Large thumb shutterstock 524810926

お教え願えますでしょうかを使う際のビジネスマナーは?敬語/丁寧

更新:2021.03.25

お教え願えますでしょうかを使う際のビジネスマナーやメールでの使い方をご存知ですか?この記事では、教えてくださいやお教え願いますといった類語や、丁寧に依頼をする際の敬語表現、もう少し詳しく教えてほしい時に気持ち良く教えてもらうことができるような表現についてお伝えします。



「お教え願えますでしょうか?」を使う際のビジネスマナーは?

「教えてください」の丁寧な敬語表現

「教えてください」とお願いする女性の画像

「お教え願えますでしょうか?」は「教えてください」の丁寧な敬語表現です。仕事や私生活ではたくさんの人と関わることも多く、周囲の人の知恵や経験を教えてもらうことでスムーズに仕事などが進むことはよくあります。

このように周囲の人に「教えてください」ということを丁寧な敬語で表現した言葉が「お教え願えますでしょうか?」という表現です。この表現は、「お教え」という部分や「願えますでしょうか?」といった部分に、相手を敬う気持ちが含まれており、教えてもらう際に丁寧な表現であると言われています。

相手を敬って丁寧な敬語表現をすることで、人間関係を良好に保つことができますし、仕事をうまく進めやすくなるなどのメリットもありますので、ここからは特にビジネスシーンにおいて「お教え願えますでしょうか?」を使う際の注意点をお伝えします。

マナー①丁寧に依頼する

丁寧に教えてもらいたいことを依頼する人の画像

「お教え願えますでしょうか?」を使う際のビジネスマナーの1番目は、丁寧に依頼することです。丁寧な言葉遣いと態度で「教えてください」と頼まなければ、相手から快く教えてもらうことはできません。

また、丁寧に教えてくださいと頼まなければ、相手に不快感を与えてしまって、教えてくれなかったり、上辺では教えてもらうことができても、コツやポイントなどの重要なことについてふれずにわかりにくい説明しかしてくれない可能性もあります。

このように、人間関係を円滑に保ちながら、より良い情報を教えてもらうために、「教えてください」と丁寧にお願いすることはとても大切であると考えられています。そのため、「お教え願えますでしょうか?」といった丁寧な敬語表現を使う必要があると言われています。


マナー②タイミング

タイミングを見計らって「お教え願えますでしょうか?」を使えた時の画像

「お教え願えますでしょうか?」を使う際のビジネスマナーの2番目は、タイミングを計るということです。いくら丁寧に「お教え願えますでしょうか?」と頼んだとしても、相手が忙しくて余裕がない時に依頼したのでは、教えてくれるものも教えてくれなくなってしまいます。

そのため、教えてほしいと思っている相手に声をかける際には、その人が忙しくしていないかという点に注意して、タイミングを見計らって依頼する必要があります。声をかける際には、「今少しお時間いただけますでしょうか?」などと様子を窺うことが重要であると言われています。

そのうえで教えてほしいと思っている相手から了承を得られれば、そこで初めて「例の件について、お教え願えますでしょうか?」と切り出すことが上手く教えてもらうためのコツであると言われています。

メールで使う場合の例文

「お教え願えますでしょうか?」をメールでお願いしようとする女性の画像

「お教え願えますでしょうか?」をメールで使う場合の例文としては、「ご教示いただけますでしょうか?」といった表現を使うことが無難であると考えられています。「教示」とは、「教える」と「示す」という漢字が組み合わさって単語であり、教えてほしい相手に範囲を限定せずに教えてもらいたいと依頼する時に有効です。

「ご教示いただけますでしょうか?」の他にも、似た表現として「ご教授いただけますでしょうか?」という表現があり、どちらも頻繁に使われる表現ですが、「教授」という言葉は厳密に言うと、ビジネスシーンにはあまり適していないと言われています。

それは、「教授」という言葉に「学問や芸能などの分野について、長期間に渡って知識やノウハウを伝授する」といった意味合いがあるからです。学問や芸能について、長期的に教えを伝授していただくといった意味合いがある「ご教授いただけますでしょうか?」という表現は、使える状況が限定されるので注意が必要です。


「お教え願えますでしょうか?」の類語は?

類語①お教え願います

ある程度親しい間柄の人にお教え願いますを使った成功例の画像

「お教え願えますでしょうか?」の類語の1番目は、「お教え願います」という表現です。お教え願いますという表現は、丁寧な表現ではあるのですが、「お教え願えますでしょうか?」のように、相手の意向を伺う要素がないことから、少し丁寧な度合いが劣ると言われることが多い表現です。

しかし、ある程度親しい間柄である場合には、適切な距離感を表現するために「お教え願います」と言った方が良い場合もあります。「お教え願います」は、いつも接する気心の知れた先輩や同僚に使われることが多く、「お教え願えますでしょうか?」と大袈裟に言うことで嫌味になることを避けたい時などに使われます。

このように、状況や教えてほしいと考えている相手との距離感によって、うまく言葉を使い分けることが、何かを教えてもらう時のポイントであると言われています。

類語②教えてもらうことはできますか?

フランクな様子で教えてもらうことはできますか?と聞く女性の画像

「お教え願えますでしょうか?」の類語の2番目は、「教えてもらうことはできますか?」という表現です。「教えてもらうことはできますか?」という言い方は、「お教え願います」という表現よりもフランクな表現で、ビジネスシーンの中ではいつも接する身近な先輩や気心の知れた上司に使う際に適した表現です。

身近な人に対して、あまりにも形式ばった堅苦しい表現をすると、相手に不快感を与えてしまうおそれもありますので「お教え願います」と言うよりも、わざとフランクな様子や親近感を与えるために使うという際に使える表現と言えます。


ちなみに以下の記事では、人と仲良くなる方法について詳しくお伝えしていますので、ぜひ合わせてご覧ください。友達やパートナー、上司などと仲良くなれることはたくさんのメリットがありますので、こちらの記事を読んでぜひ役立ててください。

類語③お教えいただきたく存じます

お教えいただきたく存じますを会議で使う例の画像

「お教え願えますでしょうか?」の類語の2番目は、「お教えいただきたく存じます」という表現です。「お教え願えますでしょうか?」という表現の方が、お教えいただきたく存じますという表現よりも丁寧な表現であると受け取られることが多い例文です。

「存じます」という表現を用いていることから、相手を敬う丁寧な敬語表現と言えますが、相手の意向を伺うといった配慮が表現の中に含まれていないという点で、丁寧な度合いが少し下がると考えられることがあります。

「お教えいただきたく存じます」という表現は、会議などで良いアイデアを募る際にも多く使われる言い方で、特にビジネスの関係者や同業のビジネスをしている人などの集まりで知恵や解決策などを教えてもらいたい場合に使われるケースが見受けられます。

「お教え願えますでしょうか?」の英語表現は?

英語表現①もう少し教えてほしい

「お教え願えますでしょうか?」の英語表現を解説する女性の画像

「お教え願えますでしょうか?」の英語表現の1番目は、もう少し教えてほしいという意味の英語表現である「Can you explain the details?」といった表現です。現状では理解が不足している状況など、もう少し詳しく教えてほしい時に使える英語表現です。

この表現を、もう少し丁寧な敬語表現にしたい場合には、「It would be appreciated if you could explain the details.」といった英語表現を使うことで、さらに丁寧な英語表現とすることができます。

この英語表現は「もう少し詳しく教えていただけると、ありがたいのですが」といった表現になり、相手を敬う気持ちを表しながら、仕立てに出て教えてもらう際に有効な英語表現です。ただし人によっては「今の説明がわかりにくかったのか!」と怒る気難しい人もいると言われているので、相手の性格に注意する必要があります。

英語表現②偉大な知恵を教えてください

偉大な知恵を教えてくださいよと冗談交じりにいう後輩社員の画像

「お教え願えますでしょうか?」の英語表現の2番目は、「偉大な知恵を教えてください」という意味の英語表現である「Please enlighten me on the specifics.」といった表現です。この表現は、「教えてください」という表現の中でも、特に丁寧な言い方です。

その理由は、「enlighten」という英単語が、神や仏などの偉大な存在が知りうる知恵といった意味合いを持っているからです。親しい仲で冗談交じりに使われることもあります。その一方で、丁寧すぎる表現であることから、皮肉に感じてしまう人もいると言われているので注意が必要です。

ちなみに以下の記事では、皮肉屋の意味や類語、嫌味との違いなどを詳しくお伝えしている記事ですので、ぜひ合わせてご覧ください。皮肉屋の性格の特徴や心理などについても紹介しています。

「お教え願えますでしょうか?」を理解して快適な環境づくりに努めましょう

「お教え願えますでしょうか?」という表現は、社会人には必須の言葉遣いであると言われています。その理由は、仕事や私生活において、自分一人だけの知恵や経験、力だけでは生きていけないケースが散見されるからです。周囲の人の力を借りることで仕事や私生活が円滑に問題なく進められることは多々あります。

そのため、いかに良好な人間関係を保ちながら、教えてほしいというお願いをするかが重要になってきます。また、相手に教えてもらうばかりではなく、自分が知っている有益な情報や、役立つ経験などを積極的に周囲の人へ発信していくことで、いざと言う時に周囲の人が率先して助けてくれるということはよくあります。

いずれにしても大切なことは、周囲の人を尊重する姿勢や謙虚な態度であり、普段の行いが大切であるということですので、日ごろの行いを見直したうえで、必要な時には周囲の人に丁寧な敬語表現で「お教え願えますでしょうか?」とお願いし、快適な環境づくりに努めましょう。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。