厄年は誰にでも訪れる「難事の多い年」のことを指します。厄年を乗り切るためには、いろいろな厄除けがありますが・・・御札やお守りを入手して難事から守ってもらうという方法があります。厄払いのお札の飾り方や扱いの注意点など、厄除けに関する知識をしっかり身につけて、厄年を乗り切っていきましょう!

INDEX

  • 厄除けってどうしてするの?
  • 厄除けのお札について|飾り方など厄払いのお札の注意点は?
  • お守りの扱い方について
  • 間違った扱いをすると逆効果!?
  • 厄年には節度のある生活を心がける

厄除けってどうしてするの?

そもそも厄年とは

厄年って?

厄年=怖い・辛い、というイメージがありますが・・・実際厄年というものがどういう年なのか、正確に理解していない人も多いかもしれません。厄年というのは災難が多く起こる、とされている年です。数年に一度起こるもので、厄年は人生の転換期とも呼ばれているそうです。

もちろんすべての人に当てはまるわけではありませんが、日本人はこの厄年に非常に敏感になっています。運気だけでなく、体調を崩しやすかったり病気をしやすいのも厄年だと昔から言われているんですね。厄年になる年齢には、「厄除け」や「厄払い」をした方がいいというのも一般的にはよく言われています。

厄年は何となく良くない年だと知っていても、して良いことと悪いことまでは知らないという人も多いでしょう。厄年にやっていいことと悪いこと、厄年の過ごし方を下記の記事で紹介しているので、ご覧ください。

Small thumb shutterstock 364449851
関連記事 厄年の男性と女性がやってはいけないこと8選!やること・過ごし方も

厄年にやってはいけないことがあるのをご存知ですか?今回は、男性・女性そ

「厄除け」と「厄払い」は正確には違う?

厄払い

「厄除け」と「厄払い」はよく似た言葉ですが、多少ニュアンスが違うので覚えておきましょう。お寺でするのが「厄除け」で、神社でするのが「厄払い」です。「厄除け」と「厄払い」は人生で数回訪れる厄年を、何事もなく回避できるように行うお祓いです。大きな難事・小さな難事、どんなことが起こるかわかりません。

厄年に厄を払いきるため、御札を買ったりお守りを持ってトラブルを乗り越える・・・これが日本における「厄除け」と「厄払い」です。

厄年になる年齢と厄除けできる場所

厄除け

厄年になる年齢は決まっていて、前厄・本厄・後厄という3つの厄があります。男性と女性でこれらが来る年齢が違うので、注意してください。厄年は数え年で見ていきますが、数え年というのは満年齢に誕生日前は+2・誕生日後は+1をした年齢を指します。

男性の本厄が25歳・42歳・61歳で、女性の本厄は19歳、33歳、37歳となっています。基本的に厄年のお祓いは、お寺でも神社でもどちらに行っても構いません。全国にある有名なお寺や神社を探して、そちらで厄払いしてもらうのがいいでしょう。

もちろん地元でお祓いしてもらってもいいです。どこでお祓いをしたか、というのは問題ではありません。大切なのは厄除けのお札やお守りの扱い方なんです。

お寺や神社に厄除け・厄払いしに行く際には服装やマナーも大切です。下記の記事では厄除け・厄払いへ行く時の服装などのマナーを紹介しているので、ご参照ください。

Small thumb shutterstock 564246694
関連記事 厄除け・厄払いを受ける時の服装例5選|神社のご祈祷の料金やマナーも

厄除けってしたことありますか?今回は厄払いの時の服装やマナーについて、

厄除けのお札について|飾り方など厄払いのお札の注意点は?

厄除け・厄払いのお札の飾り方は仏壇・神棚に納めるのが理想

神棚の厄払いのお札の飾り方

お寺でいただいた厄除けのお札は仏壇に、神社でいただいた厄払いのお札は神棚に納めるのが理想です。神棚には三社造りや一社造りがありますが、三社造りの場合は一番左に、一社造りの場合は一番下に重ねて納めるのが理想の飾り方とされています。

仏壇・神棚がない時の厄除け・厄払いのお札の飾り方

場所