Large thumb shutterstock 412892911

おすすめの罰ゲームの種類一覧20選|面白い/軽い/可愛い/楽しい

更新:2019.06.21

おすすめの罰ゲームネタについて20選にまとめました。さまざまな種類に分けて、面白いものから軽いもの、可愛いものや楽しいものなど詳しくご紹介いたします。みんなで楽しめる罰ゲームを、ぜひご参考にされてみてはいかがでしょうか?

【面白い】おすすめの罰ゲームの種類一覧4選

面白い|おすすめの罰ゲームの種類一覧①ものまね

ものまね

まずは面白いおすすめの罰ゲームについて見ていきましょう。おすすめの罰ゲームの種類の一つ目が「ものまね」です。やはり罰ゲームと言えばものまねと言ったイメージがありますよね。仲間内のゲームや、飲み会などであればそれほどの高いクオリティは求められません。

面白さを求めていますから、ものまねが実際に似ていても似ていなくてもどちらでも良いのです。ものまねが似ていた場合は、驚かれたりすごいねと褒めてもらえますし、似ていなくても笑ってもらえて終わるだけですから、王道の罰ゲームなのです。

面白い|おすすめの罰ゲームの種類一覧②箱の中身は何でしょう

箱

面白いおすすめの罰ゲームの種類の一つが「箱の中身は何でしょう」ゲームです。これは少々準備に時間がかかりますから、ホームパーティーなどの大き目なイベントの方が良いかもしれませんね。飲み屋などの場合は、盛り上がりすぎてしまって迷惑をかけてしまう可能性があります。

箱の中身がわからない状態で、箱の中に手を入れて中身を当てるというゲームですが、これが思った以上に盛り上がりますし手を入れる側はとても恐怖を感じます。たわしなどの何ともないものが入っていたとしても怖いと感じるくらいですよ。

中身を知っている側からすれば、こんなものでビビっている相手に笑ってしまいます。テレビ番組などでは本当にやばいものや生き物を入れている姿を見るでしょう。しかし、ただの飲み会やホームパーティーであればちょっとしたものでも十分楽しめるはずですよ。

面白い|おすすめの罰ゲームの種類一覧③尻文字

お尻

面白いおすすめの罰ゲームの種類の一つとして挙げられているのが「尻文字」です。尻文字とは、お尻を使って相手に文字や言葉を当ててもらうゲームのことです。やってる側は思っている以上に恥ずかしい気持ちになりますし、見ている側は意外と当てられなくて難しいのです。

お尻を突き出した状態で、文字をお尻を使って書きます。なかなか当ててもらえないといつまでもお尻を使わなくてはなりませんから、いつまでも恥ずかしいままですし当てる方も当てる楽しさを感じられますからおすすめの罰ゲームですよ。

面白い|おすすめの罰ゲームの種類一覧④変顔披露

悩み

変顔を披露するのもまたおすすめの罰ゲームの種類の面白いものとして、定番かつおすすめの罰ゲームでしょう。何かネタを持っていたらここぞとばかりに披露することが可能ですね。変顔ですから、可愛かったりあまり変化のない変顔では意味がありません。ギャップのある変顔の方がウケが良いでしょう。

罰ゲームのネタですから、せっかくならかなりギャップのある変顔を披露した方が盛り上がります。特に飲み会などであれば、ほろ酔い状態ですから思い切って変顔を披露してしまいましょう。写真に撮って収めておけば、思い出にもなりますからおすすめです。ただし写真を嫌がる人を無理やりとるのはNGですよ。

面白い罰ゲームのネタとしては、セリフ系もおすすめです。中でも中二病なセリフは恥ずかしいかつ、面白い罰ゲームになるとしておすすめできます。以下の記事では、中二病なセリフについて、25選にまとめられています。是非そちらもご参考にされてみてはいかがでしょうか。

【軽い】おすすめの罰ゲームの種類一覧4選

軽い|おすすめの罰ゲームの種類一覧①恥ずかしい思い出

内緒話

それほど重くない軽い罰ゲームのネタについても見ていきましょう。まずおすすめなのが「恥ずかしい思い出」です。ここ最近で起こってしまった恥ずかしい出来事や、やってしまった失敗談などを隠さず公開しましょう。恥ずかしい話を自分から話すわけですから、罰ゲームを受ける側が選んで話すことが可能ですよね。

本当に恥ずかしい出来事は、無理して話す必要がありません。自分の中で恥ずかしい思い出を厳選して話すことができるので、軽い罰ゲームのネタとしてはとてもおすすめです。他人の恥ずかしい話と言うのは、聞いている方も面白いですから飲み会などでおすすめできますよ。

やはり罰ゲームに欠かせないのが「恥ずかしさ」なのかもしれません。さまざまな罰ゲームがある中で、恥ずかしいものはとても多くありますよね。恥ずかしい思い出以外にも恥ずかしいセリフも活用できます。以下の記事では、恥ずかしいセリフについてまとめられていますので是非そちらもご参考にされてみてはいかがでしょう。

軽い|おすすめの罰ゲームの種類一覧②学生証や免許証を見せる

カード

軽めの罰ゲームネタなのが「学生証や免許証を見せる」ことです。罰ゲームネタにならないのではないか、とも思われがちですが学生証や免許証の写真がポイントなのです。証明書などに使われている写真は「証明写真」で撮ったものですよね。つまり、盛ったり笑ったりできない写真なのです。

普段とるような記念写真とは全く違った写真ですから、誰のであっても見せると面白いのです。ほんのんを証明する写真ですから、女性もあまりギャップの生まれれしまうようなメイクも施せません。証明写真はその名の通り自分自身を証明する、本当の自分の姿なのです。特に濃い化粧をする女性は恥ずかしいですね。

軽い|おすすめの罰ゲームの種類一覧③語尾を変えて喋る

犬

軽い罰ゲームのネタとしておすすめなのが「語尾を変えて喋る」です。何分間などの時間を決めて、語尾に「にゃん」や「わん」などの可愛らしい言葉を付けても良いでしょう。軽い罰ゲームではありますが意外と恥ずかしさを感じます。普段から使わないような可愛いものの方がより面白いですよ。

普段使わないような言葉でしゃべると言うのは、罰ゲームの中でも意外と面白いものです。語尾を変える以外にも、「赤ちゃん言葉」や「訛り」で喋るなどの罰ゲームもただの飲み会などではとても盛り上がるのでおすすめできます。軽い罰ゲームですから、それほど重く感じることもないでしょう。

軽い|おすすめの罰ゲームの種類一覧④でこぴん一発

軽い罰ゲームとしておすすめなのが「でこぴん一発」です。痛い罰ゲームや怪我をしてしまうような罰ゲームは、あまり好ましいものであるとは言えません。しかし、でこぴん程度であればちょっと痛いくらいで収まりますから、それほど重い罰ゲームであるとは言えないでしょう。

ただできればでこぴんも受けたくはありませんよね。人によっては、でこぴんがとても痛いように打ってくる人もいます。大けがなどにはつながりませんが、地味に痛いので飲み会や旅行先などで開催されたゲームの軽い罰ゲームではあれば盛り上がりますしおすすめできます。

【可愛い】おすすめの罰ゲームの種類一覧4選

可愛い|おすすめの罰ゲームの種類一覧①ポッキーゲーム

キス

恋人や友達同士でできるような可愛い罰ゲームネタについてもご紹介します。まずおすすめなのが「ポッキーゲーム」です。女子同士であれば、罰ゲームではなくもポッキーゲームを行ったことがある人は意外と多いのではないでしょうか。ポッキーゲームはお互いにギリギリまでポッキーを食べ合うものですよね。

唇同士が触れてしまっては意味がありませんが、どこまで近づいてポッキーを食べられるかが求められるゲームです。まるでキスをしてしまうのではないかと言うくらい顔が近づく行為ですので、友達や恋人同士であっても恥ずかしいと感じてしまうかもしれません。

可愛い|おすすめの罰ゲームの種類一覧②猫耳を付けて過ごす

猫

可愛いおすすめの罰ゲームの種類の一つが「猫耳」を付けて過ごすことです。猫耳に限りませんが、うさ耳などのカチューシャを付けて飲み会やパーティーを過ごすのも可愛いかつ面白いのでおすすめです。女性が着けても可愛いですが、男性が着けてみてもギャップが生まれるのでおすすめできますよ。

どう考えても似合わないでしょ!と言うような人に、猫耳やうさ耳などを付けても似合わないギャップがまた面白いと感じられるのです。思い出として写真に収めておくとなおいいかもしれませんね。

可愛い|おすすめの罰ゲームの種類一覧③着ぐるみを着る

可愛いおすすめの罰ゲームの三つ目は「着ぐるみ」です。着ぐるみを身に着けるような機会はなかなかありませんし、可愛い罰ゲームとしてとてもおすすめですよ。一着でも用意しておけば、着まわすことも可能ですし何よりも写真映えしますからSNSに載せて楽しむことも可能ですよ。

可愛い|おすすめの罰ゲームの種類一覧④愛してるゲーム

ハート

「愛してるゲーム」と言うものをご存知でしょうか。真顔のまま、相手に愛してると伝えるだけのゲームなのですが、笑ってはいけないというルールがあります。普通のゲームとして行っても良いですし罰ゲームとして、誰かに愛をささやくなども面白いかつ恥ずかしいのでおすすめです。

【楽しい】おすすめの罰ゲームの種類一覧4選

楽しい|おすすめの罰ゲームの種類一覧①オネエになりきる

噂話

誰でも楽しめるような罰ゲームネタについてもご紹介します。まずおすすめの楽しい罰ゲームが「オネエになりきる」です。昨今では、テレビなどでオネエタレントを目撃することも、珍しいことではありませんよね。オネエな言葉と言うのは、特に男性にやって頂きたい面白い罰ゲームです。

しかし、だからと言って女性は楽しめないのかと言うとそうではありません。オネエ言葉はとても特徴的な話し方でもありますから、女性でも十分楽しめるのです。面白いかつ飲み会などでも盛り上がりますから、オネエ言葉で話す罰ゲームをおすすめしますよ。ただし本当にそっちの人が一緒の場合は好ましくないかもしれません。

楽しい|おすすめの罰ゲームの種類一覧②似顔絵を描く

イラスト

ホームパーティーや身内の飲み会などで意外と盛り上がって楽しいのが、「似顔絵」です。これは、その人tのセンスや技量が試されるものではないか?と思われてしまいがちですが、そんなことはありません。似顔絵なのだから上手でないといけないと言うわけではないのです。

罰ゲームの場合、似ている似ていないは問題ではありませんし絵の上手さも問われるものではありません。むしろ似ていない方が罰ゲームとしては盛り上がる可能性があります。絵をかく機会と言うのは、大人になればなるほどほとんどありませんし、新鮮で楽しめる罰ゲームになるでしょう。

楽しい|おすすめの罰ゲームの種類一覧③一人でプリクラを撮る

自撮り

プリクラとは、女性であれば誰しも一度は撮ったことがあるものではないでしょうか。しかし、プリクラを撮るとき一人では撮りませんよね?友達や恋人、仲間内の数人となど誰かと一緒に撮るのが一般的でしょう。しかし、罰ゲームですから普通にプリクラを撮ったのでは意味がありません。

一般的には誰かと一緒に撮るのがプリクラですから、それを一人で撮ると言うことが罰ゲームとなるのです。あとから撮ったものをみんなに見てもらいましょう。また昨今では、芸能人と一緒に撮れるような仕掛けのあるプリクラもありますから、自分なりにアレンジを加えて撮ってみんなを楽しませましょう。

楽しい|おすすめの罰ゲームの種類一覧④ポエムを投稿する

書き物

昨今では、インターネットやスマートフォンの発展によりSNSをしていない人の方が特に若い人の間では少ないですよね。TwitterやInstagramと言った、SNSにポエムを投稿するのも楽しいおすすめの罰ゲームの種類としておすすめです。中学生のころに流行ったり、ポエムにはまった人は多いでしょう。

ちょっと恥ずかしいようなポエムをあえてみんなが見えるようなSNSに乗せるのも恥ずかしいと感じられて楽しい罰ゲームとなるでしょう。

【ちょっとエロい】おすすめの罰ゲームの種類一覧4選

ちょっとエロイ|おすすめの罰ゲームのネタ種類一覧①胸のサイズを言う

胸

仲の良い仲間内や、恋人との罰ゲームとしてちょっとエロいと感じられる罰ゲームもご紹介しましょう。まず女性におすすめなのが「胸のサイズを言う」ことです。ちょっと恥ずかしい罰ゲームかもしれませんよね。

普段の会話で胸のサイズを聞くようなことをしてしまったら、セクハラで訴えられる可能性がありますが、仲間内や恋人同士の遊びであればセクハラだと思われることがないでしょう。付き合いたてのカップルなどにもおすすめできるちょっとエロイ罰ゲームです。

ちょっとエロイ|おすすめの罰ゲームのネタ種類一覧②負けたら一枚脱ぐ

恥ずかしがる女性

野球拳などのゲームでもおなじみなのが、負けたら一枚服を脱ぐと言った罰ゲームです。飲み会や宴会場よりも、ホームパーティーの方がおすすめかもしれませんね。

どこまで脱ぐかにもよりますが、ホームパーティーなどであれば他者からの目線もありませんから、大胆なところまで脱ぐことだって可能ですね。

ちょっとエロイ|おすすめの罰ゲームのネタ種類一覧③下着の色を言う

内緒話

ちょっとエロイおすすめの罰ゲームの種類として「下着の色」を言うのもおすすめです。これは人によって抵抗を感じる人や全く感じない人もいるかもしれません。ちょっと恥ずかしいと感じる程度であれば、下着の色を言うのも一つの罰ゲームとなり得ますよ。仲間内や恋人同士であれば問題ない罰ゲームでしょう。

ちょっとエロイ|おすすめの罰ゲームのネタ種類一覧④勝負下着を公開

海

ちょっとエロイ罰ゲームとしておすすめなのが「勝負下着を公開」です。公開と言うのは伝えるだけではなく、事前に写真を撮っておくことです。事前に罰ゲームの内容を決めておいて、各自自分の勝負下着だと思っている下着の写真を撮っておきましょう。

そしてゲームに負けた時、自分の勝負下着をみんなに見せるのです。意外と恥ずかしいと感じるかもしれませんよ。以下の記事では、罰ゲームにおすすめのヤンデレなセリフについてまとめられています。そちらも是非そちらもご参考にされてみてはいかがでしょうか。

罰ゲームにおすすめの食べ物4選

罰ゲームにおすすめの食べ物①激辛アイテム

おすすめの罰ゲームの種類として王道とも言われているのが「食べ物」系ですよね。昨今では、激辛アイテムなどが登場してきています。激辛ペヤングなどが定番であり、話題となっていますよね。

本当に苦手なのであれば、無理をしない程度に辛いものを食べる程度でも良いと思いますが、辛いものを罰ゲームとして食べるのは良くある罰ゲームです。ただし辛いものが好きな人にとっては罰ゲームにならないかもしれませんね。

罰ゲームにおすすめの食べ物②くさや

美味しいけれど臭いから耐え難いと言った食べ物もまた、罰ゲームにもってこいのアイテムでしょう。中でも臭い食べ物として王道なのが「くさや」ですよね。美味しいことは美味しいのですが、やはりにおいがどうしても受け入れられにくい食べ物です。罰ゲームでもない限り食べる機会がないですよね。

わざわざくさやを料理として出したり、自分から購入する人もああまり多くはありませんから、罰ゲームの機会に食べてみても良いかもしれません。ただし本当に臭いですから、場所を選ばないとご近所迷惑となる可能性もありますので注意が必要ですね。

罰ゲームにおすすめの食べ物③タイヤグミ

おすすめの罰ゲームの種類として「タイヤグミ」と言うものをご存知でしょうか?ドイツの「ハリボー(HARIBO)」というメーカーが開発したグミなのですが、欧米などでは親しまれているグミです。日本では海外のお菓子を扱っている雑貨店やグミ専門店などで手に入れることが可能ですよ。

なぜグミが罰ゲームになるのか、と言うと答えは味にあります。独特なにおいを放ちタイヤのような見た目と味が特徴的で、お世辞にも美味しいとは言えないグミなのです。興味本位で買って後悔する人がたくさんいますよ。

罰ゲームにおすすめの食べ物④ノニジュース

おすすめの罰ゲームの種類としてラジオ番組などでも定番と言われているのが「ノニジュース」でしょう。健康的な飲み物ではあるのですが、やはりこちらも味に問題があります。美味しい飲み物ではありません。もちろん健康面ではとても役に立つ飲み物ではあるのです。

人によっては生ごみの臭いがする・鼻で息ができない、と言われるくらいまずい飲み物なようです。何よりも美味しくないので体にはいいですが、罰ゲームとして使われることが多いですよ。

飲み会や合コンで罰ゲームをする際の注意点は?

飲み会や合コンで罰ゲームをする際の注意点①迷惑行為

迷惑

飲み会や合コンなどで罰ゲームを行う際に、注意していただきたいのが「迷惑行為」でしょう。お店や場所にもよりますが、宴会場でもない限り他のお客さんと近い状態となりますから、盛り上がりすぎてしまうと他のお客さんへの迷惑となります。

また、盛り上がりすぎてしまうことによって店員さんに絡むようなことは決してしてはいけません。飲み会をしている側は楽しいかもしれませんが、店員さんはお仕事中です。お仕事中の人を巻き込んでしまうのは、一番の迷惑行為ですので自分たち以外の人を巻き込むようなことは決してしてはいけません。

飲み会や合コンで罰ゲームをする際の注意点②痛いものや怪我をするもの

痛い

上記では、軽い罰ゲームについて触れていましたが「痛いもの」は罰ゲームとして好ましくない場合があります。でこぴん程度であればそれほど痛いと感じるものではありませんし、怪我をしてしまうような罰ゲームではないでしょう。しかし、明らかに常識を超えているような罰ゲームは避けましょう。

せっかくの楽しい飲み会や合コンが、怪我人が出てしまうことによって全く楽しめなくなってしまいます。楽しい空間なのに常識を超えた罰ゲームのせいで台無しになってしまっては意味がありません。どんなに仲の良い間柄であったとしても、危険性のあるものは避けるように心がけてください。

飲み会や合コンで罰ゲームをする際の注意点③誰でもできるもの

女子会

飲み会や合コンで行う罰ゲームとして意外と大切なのが「誰でもできるか」でしょう。かなりの技術を伴うような罰ゲームは、本人も見ている側も楽しめない可能性がありますし、上記でも述べた怪我をしてしまうようなものでは、好ましいものではありません。

また、罰ゲームとは共感性がなければ楽しめないものと言われています。この罰ゲームをすることで、誰しもが恥ずかしい・誰しもがやりたくない、と感じるような共感できるものでなくては罰ゲームをしていても面白いと感じないのです。クオリティを求められる罰ゲームは共感性を得られないので面白みを感じないのです。

マナーを守って罰ゲームをしよう

パーティ

いかがでしたでしょうか。ここまで、面白いものや軽いもの、可愛いものなどさまざまな種類に分けて罰ゲームをご紹介してきました。飲み会などの罰ゲームで定番と言われているものなど数多くおすすめしてきましたね。ネタとして笑えるものなど、是非試していただきたいものがたくさんあります。

罰ゲームとは、本当に嫌だと思うものや不快に感じるものでは意味がありません。罰ゲームをやる側も見る側もしっかりと楽しめるものでなければ、罰ゲームをする意味がないのです。また関係ない人たちを巻き込むのもよくありません。しっかりと場所やマナーを守って楽しむのが大切ですね。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。