Large thumb shutterstock 553985692

業務スーパーの冷凍ナン&人気のカレーは?パラタ/ピタパン/チャパティ

更新:2021.05.19

いろいろなお買い得商品が揃うことが特徴の業務スーパーでは、ナンやパラタ、ピタパンなどの一風変わったパン類などもゲットできるのでしょうか。あわせて食べたい、バターチキンカレーなどの人気のカレーと、それぞれの食べ方などと一緒に確認していきましょう。

業務スーパーで人気の冷凍ナンの情報や評判は?

業務スーパーで人気の冷凍ナンの情報や評判①国内産も海外産も充実

業務スーパーで人気の冷凍ナンの情報や評判の1つ目は、国内産も海外産も充実していることです。もともと輸入物の冷凍ナンの扱いが多かったのですが、最近になって、国内工場で生産されたものも販売されていると評判になっています。

国内産のものは、70gのナンが5枚入りで、438円の値段ですね。海外産のものは、カナダで生産されたものが多いようです。インドではないのが、意外ですね。カナダ産のナンは、100gのものが4枚入りとなっていて、値段は429円です。内容量からみると、ややカナダ産のほうがお得ですね。

業務スーパーで人気の冷凍ナンの情報や評判②パラタタイプではなく本格的

パンを半分に割る

業務スーパーで人気の冷凍ナンの情報や評判の2つ目は、パラタタイプではなく、本格的なナンだということです。パラタやチャパティなど、ナンに似たパン類は多くありますが、やはりインド料理といえば、本格的なナンが良いですね。それぞれの違いは、使用する粉と製法にあります。

ナンは、精製された小麦粉に、ヨーグルトや牛乳を加えて焼いたものです。業務スーパーで販売されているナンは、もちろん精製された小麦粉を用いた本格的な味になっています。国内産でも外国産でも、きちんとした製法をもとに焼き上げられているので、ナンの味わいを堪能できると評判です。

業務スーパーで人気の冷凍ナンの情報や評判③カレーと一緒に買うのが正義

スーパーで買い物をする女性二人

業務スーパーで人気の冷凍ナンの情報や評判の3つ目は、カレーと一緒に買うのが正義だということです。業務スーパーでは、ナン以上にカレーの種類が豊富です。日本でもおなじみのレトルトカレーから、タイ料理でおなじみのグリーンカレー、ひよこ豆やレンズ豆を使ったインドカレーなど幅広いラインナップとなっています。

お気に入りの冷凍ナンと一緒に食べる、ベストな組み合わせを探すのが楽しいと評判になっています。小麦粉の風味を生かした、もちもちのナンに合う商品を見つけ出してみましょう。

業務スーパーで人気の冷凍ナンの情報や評判④カレー以外の料理にもOK

キッチンで料理する女性

業務スーパーで人気の冷凍ナンの情報や評判の4つ目は、カレー以外の料理にも美味しく使えることです。しょっぱい系の主食やおかずにしてもOKですし、甘いデザートにしてしまうことも可能なので、意外な使い勝手の良さが評判になっています。独自のアレンジレシピの報告が、たくさん見られます。

業務スーパーで人気の冷凍ナンの情報や評判⑤オーブントースターで簡単調理

キッチンと道具

業務スーパーで人気の冷凍ナンの情報や評判の5つ目は、オーブントースターで簡単調理できてしまうことです。1200Wで予熱したオーブントースターに、冷凍のまま入れて5分ほど加熱するだけでOKなので、手軽に食べられると評判です。

また、テフロン加工のフライパンで、焦げない程度の弱火で両面をじっくりと焼いていくのも良いですね。アレンジレシピの豊富さは、調理の簡単さによるものなのでしょう。

業務スーパーのナンと一緒に買いたいカレーは?

業務スーパーのナンと一緒に買いたいカレー①バターチキンカレー

業務スーパーのナンと一緒に買いたいカレーの1つ目は、バターチキンカレーです。正確には、「バターチキンカレーの素」という商品で、1パックに3個入った状態で購入できます。お値段は198円なので、1個あたり66円で美味しいバターチキンカレーを堪能することができます。

ただし、カレーソースのみの商品なので、具材は自分で調理する必要があります。鶏肉と好みの野菜を炒めて、「バターチキンカレーの素」を投入しましょう。しっかりと火が通るようにコトコト煮込めば出来上がりです。バターチキンカレーは、ナンを添えて食べたいカレーの人気ナンバーワンなので、ぜひ試してみてください。

業務スーパーのナンと一緒に買いたいカレー②おとなの大盛りカレー

業務スーパーのナンと一緒に買いたいカレーの2つ目は、「おとなの大盛りカレー」です。1パックに5個入った状態で、275円というコストパフォーマンスの良さが人気となっています。1人前が55円ですんでしまうのですから、驚きですね。レトルトパックなので、湯煎で温めてしまえば、すぐに食べることができます。

カレーらしく、甘口・中辛・辛口という3種類の辛ささが揃っているので、好みのものを選ぶと良いでしょう。中身は、とろとろのカレールーが中心なので、ナンを絡めて食べるのにぴったりです。

業務スーパーのナンと一緒に買いたいカレー③レンズ豆の煮込みカレー

業務スーパーのナンと一緒に買いたいカレーの3つ目は、「レンズ豆の煮込みカレー(ダブル・フライ)」です。インドから直輸入された豆カレーなので、ナンとあわせて食べると、本場インドの雰囲気が増しますね。300gという内容量で、1個155円となります。

また、同じシリーズに、ひよこ豆のカレーと、黒レンズ豆のカレーも揃っていることも特徴です。ごろごろとした豆がしっかりと入っているので、豆ごとの味わいを食べ比べるのも楽しいのではないでしょうか。

カレーには、この他にもいろいろな種類のものがありますね。ナンと一緒に食べるカレーを、さらに詳しく探っていきたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。バリエーション豊かな種類を確認することができますよ。

業務スーパーのナンのアレンジレシピは?

業務スーパーのナンのアレンジレシピ①具沢山のピザにする食べ方

業務スーパーのナンのアレンジレシピの1つ目は、具沢山のピザにする食べ方です。サイズ的に、1人前のピザの生地にするのに、もってこいの大きさですね。もちもちした食感のピザに、アレンジしてしまうことができます。レシピと作り方は、以下の通りです。レシピ以外の具を用意してもOKなので好みのピザにしましょう。

ナンの具沢山ピザのレシピと作り方

  1. ナンの上にピザソースをまんべんなく塗る
  2. 輪切りにしたピーマンとウインナーをのせる
  3. コーンとピザ用チーズを好みでのせる
  4. 乾燥バジルをちらしてオーブンでこんがり焼く

業務スーパーのナンのアレンジレシピ②ピタパンサンドにする食べ方

業務スーパーのナンのアレンジレシピの2つ目は、ピタパンサンドにする食べ方です。業務スーパーの冷凍ナンをフライパンでじっくりと焼いていくと、ふくらみがでてきます。ふくらんだところを上手にわけて、ピタパンのポケットを作りましょう。ポケットを作るのが面倒であれば、そのまま半分に挟むようにしても構いません。

トマトやレタス、ハムやチーズといった、好きな具材を挟んでいけば完成です。カレーなどを挟んでしまえば、カレーピタパンサンドになりますね。野菜たっぷりのヘルシーピタパンにしても良いですし、肉類重視のボリュームたっぷりピタパンにしても良いですよ。自由な食べ方を楽しみましょう。

ピタパンサンドの人気の具材が気になる方には、こちらの記事がおすすめです。中に入れる具材に困ったときにチェックしてみてくださいね。

業務スーパーのナンのアレンジレシピ③甘いデザートにする食べ方

業務スーパーのナンのアレンジレシピの3つ目は、甘いデザートにする食べ方です。ナンの生地を生かした、パンケーキのようなトッピングが、相性が良いですね。オススメの食べ方は、イチゴやブルーベリーといったベリー類と、バニラアイスを上にトッピングしたものです。

準備した材料を、いかに可愛らしく、美味しそうにトッピングするのかがポイントなので、センスの見せどころですよ。この他にも、クリームチーズ&ナッツにジャムをかけたものや、ドライフルーツとホイップクリームの組み合わせなど、無限ともいえるトッピングが考えられます。

業務スーパーでカレーに合わせるナンに近いパン系商品3つ

カレーに合わせるナンに近いパン系商品①全粒粉が美味しいチャパティ

業務スーパーでカレーに合わせるナンに近いパン系商品の1つ目は、全粒粉が美味しいチャパティです。ナンは、精製された小麦粉で作ることがポイントですが、チャパティは全粒粉の風味を生かして薄く円形に焼いたものとなります。

業務スーパーで販売されているチャパティも、もちろん全粒粉入りのものですね。マレーシアから直輸入された冷凍のもので、内容量400gで10枚入りの商品です。たっぷり入っていて、値段は213円というリーズナブルさが、評判を呼んでいます。

ナンよりも薄い生地なので、解凍するときは、温めたフライパンで1分ほど焼くか、予熱した1200Wのオーブントースターで3分ほど加熱すればOKです。生地が薄いぶんだけ早く温めることができるので、急いでいるときに便利です。

カレーに合わせるナンに近いパン系商品②ピタパンにも使えるパラタ

業務スーパーでカレーに合わせるナンに近いパン系商品の2つ目は、パラタです。チャパティの生地と同じ材料を、パイのように折りたたんで層にしていることが特徴のパン系商品ですね。ナンやチャパティでは感じられない、サクサクふわふわとした食べ心地が人気となっています。

業務スーパーで販売されているパラタは、チャパティと同じマレーシア直輸入です。5枚入りで198円という、さらにお手軽な価格の商品なので、ナン以上にコスパが良くなっています。パイのような層がふくらむので、ピタパンのような使い方もできますよ。

パラタの調理方法は、1200Wのオーブントースターで4分加熱するか、フライパンを使用することです。サクサクふわふわの食べ心地を、しっかりと堪能したい場合は、フライパン調理がおすすめです。中火で片面を2分焼いたあと、裏返してさらに1分焼いてくださいね。

カレーに合わせるナンに近いパン系商品③カリカリ食感のパパド

業務スーパーでカレーに合わせるナンに近いパン系商品の3つ目は、パパドです。小麦粉を薄くのばして、おせんべいのようにカリカリ焼いたパン系商品なので、ナンやチャパティなどでは味わえない食感を楽しむことができます。

業務スーパーで販売されているものは「ガーリックパパド」という、20枚入りで228円のものですね。フライパンで両面を焼いてカリカリにしたあと、カレーに絡めて食べると良いでしょう。ナンに飽きたら、こちらを試してみるのはいかがでしょうか。食感の違いを比べることができるのでおすすめですよ。

ナンを始めとした、パラタやチャパティといったパン系商品をチェックしてみましたが、それぞれの正しい食べ方はご存知ですか?ナンの正しい食べ方とマナーをこちらの生地で確認してみましょう。パパドのものもチェックすることができますよ。

業務スーパーの冷凍ナンで主食からデザートまでカバー

業務スーパーの冷凍ナンの使い道は、カレーのおともだけではありません。アレンジしだいで主食からデザートまでカバーしてくれる、便利なパン系商品です。バターチキンカレーと一緒に食べるのが、一番人気の食べ方ですが、余ったナンをアレンジする楽しみ方も残ります。いろいろ作って味わい尽くしてみてください。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。