Large thumb shutterstock 231812140

男性のスーツに合う帽子9選|着こなしのコツやメンズの通勤コーデも

更新:2019.06.21

コーデに取り入れるだけで簡単におしゃれ見えする帽子ですが、ちょっと上級なスーツと合わせた着こなしにチャレンジしてみませんか?定番のハットから意外なキャップまで、スーツに合う帽子は以外にも多いんですよ!着こなしのコツや、通勤もOKなコーデも一緒にご紹介しますので、是非おしゃれの参考にしてみて下さいね!

スーツに合う帽子の選び方は?

帽子の選び方①ビジネス?プライベート?使うシーンに合わせて選ぶ

スーツと相性の良い帽子の種類は多く、海外ではおしゃれに着こなした男性をよく見かけます。しかし日本では、スーツに帽子を合わせたスタイルはまだまだ見慣れない印象がありますよね。日本で帽子+スーツをカッコ良く着こなしたいのなら、まずはTPOに合わせたシーン別コーディネートを身に付けておくのがおすすめです。

一言でスーツと言っても、ビジネススーツなのかおしゃれスーツなのか、会社に着ていくのかパーティーに着ていくのか、と用途は様々です。スーツの目的やシーンに合った帽子をその都度選ぶようにしておかないと、おしゃれをしたつもりが、ただ単に悪目立ちをしてしまうということにもなりかねません。

例えばスーツにベースボールキャップを合わたスタイルは、NYのビジネス街では普通に見かけても、日本では遊び心があり過ぎるおしゃれとしてビジネスの場では浮いてしまいます。逆にフォーマルだからと、職場にシルクハットを被って行く人もいませんよね。スーツに帽子を合わせるなら、シーンに適した帽子選びが必要です。

帽子の選び方②自分の顔の形や髪型や体型に合ったものを選ぶ

スーツに合わせる時に限らず、似合う帽子の選び方として重要なポイントが、顔の輪郭の形や髪型や体型です。写真の中でモデルが被っていた時にはおしゃれに見えたのに、いざ自分で被ってみるとなんだか違和感が…なんてことも、帽子は洋服以上に起こりやすいものです。

帽子にはクラウンと呼ばれる頭を覆う部分とツバがありますので、被った際の顔や全身のシルエットやバランスを必ずチェックするようにしましょう。一般的には顔の形とクラウンの形が似ている方が馴染みやすいと言われています。顔型別の選び方や帽子が似合う人の特徴を詳しく知りたいなら、下記の記事も参考にして下さいね!

スーツに帽子を合わせる時の着こなしのコツは?

着こなしのコツ①スーツの色と帽子の色を同系色で合わせる

スーツに上手に帽子を合わせる1つ目のコツは、スーツと帽子の色を同系色で合わせるようにすることです。挿し色として全く違う色の帽子を合わせるよりもコーディネートが簡単なので、帽子コーデ初心者の男性でも取り入れやすく、統一感のある配色は大人っぽく、スーツの落ち着いたフォーマルな印象も活かすことが出来ます。

着こなしのコツ②季節に合った生地やデザインを選ぶ

スーツに上手に帽子を合わせる2つ目のコツは、季節に合った生地の帽子を選ぶということです。同じ形の帽子でも、生地の種類によって印象は大きく変わります。おしゃれに気を遣う男性なら、スーツの生地を季節によって変えるように、帽子の素材に関してもコーディネートの際に配慮しておきたいものです。

春夏であれば目が粗く通気性の良いラフィアや麻の一種であるシゾールなどの素材を、冬なら暖かいフェルトやウール素材のものを選ぶことで、季節に合ったコーディネートが完成するだけでなく、遮光や防寒など実用面での対策にもなります。特におしゃれにこだわりたくなる秋冬におすすめの帽子も是非チェックして下さいね!

男性のスーツに合う帽子9選

【男性スーツに合う帽子】①ビジネスシーンにもピッタリ!中折れハット

男性のスーツに合う帽子1つ目は、中折れハットです。中折れハットはその名の通り、登頂部の真ん中が内側に折り込まれた、正面から見た際にM字のような形になっているツバありの帽子です。かつてはネクタイと同じ位メンズファッションの必需品でしたが、最近では女性の間でもおしゃれアイテムとして定番化しています。

シャープなフォルムは上品で大人っぽく、かっちりとした印象なのでスーツとの相性も非常に良い帽子です。ツバの大きさや中折れの高さや形によってシルエットも様々なので、どんな顔の形の人でも自分に似合うものを見つけやすい点も魅力ですね!

【男性スーツに合う帽子】②クラシックなスタイルに!ハンチング帽

男性のスーツに合う帽子2つ目は、ハンチング帽です。ハンチング帽は上流階級が狩猟(ハンティング)の際に被る帽子として人気になりました。フィット感が高く、動いても邪魔にならずにズレ難いため、紳士のスポーツと呼ばれるゴルフでもよく用いられ、アクティブさとドレッシーさが融合したクラシカルな雰囲気の帽子です。

一枚の布で作られた頭頂部は平たく、ツバの部分とフロント部分がくっついたような独特の形状はユニークで、知的な印象が漂います。ジャケットスタイルとも好印象ですので、是非おしゃれな大人の男性におすすめしたい帽子です。

【男性スーツに合う帽子】③ややカジュアルな印象がおしゃれ!キャスケット

男性のスーツに合う帽子3つ目は、キャスケットです。キャスケットはハンチング帽の一種とされていて、ハンチングよりも丸みを帯びてふんわりと膨らんだ形になっているのが特徴です。また、頭頂部が一枚の生地でできたハンチングとは違い、何枚かの生地が接がれて作られています。

新聞売りの少年たちが好んで被っていたことからニュースボーイキャップと呼ばれることもあるように、少年のような爽やかさや愛嬌を感じられる形状が人気です。どんな人にも似合う帽子だと言われているキャスケットですから、帽子初心者の方でもチャレンジしやすくおすすめです。

【男性スーツに合う帽子】④チャップリンでも御馴染み!ボーラ―ハット

男性のスーツに合う帽子4つ目は、ボーラーハットです。日本ではあまり聞き馴染みのない帽子ですが、チャーリーチャップリンが被っていたと聞けば分かる方も多いのではないでしょうか。乗馬中に木の枝に引っかかって落ちないよう、コンパクトに作られた半球形のトップと上向きにカールしたツバの形が特徴的です。

最近ではボーラーハットをカジュアルなシャツスタイルに合わせたおしゃれな着こなしが主流ですが、元々は正装に合わていた帽子ですから、勿論スーツとも良く馴染みます。中折れハットだとシャープな印象過ぎて苦手だと感じてしまう方に、是非取り入れて頂きたい帽子です。

【男性スーツに合う帽子】⑤夏の日差し対策にも!パナマハット

男性のスーツに合う帽子5つ目は、パナマハットです。帽子はお洒落なアイテムとしての要素が大きいですが、夏の強い日差しや冬の寒さから頭を守るというメリットもあります。パナマハットはパナマ草という軽くて丈夫な天然素材を使って職人がハンドメイドで作り上げたエクアドルの伝統的な夏用の帽子のことです。

中折れハットに良く似た形状のパナマハットは、同じ夏用帽子として人気のストロー(麦わら)ハットやラフィア製のものに比べて上品さがあります。そのためスーツスタイルにも良く似合い、おしゃれさと涼しさの両立が可能です。

パナマハットのような夏の帽子は汗や皮脂で汚れやすい反面、繊細な素材のため丸洗いできないことが多く、長く愛用するには正しい方法できちんとお手入れしておくのがおすすめです。下記の記事では帽子のケア方法についてご紹介していますので、参考にしてみて下さいね!

【男性スーツに合う帽子】⑥個性的なこだわりを感じる!ニットキャップ

男性のスーツに合う帽子6つ目は、ニットキャップです。カジュアルで防寒のための帽子という印象の強いニットキャップですが、最近ではビーニーやワッチと言った名前で呼ばれ雑誌でも特集される程、ファッション業界も注目し直しているアイテムです。

スーツにニットキャップをプラスした着こなしも、インナーにTシャツを合わせたカジュアルなセットアップタスタイルのものからビジネススーツまで、幅広いコーディネートが楽しめます。室内などで帽子を脱いだ際に、ニットキャップなら鞄の中に丸めて入れても邪魔にならず、また皺にならない点も便利ですね!

【男性スーツに合う帽子】⑦遊び心を演出!ベースボールキャップ

男性のスーツに合う帽子7つ目は、ベースボールキャップです。いわゆる野球帽のベースボールキャップは、子どもの頃から被っていたという方も多く、男性にとっては帽子の中でも最も馴染みの深いタイプなのではないでしょうか。

スポーティーな印象なのでスーツに合わせるとなると違和感があるかもしれませんが、ここ数年でセットアップスーツと合わせたおしゃれ上級者のはずした着こなしが注目されています。通勤用としてはあまりおすすめしませんが、休日のちょっとリラックスしたキチンと感のある服装に取り入れてみてはいかがでしょうか。

【男性スーツに合う帽子】⑧パンクロックテイストが魅力!マウンテンハット

男性のスーツに合う帽子8つ目は、マウンテンハットです。その名の通り、山肌のようにゴツゴツとした見た目のマウンテンハットは、頭頂部をランダムに凹ませた歪な形が特徴で、見る角度によってシルエットも変わる面白い帽子です。

マウンテンハットと言えばセックスピストルズの仕掛け人であり、ヴィヴィアン・ウエストウッドとも関係の深いマルコム・マクラーレンが愛用していた帽子としても有名で、それゆえにパンクテイストのファッションとの合わせるのが王道とされています。細身のモッズスーツと一緒に着こなせば、より一層おしゃれな印象です。

【男性スーツに合う帽子】⑨結婚式などの正装時に被りたい!シルクハット

男性のスーツに合う帽子の最後は、シルクハットです。誰もがご存知のシルクハットは、トップが平らで高さがあり、フォーマルでドレッシーな印象の礼服用の帽子です。パーティーや結婚式の参列時等におすすめですが、最近ではおしゃれな男性がカジュアルなファッションにも合わせていて、意外な相性に人気が高まっています。

普段のスーツやカジュアルなファッションに合わせるのはハードルが高いと感じるのであれば、山の高さが出来るだけ低いショートサイズのものを選ぶようにすれば馴染みやすいですよ。Pコートやロングコートのようなアイテムとも是非コーディネートしてみて下さい!

スーツに帽子を合わせたメンズの通勤コーデ3選

スーツ+帽子のメンズ通勤コーデ①春秋の通勤コーデ

最後にスーツに帽子を合わせた通勤コーデを季節ごとにご紹介します。おしゃれの意欲が高まりやすい春や秋は、是非帽子を使ったおしゃれにチャレンジしてみましょう!カッチリとした印象のビジネススーツならどんな帽子でも合わせやすいのですが、帽子初心者さんも取り入れやすいのはツバありタイプのものです。

特におすすめなのがこげ茶色のハットです。焦げ茶色はビジネス用の革製品にも良く見られる色で、ネイビーやブラウン系のスーツや他のビジネス小物との色の相性も良く、ベルトや靴を合わせる感覚で着こなすことができますよ!おしゃれ好きなメンズなら、こだわって時計のベルトの色などとも合わせてはいかがでしょう。

スーツ+帽子のメンズ通勤コーデ②初夏~夏の通勤コーデ

クールビズが当たり前となった夏には、きつい日差しや紫外線を遮断するためにも、是非積極的に帽子を取り入れた着こなしを楽しんでみましょう!夏のビジネススーツに合わせるなら、ファッション性の面でも実用性の面でもやはりパナマハットが断トツでおすすめです。

パナマハットには色つきのものもありますが、白やアイボリーなどの色の物が最もパナマハットらしさを感じられ、また見た目にも爽やかですね。カジュアルさが出過ぎてしまうとビジネスシーンには不釣り合いですから、シンプルで上品なモデルを選ぶようにしましょう。

スーツ+帽子のメンズ通勤コーデ③冬の通勤コーデ

防寒を兼ねて寒い冬に帽子を取り入れるなら、フェルト素材の帽子を選ぶのが正解です。ボーラーハットや中折れハットなら、フェルト素材のものも定番として多く販売されています。トレンチコートのようなジャケットと合わせたボーラーハットは、一緒に合わせたストールが目線を分散し、是非真似をしたい絶妙なバランスです。

また、チェスターコートなどの男性らしいアイテムとも帽子は好相性です。先程のストールの時と同様、全身が「I」のラインになるような縦長のスタイルを意識するのがポイントですよ!

帽子を上手に取り入れてワンランク上のおしゃれを楽しもう!

男性のスーツに合う帽子を色々とご紹介しましたが、気になるものはありましたか?是非色々なタイプの帽子をおしゃれに着こなして下さいね!折角購入した帽子は、ちょっとの工夫でおしゃれに収納することができますので、是非以下の記事も参考にして下さいね!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。