Middle shutterstock 605013488

油絵の描き方は?初心者向けの簡単な風景画のコツや手順・塗り方も

更新:2019.06.21

独特の風合いをもつ油絵ですが、描き方は知らないという人も多いのではないでしょうか。今回は初心者の方でも簡単に描ける風景画のコツや手順、塗り方などを紹介します。絵の具や色鉛筆などとは違った描き方をする油絵の下書きのコツなどについてもまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
×
スポンサーリンク
×

油絵の描き方|必要な道具は?

油絵の描き方|必要な道具①初心者の方はまずこちら!油絵画材セット

油絵を描く際に必要な道具として1つ目に紹介するのが、油絵初心者の方におすすめな基本的な油絵の道具が入ったセットです。油絵は通常の水彩絵の具とは異なり、専用の道具が様々必要になります。1つずつ揃えるのは大変なので、油絵に必要な道具が揃ったセットを購入するのをおすすめします。

セット内容は油絵画材セットの種類によっても異なりますが、これさえあれば油絵を描くことができる道具をまとめましたので、油絵画材セット選びの参考にしてみてください。

油絵を描くのに必要な道具

  • 油絵の具・・・油絵の具専用の絵の具
  • 油絵用の筆・・・豚毛で作られていることが多い
  • 画用液・・・絵を描く際に使用。乾性油と揮発性油を調整しながら使用
  • 油壺・・・画溶液を入れるもの
  • パレットとパレットナイフ・・・絵の具を出したり混ぜたりするもの
  • ペインティングナイフ・・・絵を描くためのナイフ
  • キャンバス一式・・・支持体、クリップやバッグなど
  • 筆洗油・・・筆を洗う専用の油、専用の筆洗器に入れて使用
  • イーゼル・・・キャンバスを固定するもの
  • ウエス・・・筆やパレットの汚れをふき取るもの

油絵の描き方|必要な道具②下書きに便利な道具

スポンサーリンク
×

油絵を描く際に必要な道具として2つ目に紹介するのが、油絵を実際に行なう前のデザインを決める時に使用するスケッチブックなどの道具です。一発本番で油絵を楽しむのは難易度が高いため、まずは下書きをしてデザインを練るのをおすすめします。

油絵の下書きでは鉛筆も使用することがありますが、木炭を使用する人も多いです。鉛筆でももちろん下書き可能ですが、木炭はサッと綺麗に消すことができキャンバスのたるみなども防止することができるので鉛筆よりも木炭の方が初心者の方にはおすすめです。

【油絵の描き方】デッサンや下書きに必要な道具

  • スケッチブック・・・デザインの構想を練るのに使用
  • 鉛筆・・・デザインの構想時やキャンバスの下書きにも使用可能
  • 木炭・・・キャンバスの下書きに使用
  • 練り消しゴム・・・下書きを消す際に使用
  • フィクサチーフ・・・下書きを消えないようにキャンバスに定着するもの

下の記事ではダイソーやセリアなどの100均で入手することの出来る、スケッチブックを紹介しています。納得のいくまでデッサンする油絵ではスケッチブックもできるだけコスパの良いものを選びたいですよね。100円で購入できるならコスパもよく気にせず下書きすることが出来ます。ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク
×


油絵の描き方の手順は?

油絵の描き方の手順①油絵の下書きエスキース

油絵の描き方の手順1つ目は、キャンバスに実際に書く前にスケッチブックに下書きをしましょう。この下書きのことをエスキースと呼びます。下書きはどんな紙を使用しても問題ありませんが、クロッキー帳は手頃な値段で使いやすいのでおすすめです。

どんな構図にしたいかや、どんな絵を描きたいかをしっかりと下書きしておくことは初心者の方は大切な作業になります。何回も構想を練って自分の納得いくものを描くようにしましょう。

油絵の描き方の手順②キャンバスに描きだし

スポンサーリンク
×

油絵の描き方の手順2つ目は、実際にキャンバスに下書きを行なっていく作業です。キャンバスは木枠に張って作りますが、初心者の方は既に木枠にキャンバスが張ってあるものを使用すると便利です。サイズも様々ですが、一般的なキャンバスはFというサイズがほとんどなので、まずはこのサイズで慣れていきましょう。

木炭や鉛筆を使用してスケッチブックにデザインしたものを、キャンバスに描いていきましょう。細かい部分は色を塗る段階で描きこんでいけばいいので思い切って描くと良いです。下書きが終わったら落ちないようにフィキサチーフを吹きつけておきます。

油絵の描き方の手順③揮発性油で薄めてパレットで色をのせる

スポンサーリンク
×