Large thumb shutterstock 644396992

女性が年上の逆年の差婚のメリットとは?恋愛に年齢は関係ない?

更新:2020.07.24

最近では年の差婚がとても増えていますが、女性が年上という逆年の差というカップルや夫婦も年々増加傾向にあります。恋愛に年齢は関係ないといわれますが、年下の彼と年上の彼女の恋愛や結婚に、メリットやデメリットはあるのでしょうか?今回は男性の意見を紹介していきたいと思います。

逆年の差婚はあり?年上の女性と結婚するのはあり派の男性の意見は?

年上の女性は包容力がある|逆年の差婚あり派の意見

包容力のある女性

「7歳年上の彼女には弱音を吐ける(23歳/営業職)」「仕事で落ち込んでた時に、何も言わずに温かいご飯を用意してくれて感動した(28歳/会社員)」など、年下の彼にとって年上の女性の包容力は恋愛の上で高ポイントなようです。中には年下の彼女の束縛がイヤになり、年上の女性に乗り換えたなんて話もありました!

やっぱり、年上の女性だからこその包容力はあるようですね。女性の立場でみても、年上よりも年下の彼の方が色んな面でイライラしないというか、しょうがないなぁという気持ちで許せてしまうそうなので、逆年の差婚の方がケンカが少なくなるかもしれません。

年上の女性は恋愛でも仕事でも頼りになる|逆年の差婚あり派の意見

働く女性

「年上の彼女は人生の先輩でもあるから、相談すると的確なアドバイスをくれる(22歳/デザイナー)」「男がリードするものと思っていないから、デートは気楽に楽しめます(31歳/技術職」というように、年上の彼女は仕事でも恋愛でも、とても頼れるという意見がありました。これは逆年の差婚のメリットにもなりますね。

人生の先輩でもある年上の女性は、様々な経験をしてきています。そのため、カップルになった時は良きアドバイザーになってくれるでしょう。また、年下の彼に男らしさを求めないため、デートプランを男性任せにしたり、リードすることを求めたりしないため、年下の彼からすれば気楽に付き合える関係といえます。

自立していて良いカップルになれる|逆年の差婚あり派の意見

最高のパートナー

「30歳の彼女は僕より収入がいいので、デートは全て割り勘で助かります(23歳/調理師)」「逆年の差婚は、いい意味で対等でいられると思う(32歳/自営業)」など、逆年の差婚だからこそ、カップルや夫婦の関係が対等でいられるという意見がありました。経済面でも二人で働くと家計に余裕ができますよね。

人生を共に歩み、家庭を守っていくパートナーとして、年上の女性はとても心強い存在です。他にも年下の男性が年上の女性に恋愛感情を抱く瞬間を紹介している記事があるので、こちらも見てみてください。

逆年の差婚はあり?年上の女性と結婚するのはなし派の男性の意見は?

カップルや夫婦というより親子みたい|逆年の差婚なし派の意見

口うるさい彼女

「最初は憧れのお姉さんって感じだったけど、段々と母親みたいになってきた(26歳/会社員)」「世話を焼いてくれるのは嬉しいけど、女性というか母親に見えてくる(25歳/アパレル業)」など、年上の女性との逆年の差婚がなし派の意見として、一番多かったのがこちらでした。カップルよりも親子になるそうです。

年下の男性は可愛らしく、また世話を焼きたくなるのは分かりますが、度が過ぎると母親っぽさが出てきてしまい、異性として見えなくなってしまいます。恋愛感情がなくなってしまっては本末転倒ですよね。母性本能が強い女性は好まれますが、年上の女性はそれが母親っぽくなりやすいので気を付けましょう。

年上の女性は老けるのが早い|逆年の差婚なし派の意見

メイクする女性

「やっぱり周りの同年代と比べると、肌の質やハリが違う(21歳/学生)」「年上の彼女が30代に入ったら一気に老けたように感じて、距離を置こうか迷ってる(25歳/金融業)」と、女性としては失礼に感じる意見が出てきましたが、やっぱり年齢には勝てないものがあるのは事実です。

もちろん若い女性の方が、肌のハリやツヤがキレイです。スタイル、髪質など、外見の若々しさはどうしても差が出てしまいます。そもそも、それを気にする男性には年上の女性との恋愛や逆年の差婚は向いていないでしょう。女性は女性で、キレイでいる努力は必要かもしれませんね。

上から目線で年下の彼を立ててくれない|逆年の差婚なし派の意見

偉そうな女性

「5歳上の元カノは、いつも偉そうだった。それ以来どうしても年上と付き合う気にはなれない(26歳/営業職)」「デート中でも小言や説教が始まり、上司といるような気分になる(32歳/飲食店)」というように、年上の女性の発言や態度は、上から目線に感じてしまうようです。

女性自身にはそんなつもりがなくても、男性が女性を年上として扱う以上、どうしても上から言われているように感じてしまいます。上司といるような気分では、せっかくのデートも楽しめませんよね。次の約束もできない場合があるので、女性は初デートの時はなるべく優しい言葉を心がけてみましょう。

女性が年上の逆年の差婚のメリットは?

甘えさせてくれる|女性が年上の逆年の差婚のメリット

甘えさせてくれる女性

女性が年上の逆年の差婚のメリットとして、甘えさせてくれるという点があります。男性って、実はとっても繊細で弱い面がありますよね。けれど、それを見せることは恥ずかしいと考えられる傾向があり、なかなか弱さを出せる場所がありません。

年上の女性は男性の弱い部分を可愛いと感じられる余裕があり、また男性に男らしさを求めないので、男性は安心して甘えたり、弱い部分をさらけだすことができます。そのような存在のカップルになることができれば、結婚生活は幸せに過ごせますよね。

仕事に理解がある|女性が年上の逆年の差婚のメリット

理解してくれる女性

仕事に理解があるのも、年上の女性ならではのメリットといえます。年上の女性は社会人としての経験も豊富なため、男性社会がどのようなものか理解しています。そのため、急な残業や接待での飲み会などがあったとしても、「大変ね、お疲れ様」と労る気持ちをもっています。

仕事や接待で疲れて帰宅したのに、不機嫌な奥さんのご機嫌とりをしたり、「私と仕事どっちが大事なの?」なんて詰め寄られたら、せっかく家に帰ったのに全然休まりませんよね。これでは男性が可哀想ですし、男性が外で癒しを求めてしまう原因でもあります。けれど、逆年の差婚はそのような心配がありません。

些細なケンカが少ない|女性が年上の逆年の差婚のメリット

ケンカのないカップル

男性からすれば面倒だなと感じることでも、女性は許せないことってあります。結婚生活でいえば、トイレットペーパーを切らしてもそのままにしているとか、靴下が脱ぎっぱなしになっているとか、本当に些細なことでも、繰り返されるとイライラしてしまいます。小さなことで毎日ケンカなんて、疲れてしまいますよね。

年上の女性は、そのような小さな不満を逐一ぶつけたりはしません。相手に感情をぶつける前に、どうしたら話を聞いてくれるか、どんな言い方をしたら反省するか、これは怒るようなことなのかなどを冷静に分析してから、上手に伝えてくれます。そのため、些細なことでケンカになることが少ないのも、メリットといえますね。

女磨きの努力を怠らない|女性が年上の逆年の差婚のメリット

女磨きをする女性

年上の女性は年下の女性と比べて、どうしても外見の若々しさが衰えてしまいますよね。年を重ねた女性はまた別の魅力があるものですが、女性としてはやっぱりいつまでも若々しくいたいものです。年下の彼や旦那さんがいる女性は特にその気持ちが強く、努力を怠りません。

年上の女性は、年下の彼に釣り合うように、そして年下の旦那さんが他の女性を見てしまわないように、いつまでもキレイでいようとします。彼女や奥さんにはいつまでもキレイでいてほしいですよね!これは逆年の差婚の大きなメリットです。

恋愛面でのギャップが可愛い|女性が年上の逆年の差婚のメリット

甘える女性

年上の女性は、大人びてカッコいいイメージがありますよね。普段そのような雰囲気でも、年齢関係なく女性は女性です。ふとした時の弱さや儚さに守ってあげたくなったり、甘えられてギャップにキュンとしたり、年上の女性だからこそ一層可愛らしく見えることがあります。

お互い甘えられる存在になれるのが、逆年の差婚のメリットです。年上の女性の甘える仕草にキュンとして、さらには自分も甘えられるというのは男性は嬉しいですよね。甘えん坊な年下の男性の魅力が紹介された記事があるので、ぜひこちらも読んでみてくださいね!

女性が年上の逆年の差婚のデメリットは?

口うるさく指図が多い|女性が年上の逆年の差婚のデメリット

口うるさい女性

今度は反対に、女性が年上の逆年の差婚のデメリットを挙げてみたいと思います。先ほども上から目線という意見があったように、つい口うるさくなってしまうのが年上の女性です。口うるさくなり、指図が増えてくると、どうしても母親のように見えてしまうのはデメリットですよね。

年上の女性からしたら、年下の男性は可愛らしい反面、頼りなく感じてしまいます。そのため、ついあれこれ口を挟み、世話を焼きたくなってしまうんですね。これは男性が女性に頼りきったり甘えすぎている可能性もあります。元々年上の女性がもつ包容力を引き出してあげましょう。

年齢のプレッシャー|女性が年上の逆年の差婚のデメリット

妊娠中の夫婦

男性にとって、これが最大のデメリットだと感じる人が多いのですが、逆年の差婚は年齢のプレッシャーがあります。カップルの時も、年上の女性と付き合うと結婚のプレッシャーがあるようですが、それは結婚してからも変わりません。子供を望む場合、出産をするのは女性です。そして出産には適齢期があることも事実です。

最近では晩婚化が進み、出産年齢の幅は広がってきていますが、それでも「この年齢までには一人目が欲しい!」「この年齢までには生み終えたい!」など考えている女性は少なくありません。自然と恵まれるのが理想ですが、やっぱり年上の女性となると何年ものんびり待てずに気持ちが焦ってしまうことがあります。

年齢によるジェネレーションギャップ|女性が年上の逆年の差婚のデメリット

ケンカするカップル

1歳~5歳くらいの年齢の差ならジェネレーションギャップがあっても軽いものばかりなのでネタや笑い話になりますが、それ以上になると常識や価値観まで違ってしまい、理解し合えずにケンカの原因になることがあります。世代が変わると一般常識も少しずつ変わっていくものなので、「普通はこうするはず」が通じません。

大きなジェネレーションギャップは価値観の違いを生み、それは夫婦関係に大きな亀裂をもたらしてしまいます。これは男性が年上の場合も同じですが、女性が年上だとさらに譲り合えない状況になることが多いため、結婚の前にしっかりお互いを知り、価値観を合わせておくといいかもしれませんね。

融通がきかない|女性が年上の逆年の差婚のデメリット

融通がきかない女性

年上の女性はその分人生経験が豊富なため、自分の中に確固たる信念があり、芯の強い女性であることが多いです。とても頼れるというメリットがあるのですが、時としてそれが融通がきかないというデメリットになってしまうことがあります。固定概念を崩せずに、意見を押し付けられたと感じてしまう年下男性もいるようです。

これは年上の女性の意識一つで気を付けることができるので、お互いが相手の意思を尊重できるような関係になれれば、問題はありません。年下の男性とのデートを成功させたい場合は、この点に注意してみましょう。さらに詳しく知りたい人は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね!

結婚で周囲の反対がある|女性が年上の逆年の差婚のデメリット

言い合う二人

最近は逆年の差婚が増えていますが、昔は女性が年上であることがマイナスイメージと考えられていました。そのため、もし年上の女性と結婚すると決めた場合、両親や祖父母、親戚などから反対をされる可能性があります。実際にとても反対され、結婚を諦めたり、両親と縁を切る形で無理矢理結婚したという話もありました。

長い人生を共に歩むパートナーは自分で決めたいですが、やっぱり周囲から祝福されて結婚したいですよね。特に女性は嫁入りするため、男性の両親や親戚とは上手く付き合っていきたいものです。結婚の話をする前に、付き合っている段階で顔を合わせたり、彼女の話をしたりと男性の努力が必要になってくるでしょう。

女性が年上の逆年の差婚はメリットがたくさんあります

新郎新婦

逆年の差婚があり派の意見となし派の意見、そしてメリットやデメリットを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?個人的にはメリットが大きく、長く続く関係だと感じています。もし現在逆年の差カップルの人は、メリットを大切に、そしてデメリットの対策をしっかり話し合って素敵な時間を過ごしてくださいね!

年下の男性にアプローチしたいけど、脈ありか脈なしか確かめたいという女性は、恋愛心理を詳しく紹介された記事があります。こちらの記事を参考に、年下の男性の恋愛心理を見極めてカップル、さらには逆年の差婚を目指して頑張ってくださいね!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。