Large thumb shutterstock 659022505

たらしこみネイル・水彩ネイルのやり方は?ネイルアートデザインも

更新:2019.06.21

インスタグラムで人気の”たらしこみネイル”と”水彩ネイル”。指先が華やかかつ洗練された印象になります。セルフネイル派もトライしてみたい!と思っている人が多いハズ。マニキュアでもできる?アクリル絵の具はどう使う?ネイルアート初心者でも失敗しないやり方をまとめました。

たらしこみネイル・水彩ネイルに必要なものは?

たらしこみネイル・水彩ネイルに必要なもの①アクリル絵の具

たらしこみネイル・水彩ネイルは、”アクリル絵の具で模様を描き、水分を取り除く”やり方で行うネイルアートです。アクリル絵の具は画材屋ではもちろんですが、アクリル絵の具は100均でも購入できます。アクリル絵の具は水で薄めて使うため、パレットも一緒にあれば便利ですが、アルミ箔でも代用できます。

たらしこみネイル・水彩ネイルに必要なもの②マニキュア

マニキュアはネイルアートのベースとなる色です。アクリル絵の具の色を引き立てるために、薄めのベージュピンク・白乳色などのマニキュアがおすすめです。たらしこみネイル・水彩ネイルをより早くきれいに仕上げるために速乾性のあるもののほうがおすすめです。

一度塗りでクリアな印象に、2・3度塗りでこっくりした印象になります。例えば春夏は1度塗りで涼しげに、秋冬は2・3度塗りで温かみのあるネイルにするとお洋服に合わせやすくなります。最近人気のシロップマニキュアを使ったやり方もおすすめです。

たらしこみネイル・水彩ネイルに必要なもの③ネイルアート筆

アクリル絵の具をのせたりまぜて色を作ったり、水分を取り除きにじませるためにために必要となります。初心者の方や、上級者の方もより細かいデザインにするには毛筆が細めのほうが使いやすいです。こちらも100均で購入可能です。100均には優秀なメイクブラシも多数あります。こちらの記事もお読みください。

たらしこみネイル・水彩ネイルに必要なもの④マットコート

たらしこみネイル・水彩ネイルでマットコートは絶対必要なものではないのですが、つるつるとした表面のマニキュアだけではアクリル絵の具をはじいてしまうので、初心者の方はご用意いただいたほうが、思い通りのネイルアートができます。今回はマットコートを使ったたらしこみネイル・水彩ネイルのやり方をご紹介します。

たらしこみネイル・水彩ネイルに必要なもの⑤ネイルケア用品

ネイルをきれいに仕上げる際には、ケアも意識しましょう。ささくれがあったり爪先が荒れているとせっかくのデザインが台無しになってしまいます。保湿成分のあるものや、栄養分与えてくれるようなネイル美容液がおすすめです。ハンドクリームをこまめに塗ることで指先の乾燥を防ぎ、よりマニキュアアートが長持ちします。

たらしこみネイル・水彩ネイルのやり方は?

たらしこみ・水彩ネイルのやり方①ベースとなるマニキュアを塗る

たらしこみネイル・水彩ネイルのベースとなるマニキュアを爪全体にのせていきます。ムラができないようにすばやくかつ丁寧に塗っていきましょう。透明感を出したい場合は一度塗りにしてみてください。ラウンドやスクエアなどの爪の形にこだわっても華やかな印象になりますね。ネイルの基本の塗り方はこちらをご覧ください。

インスタグラムを見ているとベースとなるマニキュアはピンクベージュや乳白色、あわいピンク・ブルーなどがよく見かけられます。たらしこみネイル・水彩ネイルの要であるアクリル絵の具をのせた際にきれいに発色できるのと大人かわいいネイルになるので、お仕事でネイルに規定がある方にも取り入れやすいですね。

たらしこみネイル・水彩ネイルのやり方②マットコートを塗る

今回はマニキュアのマットコートを使ったやり方をご紹介します。マニキュアがかわいたらマットコートを塗っていきます。こちらの工程を加えることで水分の多いアクリル絵の具をはじかず思い通りのたらしこみネイル・水彩ネイルアートができるので、細かいデザインをする場合や初心者の方にはマストアイテムです。

おすすめは、『OPI マット トップコート』です。乾きが早くしっかりとマットに仕上げてくれます。LOFTやAmazonで購入できます。容量もたっぷりはいっているので、1シーズン活躍まちがいなしです。ベタ塗りに重ねつけするマットネイルにももちろんおすすめです。

たらしこみネイル・水彩ネイルのやり方③アクリル絵の具をのせる

マットコートが乾いたら、アクリル絵の具をのせていきます。水で薄めたアクリル絵の具をデザインに合わせてのせます。もし水滴のようにしたいのであれば丸く、お花の花びらのようにしたいのであれば、細長くのせます。また、ご自分で色を混ぜてオリジナルカラーを作るのもおすすめです。奥深い色ができます。

アクリル絵の具は水に溶かして使用するので、あればパレット、なければアルミ箔で代用してください。薄めるほど透明感がでますのでお好みの濃さを見つけてください。もし失敗してしまった際にはキッチンペーパーなどで優しく拭き取ります。残ってしまう場合は水を筆でのせ溶かしてキッチンペーパーで拭き取りましょう。

一見難しそうに見えますが、コツをつかむとできるたらしこみネイル・水彩ネイルのデザインの幅も広がっていくので、初心者の方もマスターを目指しましょう!水彩ネイルの色ののせ方等、やり方動画はこちらをご覧ください。

たらしこみネイル・水彩ネイルのやり方③筆で絵の具の水分を吸収する

ネイルブラシを使ってアクリル絵の具の水分を取り除いていきます。水分をOFFした筆で先程のせたアクリル絵の具の水分を取り除いていきます。こうすることでアクリル絵の具の色味にムラができ、水彩画のようなネイルアートになります。フチを濃くすることでより水彩画らしいデザインになります。

また、一回一回、水分を吸収した筆をキッチンペーパーできれいにOFFすることがポイントです。こうすることでよりムラ感をコントロールできるようになります。細めの筆のほうが細かいデザインができる分、水分の吸収は少ないので要注意です!また、色が混ざってしまう可能性もあるので気をつけましょう!

たらしこみネイル・水彩ネイルのやり方④トップコートを塗る

最後はトップコートを使用してツヤ感を出します!トップコートを何回か重ね塗りすることで、剥げにくくなりますし、デザインの奥行きも出ます。ジェルネイル風にしたいのであれば、ぷっくり感のでるトップコートがおすすめです。おすすめのトップコートの記載のある、こちらの記事もご覧ください。

プチプラで一番人気は『ネイルネイル』です。ぷっくりとした質感を出してくれます。ネイルの保護成分が入っているのも嬉しいですね!速乾性もお値段もGOODな一品です。ドラッグストアやAmazonで購入できます。

水彩ネイルのやり方⑤マニキュアが乾くのを待つ

トップコートが乾いたら、完成です。しかし、油断禁物です!乾かないうちに動いてしまってマニキュアに傷が入ってしまった…なんて経験ありませんか?そんな方にはネイルカバーがおすすめです。クリップ式で先端部分が上げ下げできるので、ネイルを塗る前につけておくと便利ですね。

水彩ネイルのやり方⑤乾いたのを確認してネイルオイルをON

しっかりネイルが乾いたら、甘皮部分にネイルオイルをくるくるマッサージしながらつけましょう。ネイルオイル(キューティクルオイル)は粒子が細かいので爪の細かい凸凹の置くまで浸透され、保湿成分が行き届きやすいと言われています。こうすることで、摩擦による剥げを防ぐことができ、長持ちします。

ネイルオイルは色々なブランドから様々な香りで販売されています。価格帯もはば広いので、毎日何度もつけたい香りを見つけるのもおすすめです!数種類持ち歩いて気分で使い分ける上級者もいらっしゃいます。おすすめは『uka』ネイルオイルです。香りが5種類あるのでお気に入りを見つけてください。

初心者向けの簡単なたらしこみネイル・水彩ネイルのデザイン3選

初心者向けの簡単なたらしこみネイル・水彩ネイル①

まるでシャボン玉のようなたらしこみネイルのデザインですね。ベースはクリアカラーにして爪先にアクリル絵の具を丸くのせ、筆でムラを作ります。初心者の方でアクリル絵の具の色に困ったら、同系色を2色、反対色を1色選ぶと失敗なし。シルバーのラメをちらちらのせると爪のツヤ感をさらに演出してくれます。

初心者向けの簡単なたらしこみネイル・水彩ネイル②

秋冬にぴったりなたらしこみネイル・水彩ネイル。ベースに薄いベージュ、アクリル絵の具は赤みのある茶色を選ぶことで、季節感をより演出してくれます。縦方向にアクリル絵の具を載せたあとに、筆でムラを作ります。ムラ感にメリハリをつけることで柄がはっきり浮き出てくれます。

初心者向けの簡単なたらしこみネイル・水彩ネイル③

初心者の方でも凝って見える、あじさいのような清潔感のあるたらしこみネイル。ベースは白乳色を使用し、紫をぽんぽんとのせたあと、筆で左右上下に少し引っ張りにじませることでできるネイルアートです。所々に金箔をのせたり、ストーンやモチーフを使うとさらに今年らしいデザインに。

上級者向け!たらしこみネイル・水彩ネイルのにじみ花柄デザイン5選

上級者向け|にじみ花柄デザイン①

押し花が入っているかのような、リアル水彩ネイル。花びらの色は薄めのものからのせることで、濃い色をより引き立てます。重なり合いがとてもきれいなのでバランスをみてのせましょう。葉脈と茎はアクリル絵の具を細めの筆で書けばできあがり!ラウンド爪の全部をお花のデザインにしないのが、大人ネイルですね。

上級者向け|にじみ花柄デザイン②

シンプルですが計算されたたらしこみネイルのデザインです。同系色のアクリル絵の具を3色使うことで優しい印象になります。花びらの重なり合う部分が見えるように大きめにのせるとわかりやすいです。このデザインをベースとしたアレンジとしては細長い花びらを多く書くと、ガーベラのようになります。

上級者向け|にじみ花柄デザイン③

絵本の中のお花畑のような水彩ネイルのデザインです。ブルー系とイエローのコントラストが素敵です。より細かいデザインとなりますので、細めの筆でひとつひとつ丁寧に書いていきましょう。どんなお花を載せようか悩むのも楽しそう!

上級者向け|にじみ花柄デザイン④

ドライフラワーのようなクラシカルな雰囲気のガーリデザインネイル。くすみカラーをチョイスすることで秋冬のコーデにもぴったりです。紫を引き立てるため茶色・黄色などをふわっとのせるのがポイント。アクリル絵の具の色をまぜて色をつくるのも素敵です!くすみピンクは今季も人気です。こちらの記事もお読みください。

上級者向け|にじみ花柄デザイン⑤

まるで花束のようなにじみ花柄ネイルアートは、細かい丸をぼかして重ねて仕上げていきます。全部の爪にアートを施すのではなく数本ベタ塗りにすることでよりフェミニンな印象になります。爪はオーバル型に整え、金箔やストーン、モチーフを所々にのせてさらに上級者感に。色の重なりがとてもきれいです。

たらしこみネイル・水彩ネイルで女子力UP

いかがでしたか?意外と取り組みやすそうですよね。爪先がきれいだと、毎日が楽しくなりますよね。お花デザインはもちろん、べっ甲ネイル風やイラストなどたらしこみネイル・水彩ネイルでできるネイルアートは幅広いので、ぜひやり方を覚えてコツをつかみ、セルフネイルライフをより楽しいものにしちゃいましょう!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。