ダブルレインボーと呼ばれる2重の虹を見たことがありますか?虹を見ることは吉兆のサインだと昔から言い伝えられてきました。ただの虹を見るだけでも幸運のサインなのに、それが2重の虹となると、更に幸運に恵まれそうで嬉しいですよね。そんな2重の虹についてご紹介していきます。

INDEX

  • 2重の虹(ダブルレインボー)が出るのはなぜ?その原理は?
  • 2重の虹は吉兆?幸運の言い伝え5選
  • 2重の虹の特徴と意味は?
  • 2重の虹と地震との関係性は?過去の事例なども
  • 幸運の吉兆である2重の虹を見つけるために雨上がりの空を見上げよう!

2重の虹(ダブルレインボー)が出るのはなぜ?その原理は?

2重の虹(ダブルレインボー)が出来るのは雨粒と太陽の光の関係

2重の虹(ダブルレインボー)とは、太陽の光が雨粒に反射や屈折して出来た虹が、2重になっている様子を、そう呼びます。虹が出るのは太陽と反対側の空で、水滴に反射した太陽光が7色に分かれて、虹が見えます。2重の虹はメインの虹とメインの虹に反射したサブの虹の2本になります。

1本目のメインの虹を主虹、2本目のサブの虹を副虹と呼びます。2重の虹(ダブルレインボー)の主虹と副虹で見える虹の色展開は、反対になっています。主虹は赤から始まって、オレンジ、黄色、緑、水色、青、紫で終わり、副虹は紫から始まって、青、水色、緑、黄色、オレンジ、赤の順で終わります。

主虹の色は明るく、副虹の色は暗くなっています。また、2重の虹(ダブルレインボー)が見えるときは、主虹と副虹の間の空の色が暗くなると言われています。虹が発生するメカニズムとして、太陽の光と雨が関係しているので、雨上がりの空が2重の虹(ダブルレインボー)を見る大きなチャンスになります。

2重の虹(ダブルレインボー)が出る原理は主虹に副虹が反射したもの

2重の虹(ダブルレインボー)が出る原理として、太陽の光が雨粒に反射や屈折して出来た主虹に反射して出来たものが、副虹になります。1回の反射で出来たものが主虹で、こちらは、はっきりと副虹よりもクリアに見えます。副虹は、2回の反射で出来るので、必然的に主虹よりもうすい感じになります。

実は、虹が出たときに毎回2重の虹(ダブルレインボー)が出ていることもあるんです。ただ、はっきりしない2重の虹(ダブルレインボー)の場合、「あっ、虹だ!」と見つけて終わりと言うこともあります。ですので、虹を見たらよく観察して、2重の虹(ダブルレインボー)になっていないか見てみることをおすすめします。

2重の虹は吉兆?幸運の言い伝え5選

2重の虹は吉兆?2重の虹の幸運の言い伝え5選|その1

2重の虹は吉兆?2重の虹の幸運の言い伝え5選のその1は、「ダブルレインボーは、願いごとが叶うサイン」です。2重の虹が比較的よく見られるというハワイでは、2重の虹が出ている間に願いごとをすると叶うという、言い伝えがあります。珍しい天体現象で、なかなか見られない2重の虹を見るのは、既に幸運です。

そこから更に「願いごとが叶う」と言う言い伝えまである2重の虹と言うのは、とってもラッキーアイテムです。2重の虹を幸運にも見られたときは、そこに意識が集中して願いごとをするのを忘れてしまいそうですが、心の片隅にぜひ留めておいて、願いごとをすると更なる幸運を呼び込みます。

下の記事では、虹は幸運の前兆で縁起の良いものである吉兆のサインだというご紹介をしています。合わせて、ご覧になると参考になります。

Small thumb shutterstock 439992085
関連記事 虹は幸運の前兆!蜘蛛やてんとう虫にまつわる話もご紹介

虹は縁起の良いもので、幸運の前兆だと言われています。虹のほかにもてんと

2重の虹は吉兆?2重の虹の幸運の言い伝え5選|その2

2重の虹は吉兆?2重の虹の幸運の言い伝え5選のその2は、「ダブルレインボーは、祝福のサイン」です。ダブルレインボーを見ると、今までやってきたことが認められ、祝福されるという言い伝えがあります。日々、地道に努力した積み重ねが認められるチャンスが訪れる2重の虹は、ラッキーアイテムです。

祝福されるものには、いろいろありますが、仕事で認められポジションが上がって祝福されたり、つきあっている彼氏とゴールインすることとなり、結婚での祝福もこちらにあたります。仕事や私生活で祝福される幸運を運んでくれる2重の虹の吉兆をつかんでいきたいですね。

2重の虹は吉兆?2重の虹の幸運の言い伝え5選|その3

2重の虹は吉兆?2重の虹の幸運の言い伝え5選|その3は、「ダブルレインボーは卒業のサイン」です。ダブルレインボーを見ると、今まで行ってきたことを卒業し、新たな可能性に挑戦するという言い伝えがあります。現状を変えたいと思っている人には、今の現状を卒業してどの方向へ行ったら良いか考えるサインです。