INDEX

一般的なフランクフルトのカロリー・糖質

①カロリーはやや高め

ソーセージとハーブ

一般的に、フランクフルトのカロリーはやや高めという感じです。100gあたり約298kcalという数値が基本となります。コンビニのホットスナックの中で比較すると、アメリカンドッグより低く、唐揚げ系と同じくらいというカロリー量ですね。

ただし、ジャンボサイズのフランクフルトになると、ホットスナックの中でもトップクラスのカロリー量となるので注意が必要です。コンビニで販売されているサイズも考慮しながら、ダイエットに役立てましょう。

②糖質は糖質制限できるほど低め

色々なソーセージ

フランクフルトは、基本的に糖質が低いタイプの食べ物です。材料のほとんどが肉なので、タンパク質が高く、炭水化物量が低いという特徴を持ちます。糖質は炭水化物から食物繊維を除いたものとされているので、炭水化物量が低いほど、糖質が低いことになります。

一般的なフランクフルトの糖質の量は、100gあたり約6.2gという低さです。食べ物全体で見ても、かなり低い数値となるため、糖質制限ダイエットにも使えると言われています。

フランクフルトと糖質制限ダイエットの関係は、こちらの記事で詳しく説明されています。糖質制限中でも食べても良い食べ物が、フランクフルト以外にも紹介されているので興味のある方は、目を通してみましょう。

Small thumb shutterstock 533084080
関連記事 ケトン体質とは?糖質制限のダイエット効果やメリット・デメリットを徹底解説!

ケトン体質とは痩せやすくなる体質のことです。糖質制限をするとケトン体質

セブンイレブン|フランクフルトのカロリー・糖質

セブンイレブン①種類

セブンイレブンの看板

セブンイレブンのフランクフルトは、2種類あります。1本159円(税込)の「BIGポークフランク」と、108円(税込)の「燻製あらびきフランク」ですね。

大きさを比較した場合、「BIGポークフランク」は100gほどのサイズで、「燻製あらびきフランク」はそれよりも小さめになっています。それぞれのサイズの違いが、カロリーや糖質量にも影響してくるので注意してくださいね。

セブンイレブン②カロリー

フランクフルト

セブンイレブンのフランクフルトは、「BIGポークフランク」が336kcal、「燻製あらびきフランク」が200kcalというカロリー量になっています。フランクフルトのサイズが、カロリー量に直結していますね。ダイエット中は、「燻製あらびきフランク」を選ぶようにしましょう。

セブンイレブン③糖質

お好み焼きとソーセージ

セブンイレブンのフランクフルトの糖質をチェックすると、「BIGポークフランク」の糖質は7.5g、「燻製あらびきフランク」は糖質0.9gという数値になります。セブンイレブンの2種類のフランクフルトの糖質を比較すると、大きな差があることが分かりますね。糖質制限に向いているのは「燻製あらびきフランク」です。

ローソン|フランクフルトのカロリー・糖質

ローソン①種類

ローソンの店舗

ローソンのフランクフルトは、150円(税込)で販売されている「ジャイアントポークフランク」の1種類だけです。重量100gというキリのいいサイズで、ペッパーの風味が効いている商品ですね。セブンイレブンの「BIGポークフランク」に匹敵するジャンボサイズとなっています。

ローソン②カロリー

バーベキュー

ローソンの「ジャイアントポークフランク」は、1本あたり310kcalというカロリー量になります。1本が100gサイズであることを考えると、一般的なカロリー量よりも、やや高めですね。コンビニのフランクフルトは揚げ物なので、焼いた物と比較すると、油の分だけ高くなっている可能性があります。

ローソン③糖質

網の上のソーセージ

ローソンの「ジャイアントポークフランク」の糖質は、公式では発表されていません。明記されているのは、炭水化物の量だけですね。炭水化物7.7gとされています。

セブンイレブンの「BIGポークフランク」の場合、炭水化物7.6gで食物繊維が0.1gであったことから、糖質7.5gと判断されていました。セブンイレブンの炭水化物の量と比較すると、大きな違いはないので、ローソンの糖質も7.5gに近いものになると考えられています。

ファミリーマート|フランクフルトのカロリー・糖質

ファミリーマート①種類

ファミリーマート

ファミリーマートで取り扱っているフランクフルトは、154円(税込)の「ジャンボフランク」と、178円(税込)「チーズフランク」の2種類があります。

「ジャンボフランク」は、セブンイレブンの「BIGポークフランク」やローソンの「ジャイアントポークフランク」に匹敵するサイズですね。1本あたり100gとなっています。

「チーズフランク」は3種類のチーズをブレンドした、プロセスチーズが加えられている商品です。フランクフルトに加えられたチーズが、どのようにカロリーと糖質に影響するのかが気になりますね。

ファミリーマート②カロリー

ファミマ商品

ファミリーマートの「ジャンボフランク」は、1本あたり297kcalというカロリー量になっています。他のコンビニのフランクフルトと比較しても、100gのジャンボサイズとしては低めのカロリー量になっています。

「チーズフランク」は、1本あたり278kcalです。「ジャンボフランク」よりサイズは小さいのですが、カロリー量が近いですね。生地に加えられたチーズの影響が出ていると考えられています。

ファミリーマート③糖質

フランクフルト

ファミリーマートの「ジャンボフランク」の糖質は、1本あたりの炭水化物量が5.6gであることから、低めであると言われています。「チーズフランク」の場合は炭水化物が8.3gと、「ジャンボフランク」よりも高めですね。糖質に関しても、チーズの影響が出ていると考えられます。

ミニストップ|フランクフルトのカロリー・糖質

ミニストップ①種類

ミニストップ

ミニストップで取り扱っているフランクフルトは、130円(税込)の「フランクフルト」と、170円(税込)の「ベーコン巻きフランク」の2種類があります。通常のフランクフルトはもちろんですが、肉に肉を巻きつけた「ベーコン巻きフランク」は、カロリー量がとくに気になる商品ですね。

ミニストップ②カロリー

ミニストップ商品

ミニストップの「フランクフルト」は、1本あたり270kcalとなっています。グルグル巻かれたベーコンが気になる「ベーコン巻きフランク」は、1本あたり230kcalです。ベーコンを使用していても、カロリー量は意外に少ないことが分かります。

ミニストップ③糖質

お皿の上のソーセージ

ミニストップの「フランクフルト」は、炭水化物量が4.7gとなっています。「ベーコン巻きフランク」に至っては炭水化物量3.1gなので、どちらも比較的、糖質が低いことが分かります。糖質制限をするときの選択肢に入れても良い数値ですね。

ミニストップやローソン、ファミリーマートやセブンイレブンで販売されてフランクフルト以外にも、糖質制限ダイエット中におすすめの食品や食材は、たくさんあります。こちらの記事では、それぞれのコンビニでゲットできる低糖質な食べ物を紹介しているので、参考にしてみましょう。

Small thumb shutterstock 533084080
関連記事 糖質制限ダイエット中におすすめの低糖質なコンビニ食品・食材28選!

ダイエット中はコンビニは甘い誘惑の罠、と思われがちですが、賢く選べばコ

ダイエット中にできるフランクフルトの太らない食べ方

①ダイエット中はケチャップなしで食べる

ケチャップ

ダイエット中にフランクフルトの太らない食べ方を実践したい場合、ケチャップなしで食べると効果的です。ケチャップのカロリー量は、100gで118kcalです。さらに、糖質は26gほどとなっています。

ケチャップは糖質が多いので、糖質制限ダイエットをしている人には、とくに気をつけてほしい食べ物となります。コンビニでフランクフルトを購入すると、一緒についてくる調味料ですが、使用は控えた方が良いでしょう。

②マスタードはダイエット中でもおすすめ

マスタードがかかったホットドッグ

マスタードは、フランクフルトに使用しても太らない食べ方ができます。マスタードは100gあたり174kcal、糖質13.1gという成分になっています。ケチャップよりもカロリーが高く、糖質が低い調味料ですね。

糖質に関しては、フランクフルトに使用する量だけであれば、劇的に高くなることはありません。糖質制限をしているときでも、大きく影響することはないと考えられています。

また、マスタードは、カロリー量は高めですが身体の代謝を高めてくれる調味料でもあります。フランクフルトと一緒に食べると消費カロリーを増やしてくれると言われているので、ダイエット中でも使用OKな調味料です。

③サラダと食べるのもダイエットには効果的

トマトとハーブ

フランクフルトは、サラダと一緒に食べるのもダイエットに効果的です。低糖質かつタンパク質が高い食べ物ということで、糖質制限ダイエットでもおすすめされるフランクフルトですが、塩分が比較的高いことがやや問題となります。

フランクフルトの塩分はむくみの原因となる可能性がありますが、サラダと一緒に食べることで防げるとされています。とくに、カリウムが豊富なキュウリ、レタス、ブロッコリーといった野菜のサラダがおすすめですね。塩分の排出を助ける効果があるので、ダイエット効果も高めると考えられています。

フランクフルトがダイエットに適している食べ物でも、ひたすら同じ食べ方では飽きてしまいますね。以下の記事では、糖質制限ができる簡単なおかずやメニューを、レシピ付きで紹介しています。フランクフルトの太らない食べ方の参考にもなるので、併せてご覧ください。

Small thumb shutterstock 571370923
関連記事 糖質制限の簡単おかずレシピ・メニュー25選|糖質制限ダイエットで楽に痩せよう

おかずやお菓子の糖質制限レシピ・メニューを知っていれば、毎日の食事もし

コンビニのフランクフルトをダイエットに役立てよう

フランクフルトは、コンビニで簡単に購入できるホットスナックなので、お手軽にダイエットに役立てることができます。基本的に糖質量が低めなので、糖質制限ダイエットを考えている方には、とくにおすすめですよ。太らない食べ方も参考にすると、さらに効果を期待することもできますね。

ちなみに、最もカロリー量と糖質が低いコンビニのフランクフルトは、セブンイレブンで販売されている「燻製あらびきフランク」となります。しかし、他にも良い商品があるので以下のコンビニ別の比較表も参考に、カロリーや糖質が低いフランクフルトを探してみてくださいね。

コンビニ別比較表
コンビニ 商品名 カロリー 糖質 値段(税込)
セブンイレブン BIGポークフランク 336kcal 7.5g 159円
セブンイレブン 燻製あらびきフランク 200kcal 0.9g 108円
ローソン ジャイアントポークフランク 310kcal 7.5g(推定) 150円
ファミリーマート ジャンボフランク 297kcal 5.6g 154円
ファミリーマート チーズフランク 278kcal 8.3g 178円
ミニストップ フランクフルト 270kcal 4.6g(推定) 130円
ミニストップ ベーコン巻きフランク 230kcal 3g(推定) 170円

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。