INDEX

オープンマインドの意味とは?

オープンマインドの意味とは「他者に対して心を開くこと」

心を開くことでより良い状況を生む考え方を持っている人のイメージ画像

オープンマインドの意味とは「他者に対して心を開くこと」のことです。オープンマインドとは日本語で「開かれた心」といった意味合いになります。オープンマインドの心の持ち主は周囲の人の言うことに耳を傾けて、素直に受け止めるといった特徴があります。

オープンマインドな性格の人は他人の意見を聞いたうえで自ら考える

他人の意見を聞いたうえで自ら考える人の画像

オープンマインドな性格の人には、他人の意見を聞いたうえで自ら考えるという傾向が見られます。心を開くことで素直に他人の考えを受け入れますが、だからと言って、他人の考えをそのまま自分の考えとして採用するわけではありません。

つまりオープンマインドな性格の人とは、他人の意見を聞いて、それをふまえて自分なりに考えて結論を導き出す人のことで、「他人の言うことに文句を言わずに従う」といった消極的な人を表した言葉ではありません。

オープンマインドな性格・考え方になる方法9つ

オープンマインドな性格・考え方になる方法①決めつけない

相手の主張を固定観念で決めつけないで話を聞く人の画像

オープンマインドな性格・考え方になる方法の1番目は、決めつけないということです。人は生きていくうえで直面する様々な出来事に対して、知らず知らずのうちに、今までの経験や知識をもとにレッテルを貼ったり、種類ごとに分けるといった考え方をしています。

例えば、飲み会をしている時、隣の席に筋肉質でスポーツが大好きそうな男性が大人数で来た際には、「なんだか騒ぎそうだな。声をかけられたりしなきゃいいんだけど…」と思ってしまう場合などが一例として挙げられます。「スポーツをしている人は飲み会で大騒ぎする」といったレッテル張りをしている可能性があります。

その一方でオープンマインドな性格な人は、同じ状況に出くわしても、大騒ぎするといった決めつけをしない傾向があります。そのため、オープンマインドな性格になるためには、色んな人や物事に対して最初から決めつけないように心がけることが有効だと言われています。

オープンマインドな性格・考え方になる方法②自分の考えをしっかり持つ

自分の考えをしっかりと持てるように考えをまとめる人の画像

オープンマインドな性格・考え方になる方法の2番目は、自分の考えをしっかり持つということです。オープンマインドな性格とは、あっさりと他人の言うことに従うことを意味するものではありません。そうではなく色んな考え方があることを認め、それらをふまえて自分なりに考えるタイプの人のことを意味します。

そのため、他人の言うことを聞くたびに影響を受けて考え方を変えてしまうという人はオープンマインドな性格とは言えません。こういったことから、オープンマインドな性格になるためには、自分なりの考え方をしっかりと持つことが大事だと言われています。

オープンマインドな性格・考え方になる方法③否定されることを怖がらない

否定されることを怖がらず前向きに話す人の画像

オープンマインドな性格・考え方になる方法の3番目は、否定されることを怖がらないということです。オープンマインドな性格の持ち主は色んな考え方をする人がいることをしっかりと認識しているので、自分の考えを否定されても、必要以上に気にすることはありません。

オープンマインドな性格の人は「世の中には色んな考え方をする人がいる」と頭でわかっているからこそ、自分の考えを他人に否定されても必要以上に気にせず、自分なりの考え方に自信を持てると言われています。

オープンマインドな性格・考え方になる方法④大勢の人と関わる

大勢の人と関わる人の画像

オープンマインドな性格・考え方になる方法の4番目は、大勢の人と関わるということです。オープンマインドな性格の持ち主は、できるだけ大勢の人の考え方や意見を聞くことに重要性を感じているという傾向があります。

なぜなら、色んな考え方を聞くことで新たな発見があるかもしれませんし、自分の考え方に間違いがあることに気付かされるかもしれません。そういったことから、大勢の人と関わって色んな人の意見を聞くことはオープンマインドな性格になるために役立つと言われています。

オープンマインドな性格・考え方になる方法⑤他人を悪人だと思わない

他人を悪人だと思わず信頼関係を築く人の画像

オープンマインドな性格・考え方になる方法の5番目は、他人を悪人だと思わないということです。オープンマインドな性格の持ち主は、あまり深く知らない人に対しても心を開く傾向があります。それは他人を悪人であると思っておらず、自らが良い振る舞いをすれば、他人も自分に良くしてくれると信じているからです。

その一方でオープンマインドな性格を持てない人は、他人や見知らぬ人を敬遠し、できるだけ関わらないようにする傾向があります。そのため、多様な意見を集められないことが多いと言われています。

このようなことから、知らない人でも悪い人だと決めつけずフレンドリーに接するように心がけることは、オープンマインドな性格になるために役立つと言われています。

オープンマインドな性格・考え方になる方法⑥過去の失敗にとらわれない

過去の失敗にとらわれない人の画像

オープンマインドな性格・考え方になる方法の6番目は、過去の失敗にとらわれないということです。オープンマインドな性格の持ち主であっても、人間関係でうまくいかなかったり、深く心が傷つくような嫌なことを言われたりすることはあります。

しかしそういった過去の失敗を気にしすぎると、次に人と接する時にも、また嫌な思いをするんじゃないかと思ってしまい、心を開くことができなくなってしまいます。

そのため、過去の失敗にとらわれることなく、次はもっとうまくやれるといった気持ちで人と接することがオープンマインドな性格になるために大切であると言われています。ちなみに以下の記事では気にしすぎてしまう性格の心理や改善方法をお伝えしていますので、小さなことを気にしすぎてしまう方は、合わせてご覧ください。

オープンマインドな性格・考え方になる方法⑦常識に縛られすぎない

常識に縛られ過ぎない人の画像

オープンマインドな性格・考え方になる方法の7番目は、常識に縛られすぎないということです。学校や職場では、その環境における空気や常識といった、目には見えない風潮や考え方が存在します。そのため、学校や職場では話せなかったことが、他の場所では心を開くことができて気兼ねなく話せるといったことはよくあります。

その環境における常識や空気感といったものは、言いたいことをはっきりと言えない雰囲気を作ってしまいがちです。そのため、オープンマインドな性格になるためには、こういったその場の常識や雰囲気を気にすることなく、おおっぴろげに意見を言うことが大切であると言われています。

しかしその場の常識や空気感から、あまりに逸脱しすぎてしまうと、空気の読めない人だと思われるので注意が必要です。その場に合ったオープンな姿勢を意識し続けると、バランス感覚が養われます。そして、その場で許容される範囲内で、オープンな意見交換ができる雰囲気を作り出せるようになれると言われています。

オープンマインドな性格・考え方になる方法⑧他人に好かれる

他人に好かれて楽しむ人の画像

オープンマインドな性格・考え方になる方法8番目は、他人に好かれるということです。他人に好かれなければ相手は心を開いてくれませんので、率直な意見を聞くことはできません。

そのため、身なりを整えたり、挨拶をしっかりとしたり、礼儀正しい振る舞いをするといった基本的なことを身につけて、他人から好かれる人物になる必要があります。

そしてオープンマインドな性格になることが他人に好かれることにつながるとも言われています。このように、他人に好かれるということはオープンマインドな性格になる方法として効果的だと言われています。

オープンマインドな性格・考え方になる方法⑨自分を認める

自分を認められた人の画像

オープンマインドな性格・考え方になる方法の9番目は、自分を認めるということです。自分を認めて肯定することができないと、自信を持って他人と接することができません。

自分を認めて堂々と接することで、相手も自分のことを認めてくれますし、時には魅力を感じてくれることもあります。そういった人物になれてこそ、相手もオープンに話をしてくれるので、オープンマインドな性格になるためには、自分を認めるということが大切だと言われています。

ちなみに以下の記事では、ダメな自分を認めるところから始めて、その後、変えていく方法について詳しくお伝えしていますので、ぜひ合わせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 245218063
関連記事 ダメな自分を変える方法10選!弱い自分を変えたいなら認めることが大切?

ダメな自分を変えたいと思ったことはありませんか?ダメな自分を変えるには

オープンマインドな性格になってより良い日々を送りましょう

オープンマインドな性格になると、自然と周りの人とのコミュニケーションが円滑になり、意見交換や相談をしやすくなります。たくさんの意見を聞くことで自分の考え方に間違いがないかどうかを確認できたり、より良いアイデアを出すきっかけにもなりますので、オープンマインドな性格になって、より良い日々を送りましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。