INDEX

美味しハンバーグの作り方とアレンジ方法

定番のハンバーグの作り方

子供から大人まで大好きなハンバーグ。準備しなければいけない材料は多いですが、この1品だけでたくさんの栄養が取れる優秀な料理です。大量に作っておけば冷凍保存も可能なので、是非ともマスターしましょう。

基本のハンバーグの作り方(4人分)
  1. フライパンでみじん切りにした玉ねぎ1個分を炒める。色づいてきたらお皿に移し、そのままさます。
  2. 常温に戻しておいたひき肉400gを、粘り気がでるまでよく練る。粘り気が出たら炒めた玉ねぎ、パン粉2分の1カップ、溶き卵2分の1個を加え、肉の繊維が出るまでさらに練る。最後に塩、こしょう、あればナツメグを少々加えて、全体を混ぜる。
  3. サラダ油を手に塗り、たねを丸くまとめる。両手でキャッチボールのように強めに打ち付け、中の空気を抜く。楕円形に形を整え、中心を少しくぼませる。
  4. フライパンで油を熱し、形を整えたタネを並べる。焼き色が付いたらひっくり返し、蓋をして弱火で6分~7分焼く。竹くしで刺して透明な汁が出れば完成。

美味しいハンバーグのアレンジ方法・種類

ハンバーグといえば、「肉汁たっぷりでがっつり食べる」というイメージですが、ひき肉の半分を豆腐に変更して、カロリーが気なる女性も嬉しい豆腐ハンバーグや、寒い日に食べたい煮込みハンバーグなど、少し手を加えるだけで全く違う雰囲気になる料理です。

ハンバーグの良いところは、中に混ぜ込む材料の原型がわかりづらいというところです。野菜嫌いには細かく切った野菜を混ぜ込んだり、今流行りのチアシードなどのスーパーフードを混ぜ込むのもおすすめです。こっそりとチーズを忍ばせて、サプライズで食べさせてあげるのも良いですね。

ハンバーグに合うおかず|副菜や付け合わせの献立【定番編】

ハンバーグに合うおかず・付け合わせ【定番編】①人参グラッセ

ハンバーグの付け合わせで真っ先に思い浮かぶのが人参グラッセではないでしょうか。ハンバーグが茶色で色味がないので、人参の鮮やかな色がとても映えます。お弁当の隙間埋めにも重宝する1品です。

レンジでできる人参グラッセ
  1. 人参100gの皮を剥き、7mmほどの厚さに輪切りにします。
  2. シリコンスチーマーや耐熱容器に人参が重ならないように並べ、オリーブオイル大さじ1、ほんだし小さじ4分の1、三温糖(砂糖)大さじ1、塩1つまみを加え、蓋やラップをしてレンジ600wで2分加熱します。ひっくり返してさらに2分加熱後、よく混ぜ合わせてさらに1分加熱します。
  3. レンジ庫内で2~3分放置して味を馴染ませた後、器に盛り付けドライパセリなどを振りかけて完成です。

ハンバーグのおかず・付け合わせ【定番編】②ほうれん草のバターソテー

お肉感たっぷりのハンバーグだけの献立では栄養が心配という方には、ほうれん草のバターソテーを副菜にすることをおすすめします。ほうれん草には鉄分やビタミンCの他、冷え性の緩和が期待できるビタミンE、腸内を整えてくれる食物繊維などが豊富なので、ひとまずこれだけ作っておけば栄養面は完璧です。

ほうれん草のバターソテー
  1. ほうれん草(適量)を食べやすい大きさに切り、水で泥をよく洗い流します。
  2. フライパンにバター大さじ1を溶かし、弱火でほうれん草を炒めます。
  3. しんなりするまで炒めたら、塩コショウ適量で味を調えて完成です。

ハンバーグに合うおかず・付け合わせ【定番編】③バターコーン

洋食の付け合わせとして大活躍なコーン(とうもろこし)はハンバーグとも相性がばっちりです。夏野菜として有名ですが、缶詰であれば1年中手に入れることができ、価格も比較的安定しているので、おかずとして献立に取り入れやすい食材ではないでしょうか。

簡単バターコーン
  1. フライパンにバター10gを溶かし、水気をしっかり切ったコーン1缶分を入れて炒めます。
  2. 塩コショウ適量で味を調え、最後に醤油少々を入れて風味付けして完成です。

ハンバーグに合うおかず・付け合わせ【定番編】④目玉焼き

ハンバーグで有名な某有名チェーン店でも、子供から大人まで絶大な人気のトッピングといえば目玉焼きです。卵は高栄養かで、半熟で食べれば栄養の吸収がとてもよく、しっかりと火を通せば腹持ちが良いという、加熱時間によって利点が変わってくる面白い食材です。

レンジで簡単目玉焼き
  1. 直径10㎝くらいのお皿に卵を割って、黄身を箸で1~2回刺します。余裕があれば、白身部分も切るように箸で持ち上げて通しておきます。
  2. レンジで1分ほど加熱します。(レンジから離れずに見守ってください)
  3. 好みの固さになったら取り出し、熱いうちにお皿からはがして完成です。

ハンバーグに合うおかず・付け合わせ【定番編】⑤フライドポテト

ハンバーグと一緒にがっつり食べたい人にはフライドポテトはいかがでしょうか。食感が違う煮込みハンバーグとの相性は抜群です。油で揚げるフライドポテトはカロリーが高いだけだと思われがちですが、ビタミンCが豊富なうえに、でんぷんが熱からビタミンCを守ってくれるので、とても効率よく摂取できる付け合わせです。

カリカリフライドポテト
  1. じゃが芋(新じゃがだともっと美味しくなります)をよく洗い、くし形にカットします。
  2. カットしたじゃが芋を、ぬるま湯で表面に付いているでんぷん質を洗い落とし、しっかりと水気を拭き取ります。
  3. 150度の油で10分ほど揚げます。(型崩れしやすいので極力触らないでください)
  4. 1度油をきったじゃが芋を、今度は190度の油でこんがりと揚げて完成です。

ハンバーグに合うおかず|副菜や付け合わせの献立【簡単に作れるおかず編】

ハンバーグの付け合わせ【簡単に作れるおかず編】①きんぴらごぼう

ジューシーなハンバーグに「もう一品ほしい」と感じたら、きんぴらごぼうは優秀なおかずです。シャキシャキと歯ごたえがあり、食物繊維や疲労回復に必要なアルギニンが豊富です。ハンバーグでがっつりと力をつけ、疲労回復までしてくれる組み合わせは最強ではないでしょうか。

間違いないきんぴらごぼう
  1. ごぼう200gの皮を包丁の背でこするように落とし、5㎝の長さの細切りにして水にさらします。人参50gも同様に5㎝の細切りにしておきます。
  2. フライパンにごま油と赤唐辛子1本を入れて熱し、赤唐辛子の香りが出始めたらごぼうと人参を加えて炒めます。
  3. 醤油とみりん各大さじ1と2分の1ずつ入れ、水大さじ3を加えます。汁気がなくなるまで炒めてください。
  4. 最後に白ごま適量をふって完成です。

ハンバーグの付け合わせ【簡単に作れるおかず編】②チキンソテー

贅沢に食べたい人にはハンバーグとチキンソテーのダブルメインの献立がおすすめです。育ち盛りの子供や、がっつり派の男性は喜ぶこと間違い無しでしょう。

パリパリジューシーなチキンソテー
  1. 火を点ける前のフライパンに油大さじ3を入れ、鶏肉300gを並べます。その上から油大さじ1をさらに回しかけます。
  2. ここで初めて火を点けます。中火にしてジュージューと音が大きくなり、フライパンから汁気がはじけ飛ぶようになったら弱火にします。
  3. 出てきた水分をキッチンペーパーでしっかりと吸い取りながら、弱火で焼き続けます。
  4. 肉の厚みの半分まで白く火が通ったら裏返して2~3分焼き、箸で肉を押した時に弾力が感じることができたら、塩コショウをかけて完成です。

ハンバーグの付け合わせ【簡単に作れるおかず編】③スパゲッティ

昔ながらの喫茶店で出されるハンバーグにはスパゲッティが添えられることが多いのではないでしょうか。ケチャップ味のスパゲッティのイメージが強いのですが、こんなシンプル味のスパゲッティも美味しいんです。

ハンバーグの味の邪魔をしないシンプルスパゲッティ
  1. 適量のスパゲッティを沸騰したお湯で茹でます。
  2. 茹で上がったら氷水で1度しめます。
  3. オリーブオイル、ガーリックパウダー、塩コショウ、ドライパセリ適量で味付けをして完成です。

ハンバーグの付け合わせ【簡単に作れるおかず編】④マリネ

ハンバーグを食べたときの油っぽさが気になる人は、酢で漬けて作るマリネがおすすめです。漬ける野菜は好みの野菜を使いましょう。基本的に、生で食べられる野菜は皮を剥いたり切れ目を入れたりしてそのまま漬けます。その他の野菜はしっかりと火を通し、熱いうちに漬けることを忘れないでください。

簡単野菜マリネ
  1. 醤油、オリーブオイル各大さじ2と酢大さじ1を混ぜ合わせ、マリネ液を作ります。
  2. ズッキーニ1本を食べやすい大きさに切り、両面を焼きます。
  3. まだズッキーニが熱いうちにマリネ液に漬けて、あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。
  4. トマト1個とモッツァレラチーズ100gを器に盛り、冷やしておいたズッキーニも盛って完成です。

ハンバーグの付け合わせ【簡単に作れるおかず編】⑤焼きトマト

ハンバーグを作って力尽きたあなたには、切って焼くだけで1品になる焼きトマトがおすすめです。トマトに火を通すと、甘みが増して子供でも食べやすくなるうえに、血液をサラサラにしてくれるリコピンという成分が、体に吸収されやすい形になったりと、メリットだらけのおかずになります。

5分以内に作れる焼きトマト
  1. トマト適量を1㎝の薄さに輪切りにします。
  2. フライパンにオリーブオイルを入れ熱しトマトを並べます。
  3. 1分ほど焼いたら裏返し、30秒~1分ほど焼きます。好みの焼き加減で止めて下さい。
  4. 塩コショウをふって完成です。

ハンバーグの付け合わせ【簡単なおかず】⑥ブロッコリーのペペロンチーノ

ハンバーグに合わせることが多いブロッコリー料理と言えば茹でブロッコリーですが、少し手を加えてペペロンチーノ風して、いつもとは違った献立してみませんか。効率的に栄養を摂取したいのであれば、茹でるよりは蒸すことをおすすめします。

ブロッコリーのペペロンチーノ
  1. ブロッコリー1株分を茹でます。
  2. フライパンにオリーブオイル大さじ2を入れ熱し、潰したにんにく2かけを揚げるように弱火で炒めます。
  3. 1度火を止め、ヘタと種を取った赤唐辛子本、塩小さじ4分の1を加え、少し温まってからブロッコリー加え、中火でサッと炒めて完成です。

ハンバーグに合うおかず|副菜や付け合わせの献立【汁物・スープ編】

ハンバーグに合うおかず・付き合わせ【汁物・スープ編】①ポタージュ

寒い日の食卓にはハンバーグとポタージュという献立はいかがでしょうか。ミキサーが無いと作れないと思われがちなポタージュですが、家庭に必ずある泡だて器で簡単に作れるんです。特に根菜系を使うと、野菜が苦手な子供でも食べやすいポタージュが出来上がります。

ミキサーを使わないかぼちゃのポタージュ
  1. かぼちゃ3分の1個の皮を剥き、小さめに切ります。玉ねぎ1個も小さめに切ります。
  2. 鍋に小さく切ったかぼちゃと玉ねぎを入れ、コンソメ1個、ひたひたになるまで水を入れ、かぼちゃが柔らくなり水がなくなる直前まで煮ます。
  3. 火を止め、泡だて器で鍋の中身が滑らかになるまで混ぜます。
  4. 牛乳と生クリーム100ccを加え、泡だて器で混ぜながら弱火で混ぜます。
  5. 塩コショウ適量で味を調えて完成です。

ハンバーグに合うおかず・付き合わせ【汁物・スープ編】②オニオンスープ

ハンバーグの濃厚な肉汁にぴったりなのがオニオンスープです。普通に作るとミキサーやオーブンが必要だったり、玉ねぎを炒めるのに時間がかかったりと、とても手間暇かかるスープですが、電子レンジで簡単に作ることができます。

簡単オニオンスープ(1人分)
  1. 玉ねぎ大半分をみじん切りにします。
  2. 器に玉ねぎを入れ、コンソメ1個、水適量を入れ、レンジ700wで4分チンします。
  3. 玉ねぎが透き通っていたら完成です。足りない場合は30秒ずつ加熱をして様子を見て下さい。
  4. 醤油大さじ1、コショウ少々を入れて完成です。

ハンバーグに合うおかず・付き合わせ【汁物・スープ編】③ミネストローネ

野菜不足が心配なハンバーグにミネストローネという献立はいかがでしょうか。見た目はとても手が凝っている風ですが、冷蔵庫の残り野菜ですぐにできるスープです。好みで生クリームやチーズをトッピングすると豪華になりますよ。

野菜不足解消ミネストローネ
  1. 冷蔵庫の中の残り野菜を1㎝角にカットします。ウインナー2本も1cm角にカットしておきます。
  2. 深めのフライパンにオリーブオイルを熱し、野菜たちを入れて炒めます。
  3. 根菜系に軽く火が通ったら、ガーリックパウダー小さじ2を加え更に炒めます。
  4. 水300cc、ブイヨン1個、砂糖・醤油小さじ1を加え、フツフツしてきたらトマト缶(カットタイプ)2分の1を加えます。野菜が柔らかくなるまで10分以上煮て完成です。
Small thumb shutterstock 553985692
関連記事 鶏ガラスープの代用品7つ|ない時の代わりはコンソメや中華だし?

鶏ガラスープが家になくて困った!という経験をしたことある方も多いことと

ハンバーグに合うおかず|副菜や付け合わせの献立【野菜・サラダ編】

ハンバーグに合うおかず・副菜【野菜・サラダ編】①シーザーサラダ

シーザーサラダとハンバーグの組み合わせを試したことはありますか。メキシコが発祥とされるこのサラダは使う野菜に決まりはなく、チーズと相性が良さそうな物であれば、ベーコンやグリルチキン。アンチョビなどの食材も良いトッピングになってくれます。

シーザーサラダドレッシング
  1. マヨネーズ・粉チーズ各大さじ2、レモン汁・牛乳各大さじ1、塩コショウ少々を混ぜ合わせてドレッシングを作っておきます。
  2. お好きな野菜に温泉卵とクルトンをのせ、作っておいたドレッシングと粉チーズをかけて完成です。

ハンバーグに合うおかず・副菜【野菜・サラダ編】②マカロニサラダ

お肉たっぷりのハンバーグとマヨネーズたっぷりのマカロニサラダの献立の相性の良さは、想像を裏切りません。常備菜として大量に作っておくのもアリでしょう。2~3日以内に食べきれる量を作ってください。

基本のマカロニサラダ
  1. マカロニ150gを袋に記載している通りに茹で、オリーブオイルをかけておきます。
  2. お好きな材料(コーンや玉ねぎ、細切りにしたハムやリンゴなど)とゆで卵を細かくしたもの2個分を加え、マヨネーズ大さじ5で和えます。
  3. 最後に塩コショウ少々で味を調えて完成です。

ハンバーグに合うおかず・副菜【野菜・サラダ編】③コールスロー

ハンバーグは手間暇かかる料理なので、副菜くらいは簡単に作りたいですよね。そんな時はコールスローがいいですよ。火を全く使わないので、暑い日には作るのも食べるのもおすすめです。

某お店の味のコールスロー
  1. キャベツ2分の1を1㎝幅にカットし、塩小さじ4分の1をまぶして10~15分放置し、水分を絞っておきます。
  2. マヨネーズ大さじ5、はちみつ・お酢各大さじ1、コショウ少々を混ぜ合わせた物をキャベツにかけ、食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておきます。完成です。
Small thumb shutterstock 518547550
関連記事 オリーブオイルの代用品4つ|ない時の代わりはサラダ油やバター?

イタリアンやパスタ料理には欠かせないのが、オリーブオイルですよね。そん

ハンバーグに合うおかず|副菜や付け合わせの献立【魚介編】

ハンバーグに合うおかず・もう一品の献立【魚介編】①酢の物

和風ハンバーグなどの和風テイストの献立として相性が良いのが酢の物です。黒酢やリンゴ酢など、お酢といっても種類はとても豊富です。太りにくい体づくりの助けをしてくれるので、積極的に摂取していきたいですね。

たこときゅうりの酢の物
  1. 茹でたこ50gは薄切りに、きゅうり1本はスライサーで薄切りにして塩を振り、水気を切っておきます。
  2. 酢・醤油大さじ1、砂糖・すりごま大さじ2分の1と、下準備していた材料を混ぜ合わせて完成です。

ハンバーグに合うおかず・もう一品の献立【魚介編】②アヒージョ

ハンバーグというと「子供が好きな料理」というイメージが強いですが、おしゃれなアヒージョを副菜で合わせると、一気に垢抜けます。キノコ類も合わせると、うまみが出てさらに美味しくなります。

魚介のアヒージョ
  1. エビやホタテなどの入れたい魚介類を下処理します。
  2. フライパンに下処理した魚介類、オリーブオイル4分の3、潰したにんにく1個分を合わせ中火で5分ほど煮ます。
  3. 時々ひっくり返しながら煮て、醤油大さじ1で味を調えて完成です。
Small thumb shutterstock 205290715
関連記事 アヒージョのおすすめ具材15選|定番&変わり種のレシピ・材料は?

たくさんの友達を集めたパーティーに欠かせないレシピ”アヒージョ”。その

ハンバーグに合うおかず|副菜や付け合わせの献立【肉編】

ハンバーグに合うおかず・もう一品の献立【肉編】①肉豆腐

牛肉や牛肉と豚肉の合いびき肉で作ることが多いハンバーグなので、豚肉で副菜を作ると、味同士が喧嘩をしない献立になります。味がさっぱりとしている豆腐ハンバーグと合わせると、間違いないでしょう。

肉豆腐
  1. フライパンで豚小間切れ肉170gを炒めます。色が変わってきたら1㎝幅にカットした長ネギ1本分を加え、さらに炒めます。
  2. 水120㎖、醤油・酒・みりん各大さじ2、砂糖・顆粒だし各大さじ1、豆腐1丁をゆっくり時間をかけて煮込みます。

ハンバーグに合うおかず・もう一品の献立【肉編】②ステーキ

「ハンバーグとステーキの肉の贅沢コンビ」なんていう献立はいかがでしょうか。ステーキと言っても、スーパーで比較的手が伸ばしやすい値段の、厚さ3㎝以下のお肉の焼き方を紹介します。特別な道具が無くても、お店のような柔らかいステーキが食べられます。

柔らかいステーキの焼き方(厚さ3㎝までの肉)
  1. ステーキ肉を室温に戻しておきます。塩コショウで味付けをしておきます。
  2. フライパンに油適量を入れ、油が馴染んだら肉を焼きます。
  3. 焼き目が付いたら(約1分ほど)ひっくり返し、真ん中にバターをのせて蓋をして、1分間蒸し焼きにして完成です。

どんなおかずとも相性が良いハンバーグ!

ハンバーグだけでも十分にメインになりますが、ちょっと付け合わせを添えたり、箸休めに食べれるような簡単なおかずを作ると、さらに豪華な食卓となってくれます。自分の好きな組み合わせを探し出すのも楽しいですね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。