Large thumb shutterstock 243188278

口寂しい時の心理は?原因や対策と口寂しい時におすすめのおやつも

更新:2020.02.13

「何故か口寂しい」と感じたことはありませんか?人はどうして口寂しいと感じるのでしょうか?今回は、口寂しい時の心理や原因を探っていこうと思います。口寂しい時の対策や口寂しい時のおすすめのおやつや食べ物も紹介しますので参考にしてください。

口寂しい時の心理は?

口寂しい時の心理①心がモヤモヤしている

モヤモヤ

口寂しい時の心理1つ目は、心がモヤモヤしていることです。何をやっても失敗が続いたり嫌なことがあると心がモヤモヤしてしまいますよね。人は、おやつや食べ物を食べることで心が満たされます。心のモヤモヤをおやつや食べ物で満たしたくて、口寂しいと思ってしまいます。

ダイエットをしている時に、心のモヤモヤが原因で口寂しい気持ちになるのは辛いですよね。おやつや食べ物を食べなくても、心のモヤモヤをスッキリさせる方法があります。下記の記事を参考に、口寂しいと思う前に心のモヤモヤをスッキリさせてみてください。

口寂しい時の心理②暇だと思っている

口寂しい時の心理2つ目は、暇だと思っていることです。何もすることがなくて「暇だな」「退屈だな」と考えている時に、口寂しいと思ってしまいます。「暇だな」「退屈だな」と思っている気持ちをおかしや食べ物でごまかしたくて、口寂しいと思うんです。

つい暇だったり退屈だったりすると、口寂しく感じてしまいますよね。口寂しい=何か食べたいと思うことで、暇だと思う気持ちを和らげようとしているんだと思います。下記の記事で、休日やることがない時にする事ランキングを紹介しています。口寂しいと思わないように、有意義な休日を過ごしましょう。

口寂しい時の心理③欲求不満が溜まっている

欲求不満

口が寂しい時の心理3つ目は、欲求不満が溜まっていることです。食べたい物を我慢する、買い物を我慢する、セックスを我慢するなど欲求不満は人それぞれです。欲求不満を我慢することが増えると、口が寂しいと感じてしまいます。満腹中枢を刺激して欲求を満たそうとしているんですね。

下記の記事では、女性特有の欲求不満の症状を紹介しています。あなたの欲求不満の症状と当てはまるかもしれません。人の三大欲求である性欲・食欲・睡眠欲別に解消方法も紹介しているので参考にしてください。

口寂しい時の心理④心にぽっかり穴が空いている

悲しむ女性

口寂しい時の心理4つ目は、心にぽっかり穴が空いていることです。心にぽっかり穴が空いているとは、失恋のようにかなりショックなことがあり落ち込んでいる状態のことを言います。心にぽっかり穴が空いてしまっている時は、寂しさを紛らわしたくて口寂しいと思ってしまいます。

食べ物を食べると、幸せを感じますよね。心にぽっかり穴が空いてしまっている時は、癒しや幸せを自然に求めてしまうものなのです。

口寂しいと感じる原因は?

口寂しいと感じる原因①ストレス

ステレスーーー

口寂しいと感じる原因1つ目は、ストレスです。ストレスは、自分がストレスと感じていなくても心や体がストレスと感じている時があります。そんなストレスを発散するために、口寂しいと感じてしまいます。おやつや食べ物を口に入れることで、ストレスを少しだけ解消して心を満たすことができます。

確かにすごくイライラしている時って、口寂しいと感じてしまいます。チョコレートやケーキなどの甘いおやつを食べることによって、イライラが緩和されますよね。甘いものには、心を癒す効果があることがわかります。

口寂しいと感じる原因②禁煙している

口寂しいと感じる原因2つ目は、禁煙していることです。禁煙をしている人は、「口寂しい」と思う時が度々あると思います。毎日何本も吸っていたタバコを止めたとなると、口寂しいと思っても無理もないです。禁煙をした人の中には、口寂しいのを紛らわすために甘いおやつを食べる人もいます。

その結果、禁煙してからかなり太ってしまったという人もいます。禁煙が原因で口寂しくなって、甘いおやつを食べてしまうって辛いですよね。口寂しいのを我慢するとイライラが増して、八つ当たりや暴飲暴食に結びついてしまうので注意が必要です。ストレスを感じることなく、口寂しい対策をしなくてはなりません。

口寂しいと感じる原因③ダイエットしている

口寂しいと感じる原因3つ目は、ダイエットしていることです。食事制限をしているダイエットは、口寂しいと感じる原因になってしまいます。食べたいのに食べられないという状態から口寂しい気持ちになり、食べ物を欲してしまいます。

口寂しい時の対策は?

口寂しい時の対策①楽しい会話をして気を紛らわす

会話する女性

口寂しい時の対策1つ目は、楽しい会話をして気を紛らわすことです。楽しい会話をしていると時間を忘れてしまうのと同じように、口寂しいのも忘れてしまいます。たくさん笑うことによって、心が満たされるんですね。口寂しいなと思ったら、友達や家族と楽しい会話をして心を満たしましょう!

「楽しい会話の仕方がわからない」「話題が見つからない」と話すことが苦手な人もいますよね。そんな人でも、会話が楽しくなるコツや会話を楽しむ方法があります。以下のリストに、話題作りにいいものをまとめたので参考にしてください。

話題作りにいいもの

  • 天気
  • ニュース
  • 趣味
  • 最近あった楽しいことや嬉しいこと
  • 仕事
  • 地元のこと
  • 体調のこと

上記の話題はほんの一部ですが、あなたが話しやすいと思う話題を選ぶのがベストです。会話をする時は相づちをしっかりしたり、会話の途中で疑問に思ったことなどを問いかけると会話も膨らむようになります。たくさん会話することで楽しい会話ができるようになっていきます。

口寂しい時の対策②歯を磨く

口寂しい時の対策2つ目は、歯を磨くことです。口寂しい時は、歯磨きをするのが効果的です。歯を磨くことで、口の中がスッキリします。歯が綺麗になったら、おやつや食べ物を食べたいという気持ちもなくなりますよね。

筆者も口寂しいけど、食べ物を食べたくないという時は歯を磨くようにしています。歯を磨くと、口寂しくて何か食べたいという気持ちがなくなるのでおすすめですよ。仕事の合間だったりと歯を磨く時間がない人は、うがいをするだけでも口寂しいという気持ちが治まると思います。

口寂しい時の対策③睡眠を十分に取る

口寂しい時の対策3つ目は、睡眠を十分に取ることです。人の三大欲求の睡眠をしっかり取ることで、口寂しいと感じることも少なくなります。お腹が空いたら寝るという人もいますよね。寝て気を紛らわせれる人にとっては、いい対策法だと思います。

しかし、そんなに寝れないという人もいます。寝るのではなく、瞑想という形で5分だけでも何も考えずに目を閉じてみてください。何も考えない時間を作ることで、気持ちがスッキリしますよ。ぜひ、実践してみてくださいね。

口寂しい時の対策④ストレスを発散する

口寂しい時の対策4つ目は、ストレスを発散することです。ストレスを発散することで、口寂しい時も減ってきます。ストレスの発散方法は、人によって違ってきます。本が好きな人は読書をしたり、体を動かすことが好きな人はヨガやランニングがおすすめです。

本を読んで心が落ち着いたり、運動して汗をかいて気持ちをリフレッシュすることでストレスも発散されます。ストレスを一気に発散するのではなく、1日1つでもストレスが和らぐことをするだけで、ストレスの溜まり方は違ってきます。

口寂しい時の対策⑤カロリーが低いおやつや食べ物を食べる

カロリー低い

口寂しい時の対策5つ目は、カロリーが低いおやつや食べ物を食べることです。口寂しい時は「どうしても何か食べたい!」と我慢しようにも我慢しきれない時があると思います。そんな時は我慢せずに、カロリーが低めの食べ物や飴やガムを1粒食べるだけで口寂しいという気持ちが和らぎます。

我慢し続けることは、返って悪影響を及ぼす可能性があります。例えば、我慢しすぎて暴飲暴食に走ったりストレスとなり体調が悪くなったりします。我慢するのが悪いというわけではありませんが、節度をわきまえることが大切です。

低カロリーなおやつは、ダイエット中の女性にとって強い味方ですよね。下記の記事では、おすすめの低カロリーなおやつを紹介しています。低カロリーで腹持ちのいいおやつを食べると、口寂しい悩みもなくなりますよ。会社にも持って行きやすい低カロリーなおやつもあるので、ぜひ参考にしてください。

口寂しい時におすすめのおやつや食べ物は?

口寂しい時におすすめのおやつや食べ物①ガム

口寂しい時におすすめのおやつや食べ物1つ目は、ガムです。ガムを噛むことで、満腹中枢が刺激され満腹感を得ることができます。ガムを噛むと小顔効果も期待できます。ダイエットをしている人の口寂しい時に食べるおやつとしては、最適なおやつだと思います。

口寂しい時におすすめのおやつや食べ物②チョコレート

口寂しい時におすすめのおやつや食べ物2つ目は、チョコレートです。チョコレートの中でも特におすすめなのが、高カカオチョコレートです。ポリフェノールが多く含まれている高カカオチョコレートは、ダイエットや健康にもいいと言われています。

POINT

高カカオチョコレートを買う時のポイント

高カカオチョコレートを買うときは、70%以上のものを選びましょう。%が高いチョコレートほど、ポリフェノールが多く含まれています。

口寂しい時にチョコレートを食べると、幸せを感じますよね。高カカオチョコレートを食べる時は、1日5枚程度までにしましょう。ミルクチョコレートはビターチョコに比べてカロリーが高くなるので、1粒から2粒を目安に食べるようにするといいですね。

口寂しい時におすすめのおやつや食べ物③飴

口寂しい時におすすめのおやつや食べ物3つ目は、飴です。小分け包装がされている飴はポケットに入れておくことができ、口寂しい時にすぐに食べれることができるので便利ですよね。筆者も仕事中に口寂しい時や小腹が空いた時に、すぐ食べれるようにポケットに忍ばせていました。

飴は、いろんな味があるので飽きることがありません。ダイエット中の人でも食べられる低カロリーな飴も販売されていますので、探してみてくださいね。

口寂しい時におすすめのおやつや食べ物④ミンティア

口寂しい時におすすめのおやつや食べ物4つ目は、ミンティアです。スースーするミンティアは、口の中をスッキリさせる効果があります。口寂しい時もミンティアを食べることで、口の中がスッキリして口寂しいのが落ち着きます。ミンティアは、気分転換や眠気覚ましに食べるのもおすすめです。

口寂しい時におすすめのおやつや食べ物⑤ところてん

口寂しい時におすすめのおやつや食べ物5つ目は、ところてんです。ところてんは、低カロリーで腹持ちがいい食べ物です。口寂しい時に食べると、満腹感が得られます。ところてんにきな粉や黒蜜をかけて、デザート感覚で食べるのもおすすめですよ。

口寂しい時は気分転換をしよう!

ゲームで遊ぶ人

いかがでしたでしょうか?今回は、口寂しい時の心理や原因について紹介しました。口寂しい時の心理や原因は、精神の状態と深く関係があることがわかりましたね。口寂しい状態にならないようにするには、気分転換をすることが大切です。

今回紹介したおやつや食べ物を食べて気分転換するもよし、自分が楽しいと思えることをして気分転換するのもいいと思います。ストレスを溜めないように、しっかり気分転換しましょう!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。