Large thumb shutterstock 744193162

口が小さい人の笑顔の特徴6選!唇のコンプレックスや口角を上げる方法も

更新:2019.06.21

口が小さい人の笑顔にはどのような特徴が見られるのでしょうか。この記事では、口が小さい人の笑顔の特徴を6選にしてご紹介します!唇のコンプレックスや口角を上げるメイクの方法についてもまとめるので、口を大きくしたいという人はぜひ参考にしてください。



口が小さい人の笑顔の特徴6選

口が小さい人の笑顔の特徴①心から笑っているように見えない

笑顔

口が小さい人の笑顔の特徴一つ目は、心から笑っているように見えないことです。口のパーツが大きい人は、少し微笑んだくらいでも心の底から笑っているように見せることができます。しかし反対に、口が小さい人はどうしても心から笑っているようには見えません。最大限笑っていても、楽しくなさそうに見えてしまいます。

心の底から笑っているように見えないことは、友達や仕事仲間など、多くの人に誤解を与えてしまうことにもなりかねません。愛想笑いではなく本心で笑っていたとしてもそう見られない可能性があると思うと、口が小さい人は損をしているということができるでしょう。

以下に関連記事として、笑うと可愛くない笑顔がブスな女の子の特徴についてまとめられたものがあります。口が小さい人の中にでも、自分の笑顔にコンプレックスを抱いている人は多く存在するでしょう。ではなぜ自分の笑顔を好きになれないのか、その理由がこの記事に隠されているはずです。一度読んでみてください。

口が小さい人の笑顔の特徴②おしとやかに見える

笑顔

口が小さい人の笑顔の特徴二つ目は、おしとやかに見えることです。実際にその人の性格がどうだったとしても、口が小さいというだけで、どこかおしとやかに見えることがあります。これはどちらかというとメリットといえるのではないでしょうか。上品な笑い方ができるのは、口が小さい人の特権です。

これによって相手から好感を持ってもらうこともできるでしょうし、実際の性格がどうだったとしても、好感度の高い人物として認識されることもあるでしょう。口が小さいということは、場合によっては武器ともなり得るのです。そう考えると、口が小さいからといってそう悩むべきことばかりではないといえるでしょう。

口が小さい人の笑顔の特徴③作り物の笑顔のように見える

笑顔

口が小さい人の笑顔の特徴三つ目は、作り物の笑顔のように見えることです。いわゆる愛想笑いのように見えてしまうのも、口が小さい人ならではの特徴といえるでしょう。本心から笑っていたとしても、周りから見るとただ愛想で笑っているだけのように見えてしまうのです。

「周りに合わせるのが上手な人だ」「気配りのできる人だ」と前向きに捉えてもらうことのできる可能性がある一方で、場合によっては「本当の友達だと思われていない」「つまらなさそう」とマイナス面に見られてしまうことも考えられます。笑顔が作り物に見えてしまうのは、ある意味で問題です。

口が小さい人の笑顔の特徴④本心が分からない

笑顔

口が小さい人の笑顔の特徴四つ目は、本心がわからないことです。口が大きい人の笑顔は心から楽しそうで元気が溢れているように思えるのに対し、口が小さい人の笑顔は本心が透けて見えずに怖がられてしまうことがあります。笑ってはいるものの、周りの人からすると何を考えているのか分からないのです。

笑っているように見えるけれど、本当は怒っているのではないか、などと余計に勘ぐってしまうこともあるでしょう。口が小さい人の笑顔は、相手を疑心暗鬼に陥らせてしまうほど本心が読み取りづらく見えてしまうのです。

口が小さい人の笑顔の特徴⑤口角が上がらない

笑顔

口が小さい人の笑顔の特徴五つ目は、口角が上がっていないことです。口が小さいと、口角を上げにくくうまく笑うことができません。思いっきり口角を上げているつもりでも、周りから見るとそうでも無いように見えてしまうでしょう。口角が上がりきらないのは本人のコンプレックスにもなり得ます。

口が小さい人の笑顔の特徴⑥歯が見えない

笑顔

口が小さい人の笑顔の特徴六つ目は、歯が見えないことです。口が大きい人の笑顔は、自然と歯がのぞくため心から笑っているように見えます。一方で口が小さい人は笑っても歯がのぞくことはなく、あまり楽しそうに見えないのがその特徴です。場合によってこれはコンプレックスにもなり得るでしょう。


口が小さい人の笑顔のコンプレックスは?

口が小さい人の笑顔のコンプレックス①頬肉が目立ってしまう

笑顔

口が小さい人の笑顔のコンプレックス一つ目は、頬肉が目立ってしまうことです。口が大きい人の笑顔だと盛り上がる頬肉も少ないので目立つようなことはないでしょうが、口が小さい人の場合、笑顔になると頬肉が多く盛り上がり、それがコンプレックスにつながることがあります。

頬の肉が目立つのを避けたくてあまり笑わないようにしているという人もいるくらい、コンプレックスにつながりかねない特徴の一つです。しかし、人によっては寧ろそんなところが可愛いと捉えることもあるようなので、コンプレックスに感じすぎずに一度思いっきり笑ってみると良いのではないでしょうか。

以下に関連記事として、作り笑顔の見分け方をまとめたものがあります。下手で不自然な愛想笑いを自然に見せるためのコツについても紹介されているので、口が小さいせいでうまく笑えないというあなたは是非参考にしてください。これを読めば、ぎこちない笑顔から卒業するための手立てが見つかること間違いありません。

口が小さい人の笑顔のコンプレックス②写真写りが悪い

笑顔

口が小さい人の笑顔のコンプレックス二つ目は、写真写りが悪いことです。思いっきり笑うことができたら笑顔の写真も映えるでしょうが、口が小さいと楽しそうな笑顔を作ることができず、写真写りが残念なことになってしまいます。これをコンプレックスとする人も多いのではないでしょうか。

友達と並んで写真に写った時も、自分だけどこか不機嫌そうに見えたり、面白くないように見えてしまうことがあるでしょう。口が小さい人は、それが嫌で写真嫌いになってしまうこともあります。表情をうまく作れるか作れないかによって、写真写りは大きく違ったものとなるのです。

口が小さい人の口角を上げる方法4選


口が小さい人の口角を上げる方法①笑顔の練習をする

笑顔

口が小さい人の口角を上げる方法一つ目は、笑顔の練習をすることです。常日頃から笑顔を作る為の練習をしていれば、いずれ上手に笑顔を作ることができるようになります。そのために、毎日鏡を見て笑顔を作る練習をしたり、口角が上がっているかチェックをするようにしましょう。

自分の笑顔が苦手だという人にとってこれは苦行となるかもしれませんが、毎日真剣に鏡に向かい合っているうちにベストな笑顔が作れるようになるはずです。口が小さい人は口角が上がりにくいと言っても、不可能というわけではありません。口を大きくしたいという人も、これなら現状のままで笑顔が作れるようになるでしょう。

以下に関連記事として、接客業に活かすことのできる自然な笑顔の作り方についてまとめられたものがあります。表情を作るトレーニングや練習方法など、様々な笑顔の作り方が紹介されているので是非参考にしてみてください。これを読めば、コンプレックスだった自分の笑い顔も好きな表情になること間違いなしです。

口が小さい人の口角を上げる方法②口を大きくしたいならメイクで

笑顔

口が小さい人の口角を上げる方法二つ目は、口を大きくしたいならメイクで誤魔化すことです。メイクを工夫すれば、口が小さい人でも簡単に唇を大きく見せることができます。唇にボリュームを持たせてくれるようなタイプのリップグロスなどを使えば、口が小さい人でも口が大きいように見せることができるでしょう。

メイクの方法を変えるだけで、口を大きくしたいという願いを叶えることは可能です。なるべくオーバー目にリップのラインを取るなどすれば、唇が大きい人のように見せることだってできるはずです。このように、メイクがあれば、そもそもの口の大きさを大きくしたいという人にぴったりの解決策もとれるのです。

口が小さい人の口角を上げる方法③唇が乾燥しないようにケアする

笑顔

口が小さい人の口角を上げる方法三つ目は、唇が乾燥しないようにケアすることです。いくら思いっきり笑顔を作りたいと思っていても、唇が乾燥してしまっているようでは上手に笑うことはできません。口角を上げるべく、日々唇が乾燥しないようにリップケアを怠らず努力しましょう。

以下に関連記事として、いつもニコニコ笑っている人の心理についてまとめられたものがあります。笑顔の効果によって自分や周りをハッピーにすることができるってご存知でしたか?口が小さくてうまく笑えないというあなたは、ここで笑うことの素晴らしさを知って、口角をあげる練習をするモチベーションに繋げましょう。

口が小さい人の口角を上げる方法④表情筋をほぐすことで上がるように

笑顔

口が小さい人の口角を上げる方法四つ目は、表情筋をほぐすことです。表情筋が凝り固まった状態では、うまく笑えないのも無理はありません。口が小さい人でなくても、表情筋が固まってしまっていたら口角を上げることはできないでしょう。まず口周りの筋肉をほぐすエクササイズを生活に取り入れてください。

以下に関連記事として、口角を上げる方法についてまとめられたものがあります。口が小さい人が苦手とする口角を上げることですが、この記事を参考にしながらエクササイズを続ければ、口角を上げられるようになること間違いありません。口周りの筋肉を鍛えることで、口が小さくても口角を上げられるようになりましょう。

口が小さい人は笑顔のコンプレックスを解消しよう!

口が小さいせいでうまく笑うことができず、それをコンプレックスに感じている人は多いものです。しかし、努力次第で口が大きい人のように口角を上げて笑うことができるようになりますし、メイクやエクササイズによって、口を大きくしたいという願望を叶えることもできます。

本心から笑っているのにそうではないと誤解されるような悲しいことにはなってしまわないよう、口が小さい人はそのコンプレックスをうまくカバーしましょう。ただ、上品な笑顔に見えるという利点もあるので、メイクで大きくしたいと考えるばかりではなく、自分にしか無い持ち味は無くさないようにすることが大切です。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。