INDEX

革靴が痛い・きつい原因5選

革靴が痛い・きつい原因①サイズが合っていない

革靴が痛い・きつい原因その1は、サイズが合っていないことです。デザインを重視してしまうあまり、少しくらいサイズが合っていなくても大丈夫と思っていませんか?当たり前のことですが、靴は自分の足のサイズより小さいものを選んでしまうと、きつくなってしまいます。

革靴が痛い・きつい原因②ワイズ(ウィズ)が合っていない

革靴が痛い・きつい原因その2は、ワイズ(ウィズ)が合っていないことです。ワイズ(ウィズ)とは何かというと足の幅のことです。サイズばかり気にしてワイズは注目していないという方、たくさんいると思います。サイズが合っているのにきついという方は、ワイズが合っているかどうか確認してみましょう。

\ POINT /

ワイズ(ウィズ)の表記

ワイズ(ウィズ)は、A・B・C・D・E・EE・EEEで表記されています。Aが一番小さく、EEEが一番大きくなっています。サイズの近くに表記されているので、靴を買おうと検討している方はぜひ確認してみてください。

革靴が痛い・きつい原因③革が硬い

革靴が痛い・きつい原因その3は、革が硬いことです。当然ですが革靴には革が使われています。その革は布などよりも伸びにくく硬いため、履き慣れるまでは痛い・きつい感じてしまいます。特に豚革は硬いので、革靴で痛い思いをしたくない人は注意が必要です。

革靴が痛い・きつい原因④靴が馴染んでいない

靴

革靴が痛い・きつい原因その4は、靴が馴染んでいないことです。これは革靴に限った話ではないですが、靴も履いているうちに伸びて自分の足に馴染んでいきます。新品の靴はまだ馴染んでいないため、痛い・きついと感じてしまいますし、革自体伸びにくい素材なので馴染むまでに時間がかかります。

革靴が痛い・きつい原因⑤靴の中で足が遊ぶ

悩み

革靴が痛い・きつい原因その5は、靴の中で足が遊ぶことです。足が遊ぶというのはサイズが大きい靴を履いて歩いているときに、足が靴の中で固定されずに動いてしまう状態ことで、靴擦れの原因になります。足が遊ぶと感じるときは靴のサイズを確認してみましょう。

また、歩き方によっても靴擦れがおこることがあります。こちらの記事では、歩き方について紹介されていますので、気になる方はご覧になってみてはいいかがでしょうか。

Small thumb shutterstock 289040627
関連記事 歩き方を矯正しよう!靴底のすり減り方(内側、外側、かかと)から分かる意外な事は?

毎日私たちは多かれ少なかれ「歩く」ことをしています。正しい歩き方に矯正

革靴が馴染むまでの期間は?

馴染むまでの期間の目安は3ヶ月くらい

カレンダー

革靴が馴染むまでの期間の目安とされているのは、約3ヶ月です。あくまでも目安なので誰でもそうというわけではありませんが、新品の時は痛い・きついと思っても、このくらいの期間履いていると革靴が馴染んでくる人が多いようです。

馴染むまでの期間には個人差がある

個人差

痛い革靴が馴染んで痛くなくなるまでの期間というのは個人差があります。革靴を毎日履く人と週に1回しか履かない人だと、革靴を履く時間というのは大きく変わりますよね。革靴を履いた時間が長ければ、馴染むまでの期間は短くなりますし、履いた時間が短ければ、その分馴染むまでの期間は長くなります。

また人によって体重や足の大きさなども違うので、人によって馴染むまでの期間は違います。よって革靴が馴染むまでの期間は個人差があります。

革靴の種類によって馴染むまでの期間も違う

革の種類が違ければ、当然馴染むまでの期間も変わってきます。クロムなめしのやぎ革の靴なら、柔らかく伸縮性に優れているため1ヶ月程度でも馴染むことがありますし、紳士靴の重厚なものだと、馴染むまでに2年かかったケースもあるそうです。

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法10選!

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法①靴クリームを使う

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法その1は、靴クリームを使う方法です。靴クリームは名前の通り靴用のクリームで、革靴の革を柔らかくするために塗るオイルです。革靴を履いていてきついと思ったら、この靴クリームを使ってみるといいでしょう。

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法②シューストレッチャーを使う

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法その2は、シューストレッチャーを使う方法です。シューストレッチャーは靴の内側を物理的に広げるものです。すぐにでも靴を伸ばしたいという方は、このシューストレッチャーを使ってみるといいでしょう。

\ POINT /

男性用、女性用がある

男性と女性では、靴のサイズが違いますよね。シューズストレッチャーはそのサイズの違いにも対応しています。なので、靴の大きさに合わせたものを使用しましょう。

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法③ヘアードライヤーを使う

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法その3は、ヘアードライヤーを使う方法です。まず、靴下を履いて伸ばしたい靴を履きます。次に伸ばしたい箇所に低温でドライヤーの風を当てます。靴が冷めるで待ち、冷めたら普通に靴を履きます。まだきついと思ったら、同じ作業を繰り返します。

この方法は家にあるドライヤーででき、比較的短時間で済ませることができるので、あまりお金をかけずにやりたいという方におすすめです。

\ POINT /

でもやりすぎには注意!

この方法は比較的簡単にできますが、やりすぎると革が傷んでしまいます。やりすぎには注意しましょう。

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法④ヒアルロン酸化粧水を使う

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法その4は、ヒアルロン酸の化粧水を使う方法です。こちらも靴クリームのときと同じように、柔らかく伸ばしたい部分に直接塗ります。少量でも、ヒアルロン酸の保水性と浸透力の良さで効果が出ます。この方法もあまりお金をかけずに済むので、おすすめです。

こちらの記事では、無印良品の化粧水のほか、様々なコスメ品について紹介されています。気になる方はぜひチェックしてみてください!

Small thumb shutterstock 535300789
関連記事 ファミリーマートで無印良品の化粧水が手に入る!おすすめの無印コスメ

街のいたるところで見かけるファミリーマート、実はそのファミリーマートで

\ POINT /

あくまでも化粧水

ヒアルロン酸化粧水は革靴に塗ると柔らかく伸びる効果がありますが、あくまでも化粧水なので、革用に作られたもではなく、シミが出来てしまう場合があります。やるときは、一度見えないところで試してからやるようにしましょう。

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法⑤ジップロックと水を使う

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法その5は、ジップロックと水を使う方法です。まず、ジップロックに水を入れます。次に、袋を閉じてその袋を靴の中に入れます。そして、ジップロックが入った靴を冷凍庫に入れて水が凍るまで待ちます。完全に凍ったら、冷凍庫の外に出して20分放置します。

放置したらジップロックを取り出し、濡れている部分を拭いて終わりです。。これでをするだけで、だいぶ履き心地が変わるようです。一日その靴が履けなくなってしまいますが、あまりお金もかからないのでおすすめです。

\ POINT /

靴を大きめな袋に入れるといい

靴を直接冷凍庫に入れるのはいやという方は、大きめな袋に靴を入れてやると冷凍庫が汚れずに済みます。

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法⑥シューキーパーを使う

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法その6はシューキーパーを使う方法です。こちらは、靴を履いていないときに足の代わりに靴に履かせるもので、靴の縮小を抑えたり、形状を整えたりする道具になります。プラスチック製の物と木製の物があり、プラスチック製の方が安価ですが、木製は吸湿性もありどちらもおすすめです。

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法⑦インソールを使う

靴

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法その7は、インソールを使う方法です。インソールとは中敷きともいわれ、靴の中に敷くサイズ調節罪になります。こちらは、直接的に革靴を伸ばす方法ではないですが、インソールを使うことで、楽に革靴を履きながら靴を足に馴染ませていくことができます。

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法⑧レザーワックスを使う

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法その8は、レザーワックスを使う方法です。レザーワックスは革用のワックスで革の手入れをするときに使うものです。革に柔軟性を持たせることができる他、艶出し、撥水、除菌効果もあり、柔らかくすること以外にも使えます。

革靴は定期的なケアが大事で、レザーワックスはこれから革靴を履こうと思っている方には必須アイテムとも言えます。ケアのためにも一つ持っておくと便利だと思います。

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法⑨手でもむ

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法その9は、手でもむ方法です。この方法は一切お金がかかりませんし、やろうと思えば今すぐにでもできるので、革靴にあまり薬品等を使いたくない方、道具を使いたくない方へおすすめです。

\ POINT /

けがには気をつけて!

革は布に比べても硬いです。あまり力がない人が無理にやろうとすると、手を痛めてしまったり、けがをしてしまう恐れがあるため、気をつけてやるか、力に自信がない方はやらないことをおすすめします。

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法⑩修理業者に出す

革靴が痛いときの柔らかく伸ばす方法その10は、修理業者に出す方法です。はっきり言ってこの方法が一番確実です。革靴専門の人が専門の機械を使ってやってくれるのでその分お金はかかってしまいますが、革靴が壊れる心配もないですし、安心して革靴を柔らかく伸ばすことができます。

\ POINT /

だいたい1週間くらい

修理業者に出す方法は時間がかかります。それは、専門の機械を使って1週間ほどかけて靴を伸ばしているからです。革靴は短時間で強い力を加えてストレッチをすると縫い目が割けてしまうため、このような方法をとっているそうです。

革靴が痛いときの対処法3選

革靴が痛いときの対処法①絆創膏を貼る

絆創膏

革靴が痛いときの対処法その1は、絆創膏を貼る方法です。これはもう王道ですが、擦り傷などのけがをしたらまず絆創膏を貼りますよね。かかとや足の甲などで靴擦れを起こしてしまったときは、とりあえず絆創膏を貼っておくのがいいと思います。

革靴が痛いときの対処法②ハンカチを挟む

革靴が痛いときの対処法その3は、ハンカチを挟む方法です。こちらは、革靴を履いているときにハンカチを靴と足の間に挟み、クッション代わりにする方法です。靴擦れが起きそうなときにハンカチを挟むだけなので簡単です。

といっても、靴擦れのためだけにハンカチを一枚使うのはもったいないと思う方もおられるかと思います。こちらの記事では、タオルのリメイク術が紹介されています。ハンカチの再利用方法も載っているので気になる方はご覧になってみてください!

Small thumb shutterstock 115361434
関連記事 タオルのリメイク術・アレンジ17個|バスタオルやハンカチの再利用方法も

ハンドタオルやハンカチ、バスタオルなどは使い勝手が良く、リメイクにもア

革靴が痛いときの対処法③靴擦れ用対策グッズを使う

革靴が痛いときの対処法その3は、靴擦れ用対策グッズを使う方法です。対策グッズには、靴擦れ防止のパッドや靴擦れの傷に貼るシートなどがあります。どれも靴擦れ専用なので用途が違うものを使うよりも安心ですし、早めに治る可能性があるので、靴擦れが起きてしまったときにはおすすめです。

サイズが合わない革靴を履いているとこんなことも...

かかと・足の甲の靴擦れ

靴

サイズが合わない革靴を履いていると、靴擦れが起きてしまいます。これは革靴に限ったことではありませんが、革靴は特に革が硬く、また馴染むまでに時間がかかるので、靴擦れが起きやすくなっています。

慣らしていない靴だと転びやすくなる

サイズが合わない靴を履いていると、転びやすくなってしまいます。足のサイズより小さいものを履いていれば、当然足は圧迫され血流が悪くなります。そうすると、足の感覚が鈍り転びやすくなってしまいます。子供なら関節が柔らかくて擦り傷くらいで済むけがが、大人だと捻挫になってしまうことまであります。

親指が付け根から曲がる外反母趾

サイズが合わない靴を履いていると、ひどい場合には外反母趾になってしまう可能性があります。新品の革靴は革が硬いですし、ヒールの高い靴は足の親指の付け根により負荷がかかるため、症状にかかりやすくなってしまいます。

Q web

特徴的な症状は足の母指(親指・母趾)の先が人差し指(第2趾)のほうに「くの字」に曲がり、つけ根の関節の内側の突き出したところが痛みます。その突出部が靴に当たって炎症を起こして、ひどくなると靴を履いていなくても痛むようになります。 靴の歴史の長い欧米人に多い病気でしたが、最近は日本でも急速に増えています。

引用元:日本整形外科学会

自分のサイズに合った革靴を選んで嫌な思いをしないようにしよう!

いかがだったでしょうか。慣らしていない革靴を履いていて、痛い・きついと感じたときの対処法はお金がかかったり、かからなかったり、力が必要だったり、必要ではなかったりと様々なものがあります。ぜひ自分に合ったやり方を見つけて実行してみてください。

また、サイズ・ワイズ(ウィズ)が合っていない革靴を履いているということは、危険性があることがお分かりいただけたと思います。

自分のサイズ・ワイズ(ウィズ)に合っていない革靴を選ばなければ、このように大変な思いをして柔らかく伸ばす作業をしなくてはいけなかったり、無理やり履いてけがをしてしまう可能性はぐんと下がります。革靴のご購入を検討されている方は、きちんと自分の足に合った革靴を選ぶようにしましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。