Large thumb shutterstock 605765516

神通力の意味とは?種類と身につける方法も

更新:2020.02.14

神通力という言葉を耳にしたことがあるという方は多いですが、その意味や種類を把握している方は少ないと言われています。それに加えて神通力、霊能力、超能力の違いはどこにあるのかについては、さらに把握している人が少ないと言われています。この記事では、神通力の種類や身につけ方などを詳しくお伝えします。

神通力の意味とは?

神通力の意味とは「想像もできないことを成し遂げる力」

あり得ないことを成し遂げそうな女性の画像

神通力の意味とは、「神の力を使って想像もできないことを成し遂げる力」のことです。一週間後に起こる出来事を見通せたり、他人の心の声を聴く力など、普通なら「あり得ない」と思うことを実現する驚くべきのパワーは「神通力」と呼ばれています。

「神」という字には、「予想できない」、「推測することが難しい」という意味があり、「通」という字には、「邪魔するものがない」、「妨げのない」という意味があります。これらの字の意味から、「通常なら予想することもできないような困難なことをやってのける力」のことを「神通力」と呼ぶようになりました。

「神通力」は「神力」と呼ばれたり「通」と呼ばれることもあります。「じんずうりき」と呼ばれることが一般的な「神通力」です。しかし「じんづうりき」と言ったり「じんつうりき」と言う人もいます。ちなみに、以下の記事では常識を超えた力である超能力について詳しくお伝えしているので、合わせてご覧ください。

神通力の意味は人のために役立てるところにある

神通力の意味は人のために役立てるためであることから、仏様や菩薩などの聖者にしか使うことができなかったと言われています。仏様や菩薩以外でも神通力を使ったと言われているのが「禅の修行をした人」、もしくは「薬、呪文の類の利用者」で、いずれにしても人間性の優れた人にしか使うことは許されませんでした。

神通力は常識をはるかに超えた力であることから、非常に意義深く重宝される技術です。しかし、その一方で悪用されると、その被害も大きくなります。

そのため神通力を使って良いとされたのは聖者のみとされ、修行僧に対しても無駄に多用することを厳しく禁じられたと言われています。高い人間性は仏教のみではなく、日常生活にも活かされ、周囲の人たち魅力をアピールできます。以下の記事では人間性を磨く方法などを詳しくお伝えしているので、合わせてご覧ください。

「神通力」「超能力」「霊能力」の違いは何?

「神通力」は「超能力」や「霊能力」とは異なる力を使う

「神通力」は「霊能力」や「超能力」などとは異なるパワーを活用しています。しかしながら、「普通の人には理解できない常識外れの力」という共通点があることから、これらの力の明確な違いを把握していない人が多いと言われています。

神通力は「神の力」や「智(智慧)の力」を使うと言われていますが、超能力や霊能力で使う力はどういった力なのでしょうか。以下で簡潔にお伝えします。

超能力の概要

超能力とは脳の力を使って、常人とは思えない力を発揮する能力のことを意味します。普段は脳の力の1%も活用できていないといわれており、脳の力を引き出せる人が使える能力であると言われています。

霊能力の概要

霊能力とは霊の力を使って、普通の人では到底できないことを可能にする能力のことを意味します。霊には、ご先祖様や知人などの良い霊もいますが、怨念を持った悪霊もいることから、霊能力を使う際には注意が必要と言われています。

神通力の種類は?

神通力は6種類に分類される

神通力はそれぞれの能力の特徴によって6つの種類に分けられており、「六神通(ろくじんずう)」という「6つの神通力」を表す名前で呼ばれています。ちなみに「どの方法で種類分けをするか」によって、分け方や呼び方は異なると言われています。

六神通は仏様からの智慧である「智」を源泉として得た能力のことを指します。「智」とは、「(物事や真理を)十分に理解する力、判断する力」という意味です。

このように「智」を源として得るという意味を表す「智證通」という言葉があります。以下では、「六神通」として認識されている能力の名前や具体的な内容などを紹介します。

神通力「六神通」の種類①神足通(神境智證通)

「六神通」の種類の1つ目は「神足通(じんそくつう)」といった名前で認識されている神通力です。他にも「神足通(じんそくつう)」は「如意通(にょいつう)」、または「神境智證通(じんきょうちしょうつう)」と呼ばれることもあります。

神足通は、残りの5つの神通力のどこにも属さない「それら以外の能力」のことを意味します。神足通には「好きな場所に行くことができる能力(瞬間移動)」や「好きな姿になることができる能力(変身)」などが該当します。

神通力「六神通」の種類②天眼通(天眼智證通)

「六神通」の種類の2つ目は「天眼通(てんげんつう)」という名で知られる神通力です。「天眼通(てんげんつう)」には別名があり、「天眼智證通(てんげんちしょうつう)」といった名称で呼ばれることもあります。

天眼通は「今後起こる未来や、これからの将来を見る能力」を意味します。天眼通で見ることができる未来は自分のものだけではなく、他人の未来も見ることができると言われています。

神通力「六神通」の種類③天耳通(天耳智證通)

「六神通」の種類の3つ目は「天耳通(てんにつう)」という名で知られる神通力です。「天耳通(てんにつう)」のその他の呼び方としては「天耳智證通(てんにちしょうつう)」と言われることもあります。

天耳通は「普通なら聞こえない声や音を聞く能力」を意味します。天耳通で聞くことができるものには天からのお告げなどが該当すると言われています。

神通力「六神通」の種類④他心通(他心智證通)

「六神通」の種類の4つ目は「他心通(たしんつう)」という名前で広く認知されている神通力です。他にも、「他心智證通(てんにちしょうつう)」と呼ばれることもあります。他心通は「他人の心のうちを把握する能力」を意味し、他人の感じていることや考えていることを読み取れる能力と言われています。

神通力「六神通」の種類⑤宿命通(宿住隨念智證通)

「六神通」の種類の5つ目は「宿命通(しゅくめいつう)」という名前で呼ばれている神通力です。別名、「宿住隨念智證通(しゅくじゅうずいねんちしょうつう)」と呼ばれています。宿命通は「前世の人生を知る能力」を意味し、六神通の中でも難しい部類に分けられます。

神通力「六神通」の種類⑥漏尽通(漏尽智證通)

「六神通」の種類の6つ目となる最後の神通力が「漏尽通(ろうじんつう)」です。他にも、「漏尽智證通(ろうじんちしょうつう)」と呼ばれることもあります。漏尽通は「全ての欲望や煩悩を取り払って、迷いの世界に生まれ変わらないことを悟る能力」を意味します。

六神通の中でも特別な分類と認識される漏尽通は、仏様のみしか得られない能力であると言われています。煩悩を振り払わないまま死ぬと輪廻転生を繰り返すと言われており、「漏尽通」を得ると心の迷いから解き放たれて真理を得た状態になるとされています。

神通力を身につけるには?

神通力を身につける方法①禅定を修める

神通力を身につける方法の1つ目は、禅定を修めるというものです。禅定とは禅の修行のことを意味します。つまり仏教の修行僧が禅の修行を終えることで神通力を身につけられると考えられています。

禅定はとても厳しく、強い精神力が必要と言われています。そういった精神力を身につけるために、修行を体験するという人もいます。以下の記事では、精神力を強くする方法やメンタル面に不安がある人の特徴を詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。ぜひ合わせてご覧ください。

神通力を身につける方法②薬や呪文を使う

神通力を身につける方法の2つ目は、薬や呪文を使うというものです。この方法は、仙人や婆羅門(ばらもん)と呼ばれる人が神通力を使う時に見られる方法です。薬の力を借りたり、呪文を唱えることによって神通力が使えるようになります。

神通力の意味や習得方法を理解して仏教の教えを日々に活用しましょう

神通力は仏教にもとづく驚くべきパワーであり、人間の想像をはるかに超えた力であると言われていることから、神通力はとても世のため人のためになる力とされてきました。

しかしその一方で、神通力が悪用されると甚大な被害が生じるため、無駄な使用や乱用が禁じられていると言われています。仏様のように欲望や煩悩を取り除いて、悟りを開かれた方が神通力を正しく使いこなせるという点をふまえ、仏教の貴重な智慧を毎日に活かしていきましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。