INDEX

壁を作る人の特徴や心理10選!

壁を作る人の特徴や心理①他人に興味がない

他人に興味がないナルシストな人の画像

壁を作る人の特徴や心理の1番目に、「他人に興味がない」ということが挙げられます。他人に興味がない人は、他人と仲良くしたいという気持ちがないので、壁を作ってしまう傾向があると言われています。

他人に興味がない人の中には、自己愛が強いタイプやナルシストなタイプが多く、自分のことしか考えていない人もいると言われています。

ちなみに以下の記事では、「自己愛が強い人」と「ナルシスト」の違いや、自己肥大が大きくなることが自己愛性パーソナリティ障害の原因となることなどをお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。

Small thub shutterstock 387823921
関連記事 自己愛が強い人の心理や特徴11つ|意味やナルシストな人への対策も

自己愛が強い人は身近にいませんか?過度な自己愛は自己愛性パーソナリティ

壁を作る人の特徴や心理②他人を信用できない

他人を信用できない人の画像

壁を作る人の特徴や心理の2番目に、「他人を信用できない」ということが挙げられます。他人を信用できない人は、他人と仲良くしたいと思っていても、「どうせ強い信頼関係で結ばれた仲にはなれない」という、人間関係に対する否定的な感情があることから、壁を作ってしまうと言われています。

壁を作る人の特徴や心理③過去に人間関係で嫌なことがあった

過去に人間関係で嫌なことがあった人の画像

壁を作る人の特徴や心理の3番目に、「過去に人間関係で嫌なことがあった」ということが挙げられます。過去に人間関係で嫌なことがあった人は、以前は他人に興味があり、他人のことを信用できた人が多いと言われています。

しかし、何らかの人間関係のトラブルを経験したことで「他人と仲良くしても、どうせまた嫌な思いをするだけだ」と否定的な考え方になっている傾向が多いと言われています。こういった理由で壁を作ってしまう人は少なくないと言われています。

壁を作る人の特徴や心理④人間関係が面倒

人間関係が面倒と思う人の画像

壁を作る人の特徴や心理の4番目に、「人間関係が面倒」ということが挙げられます。人間関係が面倒と感じている人には、自分のやりたいことや趣味などを重視している傾向があると言われています。

人間関係が面倒だと思う人は、「他人と仲良くすると、遊びや日々のメールのやりとりなどに時間を割かなければいけないことが嫌だ」と感じている人が少なくないと言われています。

そういった時間をとられるくらいなら、自分の好きなことや趣味などに時間を使いたいと考える人が多いことから、人間関係が面倒だと思い、壁を作ってしまう人は少なくないと言われています。

壁を作る人の特徴や心理⑤自信がないから壁を作ってしまう

自信がないから壁を作ってしまう人の画像

壁を作る人の特徴や心理の5番目に、「自信がないから壁を作ってしまう」ということが挙げられます。自信がないから壁を作ってしまう人には、自分の考え方や気持ちが他人に受け入れられないと感じている人が多いと言われています。

自分に自信がないからこそ、自分の考えや気持ちをオープンに伝えることができず壁る作る人になってしまうケースです。こういった人とは反対に、自分の心を開いて人と接する人は「オープンマインドな人」と表現されることがあります。

オープンマインドな人は、自分の心を開いて相手と仲良くやっていける人であり、柔軟性に富んだ人であると考えられており、周囲の人から良い印象を抱かれている人も多い、と言われています。以下の記事ではオープンマインドの意味や、オープンマインドになる方法などを詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。

Small thub shutterstock 222631798
関連記事 オープンマインドの意味とは?オープンな性格や考え方になる方法9つ

オープンマインドな性格とはどういう人でしょうか。心を開くことが大切で、

壁を作る人の特徴や心理⑥相手のことを深く聞かない

男女

壁を作る人の特徴や心理の6番目に、「相手のことを深く聞かない」という特徴があると言われています。相手のことを深く聞かない人は、相手のプライベートなどに深く立ち入らないようにしている傾向が見受けられると言われています。

他人の私情に深く首を突っ込むと、色々と面倒なことやトラブルなどに巻き込まれる可能性が増えると考えていることから、壁を作る人には「相手のことを深く聞かない」という特徴があると言われています。

壁を作る人の特徴や心理⑦弱音を吐かない

弱音を吐かない人の画像

壁を作る人の特徴や心理の7番目に、「弱音を吐かない」という特徴があると言われています。弱音を吐かない人は、自分の弱い部分や本音を隠そうとしている傾向があり、本心を他人に知られたくないと考えている人が多いと言われています。

他人に本心を知られてしまうと、それをきっかけに、相手との距離がどんどん縮まる可能性が高まることから、壁を作る人には「弱音を吐かない」という特徴があると言われています。

壁を作る人の特徴や心理⑧一線を引くために敬語を多用する

困る女性

壁を作る人の特徴や心理の8番目に、「一線を引くために敬語を多用する」という特徴があると言われています。一線を引くために敬語を多用する人は、タメ口などの親しい言葉遣いで会話をすることで、他人との距離が縮まりやすいと考えています。

このように壁を作る人の中には、一線を引くために敬語を多用する傾向があり、ある程度仲良くなってからも礼儀正しく敬語を使い続けるといった特徴があると言われています。

壁を作る人の特徴や心理⑨話を聞くタイプが多い

話を聞く人の画像

壁を作る人の特徴や心理の9番目に、「話を聞くタイプが多い」と言われています。壁を作る人の中に話を聞く人が多い理由は、自分のことを深く知られたくないという理由から、聞き役に徹する人が多くなるからであると言われています。

他人に自分のことを深く知られてしまうと、それをきっかけに、相手との距離が縮まる可能性が高まります。そのため、むやみに自分の話はせずに聞き役に徹することで、他人との間に壁を作る人が多いと言われています。

壁を作る人の特徴や心理⑩忙しいという印象を与える人が多い

忙しそうな人の画像

壁を作る人の特徴や心理の10番目に、「忙しいという印象を与える人が多い」という特徴があると言われています。壁を作る人の中に、忙しいという印象を与える人が多い理由は、周囲の人たちから遊びやイベントごとに誘われた時に「忙しい」ということを理由に断るケースが多いからです。

壁を作る人の中には、「休日は自分の時間を過ごしたい」、「空き時間は仕事関係の人と過ごしたくない」と考える人が少なくないことから、周囲の人に忙しいという印象を与える人が多いと言われています。

壁を作らない人の特徴は?壁を作る人との違いは?

壁を作らない人の特徴・壁を作る人との違い①協力のメリットを感じている

協力のメリットを感じている人の画像

壁を作らない人の特徴・壁を作る人との違いの1番目は、「協力のメリットを感じている」という点です。壁を作らない人は、他人と協力することで、1人では乗り越えられないような困難な壁を打ち破れることを知っていると同時に、メリットを感じています。

こういったメリットを感じているからこそ、他人と協力し、問題の解決や、より良い環境作りに励もうとする姿勢が垣間見えると言われています。

壁を作らない人の特徴・壁を作る人との違い②相手を敵視していない

相手を敵視していない人の画像

壁を作らない人の特徴・壁を作る人との違いの2番目は、「相手を敵視していない」という点です。壁を作らない人は、他人と協力することのメリットを感じていることから、相手を敵視しない傾向があると言われています。

壁を作らない人の中には、「出来る限り相手を信頼し、力を合わせることによって、現状をより良いものに変えていきたい」と考える人が多いことから、相手を敵視していないという特徴があると言われています。

恋愛で壁を作る人との付き合い方のポイントや注意点3選!

恋愛で壁を作る人との付き合い方のポイントや注意点①自分のことを話す

自分のことを話す人の画像

恋愛で壁を作る人との付き合い方のポイントや注意点の1番目は、「自分のことを話す」ということです。壁を作る人の中には、恋愛に自信がない人も多く、相手との距離を縮めたくないと思っている人が多いこともあり、聞き役にまわる人が多いと言われています。

そのため、恋愛で壁を作る人に対して、できる限り自分のことを話すことが有効であると言われています。また恋愛で壁を作る人に対して、できる限り自分のことを話すことは、壁を作る人に不快感を与えることなく、少しずつ距離を縮めていくために有効であると言われています。

壁を作る人に対して、できる限り自分のことを話す際には、自分の良くない面や失敗談などについても話すようにすることで、壁を作る人の警戒感を解いたり、親近感を増す効果があると言われています。

恋愛で壁を作る人との付き合い方のポイントや注意点②相手を否定しない

相手を否定しないというイメージ画像

恋愛で壁を作る人との付き合い方のポイントや注意点の2番目は、「相手を否定しない」ということです。壁を作る人の中には、自信がない人も多いことから、自分の発言や行動を否定されると、その後、さらに本心を隠そうとする傾向があると言われています。

そのため、常識や固定観念にとらわれることなく、恋愛で壁を作る人の言動について受け止めてあげる姿勢を示すことで、少しずつ関係性が深まってくると言われています。

ちなみに、常識や固定観念にとらわれるなどの、偏ったものの見方をする人は「偏見を持っている」、「ステレオタイプな考え方だ」などと表現されることがあります。以下の記事では、「ステレオタイプ」という言葉の意味や使い方などについて詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。

Small thub shutterstock 540159820
関連記事 ステレオタイプの例10選|stereotypeの意味や使い方とは?

ステレオタイプ(stereotype)とはどのような意味かご存知ですか

恋愛で壁を作る人との付き合い方のポイントや注意点③相手を受け入れる

相手を受け入れる人の画像

恋愛で壁を作る人との付き合い方のポイントや注意点の3番目は、「相手を受け入れる」ということです。壁を作る人の中には、自信がない人も多いことから、「自分みたいな人間は人から好きになってもらえるはずがない」と考えている人も少なくないと言われています。

そのため、壁を作る人は本心を話さなかったり、失敗やミスをした時、過度に落ち込んだりする傾向があると言われています。そういった部分を含めて、壁を作る人のことを受け止めてあげることで、信頼関係が強まると言われています。

このようなことから、壁を作る人の短所や失敗を見た場合には、積極的に相手を受け入れ、「欠点を含めて好き」という姿勢を示すことが重要であると言われています。

職場の壁を作る人との付き合い方のポイントや注意点3選!

職場の壁を作る人との付き合い方のポイントや注意点①頻繁に挨拶する

頻繁に挨拶する人の画像

職場の壁を作る人との付き合い方のポイントや注意点の1番目は、「頻繁に挨拶する」ということです。頻繁に挨拶をすることで、相手との距離を少しずつ縮めることができると言われています。挨拶だけで終わってしまう状況が多くても、気にすることはなく、たくさん接触を持つことが大切であると言われています。

このように、職場で壁を作る人とたくさん接触を重ねることで、不快感を与えることなく、少しずつ親しくなることができると言われています。

職場の壁を作る人との付き合い方のポイントや注意点②笑顔で接する

笑顔で接する人の画像

職場の壁を作る人との付き合い方のポイントや注意点の2番目は、「笑顔で接する」ということです。職場で壁を作る人に笑顔で接することで、相手に与える印象はとても良いものになると言われています。

良い印象を抱いている相手の方が、悪い印象を抱いている人よりも話をしたいと思われることから、笑顔で接することが大切であると言われています。

ちなみに以下の記事では相手に与える印象の中でも「第一印象」について詳しく紹介している記事ですので、ぜひ合わせてご覧ください。第一印象はその後の評価に良い影響を与えたり、より良い環境づくりのためにとても重要であると言われていますので、ぜひ今後にお役立てください。

Small thub shutterstock 293193293
関連記事 第一印象を良くする方法8選|初対面の人に好印象を与える重要性は?

第一印象を良くすることはその後の人間関係や環境づくりのために大切です。

職場の壁を作る人との付き合い方のポイントや注意点③ボディタッチする

ボディタッチする人の画像

職場の壁を作る人との付き合い方のポイントや注意点の3番目は、「ボディタッチする」ということです。ボディタッチは相手との関係性を縮めたい時に有効であると言われています。しかしその一方で人間関係が築けていない段階でボディタッチをしてしまうと、相手に不快感を与えてしまうと言われていますので注意が必要です。

そのため、職場で壁を作る人と付き合う際には、ボディタッチをしてみると仲良くなれることがあると言われています。しかしその一方で人間関係が築けていない段階でボディタッチをしてしまうと、職場で壁を作る人に対して不快感を与えてしまうと言われていますので注意が必要です。

ちなみに以下の記事では、肩に手を置くボディタッチについて詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。肩に手を置く男性心理や、肩に手を置かれた時の対処法などを詳しく紹介しています。

壁を作る人の心理や付き合い方を理解してより良い人間関係を築きましょう

壁を作る人は何らかの理由があって周囲の人に対して壁を作っていると考えられます。しかし、多くの人と協力することで成し遂げられることや解決できるようになることは多いので、壁を作る人の心理や付き合い方を理解してより良い人間関係を築きましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。