Large thumb shutterstock 517365208

疲れたが口癖の女性の心理は?しんどいアピールがうざい時の対処法も

更新:2020.02.10

あなたの周りに「疲れた」と言うのが口癖になっている女性はいませんか?「疲れた」と口癖のように言われては、聞いている自分もなんだか疲れた気分になってしまうものです。今回は、そんなちょっと困った「疲れた」が口癖の女性の心理や、その対処方法をご紹介します!

「疲れた」が口癖の女性の心理は?

「疲れた」が口癖の女性の心理①:劣等感を感じている

壁に寄りかかる女性

「疲れた」が口癖になっている女性の心理の1つ目は、劣等感を感じていることです。「疲れた」というネガティブな口癖がある女性は、発言だけでなく考え方もネガティブなことが多いものです。心のどこかで「私なんか…」と自分を下に見て、劣等感を感じてしまっているのですね。

ネガティブ思考で常に劣等感を感じている人は、ポジティブな考え方の人と比べると、精神的にはるかに疲れやすくなってしまいます。つまり、自分のネガティブ思考のせいで疲れが溜まってしまっているのです。

「疲れた」が口癖の女性の心理②:共感してほしい

慰められる女性

「疲れた」が口癖になっている女性の心理の2つ目は、『共感してほしい』です。「疲れた」と言うと、誰かが「本当に疲れたね」と共感してくれることを期待しているのです。「疲れたね」と共感してもらうことで、「みんな同じように感じているんだ」と安心したい気持ちもあるのでしょう。

何にでも共感を求めるのは、女性特有の脳の構造と言われています。大昔、男性が狩猟へ出かけている間、女性は集落の中で、周りとのコミュニケーションをとって生活してきました。集落の生活において、お互いに助け合うことは必須。そのため、女性はコミュニケーションの基本である「共感」を強く求める傾向にあるのです。

中には、以前に「疲れた」と言ったときに周りが共感してくれて嬉しかったため、「疲れた」とよく言うようになってしまった人もいるようです。

「疲れた」が口癖の女性の心理③:目標がない

あくびをしている女性

「疲れた」が口癖になっている女性の心理の3つ目は、『目標がない』です。目標を持っている人は、目標に向かって一生懸命に努力するなどして毎日に充実感を感じています。目標を持って何かに没頭している時には、充実感や成長の喜びに満ち溢れているので疲れも感じにくいものですよね。

しかし反対に、目標のない人は何をするにしても無気力になってしまいがちです。何をしても意味がないように感じてしまうので、時間が経つのも遅く感じ、より「疲れた」と感じやすくなってしまうのです。

「疲れた」が口癖の女性の心理④:頑張った自分を認めてほしい

いい評価をされる女性

「疲れた」が口癖になっている女性の心理の4つ目は、『頑張った自分を認めてほしい』です。「疲れた」と言うことで、「いつも頑張っているね。」「こんなにやったんだ凄いね」のような、自分の頑張りを認めてくれる言葉をかけて欲しいのです。

また、中には、他人が「疲れた」と言っているのを聞いて、「私も〜で疲れたよ」と張り合う人もいるようです。頑張った自分を認めてほしい気持ちから「疲れた」と言う女性は、「自分が一番疲れている」とアピールしてしまう人も多くいます。

疲れた・しんどいアピールがうざい時の対処法は?

正直うざい!疲れた・しんどいアピールの対処法①:聞き流す

携帯をいじる女性

疲れたアピールがうざいなと感じたときの対処法の1つ目は、聞き流してしまうことです。疲れたアピールに、いちいち真面目に対応していてはこちらも疲れてしまいます。疲れたアピールにうんざりしてきたら、適度に聞き流してしまうといいでしょう。

「疲れた」と言い始めたら、「ふーん。ところでさ…」のように聞き流しつつ話題を変えてしまうのもオススメです。「疲れた」というネガティブ発言に引きずられないように、ポジティブな話題をふるとよりいいですよ。

正直うざい!疲れた・しんどいアピールの対処法②:心配してみる

慰める女性

疲れたアピールがうざいなと感じたときの対処法の2つ目は、心配してみることです。「疲れた」と言い始めたら、「大丈夫?体の調子でも悪いの?病院行ったほうがいいんじゃない?」と心配してみましょう。過剰気味に心配されると、疲れたアピールをしている人は気まずく感じることも多いものです。

しかし、周囲の人に構ってほしくて疲れたアピールをしている女性の場合、この対処法は逆効果になることも。「大丈夫?」と心配されたり、注目を集めるのが大好きなタイプの女性には、ほかの対処法を試したほうが効果的でしょう。

正直うざい!疲れた・しんどいアピールの対処法③:頑張りを認めてあげる

みんなから讃えられる

疲れたアピールがうざいなと感じたときの対処法の3つ目は、頑張りを認めてあげることです。疲れたアピールをする人の中には、「頑張ったね」の一言が欲しいだけの人も多いのです。ここはあなたが大人になって、相手の承認欲求を満たしてあげましょう。

周りから「いつも頑張ってるね」「お疲れ様」のように、優しい言葉をかけられるだけで、疲れたアピールがパタリと止むことも多いんですよ。100点をとった子供が「見て見て!」とアピールしているのと同じだと思って、「凄いね」「頑張ったね」と褒めてあげましょう。

「頑張りを認めて褒めるとはいっても、上手な褒め方が分からない…」という人は、下記の記事を参考にしてみてくださいね。褒める人別で上手な褒め方テクニックが載っているので、役に立つこと間違いなしです!

「疲れた」が口癖の女性が言いがちな他の口癖5選

よく「疲れた」と言う女性の他の口癖①:帰りたい

やる気のない女性

よく「疲れた」と言う女性の口癖の1つ目は、「帰りたい」です。「疲れた」と口癖のように言う女性は、基本的にネガティブ思考です。特に目標もなく過ごしていることが多いので、何をしていても楽しく感じられません。

何をしていても楽しくないと、「家に早く帰りたいな」と感じてしまうのは当たり前のことですよね。そのため、「疲れた」とよく言っている女性は「帰りたい」が口癖になっていることも多いのです。

よく「疲れた」と言う女性の他の口癖②:しんどい

机に突っ伏す女性

よく「疲れた」と言う女性の口癖の2つ目は、「しんどい」です。「疲れた」と「しんどい」は似た言葉なので、「疲れた」とよく言う女性は「しんどい」と口癖のように言っている人が多いです。「疲れた」と「しんどい」を交互にしょっちゅう言われると、聞いているこっちも気分が落ち込んできてしまいますよね。

よく「疲れた」と言う女性の他の口癖③:眠い

あくびをする女性

よく「疲れた」と言う女性の口癖の3つ目は、「眠い」です。なぜかいつも「眠い」と言っている人っていますよね。「疲れた」とよく言う人は、目標がなく覇気が感じられないことが多いですが、「眠い」が口癖の人も同じ特徴を持っています。何に対してもやりがいを感じていないため、退屈で眠く感じてしまうのです。

よく「疲れた」と言う女性の他の口癖④:だるい

寝ながら携帯をいじる女性

よく「疲れた」と言う女性の口癖の4つ目は、「だるい」です。「だるい」は、「疲れた」「しんどい」と似た言葉なので、疲れたアピールをしがちな人がよく言いそうなのは想像がつきますよね。「疲れた」とよく言う女性には、やる気が出ない人が多いです。そのため、何をしていても「だるい」と感じてしまうのです。

よく「疲れた」と言う女性の他の口癖⑤:めんどくさい

上の空の女性

よく「疲れた」と言う女性の口癖の5つ目は、「めんどくさい」です。あなたの周りに、何をするにしても「めんどくさい」と言って、いつも楽しくなさそうな女性はいませんか?

「疲れた」とよく言う女性は無気力なことが多いですが、無気力だと、何をしても「やらされている感」が強くなってしまいます。やらされている感が強くなると、「なんで私がこんなことしないといけないの、めんどくさい」と思ってしまうようになるのです。

下に、「めんどくさい」が口癖の人の心理や性格についての記事を載せておきますね。「めんどくさい」が口癖の人についてもっと詳しく知りたい方は読んでみてください。

「疲れた」が口癖の女性とは上手く付き合って

いかがでしたか?今回は、「疲れた」が口癖の女性の心理や、その対処法などについてご紹介しました。「疲れた」が口癖の女性は、周りの人にとって厄介な存在となりがちです。適切な対処法で、疲れたアピールに自分まで巻き込まれないようにしてくださいね。

良い出会いを見つけたいなら相席屋がおすすめ!

相席屋は「婚活応援酒場」というコンセプトのお店なので、真剣に出会いを求めに来ている男性・女性が多いです!以下の記事では相席屋での攻略方法について紹介しているので、チェックして素敵な恋人を見つけに行きましょう!

相席屋のお得なクーポンはこちら!
●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。