Large thumb shutterstock 506191480

暗剣殺の意味とは?引越しや旅行などの過ごし方と吉運に変える方法も

更新:2020.02.14

暗剣殺という、人生の中で何度か訪れる凶運の年があります。暗剣殺は、どんな悪いことが起こるのか解らない、知らない間に運勢が悪くなると言われています。引っ越しや旅行をはじめ、新しい事をしてはいけないと言います。暗剣殺とは、どのような意味が有るのでしょうか。暗剣札の日は、どの様に過ごせば良いのでしょうか?

暗剣殺の意味とは?

暗剣殺は九星気学の一つ

暗剣殺は、暗闇に剣で殺されると書きます。暗剣殺は九星気学の中の、二大最強凶運とされています。九星気学は、九星と干支そして五行を使って占う運命学です。九星気学とは、九つの宮と九つの九星があり一定の法則に則って、一年毎に九星が廻り各自一年の運勢が決まっていきます。

九つの宮と九星と定位置

  • 乾宮:六白金星
  • 兌宮:七赤金星
  • 艮宮:八白土星
  • 離宮:九紫火星
  • 坎宮:一白水星
  • 坤宮:二黒土星
  • 震宮:三碧木星
  • 巽宮:四緑木星
  • 中宮:五黄土星

暗剣殺の意味は他から急激に災いがやってくる

暗剣殺とは、五黄土星の怒りが災いを招くのです。暗剣殺は、九星の五黄土星が座した宮の対岸に暗剣殺は掛かります。暗剣殺は直にやられるのでは無く、他から急激に凶運がやって来ます。この時期に何をしても悪い作用になり、運気が下がり最悪命を取られると言われています。暗剣殺の方位は誰が言ってもダメです。

暗剣殺となる原因

中宮に入た九星の、定位置に対して怒りをぶつけるのが暗剣殺です。五黄土星の定位置が中宮です、毎年一つずつ移動しますが自分の定位置に他の星が入る事に怒りを覚えます。また、暗剣殺が掛かった宮に入った九星に対しても同じ怒りを向けます。運命学では、空き家の法則という言い方もされています。

九星によって出やすい凶運が異なる

各九星は毎年一つずつ移動します、五黄土星の対岸に当たる宮とそこに入る九星によって出やすい凶運の種類が変わります。五黄土星が中宮にいる時は、定位置に戻ったので暗剣殺はありません。

各九星が暗剣殺の時に出やすい災難

  • 一白水星(震宮):水関係の災難に気を付けてください。また、色情問題も起りやすいです。
  • 二黒土星(艮宮):運命の関ヶ原と言われている宮です。不動産関連の問題が起る確率が高いので気を付けてください。
  • 三碧木星(巽宮):巽宮は他の九星にとっては一番運勢が良い宮です。しかし、三碧木星にとっては暗剣殺が掛かります。
  • 四緑木星(離宮):地道にやってきた人には良い事が起ると言われています。それでも、縁が切れやすく悪縁との出会いが多く気を付けてください。
  • 六白金星(坎宮):水関係の災難に気を付けてください。
  • 七赤金星(乾宮):お金の問題が起りやすいので気を付けてください。
  • 八白土星(坤宮):不動産関係でトラブルが起りやすいのと間接の病気にも気を付けてください。
  • 九紫火星(兌宮):離別が起りやすいので気を付けてください。

暗剣殺の年の過ごし方は?

暗剣殺にしてはいけない事

最大の凶運と言われる、暗剣殺の時は何をしても上手くはいかないし損失が大きいから、じっと我慢しなければいけません。新しく始める、全ての事をしてはいけないと言われています。五黄土星は帝王とか皇帝と言われ、大きな力を持った九星です怒りを向けられた九星や方位に対して大きな災いが起るのが暗剣殺です。

悪い作用が結果として出やすいのは顕現期

なぜ?

暗剣殺は早く凶作用が現れます、結果が現れるのが顕現期です。九星盤の中の、「艮宮」「中宮」「坤宮」「離宮」「坎宮」の五宮に九星が入った時に現れるとされています。早く結果が出れば軽い災いで済みますが、遅くなれば遅くなるだけ大きな災いとなるのが暗剣殺で、意味も解らず暗闇で剣に刺され殺られると書きます。

暗剣殺の時の旅行

旅行

暗剣殺が掛かった宮の方位と、座した九星に対して暗剣殺が掛かります。暗剣殺の掛かった九星の人が、暗剣殺の方位への旅行以外へ行く事は問題ありません。けれども、暗剣殺の方位への旅行は誰が行っても災いが有ります。旅行先で災難に遭ったり、事故や最悪命に関わる事が起る事も考えられますから気を付ける事が肝要です。

暗剣殺の時の結婚

結婚

暗剣殺の時期には、新しいことはしてはいけないと言う定義があります。結婚は新しい人生の始まりです、暗剣殺の時期に結婚をしたら結婚生活にトラブルが続き最悪離婚になる事もあります。結婚は誰にとっも一大事、幸せを願って大きな決断をする事になります。一生の問題です、暗剣殺の一年間を避け我慢する決断も必要です。

暗剣殺の時の新築や改築

家を建てる事は、一生に一度有るか無いか重大な決断をする事になります。やはり、暗剣殺の時に家を建てるのはリスクが大きく、後々トラブルになりせっかく建てた家も手放す事になります。この時期に家を建てるのもダメですが、家のリフォームもしてはいけないと言いますし、新しく家の購入も同じ様にダメです。

暗殺剣の引越し

引っ越し

暗殺剣での引越しも良くありません、暗殺剣が掛かっている九星の人は一年我慢するのが懸命です。他の九星の人でも、その年の暗殺剣の方位は避けて引越しする事をおすすめします。せっかく新しい場所で、新しく生活を始めるのですから良い事だけが起る様にしたいと考えるのが普通です災いは避けるべきです。

暗剣殺の月や日の時もある

暗剣殺の月

九星気学は、月や日そして時間にも九星や干支をはじめ六大凶運期が年盤と同じに有ります。月盤も年番と同じ様に九星が有り、12ヶ月それぞれに暗剣殺の方位が有ります。暗剣殺は、その月だけに影響が出る凶方位なので一月ずらして行動すれば問題はありません。関連記事にも運気アップの方法が有ります覗いてください。

暗剣殺の日

九星気学の1か月の日単位にも暗剣殺が掛ります、日に掛かる暗剣殺は年に掛かっている暗剣殺よりも影響は小さいのですが悪い作用は早めに出てきます。日の暗剣殺は良い事も悪いことも早めに出ます、日盤にも有るように時盤にも同じ様に暗剣殺があります。時盤の災難は、災いが出るのっも一番早く小さな災いに留まります。

暗剣殺を吉運に変える吉方位取りの方法は?

吉方位とは

九星気学には悪い作用を及ぼす六大凶運と、良い運気をもたらす為の吉方位が有ります。悪い凶運を吉に変える事が出来る方法で、引越しを行う時の対処法が一番有名です。引越しの方位が暗剣殺であれば、一旦吉方位に移動してできれば一泊してから引越すという方法です。一泊が無理なら1時間以上留まってください。

吉方位取りの行って良い日や方法

吉方位

悪い運勢を良い運勢に変える方法が、吉方位取りですが吉方位へ行けば良いという事でもありません。自分にとって良い方位に吉がある日の午前中に、吉方位へ移動し数時間滞在するか一泊する事で悪い運気を、良い運気に変える事が出来ると言われています。年盤や月盤の吉方位取りは大きな作用が有りますが時間が掛かります。

暗剣殺の時の厄除け方法|お水取り

お水取りも、吉方位取りの一つです吉方位に有るお水取りの出来る神社で行う事が出来ます。お水取りは、決められた日と時間を守って行きお水を決められただけ汲み、決められた作法にしたがって持ちかえる方法です。お水取りは一度行っただけで、運気が良くなる人もいますが何度も行って少しずつ運気が良くなる人が多いです。

暗剣殺の時の厄除け方法|お砂取り

吉方位取りやお水取りも、お砂取りと同じ九星気学の祐気取りの一つです。お砂取は効力が強すぎるので、運気を一気に転換する事が出来ます。しかし、効力が大きいのですが反作用も大きく少し間違えても命取りとなります。お水取りを数年続けて、始めてお砂取をした方が良いとされています。

方位除けは必要か?

方位除けとは大難を小難にするための開運方法

暗剣殺は二大凶運の一つです、方位除けは読んで字の如く方位を祓い悪い障りを除けるために行います。方位を清めて整える事を目的に行います、大難を小難とし災難を除けるために神社で祓ってもらう開運方法です。神社で行っている方位除けで、暗剣殺の凶相を軽減させる事が出来ますまた、関連記事にも開運の記事があります。

有名な厄除けの神社

全国には厄除けで有名な神社がいくつか有ります、最近不運が続くと思ったら神社で方位除けのお祓いを行った方が良いでしょう。厄除けは神社だけではなく、仏閣でも有名な所が有ります「佐野厄除け大師」や「成田山」も神社では「寒川神社」なども有名です。また、手軽に厄除け開運の待ち受け記事があり参考にしてください。

暗剣殺の事を深く知って凶を吉に変えましょう

未来

暗剣殺は、あまり気にしなければ良いという人もいます。しかし、良い人生を送れる方法があり災いをあらかじめ避けたり取りの除く事が有ります。一度暗剣殺を犯すと、その後の人生もどこか食い違う人生になりやすいと言われます。前もって災いを予想できます、悪い作用をもたらす暗剣殺を避けて良い一生を送ってください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。