Large thumb shutterstock 516471271

3営業日の数え方とは?1営業日/営業日前/翌営業日/営業

更新:2021.04.19

営業日の数え方はご存知ですか?この記事では、営業日の意味や3営業日前の数え方、「1営業日目がいつを意味するのか」を確認することの重要性、企業の対応が翌営業日になる理由などについてお伝えしています。3営業日前や3営業日以内の具体的な考え方についても紹介しているので参考になさってください。



3営業日の数え方とは?

3営業日の数え方は1営業日目に注意して営業日を数えればいい

営業日のイメージ画像

3営業日の数え方は1営業日目に注意して営業日を数えることで把握できます。3営業日の数え方は、当日を含めるか含めないかによって、1日の誤差が生じることから、3営業日の数え方の注意点として、「いつから3営業日を数えるのか」という点が非常に重要になってくると言われています。

現在は、インターネット上で買い物をするケースが増えてきたため、「商品購入後3営業日以降にお届けします」などといった記載を目にすることが増えてきたと言われてきています。この場合、商品を購入した日を1営業日目と数えるのか、商品を購入した翌日を1営業日目と数えるのかで配達日が異なりますので注意が必要です。

それでは「営業日」という言葉は何を意味するのかについて詳しく見てみましょう。3営業日の数え方は、「営業日」という言葉を理解することで、しっかりと把握できると言われているので、しっかりと押さえておくことをおすすめします。

営業日の意味とは「企業が業務をしている日」のこと

企業が業務をしている日の画像

営業日の意味とは「企業が業務をしている日」のことです。通常は月曜日~金曜日を意味することが多いと言われています。しかし、近年は様々な業種が生まれ、各企業の運営や考え方も多様化しています。そのため、営業日についても、月曜日~金曜日であるとは言い切れません。

ある企業は月曜日~金曜日が営業日であっても、別の企業にとっては、土曜日~水曜日が営業日であるという可能性があります。そのため、3営業日を数えようとする時には、その企業の営業日をまず確認する必要があります。このように色んな企業があることをふまえて、物事がうまく運ぶように考えを巡らせることは大切です。

このように様々なことに考えを巡らせるという意味の言葉に「考慮」という言葉があります。「考慮」は、ビジネスシーンでも頻繁に使われる表現ですので、敬語表現などを押さえておくことで役立つと言われています。以下の記事では、「ご考慮」という言葉の意味や敬語表現などを詳しくお伝えしているので、ぜひご覧ください。


3営業日前の具体的な数え方

3営業日前の具体的な数え方を考える人の画像

3営業日前の具体的な数え方は、該当企業の営業日を把握したうえで、1日ずつ営業日を数えることで把握できます。月曜日~金曜日が営業日の企業から「月曜日の3営業日前までに連絡をください」と案内された場合を例に考えてみましょう。

この企業の場合、月曜日から当日を含めた3営業日前は木曜日です。当日を含めることから、1営業日目は月曜日、2営業日目は金曜日、3営業日目は木曜日ということになります。

つまり、月曜日~金曜日が営業日の企業から「3営業日前までに連絡をください」と言われた場合には、木曜日までに連絡をすればいいということになります。営業日は、それぞれの会社やお店によって異なることから注意が必要です。

営業日という数え方をする理由は対応できるのが翌営業日以降だから

営業日のイメージ画像

営業日という数え方をする理由は、企業として対応できるのが翌営業日以降だからです。営業日での数え方をせず、「翌日に対応します」と記載してしまうと、会社が休みの日でも対応する必要が生じてしまいます。

例えば、12月31日に商品を受注した場合などをイメージするとわかりやすいと言われています。商品を購入する際、「配送は翌日になります」と記載されていた場合、翌日の1月1日には商品が手元に届くという意味合いになります。

しかし、実際に企業として対応できるのが年末年始の休み明けの場合、1月4日以降に商品が届けられるというケースが起こり得るわけです。こういった理由から、翌営業日という数え方を採用し、企業として対応できる日のみをカウントすることで、お客様や取引先などに誤解を生じさせないように配慮しているということです。

3営業日以内の振込はいつ?受け取れる場合は?


3営業日以内の振込がいつまでなのかを数える方法

振込のイメージ画像

「3営業日以内の振込をお願いします」と言われた場合、いつまでになるのかを数える方法は、該当企業の営業日を把握することから始めます。月曜日~金曜日までを営業日としている企業の場合、「3営業日以内にお振込みをお願いします」と言われた日が月曜日なら、水曜日か木曜日には振り込みをしておく必要があります。

月曜日に「3営業日以内にお振込みをお願いします」と言われた場合、当日を1営業日目として数えるかどうかで、いつまでに振り込まなければいけないかが異なります。月曜日を1営業日目として数える場合には、翌営業日の火曜日が2営業日目、翌々営業日の水曜日が3営業日目にあたります。

その一方で、翌営業日の火曜日を1営業日目として数える場合には、水曜日が2営業日目、木曜日が3営業日目となります。そのため、いつを1営業日目として数えるのかがポイントになります。

3営業日以内の振込を依頼された時に注意すべき点

注意点を指摘する人の画像

3営業日以内の振込を依頼された時に注意すべき点は、銀行に振り込みを依頼する時間帯によって、相手方にお金が振り込まれる日が変わる可能性があるという点です。3営業日目の遅い時間帯に銀行へ駆け込んで振り込み依頼をした場合、相手側で入金の確認がとれるのが4営業日目以降となってしまうことがあります。

このように、3営業日以内に振り込みをしていても、金融機関の処理に時間を要することを計算に入れておかなければ、相手側で入金の確認が取れるのが4営業日目以降となってしまい、振り込みが遅れたということになりかねないので、注意が必要です。

こういった営業日の確認や期限内の振り込みについては、少し間違えると大きな失敗につながるので、神経をすり減らす人も少なくありません。そういった場合には「なるようになる」という意味の「ケセラセラ」という考え方を参考にしてください。以下の記事で詳しくケセラセラについてお伝えしているので、ぜひご覧ください。


3営業日以内に振り込まれる場合に受け取れる日を確認する方法

銀行のイメージ画像

3営業日以内に相手から自分の口座に振り込まれる場合についても、受け取れる日を確認しておくことで、余計な心配をする必要がなくなることがありますので、この機会に確認しておきましょう。「3営業日以内のお振込みとなります」と案内された場合、まずは営業日を確認する必要があります。

営業日が月曜日~金曜日の企業から、月曜日に「本日を1営業日目として、3営業日以内のお振込みとなります」と案内された場合、水曜日までに自分の口座に振り込まれることになります。3営業日目の水曜までに振り込まれるという意味合いになることから、翌営業日の火曜日に振り込まれる可能性もあります。

このようにビジネスにおいては、色んな可能性が考えられる状況が多々あります。こういった際にも、考え得る対策を講じておくことで、不測の事態に迅速に対応することができると言われています。以下の記事では、「対策を講じる」という言葉の意味や使い方などについて詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。

ビジネス用語が学べるおすすめの書籍は?

ビジネス用語が学べる書籍①知っているようで知らないビジネス用語辞典

ビジネス用語が学べる書籍の1番目は、「知っているようで知らないビジネス用語辞典」です。著者がビジネス用語研究会、監修は出口汪さんです。「知っているようで知らないビジネス用語辞典」では、社会人として知っておきたいビジネス用語が網羅されています。

それぞれのビジネス用語の意味、語源、由来、関連語についても把握できる一冊です。「どこかで聞いたことがある気がするけど、はっきりとした意味は説明できない」というビジネス用語を学ぶことができます。

単にビジネス用語の意味を暗記するだけではなく、その言葉の語源や由来を合わせて把握することは、言葉の意味をより深く理解できる要因となります。また、1つの言葉を覚えると同時に関連語を押さえておくことで、さらに語彙力が増えるので、有効な学習方法だと言われています。

ビジネス用語が学べる書籍②経済・ビジネス基本用語4000語辞典

ビジネス用語が学べる書籍の2番目は、「経済・ビジネス基本用語4000語辞典」です。著者・監修は日本経済研究センター、編集は日本経済新聞出版社です。

「経済・ビジネス基本用語4000語辞典」では、日本経済新聞によく登場する言葉が4000語も紹介されています。これから就活に挑戦する人のみならず、現役の社会人として活躍されている方にもおすすめのボリュームたっぷりの一冊です。

「経済・ビジネス基本用語4000語辞典」は、4000語の言葉が掲載されていますがA5判で2色刷りの構成になっているので、大変見やすい一冊となっているところもおすすめポイントです。

営業日の数え方を理解して余裕のある行動を心がけましょう

営業日の数え方は企業によって異なるので、思い込みや早とちりがないように注意する必要があります。ちょっとした勘違いが原因で、希望のサービスや商品を購入できないケースがあるからです。それだけではなく、ビジネスにおいて振り込み日などを勘違いしてしまうと、相手からの信用を失ってしまうおそれがあります。

ビジネスにおいて信用を失ってしまうとビジネスチャンスを逃すだけでなく、大きな損害につながってしまうおそれもあります。ちょっとした振り込みミスがきっかけで倒産してしまった企業もあることから、資金繰りやお金関係の処理には注意が必要だと言われています。

しっかりと地に足をつけた社会人となるためにも、営業日の数え方を理解して余裕のある行動を心がけましょう。最後に、ビジネスシーンで誤解を招くおそれがある用語と言われている「一両日中」という言葉について詳しくお伝えしている記事を紹介します。この機会に言葉の理解をさらに深めましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。