Large thumb shutterstock 379747969

部屋の湿度を下げる方法5つ|夏の夜に効果的な下げ方・除湿方法は?

更新:2019.06.21

部屋の湿度を下げる方法について5選にまとめました。高い湿度の効果的な下げ方や、除湿方法について詳しくご紹介します。湿度を下げることにはどう言ったメリットがあるのか、夜と昼冬と夏とではどれくらいの違いがあるのかなどについても触れていきます。

部屋の湿度を下げるメリットは?

部屋の湿度を下げるには?メリットとは①カビやダニ予防の効果

部屋の湿度を下げるメリット下げ方について、まずはご紹介します。部屋の湿度を下げるメリットの一つ目は「カビやダニ予防」に繋がると言う点でしょう。湿気が原因でカビが発生したり、ダニが増殖したことによってアレルギーなどを引き起こしてしまうこともあるでしょう。

そう言ったことを防止するためにも、湿気はある程度排除しておくことが必要なのです。何よりもお風呂場やキッチンなどは、カビがとても発生しやすいですよね。水場は汚くなってしまうととても深いですし目立ちますからカビを予防するためにも、湿度はしっかりと下げる必要があるのです。

部屋の湿度を下げるには?メリットとは②紙や写真の劣化防止

部屋の湿度を下げるメリット、下げ方の二つ目は「紙や写真の劣化防止」です。書類関係やイラスト、絵画や写真などは湿度に弱いと言われています。新聞紙は良く湿気を吸ってくれると言われていますよね。新聞紙を保管していたり、大事な写真を飾ったりしているとそう言ったものが湿度によって劣化してしまうかもしれません。

紙や写真などはとても湿度に弱いと言われています。部屋の湿度が高くなってしまうと、思い出の大切な写真が悪くなったり飾っている絵画などがどんどん劣化してしまうのです。しっかりと管理されていれば問題はありませんが、部屋にただ置いてあるだけでは確実に湿度によって劣化してしまうでしょう。

部屋の湿度を下げるには?メリットとは③木材に影響を予防出来る

部屋の湿度を下げるメリット、下げ方の三つ目として挙げられているのが「木材への影響を下げる」こと出来ると言うことでしょう。部屋や家が木造の場合、何よりも大敵となるのが湿度です。木材は上記でも述べた紙や写真と同様に、湿度に弱いと言うデメリットを持っているのです。

湿度を下げたり、部屋の湿度をしっかりと管理することで部屋の木材への絵依拠をしっかりと予防することが可能なのです。部屋の木材部分は湿度によって劣化してしまいかねません。しっかりと部屋の湿度管理をしてくことが大切なのです。

部屋の湿度を下げるには?メリットとは④部屋干しが出来る

部屋の高い湿度を下げるメリット、下げ方と言われているのが「部屋干しが出来る」と言う点でしょう。洗濯物が乾くとき部屋の湿度が高いままでは、なかなか乾くことが出来ません。それだけでなく洗濯物の湿気と部屋の湿気によってさらに、湿度を高くしてしまうことだって考えられます。

とは言え、天気と言うのは気まぐれで毎日必ず晴れるなんてことはありませんよね。部屋干しをすることだってあるでしょう。そう言ったときに、高い部屋の湿度を下げることで洗濯物を早く乾かすことが可能なのです。良くホテルや乾燥しがちなとき洗濯物を部屋に干しますよね。部屋が乾燥していると洗濯物は良く乾くのです。

湿気とは部屋への影響や洗濯物への影響だけにとどまりません。女性にとって大敵なのが髪の毛への影響ですよね。以下の記事では、紙が広がってしまうとき、湿気を抑えてくれるスタイリング剤についてまとめられています。是非そちらの記事も合わせてご参考にされてみてはいかがでしょか。

最適な部屋の湿度とは?

最適な部屋の湿度①夏は55~65%

部屋の最適な湿度とは、季節によって変わると言われています。湿度は下げれば良いと言う訳でもないのです。夏においての湿度は「55〜65%」が最適である、と言われています。夏において湿度は、なるべく下げた方が快適に過ごせます。特に日本の夏は湿気が強いとされていますから、湿気を下げることが快適なのです。

また昨今注目されている「熱中症」対策としても湿度がとても重要に関わってくるのです。湿気が高いと、体内の温度調節が上手く行かなくなり熱中症を引き起こします。部屋の中の湿度をしっかりと管理しなくては、根中小によって倒れてしまうことだって考えられますから、注しましょう。

最適な部屋の湿度②冬は45~60%

夏は部屋の湿度を下げて冬は湿度を上げることが、一番快適に過ごせると言われています。冬の適切な湿度は「45〜60」であるそうです。冬の場合、乾燥しがちになるのが何よりも大敵です。肌の乾燥だけではなく風やインフルエンザなどのウイルスが、活発に動いてしまうからなのです。

湿度が下がり過ぎてしまうことで、体調不良を引き起こしてしまう可能性があるのです。しかし、だからと言って湿度を上げすぎてしまうのも良くありませんのでしっかりと部屋の湿度管理を行うのが大切なのです。

部屋の湿度を下げる方法5つ

部屋の湿度を下げる方法下げ方①部屋の喚起

ではここからは「部屋の高い湿度を下げる方法下げ方」についてご紹介して行きます。部屋の湿度を下げる方法飲まず一つ目に挙げられるのが「部屋の換気」です。何よりもまずは換気が大切でしょう。今日は湿度が高いな、と感じたら部屋の扉を開けたり換気扇をまわすなどの対策をとりましょう。

部屋やリビングに風の通り道を造ってあげることによって、湿度が下がります。風通しを良くすることは、湿気を取り除くのに何よりも大切なことでもあるのです。窓を開けて換気扇を回すことによって、外と同じくらいの湿度に保つことが可能ですよ。外の湿度と部屋の湿度を合わせることが意外と重要なこととも言われています。

部屋の湿度を下げる方法下げ方②部屋や気にある場所に炭を置くこと

部屋の高い湿度を下げる方法、下げ方の二つ目に上げられるのが「炭を置く」です。炭と聞くとあまりな地味のないようにも感じられいますが、脱臭炭など炭を使って湿気や匂いを取り除くようなアイテムがたくさん登場していますよね。何よりも湿気を取り除くには炭が有効的であると言われているのです。

炭には無数の穴があいておりその穴が部屋の余分な水分を吸い取ってくれると言われています。また、湿気だけではなく炭には匂いを吸い取ってくれる効果もあり、部屋干しの嫌な匂いや梅雨時期の湿った匂いなどを取り除くことも出来るのです。カビなど気になる匂いまでも排除してくれるのでとても活躍してくれるアイテムです。

部屋の湿度を下げる方法下げ方③部屋の2か所窓を開ける

部屋の湿度を下げる方法の三つ目と言われているのが「2カ所の窓を開ける」ことです。上記でも述べたように、換気に大切なのは「風の通り道」を作ってあげると言うことです。換気扇を回すのも大事ですがそれと同時に風の通り道を造ってあげる必要があります。部屋二もし二つ以上窓があるならどちらの窓も開けましょう。

朝起きて部屋の窓を開けて空気を入れ替えるときには、2カ所以上の窓を開けることが大切です。1カ所だけ窓を開けても風が入ってくるだけの場所になってしまいます。2カ所以上開けることによって、風が入ってきて出て行く通り道が出来上がりますので、湿度を下げるのにはもってこいの方法なのです。

もしも家全体の湿度を下げたいと思ったときの下げ方としては、部屋の端っこと端っこ2つ以上の窓を開けるように心がけて下さい。部屋中の換気のために、風邪の通り道を造ってあげることが可能です。

部屋の湿度を下げる方法下げ方④エアコンの除湿機能

意外と皆さんが忘れがちな部屋の湿度を下げる方法、下げ方と言われているのが「エアコンの除湿機能」です。エアコンには「冷房」の他に「除湿」の機能が備わっています。これはかなり有効的な方法で、特に湿気の高い夏場などには、この除湿機能がかなり役に立つのです。

湿度を下げ方には、エアコンの除湿機能を使って部屋の湿度を下げてみましょう。特に家全体と言う訳ではなく、一つの部屋だけ湿度を下げたいと考えているときなどにも有効です。エアコンの除湿機能によって部屋の湿度を直接的に下げることになりますから、一度除湿機能を利用してみても良いですね。

部屋の湿度を下げる方法下げ方⑤新聞紙は湿気を吸う

部屋の湿度を下げる方法、下げ方としてとても有効とされているのが「新聞紙」です。新聞紙は良く湿気を吸ってくれるアイテムとして、古くから活躍しています。湿気にさらされたくない紙系のものや絵画などは新聞紙を間に挟んで湿気から守ろうとしていることもあるのです。湿度を下げるには新聞紙がとても有効的です。

新聞紙を取っている家庭などであれば、気軽に行える湿度を下げる方法でもあります。また、部屋干しを行っている間洗濯物の下に軽く丸めた新聞紙を何個か置いておくことによって部屋干しを早くすることが出来部屋干しの嫌な匂いを防ぐことも可能であると言われています。それくらい新聞紙は活躍してくれるアイテムなのです。

湿度の対策には、たくさんの人が悩んだりいろいろな方法を使って湿気取りを行いますよね。以下の記事では、湿気とりグッズについてまとめられています。お家でも簡単に出来る湿気対策や、保湿に効果的な物など、詳しくまとめられていますので是非そちらの記事も合わせてご参考にされてみてはいかがでしょうか。

部屋の湿度を下げるおすすめの除湿剤3選

部屋の湿度を下げるおすすめの除湿剤①備長炭ドライペット

部屋の湿度を下げるおすすめの除湿剤についてもご紹介します。「ドライペットシリーズ」は、テレビCMなどでも良く目にすることもあるでしょうクローゼット用や使い捨て部屋用など、さまざまな物が登場しておりそのとき、その場所へ合わせた物を選ぶことが可能です。

ドライペットシリーズは、除湿剤に備長炭と活性炭が特殊に配合されているため、湿度を下げるだけではなく湿気による嫌な匂いなどを取り除いてくれる効果が得られます。閉めっ放しな場所はひどく湿気がこもりやすいですから、クローゼットや靴箱など閉めっぱなしになる場所に置くことで効果が得られるでしょう。

部屋の湿度を下げるおすすめの除湿剤②水とりぞうさん

部屋の湿度を下げるおすすめの除湿剤の二つ目にご紹介するのが「水とりぞうさん」です。除湿剤の定番とも言われていますよね。シールを剥がすだけの簡単設計で水を捨てるシールがついています。消費者の負担と言われているのが「排水処理」なのです。水とりぞうさんは、シールを剥がすだけで簡単に排水が可能です。

そう言った消費者目線で作られたのがこの「水とりぞうさん」なのです。また大容量でたっぷりを水分や湿気を吸収してくれます。梅雨の時期でも一ヶ月程度は持ってくれるので、こまめに除湿剤を取り替える手間もなくなりますね。口コミではコストパフォーマンスが良いとも言われているので迷ったときはこちらが良いでしょう。

部屋の湿度を下げるおすすめの除湿剤③ふとん快適シート

毎日直接肌が触れる物であるからこそ気になるのがふとんの除湿でしょう。実はふとんの湿気は部屋にこもりやすくなるのです。部屋の湿度を下げるおすすめの除湿剤として「ふとん快適シート」もおすすめです。ふとんだけなら気にならないのではないか、とも思われがちですがふとんの湿気によって部屋の嫌な匂いに繋がります。

布系は実はかなり重要で、湿気や匂いを吸い込んでしまいやすいのと同時にその吸い込んだ湿気や匂いを放出してしまうのです。そう言った事態を防ぐためにも「ふとん快適シート」を使用しましょう。こちらのアイテムはふとんの下に敷いておくだけで汗や湿気を吸い取ってくれる効果があります。

ふとんと床の間に生じてしまう結露を防ぎ、部屋の除湿にも繋がるのです。ふとん快適シートは、天日干しすることによって繰り返し使用することも可能です。大判タイプですので、就寝時寝相が気になる方でも、ずれにくいのでおすすめですよ。

部屋の湿度を下げる時にしてはいけないNGな行動は?

高い湿度を下げる時にしてはいけないNGな行動①雨の日に窓を開ける

湿度を下げる時にしてはいけないNGな行動と言うのがあるのです。かえって悪影響になりかねない行動についてご紹介します。まず一つ目に挙げられるのが「雨の日に窓を開けること」です。雨の日、と言うのはとても湿度が高くなります。女性なら誰しもが雨の日に外へ出たくないと思ったことがあるでしょう。

髪の毛が広がってしまうなどの悪影響がありますよね。これは部屋に関しても同じことで、雨の日に窓を開けてしまうことによって部屋中に湿気が広がってしますのです。換気を行うために部屋のドアや窓を開けているのにも関わらず、雨によって湿気がどんどん部屋の中へと侵入して行きます。

せっかく部屋の湿気を取ろうとしているのに、それでは意味がありませんよね。湿度を下げたいと思っていても、雨の日には窓を開けないように心がけましょう。外は湿気でいっぱいですから、雨の日は窓を開けるのはぐっと我慢して晴れた日に換気をするようにしてくださいね。

高い湿度を下げる時にしてはいけないNGな行動②夜にお風呂の扉を開ける

湿度を下げる時にしてはいけないNGな行動の二つ目として挙げられるのが「夜にお風呂の扉を開けっ放し」と言う行動です。一見すると、お風呂場の湿気を逃がすために必要なことのようにも感じられますが、実はNGな行動なのです。と言うのも、お風呂場が湿気でいっぱいなのはわかっていますよね。

高いお風呂場の湿度を下げるために、扉を開けようと考えるものですがそうすることによってリビングや部屋へ湿気が流れて行ってしまうのです。お風呂場の湿気が部屋に流れてしまうのは、部屋の湿度を上げてしまうことになるのです。高い湿度が流れてしまうのは避けたいことですから、出来ればお風呂場の扉は閉めましょう。

ではお風呂場の湿気を下げるためにはどうしたら良いのでしょうか。お風呂場の湿度を下げるためには、外に面しているお風呂場の窓を開けてお風呂場の換気扇を回しましょう。そうするだけで十分お風呂場の湿度を下げることが可能です。窓がない場合は数センチだけお風呂場の扉を開けて換気扇を回してください。

部屋の湿度を測るおすすめの湿度計は?

部屋の湿度を測るおすすめの湿度計①小さいデジタル温湿度計

部屋の湿度を測るおすすめの湿度計についてもご紹介します。しっかりと部屋の湿度を管理するためには、湿度計も必要ですよね真図おすすめなのが「ドリテック 小さいデジタル温湿度計」です。エアコンの除湿機能をつけるときの目安にもなるでしょう。持ち運びにも最適なコンパクトサイズです。

表示されている表情などによって、熱中症やインフルエンザなどの危険度が把握出来るシステムとなっており、ペットや小さなお子さんがいる家庭にはおすすめのアイテムですよ。小型ですので、ベッドやリビング、窓際からデスクの上などさまざまな場所においておくことが可能です。

部屋の湿度を測るおすすめの湿度計②タニタデジタル温湿度計

部屋の湿度を測るおすすめの湿度計の二つ目としてご紹介するのが「タニタデジタル湿度計」です。タニタと言えば健康系のアイテムとして、とても有名なメーカーでもありますよね。見やすい中型タイプのデザインで、一目見ただけで部屋の湿度や温度をしっかりと把握することが可能です。

感想や快適、不快などの目安を簡単に計ることが可能ですので評価や口コミも高いです。目覚ましの機能から、過去の最低最高温湿度を表示してくれる機能までついています。マルチな機能に加えて、壁掛け、マグネット、置き型の3wayタイプなのが何よりも魅力です。キッチンやデスクなどさまざまな場所に持って行けます。

部屋の湿度を測るおすすめの湿度計③サーモプロデジタル温湿度計

部屋の湿度を測るおすすめの湿度計の三つ目が「サーモプロデジタル温湿度計」です。このアイテムは、バックライト機能とタッチパネルが搭載されたマルチな才能が搭載されています。ベッドサイドなどの薄暗い場所でもしっかりと温度や湿度を確認することが可能となります。

リセットを行うまで、すべての期間での最高最低の記録をボタン一つで切り替えることも可能です。遠くからでもしっかりと温度や湿度を確認することが出来るのも、特徴の一つで忙しいキッチンなどでもしっかりと表示を認識することが出来ます。湿度のレベルを三段階で表示してくれるので、理解もしやすいですね。

湿度管理は体調にも関わること部屋の湿度管理をしっかりと行おう!

雨

いかがでしたでしょうか。今回は部屋の湿度を下げる方法をメインに、湿度を下げることで生じるメリットや、湿度を下げたいときにしては行けないNGな行動など、さまざまな点から詳しく掘り下げてきました。湿度管理と言うのは、私たちの健康に何よりも重要となることなのです。

冬はある程度湿度を上げて置かなければ、風邪やインフルエンザなど危険にさらされる可能性がありますし、夏は湿度によって熱中症にかかってしまうかもしれません。部屋の湿度や温度を適正に保つことこそが、私たちの生活を快適にしくれるのです。湿度とは私たちの体調や健康に深く関わってくることなのですね。

そして部屋や写真など、思い出のものが湿度によって劣化してしまうのも出来れば避けたいことですよね。しかし、注意していただきたいのが「湿度を下げ過ぎ」てしまうことでしょう。下げすぎても上げすぎてもいけませんから、しっかりと湿度管理を行うのが大切です。自分の生活にあった方法で湿度管理を行いましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。