Large thumb shutterstock 127820906

紫色の心理的意味・イメージ8つ|バイオレットが好きな人の特徴や性格も

更新:2019.06.21

紫色は好き嫌いの好みが別れる色です。あなたは紫色の心理的意味を知っていますか?紫色が好きな人もそうではない人も紫色の持つ効果を知ることで、紫色へのイメージが変わるかもしれません。今回は紫色の心理的意味やイメージ、バイオレットが好きな人の特徴や性格などを詳しくご紹介します。

紫色が持つ意味・イメージ4つ

紫色が持つ意味・イメージ①神秘的

神秘

紫色が持つ意味・イメージの1つ目は神秘的です。紫色のオーラを持つ人は、ミステリアスでカリスマ性があり、先見の明がある人と言われています。皇帝など神秘的な象徴で身分が高い人は、紫色の衣装を好んで着ていたようです。

紫色が持つ意味・イメージ②高貴

高貴

紫色が持つ意味・イメージの2つ目は高貴です。ローマ帝国などでは、紫色の衣装は高級であったため、高貴な身分の人しか身につけることができませんでした。このようなことから、日本でも紫色に「高貴」なイメージを持つ人が多いと考えられます。

紫色が持つ意味・イメージ③感性

感性

紫色が持つ意味・イメージの3つ目は感性です。赤は感性を刺激しやすい色であり、紫色はその感性を研ぎ澄ませるという意味があります。また、紫色は右脳を刺激する色と言われています。右脳はひらめきや直感など、その人の芸術性や創造性に関係しています。

紫色が持つ意味・イメージ④癒し

癒し

紫色が持つ意味・イメージの4つ目は癒しです。紫色は好き嫌いが分かれやすい色ですが、人が紫色を選ぶ時はどのような時かと言うと、体調がすぐれない時や心身共に疲れていて癒されたい時などが多いようです。

バイオレットが持つ意味・イメージ

紫色の中でも特に青みが強い「バイオレット」は、「熟考」や「客観性」の意味を持つ色です。赤色は「情熱」で青色は「冷静」を表します。「バイオレット」に惹かれる時は、何か物事を考え過ぎていて行動できない時なのかもしれません。失敗を恐れあれこれ理由付けをして先に進めない、今の自分に気づけるかもしれません。

パープルが持つ意味・イメージ

紫色の中でも赤みが強い「パープル」は、高級や高貴の意味を持つ色です。プライドの高さを表し、また反対に劣等感やコンプレックスという意味もあるようです。

紫色が持つその他の意味・イメージ一覧

紫

紫色は正反対な赤と青でできているため、全く反対の意味やイメージの言葉を持つ複雑な色です。例えば、紫色は上品なイメージがありますが、下品という意味も同時に持っています。また、紫色は宗教色が強い色とも言えます。

紫色が持つその他の意味・イメージ一覧

  • スピリチュアル
  • 意地悪
  • 古風
  • 中性的
  • はしたない
  • 上品
  • 永遠
  • 二面性
  • 不吉

下の記事は夢占いで紫の夢の意味15選を紹介しています。紫色が印象的な夢は心に不安を抱える証なのかを詳しく解説しています。紫の夢を見た人など参考にして下さい。

紫色が与える心理効果4つ

紫色が与える心理効果①感性を豊かにする

紫

紫色には感性を豊かにしてくれる心理効果があります。また、インスピレーションや想像力をかきたててくれます。紫色が好きな人は、直観力に優れ芸術的センスを持った人が多いと言われています。どちらかと言うと、個性的な人が多いかもしれません。

紫色が与える心理効果②不安や緊張を軽くする

不安

紫色は不安や緊張を軽くし、穏やかな気持ちにさせる心理効果があります。日常生活の中でのストレスを緩和し、不安や怒りを鎮めてくれる効果があります。また、紫色を見て神秘を感じた時はプラス思考、卑しい気分になった時はマイナス思考の状態と考えられます。紫色が寝室にあると、気分を落ち着かせ安眠効果もあります。

紫色が与える心理効果③心身のバランスを整える

心身

紫色は心身のバランスを整える心理効果があります。癒しの効果もあり、副交感神経を刺激し心身を休ませてくれます。心身ともに疲弊している時は、紫色を欲している時です。交感神経と副交感神経のバランスを取ろうという本能が、紫色の服を選んでいると考えられます。

紫色が与える心理効果④勘を研ぎすまさせる効果

勘

紫色は勘を研ぎすます心理効果があります。勘が鋭くなることで、環境の変化に敏感になり素早く対応できます。 先の予測ができるため、円滑に物事を進めることができます。

紫色が与えるその他の心理効果

紫

紫色は相反する赤と青が混ざった色のため、複雑な心理状態を表す色と言えます。紫色は激しいイメージの赤と、静かなイメージの青色の2つの要素があり、人に与える心理効果は様々です。また、紫色は精神的な意味を持ち、現実離れした神秘的な色と言えます。

紫色が与えるその他の心理効果

  • 催眠効果
  • 直観力が冴える
  • ひらめきが鋭くなる
  • 性的なものを感じさせる
  • 情緒不安定
  • 現実逃避
  • 高貴で優雅
  • リラックス効果
  • 孤独
  • 不吉

下の記事はパープルに合う色7色!紫と相性のいい女性の服装・トップスコーデ35選を紹介しています。パープルのコーデで悩んでいる人は必見です!

紫色が好きな人の特徴・心理【性格・特徴】

紫色が好きな女性の性格の特徴①気品がある

気品

紫色が好きな女性の性格の特徴1つ目は気品があることです。紫色を好む人は、気品を備えた人柄の持ち主が多く、立ち振る舞いまで気品にあふれています。下品なことや節度を欠くことは避けて通ります。また、紫色のオーラがある人は、カリスマ性がある人と言われています。

紫色が好きな女性の性格の特徴②プライドが高い

プライド

紫色が好きな女性の性格の特徴2つ目はプライドが高いことです。自信家が多く、自分の意見を曲げてまで人に合わせようとしない人が多いようです。その様子からプライドが高い印象を持たれてしまうようです。

紫色が好きな女性の性格の特徴③美意識が高い

美意識

紫色が好きな女性の性格の特徴3つ目は美意識が高いことです。紫を好む人は美しいものが大好きであり、ファッションセンスが高い人が多いようです。自分磨きも手を抜かず、ファッションへのこだわりも人一倍強いおしゃれな人です。

紫色が好きな男性の性格の特徴①気難しい

気難しい

紫色が好きな男性の性格の特徴1つ目は気難しいことです。紫好きな人は人から指図されることを嫌い、人とつるむこともせず一人で行動することが多いような人です。また、他人に理解してもらえない一面を持っているため、気難しい人と思われ、自分の殻に閉じこもりがちです。

紫色が好きな男性の性格の特徴②芸術家肌

芸術家

紫色が好きな男性の性格の特徴2つ目は芸術家肌で繊細な人です。紫色を好む人は、スピリチュアルや宗教的なものに興味がある可能性が高いです。また、芸術的な感性が優れているため、アートに関連する職種に適正があり、芸術関連の仕事につくと才能が開花するでしょう。

紫色が好きな男性の性格の特徴③個性が強い

個性が強い

紫色が好きな男性の性格の特徴3つ目は、個性が強いということです。スピリチュアルな世界に魅力を感じ、個性的でミステリアスなイメージを持たれます。常に人とは違う自分でいたいと思っていて、自分の威厳を保つことが何より大切だと思っています。また、とても向上心が強い人です。

下の記事は芸術家肌・タイプの性格・特徴や恋愛傾向13選を紹介しています。天才肌と職人肌の違いは何かなど、とても参考になりますよ!

紫色が好きな人の特徴とは?【仕事・職業】

紫色が好きな女性の仕事に対する姿勢・心理は?

女性

紫色が好きな女性は神秘的で高尚なものに興味を惹かれる傾向があります。人とは違う何かを見つける能力があり、芸術的センスに長けています。自分の力で美しいものを作り出す力があり、刺激を求めているため芸術関係の仕事に魅力を感じています。

紫色が好きな女性の適職一覧

ピアノ

紫色が好きな女性は、圧倒的に自己表現の出来る芸術方面の仕事が適職です。どちらかと言うと、共同作業よりも一人でする仕事を好みます。

紫色が好きな女性の適職一覧

  • 芸術家
  • 日本舞踊家
  • 音楽家
  • 哲学家
  • 占い師
  • 神職
  • インテリアコーディネーター
  • カラーアナリスト
  • 邦楽家
  • ピアニスト

紫色が好きな男性の仕事に対する姿勢・心理は?

芸術

紫色が好きな男性は気難しく感性豊かな人です。自分は人とは違うと常に感じていたいタイプで、威厳を保つことに熱心です。高い地位にあこがれていて威厳を保ちたいと思っています。また、物事にのめり込みやすい傾向があります。文化に興味がある芸術家タイプです。

紫色が好きな男性の適職一覧

画家

紫色が好きな男性は、芸術家が圧倒的に多いです。文化的なものに関心がある人が多く、威厳や地位に憧れを感じていて、自分が好きなことをとことん追求します。それらが自然と相手への奉仕につながるような、僧侶などの神職や占い師も適職です。

紫色が好きな男性の適職一覧

  • 邦楽関係の芸術家
  • 歌舞伎役者
  • 華道家
  • 茶道家
  • 日本画家
  • 神職
  • 占い師
  • 服飾デザイナー
  • 牧師
  • 画家

下の記事はパープルに合う色7色!紫と相性のいい女性の服装・トップスコーデ35選を紹介しています。コーディネートの参考にして下さい。

紫色の服を着た人の心理的変化と周りに与える心理的効果は?

紫色の服を着た人の心理的変化①物事を深く考える

紫色の服を着た人の心理的変化1つ目は、物事を深く考えるようになるということです。物事を深いところまで探求することをサポートしてくれます。哲学的、芸術的な考え方から、悩みや困難を解決してくれます。

紫色の服を着た人の心理的変化②心が落ち着く

紫色の服を着た人の心理的変化の2つ目は、心が落ち着くことです。紫色には心を落ち着かせる働きがあります。仕事で一息つきたい時など、紫色を見ると穏やかになります。クローゼットから無意識に選んだ服が紫色の場合、精神的に疲れている状態かもしれません。

紫色の服を着た人の心理的変化③感性が研ぎ澄まされる

紫色の服を着た人の心理的変化の3つ目は、感性が研ぎ澄まされることです。頭で論理的に物事を考えがちな人に、直感力や感覚で物事を決めさせてくれる色です。アイディアを求められた時や、何か新しいことをひらめきたい時におすすめの色です。

紫色の服の周りに与える心理的効果①知的な美しさを感じさせる

カップル

紫色の服の周りに与える心理的効果の1つめは、知的な美しさを感じさせることです。紫色は神秘的で精神性の高い色です。昔から地位の高さを象徴する色であり、気持ちに訴えかける作用が他の色よりも高いです。紫色は元々その人が持っているイメージを更に際立たせてくれる効果があります。

紫色の服の周りに与える心理的効果②下品さを感じさせる

喧嘩

紫色の服の周りに与える心理的効果の2つめは、下品さを感じさせることです。紫色の服の人を見て、気品さを感じた場合は、自分は今プラス思考な時と言えます。また、反対にちょっと下品さを感じてしまった場合は、ネガティブ思考に陥っている状態だとわかります。紫色の服は見ている人の心理的な状態で印象が変わります。

紫色の服の周りに与える心理的効果③リラックスさせる

運転する男性

紫色の服の周りに与える心理的効果の3つ目は、リラックスさせることです。紫色は緊張や不安を解消させる心理的効果があるため、相手が人見知りの場合でもリラックスさせてしまう効果があります。

下の記事は洋服の色でわかる性格と心理を紹介しています。紫の服を好む人は、どんな性格でどんな深層心理があるのかを解説しています。

紫色が好きな人は感受性豊かな人!

紫色の心理的意味・イメージ8つをご紹介しました。紫色をファッションに取り入れると、女性はよりエレガントに、男性はミステリアスな雰囲気になります。紫色が好みの人は感性が豊かな人と言えます。深層心理に働きかける紫色は、感受性が豊かな人に愛される色です。紫色の御利益はまさに美しさと感性と言えるでしょう!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。