Large thumb shutterstock 574717297

ミルクティーブラウンの髪色の画像10選|ブリーチなし/明るめ/アッシュ

更新:2019.06.21

ミルクティーブラウンの髪色って聞いたことありますよね。一言で、ミルクティーブラウンと言っても様々です。画像でブリーチなしや明るめ・暗めなど色々な種類のミルクティーブラウンをご紹介していきたいと思います。この記事を読んだらきっとミルクティーブラウンの髪色にしたくなること間違いなしですよ!



「ミルクティーブラウン」ってどんな髪色?

ミルクティーブラウンとは紅茶にミルクを入れた柔らかいカラー

ヘアメイクをする女性

ミルクティーブラウンがよく分からないという方は多いと思います。ミルクティーブラウンはその名の通り、紅茶にミルクを入れたような柔らかいカラーです。ブラウンより透明感が出るため、思わず触りたくなるようなふわふわとした優しい印象に仕上がります。日本人特有の赤みや黄みが弱まり落ち着いた印象の髪色になります。

ミルクティーブラウンはトレンドの髪色

髪を吹く女性

ここ最近は赤みや黄みを消したアッシュなどの透明感がありくすんだカラーが人気ですが、ミルクティーブラウンも赤みや黄みを抑えることができ今年注目のカラーです!カラーの入れ方によっては、暗くしたり明るくしたりする事ができるので自分好みのミルクティーブラウンに染めてみるのはいかがですか?

ミルクティーブラウンの髪色の画像10選

画像で紹介!この夏オススメの明るめミルクティーブラウン

こちらは紅茶多めのミルクティーブラウンです。光に当たった時の透け具合がステキです!外国人風の髪色でとってもおしゃれに見えますね。オシャレ感UPで、他の子と差をつけましょう!

明るめの髪色ですが透明感たっぷりのカラーなので、巻いたところに光がところどころ当たってとっても綺麗です。毛先だけゆるく巻いた髪の毛が、ミルクティーブラウンの髪色とマッチしていて、とっても可愛いですね。

ミルクティーのようなヘアカラーは、明るい透け感が魅力的です。白いTシャツとも相性抜群です!シンプルなTシャツもミルクティーブラウンカラーで、グンとオシャレに見えます。

巻き髪×ミルクティーブラウン


ハイトーンのミルクティーブラウンです。透明感があって、柔らかい雰囲気が素敵です。ミルクティーブラウンは絶妙な透明感を出すことが出来るので、柔らかい印象にしたい方や髪を重く見せたくない方にオススメのヘアカラーです。

こちらはハイトーンのミルクティーブラウンです。黄みや赤みが抑えられているため外国人風の髪色に仕上がっていてとても綺麗です。また、ランダムに巻いた髪とも相性バッチリです。ミルクティーブラウンは明るめにしても透明感が残るのでおすすめです!

今回はハイトーンの夏におすすめミルクティーブラウンをご紹介しましたが、ミルクティーカラー以外にも夏におすすめのヘアカラーが気になる方は以下の記事も一緒にチェックしてみて下さい。

明るい髪色が出来ない方には落ち着いた印象の暗めミルクティーブラウン!

明るめのミルクティーブラウンとは打って変わって、落ち着いた印象の暗めのミルクティーブラウンです。この画像の髪色なら「明るく染めれない」という方もミルクティーブラウンに挑戦できますね。ゆる〜く巻いた髪の毛がより一層大人っぽさをUPさせてくれます。

ミディアムヘアのミルクティーブラウンです。程良く透け感があって、暗い髪色ですが全く重く見えませんね。ミルクティーブラウンは暗めにしても透け感が残るので、「暗くしたいけど重たくなりたくない。」という方にオススメの髪色です。

ストレートヘアで清楚感アップの髪です。男の子ウケ間違いなしのミルクティーブラウンカラーです。巻いても可愛いですが、ストレートヘアも可愛いですね。ミルクティーブラウンの透明感+ストレートヘアで守ってあげたくなる女の子になれますよ。

清楚感UP!ストレート×ミルクティーブラウン

こちらの髪色はブリーチした髪に濃いめのミルクティーブラウンを入れた、ブラウン多めのミルクティーです。ブリーチして濃いめに色を入れると退色も楽しめるのでおすすめです。色落ちの後の髪色が気になるという方は、ブリーチをしてみるのもいいと思います。


こちらの画像はストレートの暗め、ミルクティーブラウンです。地毛に近いような髪色ですが、地毛よりもオシャレ感がある髪色です。ミルクティーブラウンにすることで地毛にはない透明感を出すことができます。

就活や仕事の都合で明るく出来ない方は暗髪がおすすめです。黒髪風の暗髪ヘアカラーに興味のある方は以下の記事もご覧ください。

ブリーチなしで出来るミルクティーブラウンの髪色は?

ブリーチなしのミルクティーブラウン①明るめカラーもできる

ブリーチなしのミルクティーブラウンカラーです。明るめですが、ブリーチなしでもこの髪色に出来ますよ!透け感もあってとっても可愛いです。「ブリーチはなるべく避けたい」という方には嬉しいですね。

ブリーチなしのミルクティーブラウン②赤みを抑えられる

こちらもブリーチなしのヘアカラーです。日本人特有の赤みが抑えられていて、透明感のある綺麗なカラーに染まっています。画像の方のようにブリーチなしでも十分綺麗な髪色になれますよ!ぜひミルクティーブラウンを試してみて下さい!

ブリーチなしでできる髪色は他にもたくさんあります。「どうせブリーチでしょ。」と諦めないで下さい!ブリーチなしでも理想の髪色に近づくことは出来ますよ。以下の記事を参考にして下さい!

ミルクティーブラウン以外のミルクティーヘアカラーは?

ブラウン系以外にも可愛いミルクティーカラーはたくさんあります!

笑顔の女性

ミルクティーブラウン以外にもピンクミルクティー・ミルクティーアッシュ・透明感のあるミルクティーなどミルクティーにはたくさんの種類があります。気に入ったミルクティーカラーを見つけて、ミルクティー色に染めてみてはいかがですか?


ピンクミルクティー

ほんのりピンクがかったピンクミルクティーです。画像のようにピンクを入れることで可愛い印象が強くなり、小悪魔っぽい雰囲気がありますね。ピンクミルクティーで小悪魔っぽくなって男の子を翻弄させましょう!

こちらの画像の髪色はかなり明るめのピンクミルクティーです。まるで絵本の中から飛び出してきたようで、とっても可愛いです!少し勇気がいるかもしれませんが、今年の夏チャレンジしてみてはいかがですか?きっとみんなに一目置かれること間違いありません!

ミルクティーアッシュ

こちらはブリーチなしのミルクティーアッシュです。ブリーチなしとは思えない程の透明感です。顔周りにはたっぷりとレイヤーを入れて、後ろに重みを残したスタイルでより軽い印象に仕上がってます。

前下がりボブのミルクティーアッシュです。毛先が切り揃えられたボブですが髪色のおかげで重く見えなく、オシャレに見えます。パッツンボブは暗い髪にするとどうしても重く見えてしまうので、アッシュを入れて軽く見せるのはいかがですか?

透明感のあるミルクティーカラーの髪色

透明感抜群!のミルクティーカラーです。思わず触れたくなる様な透け感がミルクティーカラーならではです。ミディアム×外ハネでオシャレ度UPです!

こちらは触れたら消えてしまいそうなほど透明感のあるミルクティーカラーです。さらさストレートな髪が”THE 清楚”な雰囲気を醸し出しています。後ろ姿だけでも美人オーラが漂っています!

ミルクティーカラーは今回ご紹介した以外にもたくさんの種類があるので、気になる方は以下の記事もチェックしてみて下さい。きっとお気に入りのヘアカラーが見つかりますよ!

自分でミルクティーブラウンの髪色に染められる市販のカラー剤は?

オススメ!市販のヘアカラー剤

花王のプリティア泡カラーです。ふんわり甘めの柔らかいブラウン系のカラーで、お家でも簡単にミルクティーブラウンに染められますよ!もっちり濃密泡で根元も毛先もムラなく染められます。初めて自分で染めるという方には、失敗が少なく染められるのでオススメです!

セルフカラーが初めてでよくわからない・不安という方は以下の記事をチェックして、勉強してからセルフカラーに挑戦してみて下さい。

髪の毛のダメージを軽減!市販のヘアケアアイテム

カラーにダメージは付きものです。せっかく綺麗にカラーが入っても、髪が痛んでいたら可愛い髪色も台無しです。カラーをした後は丁寧にヘアケアをして、髪の痛みを最小限に押さえましょう。

パンテーンのトリートメントは髪のお悩み別に種類がわかれていて、その中でもダメージで悩んでいる方用のエクストラダメージケアシリーズのトリートメントがカラー後のヘアケアにオススメです。ふんわり甘い花々に爽やかな果実を散りばめた香りで、毛先までダメージを忘れたワンランク上の髪にしてくれます。

次にご紹介するのは、イオクリームメルトピアのトリートメントです!内面から輝きで満たされる髪へ導くヘアトリートメントです。ローズクリーンの香りでうるうるでしっとりした、サロン帰りの髪質になれますよ。ヘアケア用品は他にもたくさんあるので詳しく知りたい方は以下の記事を参考にして下さい。

ミルクティーブラウンで可愛いを手に入れましょう!

ヘアメイクをする女性

今回ご紹介したように透明感があってふわふわした印象の明るいミルクティーブラウンや大人っぽく、清潔感がある暗めのミルクティーブラウンまで種類豊富でブリーチ無しでも十分可愛いヘアカラーです。柔らかい印象を与えてくれため、どんな方にもあう髪色です。次の髪色はミルクティーブラウンにしてみませんか?

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。