INDEX

50代から恋愛したい人がするべきこと4選!

50代から恋愛したい人がするべきこと①理想を下げる

花を手渡す

50代から恋愛したい人がするべきこと一つ目は、理想を下げることです。50代から恋愛を始めたいなら、なるべく理想は下げるようにしましょう。理想を高く持ったままだと、恋愛ができる確率は一気に低くなってしまいます。相手の容姿からスペックに至るまで理想を高く持ちすぎて現実から目を背けないようにしてください。

そもそも、理想通りの人は若いうちに他の女性に取られてしまっていることがほとんどです。もしそのような男性が何らかの理由で独身だったとしても、めぐり合える確率は低いでしょう。それに、外見やスペックといったことより、内面を重視した方が、間違いのない誠実な付き合いをすることができます。

50代から恋愛したい人がするべきこと②自分を見失わないようにする

メロメロな人

50代から恋愛したい人がするべきこと二つ目は、自分を見失わないようにすることです。恋愛をすると、自分自身を見失ってしまう人がいます。自分がこのタイプであることを自覚している人は特に、自分を見失わないよう気をつけましょう。若いうちは自我が保てなくなっても取り返しがつきますが、50代では危険です。

自分を見失ってしまうほど恋愛に没頭をすると、やがて家族に迷惑をかけてしまうことになったり、周りから見て「痛い」と思われるような言動を繰り返してしまいます。こうなってから後悔したようでは遅いのです。恋愛をすると決めたなら、自分を見失わないようよく注意してから始めるようにしましょう。

50代から恋愛したい人がするべきこと③家族に意思表示をしておく

手を繋ぐ

50代から恋愛したい人がするべきこと三つ目は、家族に意思表示をしておくことです。恋愛をしたいと思ったら、まずは家族にその旨を言っておくようにしましょう。自分一人で勝手に決めて行動するのは危険です。それによって、身内が思わぬ不幸に見舞われる可能性があるからです。また、家族の感情を無視するのもNGです。

たとえ夫がいなくてシングルマザーでも、子供達の意見は尊重すべきです。いくら子供が成長していたとしても、親の恋愛事情を知って深く心に傷を負う可能性もあります。それらの可能性を度外視して、自分勝手に恋愛をするのはやめましょう。

50代から恋愛したい人がするべきこと④将来のことを考えておく

見つめ合う二人

50代から恋愛したい人がするべきこと四つ目は、将来のことを考えておくということです。今から恋愛を始めて結婚をしたとして、そのあとどうなるか現実的なことを考えておきましょう。相手と歳が離れている場合は特に、老後はどうするか決めておかなければ、どちらか一方の負担が大きくなってしまいます。

夢を見て恋愛をしているだけではいけないのが、50代という年齢です。若い頃のように自由に恋愛をしたいという気持ちもあるでしょうが、その気持ちを優先するあまり、将来後悔する羽目にならないよう気をつけましょう。

50代の恋愛事情|50代の人が年下男性と付き合う悩みって?

50代の恋愛事情・年下男性と付き合う悩み①飽きられないか心配

仲良しカップル

50代の恋愛事情や年下男性と付き合う悩み一つ目は、飽きられないか心配だということです。50代になって年下の男性と付き合うと、やはり最も懸念されるのは、相手から見放されてしまう可能性でしょう。自分がいくら相手のことを好きになっても、相手の男性は自分より若い女性に目を惹かれるかもしれません。

いくら男性が「あなただけだ」と言ってくれたとしても、その心配が消えることはないでしょう。なぜなら、世間一般的なイメージとして、男性は若い女性に惹かれるものであるとされているからです。そのストレスが原因で、恋愛を純粋に楽しめなくなる恐れもあるでしょう。

50代の恋愛事情・年下男性と付き合う悩み②周囲の目が気になる

たくさんの友達

50代の恋愛事情や年下男性と付き合う悩み二つ目は、周囲の目が気になるということです。50代である自分が若い男性と付き合うと、何か悪評を立てられてしまうのではないか、偏見の目を向けられるのでは、と不安になる人もいるでしょう。実際、年の差恋愛をあまり良い目で見ていない人も多いのが現実です。

そんな周囲の目に耐えることができる人は良いですが、多くの人は気にしてしまうでしょう。恋愛事情そのものがうまくいっていたとしても、周りの心無い声によって年の差恋愛を諦めたくなる人もいるはずです。

50代の恋愛事情・年下男性と付き合う悩み③可能性を潰している罪悪感

罪悪感のある人

50代の恋愛事情や年下男性と付き合う悩み三つ目は、可能性を潰している罪悪感です。50代の自分が若い男性と付き合うことによって、相手に本来訪れるはずだった青春や夢に向かう権利が失われてしまっているのではないか、という気持ちになることもあるでしょう。好きな人の足を引っ張っているような気にもなります。

以下に関連記事として、女性が年上の場合の年の差婚のメリット、恋愛事情をピックアップしたものがあります。恋愛に年の差は関係ないと言いますが、果たしてそれは本当なのでしょうか。50代からの恋愛で年下の男性と結婚することを考えているというあなたは、ぜひ参考にして恋愛事情、結婚観を再考してみてください。

Small thumb shutterstock 644396992
関連記事 女性が年上の逆年の差婚のメリットとは?恋愛に年齢は関係ない?

最近では年の差婚がとても増えていますが、女性が年上という逆年の差という

50代の恋愛事情|50代の人が年下男性と付き合うことで生じる問題とは?

50代の恋愛事情・年下男性と付き合うことで生じる問題①老後の懸念

悩ましい人

50代の恋愛事情や年下男性と付き合うことで生じる問題一つ目は、老後の懸念についてです。相手よりも先に自分が老いることによって、迷惑をかけてしまわないか、という懸念はつきまとうことになるでしょう。ゆくゆくは相手に老後の面倒を見てもらうことになると思うと、恋愛に勇み足にはなれないものです。

50代の恋愛事情・年下男性と付き合うことで生じる問題②子供ができない

イチャイチャする

50代の恋愛事情や年下男性と付き合うことで生じる問題二つ目は、子供ができないということです。高齢になってからの出産はあまりにもリスクが高すぎるため、子供は諦めざるを得ません。また、もし子供ができたとしても、体力的な問題から育て上げることはできないでしょう。

50代はモテる!シングルマザーや50代の魅力って?

シングルマザーやモテる50代の魅力①自立している

美しい人

シングルマザーやモテる50代の魅力一つ目は、自立しているということです。流石に50代にもなって他人に依存している人は少ないでしょう。多くの女性が自分で生きる道を自分で切り開いています。そんな強さをもった50代の女性は多くの男性にとってまさに憧れなのです。自立している女性は付き合いやすさも段違いです。

若くても、他人に依存するような女性は、付き合っていて疲れます。しかし、50代で自立している女性とは、一緒にいて疲れることがありません。むしろ、付き合っていて多くのことを学べることから、望ましい交際相手だと言えるでしょう。

シングルマザーやモテる50代の魅力②人生経験が豊富

綺麗な女性

シングルマザーやモテる50代の魅力二つ目は、人生経験が豊富であるということです。人生経験は一晩ふた晩で身につくものではありません。長い間培ってきたものこそが人生経験です。そんな深い人生経験を持っている女性は、人間として魅力的です。ピンチに陥った時も、慌てずこれまでの経験則上から行動できるでしょう。

シングルマザーやモテる50代の魅力③男性が喜ぶコツを心得ている

素敵なカップル

シングルマザーやモテる50代の魅力三つ目は、男性が喜ぶコツを心得ていることです。シングルマザーや50代の女性は、得てして男性を喜ばせる言動についてよく知っています。なぜなら、それまで色々なタイプの男性と付き合ったり関わりを持つことで、立ち回り方が理解できるようになったからです。

これは、若い人にはない魅力と言えるでしょう。50代の女性だからこそ、どのようにすれば男性は喜ぶか、ということがわかるのです。それを実践できるのもまた、50代の女性の魅力です。彼女たちに翻弄される男性は多いことから、50代の女性がモテるという理由がよくわかるでしょう。

以下に関連記事として、熟女好きな男性の心理を紹介しているものがあります。若い男性が年上の女性を好きになるのはどういった心理からなのか、これを読めばその気持ちが少しは理解できることでしょう。熟女の特徴や魅力についてもまとめられているので、50代からの恋愛事情を楽しみたいあなたは必見ですよ。

Small thumb shutterstock 44421196
関連記事 熟女好きな男性の心理9つ!若い男がハマる熟女の特徴・魅力とは?

あなたは、「熟女好きな若い男性」をどう思いますか?イメージとして、「マ

50代の恋愛観・結婚観って?

50代の恋愛観や結婚観①心穏やかになれる相手が良い

白いブーケ

50代の恋愛観や結婚観一つ目は、心穏やかになれる相手が良いというものです。若い頃は激しい恋愛事情を楽しんでいた人も、50代になると一緒にいると心が落ち着くような相手と一緒にいたくなるものです。老後は静かにゆったり暮らしたいという人が多いことからも、このパートナー像の理想は頷けるものでしょう。

50代の恋愛観や結婚観②親の介護を手伝ってくれる相手が良い

進む二人

50代の恋愛観や結婚観二つ目は、親の介護を手伝ってくれる相手が良いというものです。一人で親の介護をするのは、なんとも心もとないものです。体力的にも心配になるでしょう。しかし、パートナーがいると手伝ってもらうことができます。自分の親の面倒を文句を言わず見てくれるような人こそ、理想の結婚相手なのです。

50代の恋愛観や結婚観③老後のお金の心配をしたくない

結婚指輪

50代の恋愛観や結婚観三つ目は、老後のお金の心配をしたくないというものです。50代になると、老後の生活について真剣に考えるようになります。此の期に及んでお金の心配をしたい人はいないでしょう。そこで、結婚相手に選ぶのは、それなりの金銭的余裕がある人となるはずです。

50代からの恋愛事情を知って自らに活かそう!

50代からの恋愛事情の実態を知ると、これからどのように立ち回りすべきかが見えてきたのではないでしょうか。年下の男性と付き合ったり結婚をするにおいて、50代は決して遅すぎるということはありません。むしろ、結婚も恋愛も、これから楽しむことのできる魅力的な年齢です。恋愛も結婚も自分なりに楽しんでください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。