Large thumb shutterstock 289040627

歩き方を矯正しよう!靴底のすり減り方(内側、外側、かかと)から分かる意外な事は?

更新:2019.06.21

毎日私たちは多かれ少なかれ「歩く」ことをしています。正しい歩き方に矯正することで、歩くだけで十分な運動にすることができます。そのために靴底のすり減り方(内側、外側、かかと、指先)から原因を探っていきましょう。 どうしたら正しい歩き方ができてスタイル改善できるのでしょうか?

自分の歩き方って?歩き方の矯正とは

正しい歩き方に矯正するために

どうしよう

「正しく歩く」ために、まずはいまの自分の歩き方の癖を知ることが大切です。おそらくほどんどの方は正しい歩き方を身につけられていません。自分の歩き方でだめなところを知って、歩き方を矯正していきましょう。

それでは、自分の歩き方の癖を知るにはどうすればよいでしょう?準備する物は、よく使っている靴です。その靴底のすり減り具合を見てみましょう。本来であれば左右対称にすり減っていくのが理想的ですが、歩き方が原因でどこかしらに負担が集中してしまっています。それがどこなのかよく確認してみましょう。

靴から自分の歩き方を知ろう。

歩く

歩き方の矯正をするために準備する物は何でしょうか。それは、毎日のようにはいている靴や、長年使っているお気に入りの靴を見てください。靴底の修理をして長く愛用する人も多くいると思いますが、今回は修理前の少しすり減っている靴がポイントです。これであなたの日頃の歩き方を知り、正しい歩き方に矯正ができます。

よく靴底を見てみると、すり減り方に共通点があるはずです。これは個人差がよく出るものなので、しっかり自分で確認をしてくださいね。

靴底のすり減り方を見て歩き方の矯正方法を知ろう。

すり減り方を確認して歩き方の矯正をしよう!

チェック

それぞれの歩き方で、靴底のすり減り方には大きく4種類があります。①靴の内側がすり減っている場合と、②靴の外側がすり減っている場合、そして③かかとのどちらか一方が特にすり減っている場合、そして最後に④指の部分(靴の前側)が中心にすり減っている場合です。

靴のすり減り方を見るには、2足を比べてみるとわかりやすいです。自分がどのすり減り方をしているか確認できましたか?これであなたの歩き方の癖が分かりますよ。確認できたら、次はすり減り方別の歩き方の矯正について見ていきましょう。

どのすり減り方か分からない!という人は

勉強

自分の靴底がどのすり減り方がわかりにくい人は以上のポイントを確認してみてください。どれが自分に当てはまるか分かれば、より自分に合った矯正方法を知ることができます。

それは、まずケース①と②の違いを知るには、内側と外側のどちらが減っているか確認してください。内側も外側もすり減り方が同じの場合は問題ありません。でもおそらく違いがあるはずです。何足か確認してみましょう。

次に左右の靴底を比べてすり減り方の違いがあるかを確認しましょう。左右のうちどちらか一方がよりすり減っている場合ケース③に当てはまります。左右の差がない場合③には当てはまりません。最後に④は靴底の中央と足先を比べて足先が減っている場合、④に当てはまります。①と②を確認し、③、④を確認してください。

歩き方矯正・ケース①内側がすり減っている人

このケースの人は痩せにくくなる!?

猫背

靴底の内側が全体的にすり減っている人は、女性に多いと思います。これは、X脚だったり内股の歩き方がなりやすいです。また、猫背気味で膝を曲げて歩いてしまう人もこれに該当します。せっかくスタイルが良くて高いヒールをはいているのに膝が曲がっている女性、いますよね?そういう方がこのケース①に当てはまります。

このままだと、タコや魚の目ができやすくなってしまったり、太ももに過度に負荷がかかるため、太ももだけが太くなってしまいます。ふくらはぎには負担がかからないせいで足首が太くなってしまうこともあります。また、骨盤がゆがんでしまうのでおしりが大きくなる、といったスタイルの悪化があります。

さらには、膝を曲げる歩き方だと血行が悪くなってしまい、下半身の冷えやむくみが起こります。最終的には「痩せにくい体」になってしまいます。また、猫背という姿勢は、内臓を圧迫してしまうので内臓の機能低下や冷えを起こし、これも「痩せにくい体」の大きな原因となります。

矯正方法は簡単!

つま先

恐ろしいスタイル悪化と健康不良が判明してしまいました。ですが、安心してください!ケース①の人へ、歩き方の矯正方法をお教えします。それは、意外ととっても簡単です。

その矯正方法とは、「つま先を外側へ!」と「膝をまげない!」です。歩くときに内側に傾いているので、少しつま先を外側に向けて歩くよう意識することで、まっすぐの重心を手に入れることができます。また、無意識に膝が曲がってしまっているので、膝を意識して伸ばしながら歩くように矯正しましょう。

歩き方矯正・ケース②外側がすり減っている人

このケースの人はがっちり体型になる!?

悩む

次に、ケース②の靴底の外側がすり減っている人を見ていきます。靴底の外側がすり減っている人は、男性に多いと思います。主に、O脚や、がに股の人がこちらに当てはまります。外側に全体的に重心が偏ってしまっています。

このままだと、がっちりとした下半身になってしまうことが考えられます。おなか、おしり、足全体が十分に筋肉を使うことができていないため、全体的にがっちりした体になってしまいます。また、歩き方が外側に偏っていることで、膝への負担が大きくなります。体重や年齢に関わらず膝が痛くなってしまう危険性があります。

矯正方法は簡単!

胸を張る

ケース①の人は、慢性的な冷えや血行不良による体型悪化が心配でした。しかしケース②の人は、日々の積み重ねで見た目にも太っていきやすい傾向にあります。そして、膝を悪くしてしまうというのも、遠くない将来に起こりうる危険性があります。早急に歩き方を見直していきたいですね。

矯正方法はこちらも実に簡単です!意識してほしいのは、「足の間隔を狭くする」ことと「胸を張る」ことです。ケース②の人は、どうしても外側に重心がいきがちです。しかし両足の間隔を狭くすることで、自然と重心が偏るのを直すことができます。間隔は、両足の膝やくるぶしがこすれる程度を目安にしましょう。

「胸を張る」というのは、少し前かがみで歩く傾向があるため、胸を張って、できるだけ前を見て歩くようにしましょう。そうすることで、膝を痛めてしまうのを防ぎ、歩くだけで筋肉を正しく使うことができるようになります。

歩き方矯正・ケース③かかとの片方がすり減っている人

このケースの人はゆがみが深刻かも!?

ヒール

ヒールでも革靴でもスニーカーでも良いのですが、かかとをよく見てください。かかとが同じくらいすり減っていれば問題ありません。ただ、左右どちらかだけすり減っているという人はこのケース③に当てはまります。

ケース①や②の人でも、③にも当てはまることもあるので、よくかかとを確認ましょう。というのも、この③は、①や②が悪化し、さらにゆがみが起こっている場合に当てはまるからです。

一番厄介!?肩こりや頭痛に悩まされるかも

こわい

すり減り方が左右いずれかに偏ってしまっている原因は、大きく二つあります。そもそも骨盤がゆがんでしまっているためというのと、足全体の筋力低下によるものです。

このケースの歩き方の特徴としては、足を十分上げられず、ひきずっているように歩くことが考えられます。ちょっとした段差でつまずきやすかったりするのも特徴の一つです。この原因には、やはり足の筋力が衰えきっているためだといえます。そして、その衰え方や骨盤にズレが生じることで左右一方に重心がかかっています。

このままこの歩き方をしてしまうと、骨盤のゆがみからおしりが大きく広がってしまい、下っ腹が出てきてしまいます。また、スタイルの問題だけでなく、左右のアンバランスが原因で慢性的な肩こりや頭痛に悩まされることになってしまいます。

矯正方法はちょっと難易度UP

筋トレ

③の人の矯正方法は、①や②の人よりは少しハードになります。というのも、①や②の人よりも事態が深刻だからです。矯正までは時間がかかってしまうかもしれませんが、体の不調を改善するチャンスです!実践してみましょう。

③の矯正方法は「筋肉をつける」「姿勢を意識」「かかとから歩く」です。圧倒的に足の筋肉が衰えてしまっているので、歩くだけでなく筋肉量をふやすことから始める必要があります。また、筋肉がないことで姿勢が悪いです。姿勢を意識して歩きましょう。また、かかとから着地して歩くと引きずって歩かなくなりますよ。

歩き方矯正・ケース④指先の部分がすり減っている人

このケースの人は隠れぽっこりお腹!?

アスリート

このタイプはアスリートや運動経験の豊富なひとに多いです。指先を意識して蹴り出すように歩いている人が当てはまります。十分な足の筋力もあり、体型を気にしていない人が多いです。しかし、このタイプは重心が前のめりになりがちで、隠れぽっこりおなかになりがちです。また、外反母趾になる危険性もあります。

矯正方法は一番簡単!

まっすぐ

矯正方法はいちばん簡単です。「重心をまっすぐ中心に」を意識しましょう。重心が前にいきすぎているので、歩くたびに重心の中心を意識すれば改善されます。④のひとは運動神経が良いひとが多いのですぐ矯正できそうですね!また、外反母趾予防や悪化を防ぐためにもサイズの小さい靴ははかないようにしましょう。

歩き方を矯正したらどんなメリットがある?

スタイルが良くなる!

スタイル

正しい歩き方を知って、自分に合った歩き方の矯正方法を実践すると、スタイルが良くなります!なぜかというと、正しい姿勢を身につけることができると、内蔵の機能が向上し代謝がよくなります。また、適切な動きをすることで筋肉を適切にトレーニングすることができるので、健康的に引き締めることができます。

筋肉が増えると太ってしまうのでは?と心配になってしまう女性もいるかもしれません。しかし、歩くだけでは見た目の筋肉が増えるわけではなく、インナーマッスルが鍛えられます。筋肉量がないと代謝が上がらないので、結果太りやすい体になってしまいます。正しく歩くだけで筋肉量を維持し、代謝を上げ、痩せるのです。

健康的な体を手に入れることができる!

健康

正しい歩き方に矯正することで、スタイルが良くなるだけでなく、体の内側もきれいにすることができます。筋肉量をUPさせ、代謝が良くなることで、内臓の本来の動きを取り戻すことができます。また、筋肉量が適切にあるとストレスホルモンが減少し、ポジティブでいられます。心の健康も手に入れることができます!

また、体力UPの効果もあるので、ふらっと歩いて出かけることにストレスがなくなります。積極的に動くことができるので、気分転換もうまくできますね。普段歩かないようなところを歩いていると、新たな発見もあって毎日がより楽しくなるかもしれません。

今すぐ歩き方の矯正を!

正しい歩き方を身に着けよう!

カップル

どんな歩き方の人も、正しい歩き方を身につけることができれば、それぞれの歩き方の矯正ができます。正しい歩き方には、3つのポイントがあります。それは、重心が足裏の中心にあること、足を適切に動かすことができること、全体の姿勢が正しいことにあります。

それぞれのケースの矯正方法はとっても簡単でした。もう一度復習して、重心をまっすぐ中心にし、足を適度に上げつつ、全体的な姿勢の良さを意識しながら歩いてみてください。日々の積み重ねで必ず、正しい歩き方へ矯正することができます。

正しく、楽しく、歩こう!

歩く

いかがでしたでしょうか?それぞれ歩き方を意識して、「歩くことで勝手にスタイルが良くなる!」を手に入れましょう。さあ、明日から正しく、楽しく歩きましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。