目は、「ご自愛ください。」です。これは「ご自分の体を大切にしてください」という意味です。相手の体調を気遣うときに使う「お体に気を付けてください」をより丁寧にした言葉になります。目上の人だけでなく老若男女すべての人に使うことが出来ます。

ただし、すでに体調を崩してる方には使わないので注意しましょう。「ご自愛」に「ご自分の体」という意味が含まれています。「お体をご自愛ください」という文章は間違っているので気を付けましょう。

体調を気遣う敬語③充分に養生なさってください。

充分に養生なさってください

3つ目は、「充分に養生なさってください。」です。体調を崩したビジネスの相手は予定が変更したことで日程の調整がどうなるかなどを心配しています。

ビジネスの相手ならば次の予定などは「回復なさったら、改めて日程を調節させてください」と伝えましょう。そのうえで、相手を焦らせない心遣いの言葉の一つを添えましょう。言葉が1つ添えられているだけで、相手も安心して自分の体調の回復に専念出来るでしょう。

体調を気遣う敬語④お体に気を付けてください。

お体に気を付けて下さい

4つ目は、「お体に気を付けてください。」です。普段の生活の中でも、「体に気を付けてね」という意味を込めて使います。ビジネスの場合においても、相手の体や体調を気遣う意味を込めて挨拶などの中で使います。「健康でいて欲しい」という相手を気遣ったり健康を祈る気持ちを表します。

メールだけでなく年賀状や手紙などの最後の締めの挨拶の中でも使えます。他にも退職や転職をする方へのお別れの挨拶で、健康や体調を気遣う文章に合わせて使ってみましょう。

体調を気遣う敬語⑤体調はいかがですか。一同大変心配しております。

一同大変心配しております

5つ目は、「体調はいかがですか。一同大変心配しております。」です。上司が風邪などの軽い体調不良の時は業務連絡だけでも十分です。しかし、目上の人が入院などで長期で休む時などでは体調を気遣う敬語として使うといいでしょう。

使うときは、同じ職場の人間全員が気に留めていることを伝えましょう。体調を壊して気が弱っている面もあるので、支えてくれる周りの人がいるとわかると心強くなるでしょう。

体調を気遣う敬語⑥お怪我の具合はいかがでしょうか。

お怪我の具合はいかがでしょうか

6つ目は、「お怪我の具合はいかがでしょうか。」です。心配のあまり、思わず相手の具合を確めたくなるかと思います。しかし原因の病気や怪我は深刻なものの可能性もあります。

目上の人に具合を尋ねる時はシンプルにまとめましょう。病気やケガについてあれこれ詳しく聞かず、さり気無くうかがう程度にとどめましょう。

体調を気遣う敬語⑦メールのご返信には及びません。

返信には及びません

7つ目は、「ご返信には及びません。」です。ビジネスのメールが届くと読んだ証明も兼ねて相手はメールに早めに返信しようとするでしょう。しかし、相手はまだ体調が悪い状態にも関わらず返信するかもしれません。

目上の人が返信しなくてもいいように気遣う一言を忘れずに添えましょう。相手も体調が落ち着いてから改めてメールを返信してくれるでしょう。

目上の人に体調を気遣うメールを送る際の例文は?

取引先やビジネスの相手の場合の例文①風邪などの軽い体調不良の時

取引先①

お世話になっております。最近は急に冷え込み、寒さのつらい季節になりました。体調を崩されているとお聞き致しました。どうぞお体に気を付けてください。

次回の打ち合わせの件ですが、緊急の件ではありません。回復なさったら、改めてお伺いさせていただきます。まだ寒い日が続くようです。くれぐれもご自愛ください。

取引先やビジネスの相手の場合の例文②入院などで長期間休む時

取引先②

お世話になっております。ご入院なさっていると聞き、大変驚いております。体調はいかがですか。どうぞお大事になさってください。

今回の件は、保留にしていただいて構いません。どうか十分にご静養ください。何かお力になれることがありましたら、お声がけください。一日も早くご回復なさることを願っております。なお、返信はお気遣いいただきませんようお願い致します。

上司の場合の例文①風邪などの軽い体調不良の時

上司①

お疲れ様です。体調を崩されているとお聞き致しました。これからも寒い日が続くようです。まずは、どうぞお体に気を付けてください。

会議は日を改めて変更になりました。今回の件は順調に進んでおります。こちらで対応しますので、どうぞ安心してご静養ください。

上司の場合の例文②入院などで長期間休む時

上司②

お疲れさまです。入院されたと聞き、職員一同突然のことに大変驚いています。その後の、体調はいかがでしょうか。この機会にどうぞ十分に養生なさってください。

突然押し掛けてはかえってご迷惑と思い、ご遠慮させていただきました。一日も早く回復されますされますよう、お祈り申し上げます。なお、ご返信には及びません。

ビジネスシーンで体調を気遣う言葉やメールをする際の注意点は?

「お体に気を付けて」など相手を気遣う気持ちを示そう

相手を気遣う

まずは「お体に気を付けて」などのように相手を気遣う気持ちを敬語で示しましょう。重要なことは、目上の人に心遣いが伝わる言葉遣いになっているかです。相手のことを考えている心遣いが伝わる文書にします。相手の気持ちを考えて言葉を選ぶと、相手からの印象もよくなるでしょう。

メールを送る相手や具合によっては、業務内容だらけのお見舞いメールにしてしまうと逆に印象が悪くなります。メールの文章だと感情が伝わりにくいものです。だからこそ、よりビジネスマナーを守る必要があります。

次の予定は手短にまとめ、相手を焦らせない心遣いの一言を添える

次の予定 焦らせない

次の予定はシンプルにまとめ、相手を焦らせない心遣いの敬語を一言添えましょう。取引先やビジネスの相手が体調不良で打ち合わせをキャンセルした時、相手を焦らせるようなメールを送ることはしてはいけません。相手は自分のせいで最初の予定が狂ってしまったことを気にしています。

体調の悪い相手に仕事の心配をかけてはいけません。かといって、回復して出社した時に事態が悪化していてもいけません。お見舞いメールを送る場合は相手の状況に合わせた文章と言葉遣いが大切です。

目上の人が体調の回復に専念出来るよう配慮する

体調回復の配慮

上司の場合は、体調の回復に専念出来るように仕事の分担などで配慮しましょう。風邪などで数日で戻ってこられる場合、業務上の必要な連絡事項を送るだけの方が無難です。メールを送る場合は仕事の内容を書くのがおすすめです。

上司や先輩と言われる立場の人が体調の悪さで会社を休んだ時の心配事は、自分が担当している仕事に迷惑がかかることです。時間としては休憩時間前後や昼前ごろに状況報告などを兼ねてお見舞いメールを送るのが効果的です。このようなメールを送ることで目上の人の評価も上がります。

目上の人が無理に返信しなくてもいいように配慮する

無理に返信しなくてもいい

上司が無理に返信しなくてもいいように敬語で一言忘れずに添えておきましょう。相手の体調を気遣う気持ちは大事ですが、入院などで長期間休む場合は相手の具合は深刻な状態も考えられます。相手の具合を尋ねるとしてもシンプルに済ませましょう。

迷った時は相談

上司にメールを送っても良い状態か迷った時は、他の上司や同僚などに相談しましょう。自分の立場や相手の状態などによっては送らない方が無難の場合もあります。相談して代表の人に送信してもらうという方法もあります。

敬語で体調を気遣うメールをもらった時の返信の言葉は?

気遣いやフォローなどのお礼の言葉を伝えよう

気遣いやフォロー

まずは気遣いや仕事のフォローなどのお礼の言葉を伝えましょう。あなたの体調を気遣ってくれたことや休職中のフォローなど、周りの人たちが支えてくれていたことに感謝の気持ちを伝えましましょう。

「お気遣い感謝いたします。」「心のこもったメールを送っていただき、ありがとうございました。」「皆さまのメールのおかげで励まされました。ありがとうございます。」「仕事の件で色々とご配慮いただき、ありがとうございました。」「皆さまのおかげで、治療に専念できました。」などが使えます。

迷惑をかけたことへのお詫びを伝えよう

迷惑をかけたこと

次に迷惑をかけたことへのお詫びを伝えましょう。特に仕事の欠勤や約束を守れなかったことに対してです。突然体調が悪くなることや怪我はどうしようもないことですが、欠勤や約束を守れなかったことにかわりはありません。

「返信が遅くなってしまい、申し訳ございません。」「お忙しいところご迷惑をおかけし、申し訳ございません。」「ご心配をおかけ致して申し訳ありませんでした。」「突然職場を離れることとなってしまい、ご迷惑をおかけしました。」「休職が長引き、大変ご心配、ご迷惑をおかけ致しました。」などがあります。

現在の体調や治療の経過を伝えよう

体調や治療の経過

自分が答えられる範囲で構わないので、現在の体調や治療の経過を伝えましょう。メールを受け取る相手は現在の様子が気になっています。詳細まで伝えなくても問題ありません。

「おかげさまで、体調もすっかり良くなりました。」「順調に回復し、明日から勤務を再開の予定です。」「まだ全快とは言えませんが、だいぶ元気になりました。」「現在は少しずつですが、快方に向かっています。」「先日無事に手術を終え、現在は毎日リハビリに励んでいます。」などを使いましょう。

今後の抱負やお願いの言葉を入れて返信しよう

今後の抱負

最後に今後の抱負やお願いの言葉を入れましょう。まだ体調が万全でない状態で配慮をお願いしたいことがあったら、きちんと伝えましょう。伝えることで自分だけでなく周りの人が余計な心配をかけずに済みます。

「明日から出勤予定です。今後もよろしくお願いいたします。」「健康管理に気をつけて、業務に精励します。」「遅れを取り戻せるよう、仕事に励む所存です。」「完全復帰ではありませんが、できる限り努力してまいります。」「しばらくは体調と相談しつつの勤務となります。何卒ご理解ください。」などと入れましょう。

友達や同僚に送りたい体調を気遣う言葉7つ

体調を気遣う言葉①長引いてるんだって?無理しないで体を大事にしてね。

無理せず体を大事にしてね

体調を気遣う言葉の1つ目は「長引いてるんだって?無理しないで体を大事にしてね。」です。友達の場合は目上の人のように敬語でなくても大丈夫です。普段通りの自然な言葉で相手を気遣う気持ちを素直に伝えましょう。

体調を気遣う言葉②入院したと聞いて驚いたよ。大丈夫?何か手伝おうか?

手伝おうか

体調を気遣う言葉の2つ目は「入院したと聞いて驚いたよ。大丈夫?何か手伝おうか?」です。心配している気持ちを素直に伝え、何か手伝うことがあるか尋ねましょう。

体調を気遣う言葉③何か必要なものがあれば持っていくよ。

必要なものがあれば

体調を気遣う言葉の3つ目は「何か必要なものがあれば持っていくよ。」です。病気や怪我のことをあれこれ聞かないようにしましょう。根拠のない発言やネガティブな発言は相手の負担になってしまいます。

体調を気遣う言葉④入院されていると聞き、心配になってメールしました。

心配してメールしました

体調を気遣う言葉の4つ目は「入院されていると聞き、心配になってメールしました。」です。相手が恋人ではなく気になる人や好きな人なら、メールせずにはいられなかった気持ちを素直に伝えましょう。

体調を気遣う言葉⑤少しゆっくりして、お体に気を付けてお過ごしください。

少しゆっくりしてお体に気を付けてお過ごしください

体調を気遣う言葉の5つ目は「少しゆっくりして、お体に気を付けてお過ごしください。」です。まだ恋人でない人からメールが届いたら、重たいと思われて印象が悪くなるかもしれません。気遣う言葉は短くシンプルにしましょう。好感を持たれるメールをまとめた記事があるので、合わせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 174271172
関連記事 脈あり判定も?気になる人に好感を持たれるメール&LINEのコツ4選

気になる人にメールやLINEを送る時、どんな事に気をつけて送ってますか

Small thumb shutterstock 432628942
関連記事 彼氏へのメールやLINEの話題10選!好きな人や片思いでも使える内容

メールやLINEでの話題は、最初は盛り上がっていても、彼氏彼女の期間が

体調を気遣う言葉⑥体調はどうですか?無理しないで体を休めてください。

無理しないで体を休めてください

体調を気遣う言葉の6つ目は「体調はどうですか?無理しないで体を休めてください。」です。同僚の場合は上司と同じようなメールで構いませんが、プライベートでも付き合いがあるのであれば相手を気遣う気持ちを伝えましょう。業務感が出てるとガッカリするので、くだけた文章で送りましょう。

体調を気遣う言葉⑦私に出来ることがあれば、遠慮なく知らせてください。

私に出来ることがあれば遠慮なく

体調を気遣う言葉の7つ目は「私に出来ることがあれば、遠慮なく知らせてください。」です。長期間休む場合は体調だけでなく、仕事のフォローも兼ねてメールを送りましょう。相手に不安を感じさせないように復帰を待っている気持ちを伝えましょう。メールを送って良いかわからない時は他の上司や同僚に相談しましょう。

相手の体調だけでなく立場も気遣うのを大切に

いかかでしたか?相手が誰であっても、1番大切なことは相手の体調だけでなく立場も気遣うことです。あなたの気持ちは文章だけで伝わります。イライラした気持ちは堪えましょう。「お体に気を付けて」と、お互い様の気持ちを忘れずに気持ちの込められたメールを送りましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。