INDEX

職場で異性をチラチラ見る男性心理5選

職場で異性をチラチラ見る男性心理①女性への好意

憧れの女性

職場で異性をチラチラ見る男性心理一つ目はあなたに好意があることです。男性、女性問わず気になる人にはつい目がいってしまうものですよね。今何をしているのか、どういう女性なのかもっと知りたいという心理が働いているはずです。見られていると思っても、あまり嫌な顔せずにこちらも見返してみてはいかがでしょうか。

注意が必要なのが、好意を持っていない異性に笑顔で見返してしまうことです。自分が好意を寄せる相手に微笑み返されたことで、自分に気があると勘違いしてしまう人がいます。それがきっかけで相手の猛アタックが始まると後々厄介なことになりますので、興味のない相手の視線は適当に受け流しておきましょう。

あなたに好意を寄せる男性がチラチラ見ている場合は、デートの誘いのタイミングを図っているのでしょう。実際に誘われた場合の男性の心理はこの記事に載っていますのでぜひ参考にしてください。

Small thumb shutterstock 615286358
関連記事 二人きりの時の男性心理5選|会うのを避ける・断る場合の心理も

男性に「二人きりで会いたい」と言われたら、どのような心理なのか気になっ

職場で異性をチラチラ見る男性心理②仕事のため

仕事をする女性

職場で異性をチラチラ見る男性心理二つ目は単に仕事のためです。自分をチラチラ見る男性が上司であれば、指導や人事考課のためでしょうし、後輩であればカッコイイ先輩から見習おうとしているのかもしれません。もしくは、忙しそうなあなたを見て何か自分に助けられることがないか探っていることもあります。

ここは職場ですので、皆が仕事のことを考えている中で自分だけときめくロマンスを考えていたと知られると恥ずかしいので、思い込みは禁物ですよ。

職場で異性をチラチラ見る男性心理③身だしなみへの視線

身だしなみを整える女性

職場で異性をチラチラ見る男性心理三つ目は身だしなみへの視線であるということです。服のボタンが外れていたり、ゴミが髪についているのに気づいたけど、あまり話をしたことがないし、言いにくい、さりげなく本人に気がついて欲しという理由でチラチラ見ることもあります。

上記は相手が気づいてくれればという意図があるので、まだ良いです。しかし、鼻毛が出ていた、下着が透けているなどといった状況であれば、相手も「見てはいけない、でも目線をどこに置けば…」と感じているはずです。あなたのことを不自然にチラチラ見る人がいたら、一度化粧室で鏡を確認しましょう。

職場で異性をチラチラ見る男性心理④話のネタ探し

おどける人たち

職場で異性をチラチラ見る男性心理四つ目は話のネタ探しです。社会人として生きていく上でコミュニケーションは重要ですし、張り詰めた場に笑いを与えることは物事を潤滑にしてくれます。しかし、中には人を笑い者にすることで笑いを取ろうとする人たちがいます。

そういう人たちにとって、あなたのちょっとしたミスや癖は格好のネタです。ミスしないようにと考えすぎると業務がスムーズに行えないので、好奇心からチラチラ見る人のことはあまり気にせず自然体でいるようにしましょう。

職場で異性をチラチラ見る男性心理⑤下心

セクシーな女性

職場で異性をチラチラ見る男性心理五つ目はシンプルに下心です。悲しいかな、いけないとわかっていてもつい大きな胸やセクシーな衣装には目がいってしまうのが男の性です。暑くなってあなたがいつもより開放的なファッションだった場合はこの可能性が疑われます。

ただし、不自然にチラチラ見る男性が実はあなたの奇抜な衣装に戸惑い、異性相手にどこに視線をやるのが正解か困っている場合もあるので、一概に下心とは括れないです。

そして、厄介なのが男性の視線が好意からなのか下心かの判断がつきにくいことです。時としてその男性自身さえ下心なのか好意なのか区別がついていない場合もあるのです。そこで、下心を持つ男性についてはこの記事が参考になるでしょう。

自分の携帯をチラチラ見る男性心理5選

自分の携帯をチラチラ見てくる男性心理①気になる女性への好奇心

憧れの女性

自分の携帯をチラチラ見てくる男性心理一つ目はその女性への好奇心です。好きな異性がどういった携帯を使っているのか、どういった待ち受けにしているのか、どのSNSをやっているか気になるでしょう。そういった人達は近くに気になる相手がいれば無意識に目線がその携帯にいくものです。

ただし、人の携帯を覗くというのは薦められることではありません。ましてや、今はスケジュールも携帯に入れる時代ですから、極端な場合ストーカーにつながる場合もあります。自分の携帯に視線を感じるときはプライベートな入力は避けておいた方が良いでしょう。

自分の携帯をチラチラ見てくる男性心理②携帯そのものへの関心

おしゃれな携帯

自分の携帯をチラチラ見てくる男性心理二つ目は携帯そのものへの関心です。最新の機種を使用していたり、スマホのケースが個性的な場合はつい目がいってしまうものです。チラチラ見る男性のことが嫌いでなければ、あえて自分から携帯について話題にするのも良いでしょう。

自分の携帯をチラチラ見てくる男性心理③咎める気持ち

睨み

自分の携帯をチラチラ見てくる男性心理三つ目は咎める気持ちです。会議中にスマホをいじっていれば、「仕事中に何をやっているのだ。友人とSNSをしているのでは」と疑う同僚・上司も中にはいるでしょう。心理的に気の小さい同僚・上司ほど口に出さずに雰囲気でわからせようとする傾向があります。

当然今の時代であれば、業務の調べ物や資料作成にも携帯は欠かせません。上司の携帯への視線が気になるようであれば、業務理由で使用していることをチラチラ見る上司に説明しておいた方が良いでしょう。

別にその上司のことを嫌っていなくても、役職・性別・世代の違いによりいざこざが起こってしまうこともあります。そんなことをしても業務に支障をきたすだけですし、相手側も揉め事は望んでいないことが大半ですが、いざ上司と喧嘩になってしまった場合もこんな記事が参考になりますよ。

Small thumb shutterstock 272405486
関連記事 会社で上司と喧嘩した際の謝罪・仲直り方法|仕事上の原因&未然に防ぐには?

今回は、「会社で上司と喧嘩した際の謝罪・仲直りの方法」また、職場で先輩

自分の携帯をチラチラ見てくる男性心理④とにかく暇

暇な人

自分の携帯をチラチラ見てくる男性心理四つ目はとにかく暇だということです。人間の心理で、特に意味がなくても暇になると動きのあるものに目がいくものです。周囲に何もないなか、熱心に指を動かしているのが目に入るとついチラ見することもあるはずです。そういう場合は取り立てて気にしないのが良いでしょう。

自分の携帯をチラチラ見てくる男性心理⑤話のネタ探し

笑う人

自分の携帯をチラチラ見てくる男性心理五つ目は話のネタ探しです。職場でチラチラ見てくる人の四つ目と同様です。こういった人たちは常日頃笑えるネタを探しています。さらに、スマホは個人情報の宝庫です。スマホの検索履歴を公開するドッキリもありますし、履歴内容が知れたら飲み会のネタにされてしまうかも知れません。

あまり人に見られたくない履歴は消去しておくのが良いですね。また、友人とのSNSのやり取りも覗かれている可能性がありますので、相手の目線があなたの携帯にいっているようであれば、携帯をしまうか無難な操作だけしておくのが良いでしょう。

男性から見られてるのは好意とは限らない?好意以外でどんな理由がある?

男性が好意以外で見る理由①業務上必要

査定

男性が好意以外で見る理由の一つ目は業務上必要です。業務を遂行する上で、観察力は大変重要です。特に上司の場合、部下に悩みはないかや査定評価を管理職として把握しておく必要があります。上司の目線で監視されているような気にもなりますが、成長を見守ってくれているのかもしれませんよ。

男性が好意以外で見る理由②とにかく話のネタが欲しい

見つけた

男性が好意以外で見る理由の二つ目はとにかく話のネタ集めです。会社によっては飲み会が多い会社も有ります。そういう場合、毎回同じメンバーと飲んでいると話のネタは同じものになってしまいます。その点、職場には酒のつまみのネタが転がっています。人のミスや癖を観察する人が中にはいますので気をつけましょう。

男性が好意以外で見る理由③エロ目線

恥ずかしい

男性が好意以外で見る理由の三つ目はエロ目線です。説明は不要だと思いますが、どうしてもそういった男性は一定数います。もちろん、世の男性が皆そうという訳ではないので、気をつけましょう。

チラチラ見る男性がいても早とちりせず状況から判断しよう!

以上、職場でチラチラ見てくる男性心理と自分の携帯を見てくる男性心理でした。いかがでしたか?異性から見られると必要以上に気になってしまうものですよね。そして、あなたも気になる相手の目線の先に何があるか気になるはずです。

ここにあるのがチラチラ見ることの大半の理由です。理由の中にはあなた自身心当たりがあるのもあったでしょう。ただし、気をつけて欲しいのはコレだと思い込まないことです。状況によって理由は変わってくるでしょうし、ましてや視線があなたの勘違いということもあります。

誤解を招かないためにも、チラチラ見る男性に対して「どうかした?」と気軽に尋ねる関係が職場で作り上げれるのが一番だと思います。そして何より、あなたが好意を寄せる男性があなたを好意的に見ていたのがわかったら何より嬉しいですね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。