INDEX

赤い服を着る女性の心理12選

【赤い服を着る女性の心理】1.目立ちたい

赤い服

情熱の赤と言われるように、赤い色を好む女性には情熱的なタイプが多いようです。活発で自己主張が強いため「人よりも目立ちたい」という心理があります。目立ちたいという気持ちをわかりやすく表に出す女性もいれば、一見おとなしそうに見えて内に情熱を秘めている女性もいるので、見た目は人それぞれと言えるでしょう。

【赤い服を着る女性の心理】2.やる気を出したい

やる気

服の色は、着る人の心の状態を表します。好んで赤い服を着る女性は「やる気に満ち溢れた女性」と言えるでしょう。心理学的に、赤にはアドレナリンを分泌させて気持ちを昂らせる効果もあるので、特に仕事の会議の日や、スポーツなどの勝負の日に赤い服を着るといいでしょう。やる気をアピールし、良い結果に繋げてくれます。

また、やる気を出したい時に、あえて赤い服を着る女性もいます。「何だか今日はやる気が出ない」なんて日は、赤いアイテムを身に着けることで、気持ちを高めてくれて1日を頑張れるやる気を奮い起こしてくれますよ。

【赤い服を着る女性の心理】3.元気を出したい

元気

赤は太陽や火をイメージさせる「エネルギーの源」の色です。したがって好んで赤い服を着る女性は、活発でエネルギーに満ち溢れた女性が多いでしょう。また、赤が好きな女性は、比較的に自己主張の強い方が多いので、元気さやエネルギーを周りにアピールしたいという気持ちの表れかもしれません。

逆に、仕事や私生活で落ち込んで元気を出したい時に、赤い服を着る女性もいます。活発的な印象を与える赤い服を身に着けることで、アドレナリンを分泌させて活力を与えてくれます。エネルギーを感じさせるアクティブな色なので、元気を出したい時のファッションアイテム選びに、赤はおすすめの色です。

【赤い服を着る女性の心理】4.自分の女っぷりを上げたい

色気

女性にとって「赤」は特別な色。赤い靴や赤いネイル、赤いリップなど、色気のある女の象徴のようなイメージがあります。ですので自分の美意識を上げたいと思っている時に、赤い服を着て自分の女っぷりを上げます。赤の色には、女性を綺麗に見せてくれる魔性の色ですね。

赤色の効果を理解している女性は特に、美意識を高めたい時や自分の美に自信が持てない時などに、赤い服を着て気分を上げます。赤いアイテムを身に着けることで、不思議と話し方や仕草まで女性らしくなりませんか?美しさや色気に繋げてくれる赤い色は、使い方次第で女の武器になります。

【赤い服を着る女性の心理】5.周りに魅力的に見られたい

魅力的

赤の色は「欲望を刺激する色」と言われています。色気のある色というイメージがありますが、女性が赤い服や赤い口紅を選ぶ理由には、自分の魅力を周りに伝えたい、魅力を感じてほしいという心理的な表れでもあります。靴やバッグなどのワンポイントのアイテムではなく、一番に目に入る服を選ぶことから強い思いを感じます。

周りに魅力を伝えたいという、強い自己主張から赤い服を選ぶ可能性は大きいでしょう。この効果は絶大で、女性を魅力的に見せてくれるほかに、赤には人の関心を引き寄せてくれるので、周りに魅力が伝わりやすくなります。

【赤い服を着る女性の心理】6.野心家

恋愛

赤を好む人には、積極的で野心家な女性が多く、目標に向かって何が何でも勝ち抜くというタイプです。赤色はパワーを与えてくれる力強い色。アドレナリンを分泌させ闘争心を駆り立てる色なので、目標に向かって突き進みたい時や、何としても手に入れたい仕事や男性がいれば、赤い服を着ると効果的とも言えます。

【赤い服を着る女性の心理】7.自信を演出したい

自信

赤い服を好む女性は、決断が早く行動力がある人が多いため「仕事ができる女性」とも言われています。指導者に向いているため、責任のある仕事を任されやすいでしょう。これは男性にも共通して言えます。現アメリカ大統領のトランプ氏もそうですが、アメリカの選挙演説の時に赤色のネクタイが一番多いのは有名な話です。

そのため、仕事で大事なプレゼンがある時など「自信を演出したい」ときに赤い服を着ると効果的です。人は五感の中でも視覚から入るものに影響されやすく、赤は積極的でエネルギーに溢れた印象を相手に与えることもできるので、ビジネスシーンにも役立ちます。

【赤い服を着る女性の心理】8.積極的になりたい

積極的

赤を好む女性は、自己主張が強く積極的な女性が多いです。赤にはアドレナリンを分泌させて興奮を促す効果があるので、エネルギーに満ち溢れています。見た目ではわからないこともありますが、仕事や恋愛でもいわゆる「肉食系」の女性が多いでしょう。何事にも臆せず立ち向かい、目的を達成することができます。

逆に「今よりももっと積極的になりたい」と思っているときに赤を身に着ける女性もいます。赤には活力を与えてエネルギッシュな気持ちにしてくれる効果があるので、身に着けた女性に積極性を与えてくれます。内気な女性は、突然積極的な女性にはなれませんよね。もしも積極性が必要な場面があれば、赤の効果を試してみては?

【赤い服を着る女性の心理】9.外にエネルギーを発散したい

エネルギー

赤は太陽や火などの、熱いエネルギーを感じさせるアクティブな色です。赤を好む女性は活発でポジティブな女性が多いため、赤い服を着る女性は、自分の内にあるエネルギーを外に発散したいという心理的な表れでもあります。また、外交的な人が多いので積極的に外の世界と関わりを持ちエネルギーを吸収します。

比較的にアクティブな女性は、自分の中のエネルギーを発散して新しいエネルギーを外から取り込む、言わば「エネルギーの循環」がとても上手です。

【赤い服を着る女性の心理】10.刺激が欲しい

刺激

エネルギーを発散したいとは逆に、赤い服を身に着ける時は「外からの刺激が欲しい」という心理の表れでもあります。赤を好む女性は、外からの刺激を自分のエネルギーに変えることが上手で、刺激を求めて積極的に人と接したり、臆することなく新しい環境に足を踏み入れることができます。

また、少しせっかちな面があり単調なことが苦手なので、何事にも刺激や変化を好む傾向にあります。向上心も高いので、穏やかな恋愛よりも刺激的で自分が成長できる恋愛を好みます。

【赤い服を着る女性の心理】11.ロマンティックな気分

ロマンティック

ロマンティックな気分になれるイルミネーションやムードのある照明を使ったバー、秋の紅葉など、カップルのデートスポットには「赤」に関わる場所が多いと思います。赤は性と深く繋がりがある色。それだけ赤には、女性の気分を高揚させてロマンティックな気分にさせる心理的な効果があります。

好んで赤い服を着る女性は、今恋愛関係にある状態か、恋に落ちやすい状態と言えるでしょう。こうした効果をうまく使えば、カップルのマンネリを防いでくれたり、告白の背中を押してくれたりと、赤という色は恋愛においても効果抜群です。

【赤い服を着る女性の心理】12.性的興奮

恋愛

赤には感覚神経を刺激して、アドレナリンを分泌させるので性的興奮を促す効果があります。ですので赤を好む女性は、性的魅力のある女性が多いでしょう。また赤い服を着ることで、性的魅力を高めてくれる効果があるので、女性の勝負服にはピッタリです。もしデートの日に女性が赤い服を着ていたら、進展を期待していいかも。

下の記事では、赤のアイテム「スカート」のおしゃれな着こなしやコーディネートをご紹介しています。季節別にわかりやすくご紹介していますので、こちらも合わせてご覧ください!

Small thumb shutterstock 587612480
関連記事 赤いスカートで春夏秋冬のコーデを作る!華やかさを着こなして!

赤いスカートは華やかでとっても女性らしいアイテム!しかし、派手に感じて

赤色が与える心理的効果は?

時間の経過を早く感じさせる

時計を見る女性

同じ1時間でも、暖色系の赤い部屋と寒色系の青い部屋とでは、人が受け取る時間の感覚が変わってきます。赤には時間の経過を早く感じさせる効果があり、実際に40分しかたってなくても、1時間たったように感じさせるのです。これは、活動的になる赤の興奮効果から時間感覚が早くなるようです。

赤には時計の針を遅らせる効果があるので、ファストフード店などでも活用されています。ゆっくり利用したという満足感を与えながら、回転率を高められるからです。ただ、赤い空間で待ち合わせる時は、少しの待ち時間でもすごく待っている気持ちになるので、遅刻には注意しましょう。

注意を引き付ける

救急車

赤の色は、主張が強い色です。人の注意を引きつけることができるので、緊急や禁止、注意の色としても使われます。信号や消防車・消火器・パトカーや救急車の回転等などの緊急を知らせる色として、普段よく見かけますよね。車のブレーキランプも、速度を落としたという変化を素早く反応するための危険察知に直結します。

購買意欲を掻き立てる

買い物

赤は注目を集められる色なので、広告や商品パッケージにも多用されます。販売色・購買色と言われ、バーゲンには欠かせない色となっています。赤を使っているかどうかで宣伝効果や売り上げに大きな影響があります。色の御利益は、成功・合格・達成ということもあり、広告業界では特別重宝されています。

下の記事は、毎日のコーディネートにも役立つ「補色の組み合わせ」についてわかりやすくご紹介していますので、合わせてご覧ください!

Small thumb shutterstock 521347525
関連記事 補色とはどういうもの?赤や青、緑や黄色など色の組み合わせなどを解説!

赤や青、緑や黄色など、補色の組み合わせでインパクトのあるコーディネート

赤い服を着たときに起こる心理的変化は?

エネルギッシュになれる

エネルギッシュ

赤は太陽や火などを連想させる暖かい色。赤い服を身に着けることで、アドレナリンを分泌させて気持ちを昂らせてくれるので、エネルギッシュになれる心理的効果があります。人は赤い色を見るだけで、心拍数が上がったり体温が上がるなどの身体的な変化もあるので、心と身体の両方に活力を与えてくれます。

赤い色には良い点がたくさんありますが、一方で人によっては攻撃的になったり、目立ちたがりと思われてしまうことも。服や靴、ネイルなどすべてを赤ばかりにしてしまうと、赤は逆効果になってしまいます。赤を取り入れるバランスも重要でしょう。

積極的で前向きになれる

前向き

赤にはエネルギッシュにさせてくれる効果があるので、赤い服を着ることで積極的に活動できて、前向きな思考になれる心理的効果があります。また、やる気を持続させて、集中力を高める色なので、前向きに何かに取り組みたい時におすすめの色です。燃え上がる炎のように、自ら奮い立ち行動していくパワーを与えてくれます。

情熱的な愛情を引き出す

情熱的

「情熱の赤」と言われるように、赤い服を着ることで自分の中の情熱的な愛情を引き出してくれる心理的効果があります。また、女性の気分を高揚させてロマンティックな気分にもさせてくれるので、男性に自分の熱い思いを伝えたい時や、恋愛を進展させたい時には赤い服がおすすめです。

男性から女性に花を贈るとき、赤いバラで愛の告白をする場面を映画などでもよく目にしますよね?赤いバラの花言葉には、愛情・情熱・美・あなたを愛しますという意味があります。また、赤いチューリップの花言葉は「愛の告白」です。花言葉にも表れているように、赤には愛情や情熱と深い繋がりがあります。

下の記事では、色別に女性ファッションジャンルを徹底分析しています。わかりやすく系統別スタイルをご紹介していますので、ご参考にされてみてはいかがでしょうか。

Small thumb shutterstock 403541875
関連記事 色別女性ファッションジャンルを徹底分析!あなたは何系統?種類別に復習

今回のテーマは女性の『ファッションジャンル。』今や◯系統など何に対して

赤い服を着るとモテる理由は?

目をひきつけて強い印象を残す

恋愛

色彩心理でも赤は「人の目を引き付ける色」と言われています。紅一点という言葉通り、赤い色が一つあると、一瞬で人の目を引き付けてしまいます。これは、男性の本能に「赤は魅力的」という滞在意識が組み込まれていて、赤い服を着ている女性に目を奪われてしまうとされています。一瞬で強く印象を残す魔性の色ですね。

しかし、人の目を引き付けるという点では、相手が男性に限らず女性も同様です。女性からの目線も引き付けますが、同性から見た赤い服を着た女性は「派手好き」や「セックスが好きな人」というマイナスの印象を与えてしまいます。赤い服を着る時は、場所とタイミング、そして赤のバランスに注意しましょう!

女性の魅力を増強させる

綺麗な女性

心理学者によって証明された「ロマンティックレッド」。赤は男性から見た女性の魅力を30%も増強させる効果があると、欧米の科学ジャーナルが論文を発表しました。同じ女性でも、赤い服と別の色の服とでは、赤い服を着ているときの方が魅力的と感じる男性が多いという実験結果が出るほど、男性に対しての効果は絶大です。

動物の世界では、赤は繁殖や性の色として有名です。動物が繁殖期になると体の一部が赤くして異性を引き寄せるように、男性には本能的に赤い服を着た女性に性的魅力を感じ、近づきたいという心理状態になるようです。赤い服を着るだけで、これだけのモテ効果があるのですね!

下の記事では、モテる女性の特徴と今すぐ試せるモテる極意をご紹介しています。女性のモテテクを詳しくご紹介していますので、こちらも合わせてご覧ください!

赤い服を着た女性を見た時の男性心理は?

【赤い服を見た男性心理】魅力的に見える

魅力的

まず赤い服は、人の目を引き関心を引き付けるため、他の色の服の女性と比べて目立ち、男性は赤い服の女性に関心を寄せます。また、心理的にロマンティックな気分にさせたり興奮状態にさせる効果もあり、その女性のことを魅力的に感じるようです。これは、赤いリップや赤いマニキュアなどでも同じ効果があります。

【赤い服を見た男性心理】温かい印象を受ける

優しい

赤はオレンジに近い暖色系の色です。そのため、男性は黒など他の色の服を着た女性と比べて、赤い服を着た女性の方が性格的に温かい印象を受けるようです。例えば、女性が1人でバーに飲みに行く場合、赤い服で行った時の方が、男性から話しかけられる回数が圧倒的に多くなります。

これは、男性の近づきたいという心理を、優しく受け入れてもらえてもらえそうな印象を受けるからだそうです。赤の色は、情熱や炎などの攻撃的なイメージだけではないようですね。

【赤い服を見た男性心理】性に開放的に感じる

男女

赤いリップや赤い下着と聞くと、必然的にセクシーな美人を想像しますよね?男性も同じで、赤には色気やセックスをイメ―ジするようです。赤の色に性的興奮を感じる男性から見て、赤い服を着た女性は「セックスに対して開放的に感じる」男性が多く、これは心理学者の研究でも証明されています。

理由は、赤い服を着た女性に対して、情熱的で性的に興奮した状態をイメージするからだそうです。そのため、デートの時に相手の女性が赤い服を着ていると、男性は「カラダを許してくれているサイン」と受け取ります。女性にとってここぞというデートの時は、あえて赤い服を着て行くと恋愛成功率がかなり高くなるでしょう!

下の記事は、男性が女性に見せる好意のサインと男性の心理について詳しくご紹介しています。今までわからなかった男性の心理がわかるかも?ぜひ合わせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 226435555
関連記事 男性が女性に見せる好意のサイン19選!男性心理を見極めるには?

男性が女性に見せる好意のサイン19選では、男性が女性に対して好意を持っ

赤い服の効果をうまく使いこなそう!

男女

いかがでしたか?今回は「赤い服を着る女性の心理12選」と「赤い服がモテる理由&見ている男性の心理」をご紹介しました。赤の魅力がわかりましたね!残念ながら、同性にはイメージの悪い色ですが、場所やアイテムを考えて赤の色を上手に使いこなせば、あなたをより魅力的に見せてくれますよ!

下の記事は、赤い色についての「夢占い」の記事です。夢に赤い色が出てきた時には意味や現実世界に対するサインがありました!こちらの記事も合わせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 444607324
関連記事 【夢占い】赤の夢の意味15選!赤色・赤い服は欲求不満の表れ?

たくさんある色の中でも特に目立つ赤色は現実の世界では危険や警告を示す色

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。