Large thumb shutterstock 304632626

みんなの憧れ「外国人風メイク」のコツ15選!ナチュラルなハーフ顔に見せる方法は?

更新:2021.05.17

目鼻立ちがはっきりした外国人顔は、多くの女性の憧れです。ナチュラルなハーフ顔は、メイクで作ることができますよ。この記事では、外国人風メイクのコツをご紹介しています。ベースメイクやアイシャドウなど、ポイントごとにメイク方法を知ることができます。ぜひ、ご覧ください。



【アイシャドウ】外国人風メイクのやり方とコツ3選

①ラメの入りのベースカラーを塗る

アイシャドウとメイクブラシ

アイシャドウは、ラメの入りのベースカラーを塗るとハーフ顔に仕上がります。ラメが大きいとメイクが濃く見えるので、ナチュラルに見せたい時は細かいラメ入りを選びましょう。

ラメ入りのベースカラーは、目元の陰影を自然に作ることができます。ベースカラーを塗ることで、後から入れるアイシャドウの発色が良くなりますよ。

以下の記事では、ハーフ顔や外国人顔の特徴についてご紹介しています。ハーフ顔になるメイク方法や眉毛の描き方についても知ることができますよ。参考になりますので、ぜひご覧ください。

②アイホール全体に色を入れる

アイホールとシャドウブラシ

アイホール全体に色を入れると、彫りが深いナチュラルなハーフ顔に見せることができます。ベースカラーを含めて、アイホール全体に塗ることが大切です。指で目元を触った時に、くぼんでいる部分がアイホールの境目です。

アイホールの広さは個人差があるので、自分のアイホールに合わせて全体に塗るようにしましょう。そうすることで、アイシャドウの色が綺麗に馴染み、ナチュラルで立体的な目元に仕上がります。

③縦割りで色を入れる

アイシャドウパレット

縦割りでアイシャドウの色を入れると、ハーフ顔の目元に仕上がります。横割りでアイシャドウを入れるよりも、縦割りがおすすめです。縦割りでアイシャドウを入れることで、目元の立体感が際立ちます。横割りだと、濃い締め色を目のキワに入れますが、縦割りでは、濃い色を目頭や目尻に入れます。

目のキワに濃い色を入れたい時は、細く入れるようにしましょう。濃い色をしっかり目のキワに入れると、縦割りの立体感が軽減するからです。縦割りを綺麗に見せるコツは、アイホールの中心部分にハイライトカラーを縦に丸く入れることです。アイシャドウの仕上げに入れることで、自然な立体感を出すことができます。

【アイライン】外国人風メイクのやり方とコツ3選


①ブラウンのアイラインを使う

目元アップ

ブラウンのアイラインを使うと、ナチュラルなハーフ顔の目元に仕上がります。目鼻立ちをはっきりさせようとして、ブラックのアイライナーを使わないようにしましょう。ナチュラルなハーフ顔のアイメイクには、柔らかな印象に仕上がるブラウンのアイライナーが適しています。

もともと目がぱっちりして、まつ毛が多い人はライトブラウンのアイラインがおすすめです。目元がすっきりした印象の人は、ダークブラウンのアイラインを使いましょう。目の形や印象に合わせて、アイラインの色味を選ぶことが大切です。

以下の記事では、カラコンなしの外国人風メイクについてご紹介しています。裸眼のハーフ顔メイクの、アイメイク方法についても知ることができますよ。参考になりますので、ぜひご覧ください。

②まつ毛の隙間をしっかり埋める

アイラインを引く女性

まつ毛の間をしっかり埋めるように、アイライナーを引きましょう。ナチュラルなハーフ顔にするには、密集したまつ毛をアイライナーで演出することが大切です。目をぱっちり見せようと、アイラインを太く描き過ぎないように気を付けてください。ナチュラルなハーフ顔メイクには、細いアイラインが適しています。

③目頭に切開ラインを引く

アイラインを引く目元

目頭に切開ラインを引くと、ハーフ顔アイメイクができます。ハーフ顔は、蒙古襞がほとんどありません。蒙古襞とは、目頭を覆っている皮膚で日本人のほとんどに蒙古襞がついています。

蒙古襞がないようなハーフ顔の目元にするために、目頭に切開ラインを引きます。細く短く、目頭に引くことがポイントです。1ミリほど描き足すだけで印象が大きく変わり、彫りの深い目元に仕上がります。

【チーク】外国人風メイクのやり方とコツ3選

①ファンデとチークを混ぜる


チークを塗る女性

チークは、ファンデと混ぜて使うことでナチュラルなハーフ顔に仕上がります。ハーフ顔メイクは、彫りが深い顔立ちに近づけるために目元や鼻筋に陰影を出します。

チークをしっかり塗ると、全体的に濃いメイクに見えてしまうので気を付けましょう。ファンデとチークを混ぜると、肌に馴染みやすい色になりバランスの良いハーフ顔メイクにすることができます。

②骨格に馴染ませて塗る

ブラシでチークを塗る女性

ハーフ顔メイクのチークは、骨格に馴染ませるように塗りましょう。まず、手や指で頬の骨の位置を確認してください。頬の骨が一番高い位置から、骨格に沿うようにこめかみまでチークを入れます。そうすることで、自分の顔の形に馴染むラインのチークを、ナチュラルに入れることができます。

ポイントは、骨格に沿うようにスッとチークを入れた後に、ぼかしていくことです。骨格に沿ったラインを囲むようにチークをぼかすと、彫りの深いナチュラルなハーフ顔になりますよ。メイクブラシを使うと、綺麗にぼかすことができるのでおすすめです。

③広範囲に薄く塗る

3色チークとブラシ

チークを広範囲に薄く塗ると、ハーフ顔メイクができます。チークを塗った位置が、わかるような塗り方はNGです。自然な血色に見えるように、少量のチークを薄く重ねて塗りましょう。

広範囲に薄くぼかして塗ることで、顔にナチュラルな陰影ができバランスの良いメイクに仕上がります。小顔効果がアップするので、丸顔さんにもおすすめです。

【ベース】外国人風メイクのやり方とコツ3選

①ファンデーションを2色使う

ファンデとブラシ

ファンデ―ションを2色使うと、ナチュラルなハーフ顔メイクに仕上がります。ハーフ顔メイクは陰影が必要ですが、ブラウンのアイシャドウでシェーディングすると、濃いメイクに見えてしまいます。ベースメイクでナチュラルな彫りの深さを作るために、ワントーン暗めのファンデーションをプラスして使いましょう。


普段使っている肌馴染みの良いファンデーションと、併用するのがポイントです。ナチュラルで立体感のあるメイクにすることができますよ。濃い色のファンデーションはフェイスラインをメインに使います。普段使っているファンデーションとの境目が目立たないように、グラデーションを作るように塗りましょう。

普段使っているファンデーションとの境目が目立たないように、グラデーションを作るように塗りましょう。暗い色のファンデーションと普段のファンデーションが重なる部分を作ると、ナチュラルな陰影ができます。パフで塗るよりも、メイクブラシを使って塗る方がナチュラルな仕上がりにすることができます。

②ラメ入りのハイライトを使う

ハートのメイクとブラシ

ラメ入りのハイライトを使うと、立体的なハーフ風の骨格に見せることができます。ラメは細かい方が、ナチュラルなハーフ顔に仕上がります。メイクブラシにラメ入りのハイライトをつけたら、必ず手の甲に余分な粉を落としましょう。手を汚したくない時は、ティッシュやパフにつけてもOKです。

まず、鼻筋とあごにラメ入りのハイライトをつけてください。次に、頬の内側とおでこにつけましょう。最初につける方がハイライトがしっかりつき、後につけるほど薄くつきます。そうすることで、全体的にバランス良くハイライトをつけることができます。

ハイライトの濃さがパーツごとに同じだと、平たんな顔立ちに見えます。ハイライトのつけ方で濃淡を調整すると、ナチュラルなハーフ顔に見えますよ。以下の記事では、低い鼻を高くするメイク方法についてご紹介しています。ハイライトや、ノーズシャドウの入れ方についても知ることができるので、ぜひご覧ください。

③ノーズシャドウを入れる

ブラウン系のアイパレット

ハーフ顔ベースメイクの仕上げには、ノーズシャドウを入れます。ノーズシャドウを入れると、平たんな顔立ちを彫り深く見せることができますよ。ナチュラルにノーズシャドウを入れるコツは、濃い色を使わないことです。淡い締め色を使い、眉間の眉下から鼻筋の横に向かってブラシで薄く入れていきます。

ノーズシャドウに慣れていない人は、パウダーファンデと混ぜて入れると簡単にできますよ。ファンデと混ぜることで、よりナチュラルな仕上がりになるのでおすすめです。丸顔や黒髪の女性は、濃いノーズシャドウを入れると老けて見えるので気を付けましょう。

以下の記事では、メイクの基本であるノーズシャドウについてご紹介しています。おすすめのノーズシャドウについても知ることができますよ。参考になりますので、ぜひご覧ください。

【リップ】外国人風メイクのやり方とコツ3選

①リップライナーを引く

リップライナーを引く女性

ハーフ顔リップメイクのコツは、リップライナーをきちんと引くことです。リップの輪郭がぼんやりすると、顔が平たんに見えてしまいます。リップの形を綺麗にとることで、ハーフ顔のリップに仕上げることができますよ。リップライナーを引くと、口紅やグロスがにじんではみ出るのを防ぐことができます。

②上唇の山をしっかり塗る

5色の口紅

上唇の山にしっかりリップを塗ると、ハーフ顔の口元に仕上がります。リップを塗って上唇の山をはっきりさせることで、立体的な唇に見せることができますよ。他の部分はリップをふんわり塗っても、上唇の山がはっきりすることでメリハリのある顔立ちになります。

③グロスをリップの中心に塗る

赤いリップとネイル

グロスをリップの中心に塗ると、ハーフ顔のようなぷっくりとした唇に仕上がります。全体に塗るとメイクが濃い印象に仕上がり、ナチュラルに見えないので気を付けましょう。

リップの中心にグロスを塗った後は、指やリップブラシを使って馴染ませてください。グロスを中心に乗せただけでは不自然に仕上がるので、唇の両端に向けて馴染ませることが大切です。

外国人風メイクのやり方とコツを知ってナチュラルなハーフ顔に見せよう

外国人風メイクは、普段のメイクと少しやり方を変えるだけで簡単にできます。ベースやチークの塗り方次第で、彫りが深い顔立ちになりますよ。

また、アイラインやアイシャドウの入れ方を変えると、目元がぱっちりした外国人風の顔に仕上がります。ナチュラルなハーフ顔に見せるためには、濃い色を上手に使うことが大切です。外国人風メイクのやり方とコツを知って、ナチュラルなハーフ顔に見せましょう。

以下の記事では、外国人風のヘアスタイルについてご紹介しています。プラチナブロンドのヘアカラーは、より外国人っぽく見せるのにおすすめのヘアカラーです。参考になりますので、ぜひご覧ください。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。