INDEX

指輪など大事な物をなくすスピリチュアル的な意味とは?

大事な指輪をなくすスピリチュアル的なジンクス①縁が切れる

1つ目の大事な指輪をなくすときのスピリチュアル的な意味やジンクスは、不要な縁が切れていきます。切りたくても切れない腐れ縁など誰にでも一度はあるのではないでしょうか。指輪は縁を繋ぐ意味を持っています。そのような意味の指輪をなくすときは、「その縁はあなたに必要ない」と伝えているのです。

出会いと別れは表裏一体ですから、その縁が切れることにより次の縁がやってきます。悲しむ気持ちも時間が癒やしてくれるでしょう。大切にしていた物にはあなたの良い思いやエネルギーが伝わっています。そのような大事な物があなたを悪い方に導くことは考えにくいです。厄落としをしてくれたと考え、前向きに捉えましょう。

幸せな未来を手にするために、今ある縁よりも素敵な縁に導いてくれるはずです。また誰かにもらった指輪をなくすときの意味は、切れる縁がその指輪をプレゼントしてくれた相手の可能性が高いです。この出来事をきっかけとし、本当に魅力的な人物かどうか見極めてみるのもいいのではないでしょうか。

大事な指輪をなくすスピリチュアル的なジンクス②運気の上昇

2つ目の大事な指輪をなくすスピリチュアル的な意味やジンクスは、運気の上昇と意味です。悪い縁や運気が去っていくことで、あなたのまわりには良い流れがやってきます。パッと視界が開けていくでしょう。また新しい友人と出会うなども期待できます。このチャンスを掴むためにも、ぜひ積極的に人と接していってくださいね。

運気の上昇の前にはこの指輪をなくすことのような、厄落としになる前兆があります。先に予兆を知っていれば、指輪をなくしたときも必要以上に不安がらなくて良くなりますよね。運気が上がる兆しについてはこちらの「良いことが起こる幸運の前兆」の記事で解説しています。一度チェックしてみるといいでしょう。

Small thumb shutterstock 558832264
関連記事 良いことが起こる幸運の前兆・前触れ9選|運気が上がる兆しは?

良いことが起こる前兆ってあるの?と思ったことありませんか。幸運が自分に

ピンキーリングをなくすスピリチュアル的なジンクス③願いが叶う

指輪でもピンキーリングをなくした場合スピリチュアル的なジンクスは、願いが叶うことを意味しています。ピンキーリングは願いを込めて指にはめるものです。なくすのはそのピンキーリングが不要、願望成就といえます。ピンキーリングは、はめる指で願いが変わりますから、それに合わせて身近な出来事を観察してみましょう。

もしくは、あなたがかけたピンキーリングの願い事を叶えるべく、その願いにまつわるこれから訪れる不運を回避するためになくしてしまうこともあります。ピンキーリングは無くしたけどなんだか最近ツイてるなと感じたら、ピンキーリングが厄落としをして助けてくれたのでしょう。

ピンキーリングをなくすスピリチュアル的なジンクス④既に叶っている

4つ目のピンキーリングをなくしたときのスピリチュアル的なジンクスは既に叶っているということです。身につけて間もないうちになくす場合もあるでしょう。このようなときは、あなたが気づいていないだけで既に願ったものを手に入れていることを伝えています。時間を作り恋人や友人などについて振り返ってみるべきです。

恋愛ならあなたの身近に運命の人がいる確率が高いです。悩んで困ったときに支えになってくれている異性の友達や同じ職場の人など、思い当たる人がいるのではないでしょうか。なくすことで私たちにメッセージを伝えてくれるのですから、相手と進展する機会が近づいているのでしょう。そのときは明るく行動してくださいね。

指輪以外の大事な物をなくすスピリチュアル的な意味とは?

お守りをなくすことが多いスピリチュアル的なジンクス⑤身代わり

5つ目のお守りをなくすことが多いスピリチュアル的なジンクスは、あなたが受ける不運の身代わりになったことを暗示しています。お守りなので厄落としの効果があったといえるでしょう。あなたを守る役目を終えたと考えて、お守りに感謝しておきましょう。

こういったお守りには厄落としに効果のある持ち方や置き方があるのをご存知ですか。特に交通安全など、厄除けや厄落としの目的でお守りを購入した場合は、知っておくとより効果を発揮してくれるでしょう。厄落としに効果のあるお守りの良い持ち方については、以下の記事が参考になりますよ。

Small thumb shutterstock 534078856
関連記事 厄除け(厄払い)のお守り・お札の持ち方や置き方。間違えると逆効果?

厄年は誰にでも訪れる「難事の多い年」のことを指します。厄年を乗り切るた

財布をなくすスピリチュアル的なジンクス⑥大切にしていない

6つ目の財布をなくすスピリチュアル的なジンクスは、財布を大切にしていないことを教えてくれています。使ってみたら不便であまり気に入っていない財布を使ってはいませんか。お金は大切にしているところにやってきます。財布はお金のエネルギーが入る場所です。嫌だと思っている人の場所には長居したくないのでしょう。

ほかにもお金の使い方に対してのメッセージの可能性もあります。あぶく銭のように使うなど金銭面での悩みはありませんか。ストレスが溜まったときに衝動買いしてしまうのも良くありません。お金のことで見直したい問題があれば、これからの使い方や対策をこの機会に考えてみることをおすすめします。

鍵をなくすスピリチュアル的なジンクス⑦トラブルの暗示

7つ目の鍵をなくすスピリチュアル的なジンクスは、近いうちに揉め事が起きる暗示です。鍵は何かを開けるアイテム、スピリチュアルの世界においては幸運の象徴になっています。そのような鍵を無くしてしまうのですから、予期せぬハプニングや問題が起こることを指し示しています。

また、うっかりしたミスが大きなトラブルに繋がる場合も考えられます。さらに鍵をなくすことは不注意からくることが多いですから注意力散漫になっているといえます。忙しさに追われ大事な物や存在を見落としていないか、1人の時間を作り見つめ直してみてはどうでしょうか。今ならまだ間に合いますよ。

【指輪・大事なものをなくす】なくした後見つかる意味は?

大事な物をなくした後見つかる意味①良縁の訪れ

一度はなくした指輪などが見つかるときの意味は、良縁の訪れです。良縁とは恋愛だけではありません。仕事での良縁、新しい趣味や習い事の良縁、新しい友人など全てに当てはまります。恋愛ならモテ期の訪れも考えられます。スピリチュアルな世界では何かを引き寄せるには引き寄せられるスペースがないと引き寄せられません。

それまで大事だった物をなくしたことでスペースができたのです。新しく空いたスペースには過去の大切な物が厄落としをしてくれたので、次は幸運がやってくるはずです。また、失ったことで本当に大切な物に気づけた可能性もあります。いずれにせよ、幸運は目の前まで来ていますから快く迎え入れるといいでしょう。

大事な物をなくした後見つかる意味②新しい始まり

2つ目の指輪や鍵をなくした後見つかる意味は、新しい始まりを告げています。転職や進学、結婚といった人生の転機が訪れるのでしょう。環境が変われば、あなたを取り巻く雰囲気もガラッと変わってきます。過去の縁を精算して、新しいあなたに必要な出来事を引き寄せてくれるでしょう。

見つかった物はこれから先のあなたのお守りになります。さらに人生の転機を知らせてくれるのはジンクス以外にもあります。事前に読み取って心の準備をしておくのもおすすめですよ。人生の転機の詳しい内容は、こちらの「運気が変わる前兆」の記事が役立つはずです。ぜひ一度目を通してみてくださいね。

Small thumb shutterstock 231045031
関連記事 運気が変わる前兆・予兆・前触れ13選|体調不良が運気の上がる時のサイン?

今回は「運気が変わる前兆・前触れ」を13選にしてご紹介していきます。幸

大事な物をなくした後見つかる意味③関係の復活

3つ目の大事な物をなくした後見つかる意味は、関係の復活です。新しい始まりは見知らぬ人ではない場合もあります。一度は離れてしまった恋人との縁が復活するなど既に見知った相手との関係が好転することも含まれます。その場合は、失ってみて初めて相手がかけがえのない存在だったと気づくでしょう。

復活するのは喧嘩が解決し、良い方向に向かっていくということもあります。自分の欠点と向き合う時間を大事な物を失うことで与えられたのです。そのことにより、これからは以前よりも大切な相手と良好な関係を築いていけるでしょう。今度はなくさないようにしてくださいね。

大事なものをなくすのは厄落としと新しい縁の前兆

大切にしている物には思いや気が宿るといわれています。大事にすれば持ち主の厄落としをしてくれたり、新しい縁を運んできたりと大事した気持ちを返してくれます。大事な物をなくすことで落ち込みすぎていては、掴めるはずのチャンスも逃してしまいます。ジンクスの意味を理解してぜひ幸運を掴んでくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。