Large thumb shutterstock 239583778

励ましの言葉33選!友達や彼女への慰め方・頑張れ以外の言葉や応援メール

更新:2019.06.21

励ましの言葉は「頑張れ以外の言葉」でも相手を癒やすことができます。落ち込んでいる人にかける言葉をみなさんはいくつ知っていますか?慰める言葉と応援するときの言葉は違うものですし、相手が友達なのか恋人なのかでも変わってきます。今回は落ち込んでいる人にかける言葉や慰める言葉について、考えて行きましょう。

落ち込んでいる人にかける言葉の順序と例文15選

まずは相手の状態を知ることが大切

まずは相手の状態を知ることが大切

家族・恋人・友達・同僚、落ち込んでいる人を見たらなんとか励ましてあげたいと思うのが人間の心理です。しかし無闇に言葉をかけても、相手に煩わしさを感じさせてしまうかもしれません。「励ましの言葉」は、まず相手の状態や状況を見極めることが大切です。相手がどういうことで落ち込んでいるのか聞くことから始めます。

落ち込んでいる人にかける言葉その1:「話を聞かせてくれる?」という姿勢

落ち込んでいる人にかける言葉その1:「話を聞かせてくれる?」という姿勢

落ち込んでいる人をいきなり応援したり、慰める言葉をかけたりしても相手の耳には届きません。まずは「何かあったの?よかったら話を聞かせてくれる?」と、声をかけましょう。「あなたの話が聞きたい」と言えば、相手も「自分を気にかけてくれる人がいる」ということに安心感を覚え、それだけで少し心が軽くなります。

落ち込んでいる人にかける言葉その2:「それは辛いよね」と相手に寄り添う

落ち込んでいる人にかける言葉その2:「それは辛いよね」と相手に寄り添う

落ち込んでいる人の心の中は、悲しい・苦しい・悔しいといったネガティブな気持ちで埋め尽くされ、世界中から見放されたような孤独感を抱えていることが多いものです。話を聞きながら「それは辛いよね」「それは落ち込むのも当たり前だよ」「大変だよね」と、相手の気持ちに寄り添いその辛さを認めてあげることが大切です。

落ち込んでいる人にかける言葉その3:「何かできることあるかな」

落ち込んでいる人にかける言葉その3:「何かできることあるかな」

落ち込んでいる人の話を聞いたら「何かできることあるかな」「私はずっと味方だからね」「落ち着くのを待ってるね」と、相手を見守っていることを伝えましょう。相手がいつもの状態を取り戻すまでそばに寄り添い、できることがあればするからねと、相手がひとりぼっちではないことを伝えてください。

落ち込んでいる人にかける言葉のかけ方

  • 話を聞いて相手の状態を知ることが最優先
  • わかってあげたいという気持ちを伝える
  • ずっと見守っていることを伝える

落ち込んでいる人にかける言葉:励ましの言葉5選

落ち込んでいる人にかける言葉:励ましの言葉

励ましの言葉とは、相手を元気づける言葉であり、力づける言葉です。相手がまた「頑張ろう」と思えるような言葉はひとつやふたつではなく、相手の性格などによって変わるものです。「叱咤激励」という言葉があるように、必ずしも優しい言葉だけが励ましの言葉ではありませんので、相手に合った言葉をかけましょう。

落ち込んでいる人にかける言葉:励ましの言葉

  • 「あなたが頑張ってることは誰より知ってるよ」
  • 「どんなことでもいいからいつでも相談してね」
  • 「そこまで頑張った自分を褒めてあげようよ」
  • 「今が最悪なら、あとは良くなって行くだけだよ」
  • 「こんなところで終わるあなたじゃないって知ってるよ」

落ち込んでいる人にかける言葉:慰める言葉5選

落ち込んでいる人にかける言葉:慰める言葉

慰める言葉とは、相手の悲しみや苦しみを少しでもまぎらわせ、心をいたわり落ち着かせる言葉です。「落ち込んでいる人にかける言葉」を使うときは、相手が心に溜め込んでしまったものを解放させてあげられるように、相手の気持ちに寄り添うことが大切です。

落ち込んでいる人にかける言葉:慰める言葉

  • 「そんなに我慢しなくていいんだよ」
  • 「大丈夫、ずっとそばにいるからね」
  • 「辛かったね、よく頑張ったね」
  • 「落ち込んじゃうくらい真剣だったってことだよ」
  • 「そんなあなたを私は誇りに思うよ」

落ち込んでいる人にかける言葉:応援する言葉5選

落ち込んでいる人にかける言葉:応援する言葉

応援する言葉とは、相手に力を貸し手助けとなるような言葉です。落ち込んでいる人にかける言葉は、相手の行動を後押ししてあげられるようなものを選び、その行動が上手く行くよう力を貸してください。すでに頑張っているのですから頑張れ以外の言葉をかけるよう心掛けましょう。

落ち込んでいる人にかける言葉:応援する言葉

  • 「あなたは自分を信じてないの?私はあなたを信じてるけどな」
  • 「今までの経験は全部あなたの一部になってるよ」
  • 「立ち上がろうと思えたら教えて。一番最初に応援したいから」
  • 「あなたがあなたであるために、必要なことを選べばいいよ」
  • 「苦しいときは振り向いてみて。あなたを見てる私が見えるから」

【彼女編】励ましの言葉5選

彼女にかける励ましの言葉・慰める言葉・頑張れ以外の言葉

彼女にかける励ましの言葉・慰める言葉・頑張れ以外の言葉

まず、女性への励まし方と男性への励まし方は「真逆である」ということを心に留めておかなくてはいけません。女性は「親身になって話に共感してもらうこと」で心が落ち着き安心感を得られ、男性は「問題ないよと明るく励まされること」で自信を取り戻し元気になれるのです。

男性は「何か悩みがありそうだな」という友達がいても、自分から声をかけたりはしません。その友達が悩みを口にして初めて相談に乗るというスタイルなのです。しかし女性は自分から「いつもと雰囲気が違うけど、何かあったの?」と声をかけ、悩んでいる友達から話を聞き出すというスタイルです。

彼女にかける励ましの言葉その1:「いつもと違うけど、どうしたの?」

彼女にかける励ましの言葉その1:「いつもと違うけど、どうしたの?」

女性は「気付いてもらえること」をとても重要だと思っています。言わなくても気付いてもらえることで「自分に関心がある」「自分の存在を認めてくれている」と感じるからです。彼女から相談してくるまでそっとしておいてあげようという男性陣の気遣いは逆効果ですので、声をかけて「きみを気にしてるよ」と伝えましょう。

彼女にかける励ましの言葉その2:「それは大変だったね」

彼女にかける励ましの言葉その2:「それは大変だったね」

どんなに些細なことでも、男同士のように悩みを笑いに昇華させることは絶対に許されないということを忘れないでください。彼女の話を面倒くさがらず親身になって聞くこと、そしてその話を我が身に置き換え共感することこそが、彼女にとって励ましの言葉や慰める言葉をかけてもらうことと同じ意味を持つのです。

彼女にかける励ましの言葉その3:「大丈夫だよ、僕がついてるから」

彼女にかける励ましの言葉その3:「大丈夫だよ、僕がついてるから」

落ち込んでいる女性の心は不安な気持ちでいっぱいです。「大丈夫だよ」と安心させ、そう言える根拠を「自分がそばにいるから」と示すことで、彼女は「私はひとりじゃないんだ」と落ち着きを取り戻すことができます。落ち込んでいる人にかける言葉は、頑張れ以外の言葉でも気持ちがこもっていれば相手に伝わります。

彼女にかける励ましの言葉その4:「こんなときは、泣いてもいいんだよ」

彼女にかける励ましの言葉その4:「こんなときは、泣いてもいいんだよ」

落ち込む彼女の話を聞いたら、「いつも頑張ってるんだから、こんなときくらい泣いてもいいんだよ」と彼女の心を解放してあげましょう。直接的な励ましの言葉でも慰める言葉でもありませんが、我慢しなくてもいいと伝えることで心が軽くなります。また涙には自浄作用があるので、泣くということが癒しにもつながります。

彼女にかける励ましの言葉その5:「無理しないでね」

彼女にかける励ましの言葉その5:「無理しないでね」

「無理してない?」「無理しないでね」という言葉も、励ましの言葉や慰める言葉となります。そう伝えることで「私は無理をしていたのかな」と彼女が気付くきっかけになり、落ち込んでいる要因に対して別の見方ができるようにもなります。やはり頑張れ以外の言葉のほうが女性には響くようです。

彼女にかける励ましの言葉・慰める言葉

  • 「いつもと違うけど、どうしたの?」
  • 「それは大変だったね」
  • 「大丈夫だよ、僕がついてるから」
  • 「こういうときくらい、泣いてもいいんだよ」
  • 「無理してない?無理しないでね」

【彼氏編】励ましの言葉5選

彼氏にかける励ましの言葉・慰める言葉・頑張れ以外の言葉

彼氏にかける励ましの言葉・慰める言葉・頑張れ以外の言葉

先ほども触れたように、男性は自分から声をかけることが少ないため、声をかけられ根掘り葉掘り聞かれることが得意ではありません。彼が落ち込んでいるときや悩んでいるときは、なるべく彼のタイミングに合わせることが大切です。

彼氏にかける励ましの言葉その1:「あなたなら大丈夫」

彼氏にかける励ましの言葉その1:「あなたなら大丈夫」

男性は抱えている悩みや問題に対し、「あなたなら大丈夫」「あなたにならできる」と言われることで、自信を取り戻すことができます。彼への励ましの言葉は「彼を褒めること」であり「彼の力量を認めること」なのです。落ち込んでいる人にかける言葉は、「慰める言葉じゃないといけない」ということはありません。

彼氏にかける励ましの言葉その2:「ずっと応援してるから」

彼氏にかける励ましの言葉その2:「ずっと応援してるから」

男性は共感されることより評価されることを望む傾向にあります。そういう彼への励ましの言葉は、複雑なものでなくても良いのです。「頑張って」というシンプルな言葉ではなく、頑張れ以外の言葉を選ぶなら「私はあなたの力を信じてるから、ずっと応援し続けて行くよ」と伝えてください。

彼氏にかける励ましの言葉その3:「私がそばにいるじゃない」

彼氏にかける励ましの言葉その3:「私がそばにいるじゃない」

男性は年齢が若い人ほど「認めて欲しい、褒めて欲しい」という気持ちが強く、年齢が高くなるにつれ「落ち込んでいることには触れずにそばにいて欲しい」と感じるようです。しかし励ましの言葉や慰める言葉をかけられるよりも「ただ話を聞いてくれるだけでいい」という気持ちは年齢問わず共通です。

彼氏にかける励ましの言葉その4:「いつも頑張ってるよね」

彼氏にかける励ましの言葉その4:「いつも頑張ってるよね」

落ち込んでいる彼は自信を失いかけていることが多いので、「いつも頑張ってるよね」という言葉で彼の努力を肯定してください。これも直接的な励ましの言葉ではありませんが、彼の努力が周りにも伝わっているとわかれば、「自分は間違ってないんだ」と自信を取り戻すきっかけになります。

彼氏にかける励ましの言葉その5:「そういうあなたが大好き」

彼氏にかける励ましの言葉その5:「そういうあなたが大好き」

頑張っている人に「頑張って」と言うのは、頑張りが足りないと言っているとも取れるので、頑張れ以外の言葉で彼を応援したいなら、「落ち込むということは失敗を認めているからだし、それは自分を冷静に分析できている証拠だよ。私はそういうあなたが大好きだけどな」と、伝えてみるのもいいでしょう。

彼氏にかける励ましの言葉

  • 「あなたなら大丈夫」
  • 「ずっと応援してるから」
  • 「私がそばにいるじゃない」
  • 「いつも頑張ってるよね」
  • 「そういうあなたが大好き」

【友達編】励ましの言葉8選

友達にかける励ましの言葉・慰める言葉・頑張れ以外の言葉

友達にかける励ましの言葉・慰める言葉・頑張れ以外の言葉

落ち込んでいる人にかける言葉はタイミングが大切なので、まずは友達の話を聞いてください。女友達なら「どうしたの?」とこちらから声をかけ、男友達なら相手のペースに合わせましょう。明らかに落ち込んでいるようであれば「放っておいて欲しいかもしれないけど、気になるから」と一言添えてください。

友達にかける励ましの言葉:仕事で落ち込んでいるとき

友達にかける励ましの言葉:仕事で落ち込んでいるとき

仕事のミスで落ち込んでいる場合は、あまり深く立ち入らないよう注意が必要です。会社での立場や人間関係など、周りにはわからないことがたくさんあります。相槌を打ちながら話を聞いて「大変なときなのに、私に話してくれてありがとう」「上手く行くように祈ることしかできないけど」と、気持ちを伝えましょう。

仕事での話なら当然頑張った結果ですので、頑張れ以外の言葉で応援しましょう。励ましの言葉や慰める言葉は必ずしも添えなければいけないというものではありません。労いの気持ちを込めて「頑張ってるあなたにご褒美!」と飲み物を奢ってあげることも充分励ましになります。

友達にかける励ましの言葉:仕事で落ち込んでいるとき

  • 「私に話してくれてありがとう」
  • 「上手く行くように祈ることしかできないけど」
  • 「頑張ってるあなたにご褒美!」

友達にかける励ましの言葉:友達とケンカしたとき

友達にかける励ましの言葉:友達とケンカしたとき

友達とケンカしたことであなたの友達が落ち込んでいるなら、その相手も同じように落ち込んでいることを伝えましょう。「その友達もあなたとケンカして寂しいんじゃないかな」「落ち込んじゃうくらい相手のことが好きなんだね」と伝えれば、早く仲直りがしたいと前向きな気持ちになれるでしょう。

友達にかける励ましの言葉:友達とケンカしたとき

  • 「相手も寂しいんじゃないかな」
  • 「落ち込んじゃうくらい相手のことが好きなんだね」

友達にかける励ましの言葉:恋愛で悩んでいるとき

友達にかける励ましの言葉:恋愛で悩んでいるとき

友達の恋の話は自分のことのように気になるものです。片想いをしている友達が落ち込んでいるなら、「一緒に寂しくなることしかできないけど」と相手の気持ちに寄り添ってください。励ましの言葉より共感して応援しているという気持ちを伝えたほうが、相手も「わかってくれる友達がいる」と安心することができます。

恋人とケンカをして落ち込んでいる友達には「あなたにそこまで想われてる彼が羨ましいな」と、友達の素敵な部分を肯定してあげましょう。「落ち込んでいる人にかける言葉」は必要ありません。彼の存在の大きさを「あなたを泣かせちゃうくらいなんだね」と言うことで、友達は彼の大切さを再確認することができるでしょう。

友達にかける励ましの言葉:恋愛で悩んでいるとき

  • 「一緒に寂しくなることしかできないけど」
  • 「あなたにそこまで想われてる彼が羨ましいな」
  • 「あなたを泣かせちゃうくらいなんだね」

失恋した友達への励ましの言葉・慰める言葉

失恋した友達への励ましの言葉・慰める言葉

失恋して泣いている友達に、「元気出して」「また新しい出逢いがあるよ」などの言葉は、傷ついた心に追い打ちをかけることとなりますので避けるよう心掛けましょう。恋愛に対する気持ちの大きさは他人のものさしでは計れません。ただそばにいて「よく頑張ったね」と相手に寄り添うだけで充分なこともあります。

注意したい応援の言葉・メールは?

病気と闘っている人に「頑張れ」は逆効果

病気と闘っている人に「頑張れ」は逆効果

病気やケガで入院している人や、長く病気と闘っている人に「頑張ってね」という励ましの言葉は、「今だって頑張ってるよ」と反発の気持ちを持たれかねないので使わないように心掛けましょう。代わりに「よく頑張ってるね」と言い換え、相手の努力を認めていることを伝えてください。

LINEやメールで応援したいとき

LINEやメールで応援したいとき

直接逢うことができない場合は、LINEやメールで励ましの言葉を伝えることも大切です。しかし相手が目の前にいないため現状を正しく把握することが難しいので、絵文字や顔文字を使うときはあまり軽々しい感じにならないよう注意が必要です。「応援してるよ」という気持ちが伝わるように心掛けましょう。

励ましの言葉は伝える側の気持ちそのもの

ハート

励ましの言葉で相手をいたわりたいときは、まず話を聞くことから始めてください。落ち込んでいるときに話をしてくれるのは、あなたを信じている証拠です。励まそうとして言葉を選ぶより、相手の気持ちに寄り添うことが何よりもの癒しとなります。頑張れ以外の言葉をかけたいなら、素直な気持ちを言葉にして伝えてください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。