Large thumb shutterstock 407903728

天才と凡人の違い7つ!天才・凡人の特徴と見分け方も紹介!

更新:2021.04.16

天才と凡人の違いは、一見するとなかなかわかりにくい素質です。しかしよくよくこの二つを比べてみると、その違いがはっきり見えています。今回は、天才と凡人の違いだけでなく天才・凡人の特徴と見分け方についてもあわせて紹介していきます。



天才と凡人の違い7つ

天才と凡人の違い①知能指数の高さ

知能

天才と凡人を最も分かりやすく違いがわかるのは、やはり知能指数の高さです。基本的に天才の素質を持った人は、幼いころからその高い知性をあらゆる場面で発揮します。成長が凡人よりも早いため、時として周囲から孤立してしまうこともあります。凡人の場合、知能指数は決して低くありませんがやはり天才には及びません。

しかし知能指数が高いからと言って、オールマイティな能力を持ち合わせているわけではありません。場合によっては凡人よりも極端に劣っている部分があるのが天才の素質を持った人の特徴です。あくまでひとつの指標として理解しておくと良いでしょう。

天才と凡人の違い②まとっている雰囲気

雰囲気

天才と凡人の違いは、そのまとっている雰囲気でも感じ取ることができます。天才の素質を持っている人は、どことなく他者とは異なった雰囲気をまとっています。それは高いカリスマ性や、変わり者など様々ですが周囲から孤立している印象を見受けられるケースが多くあります。

それに比べて凡人は、特に雰囲気から特徴的なものを感じにくいでしょう。しかしそれは周囲に溶け込みやすいことで、協調性が高い証でもあります。天才は個性が強いうえに、他者に合わせるのを苦手とする人もいます。

天才と凡人の違い③考えや価値観

考え

天才は個性的な人が多く目立ちます。これは幼いころから既に確固とした考えや価値観を持っていることが理由として挙げられます。天才はそれを指標にして行動することが多いので、時として周囲を困惑させるような事態を招くこともあります。先にも触れたとおり、天才は周囲と合わせるのが苦手だからです。

対して凡人は、成長と共に考えや価値観が築き上げられていきます。その時の体験などによってそれが大きく変化することもあります。また性格的に考えや価値観がコロコロ変わってしまう人もおり、一貫性がないケースなども凡人には多い特徴です。

天才と凡人の違い④集中力

集中力

天才によくみられる特徴として、「集中力が高い」点があります。天才の素質を持った人は、関心のある物事に遭遇するとそれを解明するために積極的に取り組みます。自分が納得するまで、どれだけ時間をかけても気にしません。そのため、歴史的な偉人を見てみると特定の文化に特化している人が多いことがわかります。

もちろん凡人にも平均的な集中力が備わっています。しかし天才のように時間を忘れてしまうほど集中が続くことはありません。また、天才は関心のないことに対して集中力を使うことができませんが、凡人は集中力を使うことができるのも大きな違いと言えるでしょう。


天才と凡人の違い⑤生まれ持ったセンス

センス

天才の素質を持った人は生まれた時から卓越したセンスを持っています。生まれ持った独創的な考えや価値観をうまく利用して、周囲を惹きつけることもできます。時には、天才の素質を持った人は従来の慣例を捨てて新たな分野を開拓することもあります。そういったものを見つけるセンスを持っているのが、天才の特徴です。

そうした行動を「発信」と定義するならば、凡人はそれを「受信」する側と例えることができます。今ある生活に満足してしまいがちなのが、凡人の思考と言えるでしょう。関連記事ではセンスがいい人について解説しているので、参考にしてみてください。

天才と凡人の違い⑥努力するかいなか

努力

集中力に関係がある要素ですが、天才は常に努力する性質を持っています。天才と言われるとついつい生まれ持った性質ばかり注視してしまいがちですが、歴史の偉人は決してそういった人ばかりではありません。彼らは日々の努力を積み重ねた結果で、偉大なる功績を残せているのです。

しかし凡人は、ついつい努力を怠りがちです。例え実践したとしても、ある程度の結果を得られなければ諦めてしまいます。そういった挫折にもくじけないのが天才の特徴と言えるでしょう。

天才と凡人の違い⑦言動

会話

先にも触れたとおり、天才の素質を持った人は、独創的な考えや価値観を持っています。そういった性質は、言動に大きく影響されます。そのため、周囲を惹きつけるカリスマ的な存在になったり、逆に腫れもの扱いされてしまうことがあります。どちらにしても、結果的に孤立しやすい性質なのです。

対して凡人は、周りに対して配慮することができます。そのため、奇抜な言動をすることがあまりありません。しかし稀なケースとして、自分をよくしたいなどの理由からそういった言動をすることもあります。

知能指数が高いだけが天才ではない?天才の特徴5つ

天才の特徴①変わった振る舞いが目立つ

変わったふるまい

天才の特徴としてまず挙げられるのが、「変わった振る舞いが目立つ」という特徴です。天才の場合、そういった言動が生まれた時から見受けることができます。これは歴史上の人物でも多く見受けられる特徴で、その振る舞いによって人気者になったり、逆に扱いにくい子として周りから腫れもの扱いされるケースもあります。

それは言動だけでなく、服装など様々な形で見ることができます。基本的に、天才の素質を持った人は周囲の評価を気にすることがありません。そのため、注意されてもその態度が直ることはないでしょう。一見すると凡人に見えるような特徴なため、周囲が躍起になって改善を試みようとしますが、見守ることも大切です。

天才の特徴②集中力が高い

集中力

先に触れたとおり、天才の素質を持った人は周囲から見ると変わった言動をとりがちです。その要素のひとつとして挙げられるのが、「集中力が高い」という点です。特になにかしら関心を持つと、それに集中して周りが見えなくなってしまうことが多々あります。そうなると、彼らは何時間でも集中して取り組んでしまうのです。

天才の特徴③興味のないことはとことんできない

できない

天才の素質を持った人は、興味があることに関しては高い集中力をもって取り組むことができます。そのため、特定の分野で大活躍することができるでしょう。しかし反対に、興味のないことに関してとことんできないのも、天才の素質を持った人の特徴です。そのため、なにかしら苦手分野をもっている可能性もあります。

天才の特徴④自分の考えをしっかり持っている

考え

天才の素質を持った人は、自分の考えをしっかり持っています。何故なら周囲からの評価を気にすることもなく、自分の価値観や基準で行動してしまうからです。そのため、凡人には理解されにくく変人扱いされてしまうこともあるでしょう。また、周囲の意見を気にすることがないので、頑固な印象を受けることもあります。

天才の特徴⑤変わった雰囲気をまとっている

異質

天才の素質を持った人は、言動だけでなく全体的に変わった雰囲気をまとっているのも特徴のひとつです。また、雰囲気として以外にも女性の場合は胸が大きかったり、男性の場合は性欲が強いなど内外の要素が顕著に表れることもあります。関連記事では、雰囲気に関する解説が行われていますので、参考にしてみてください。

凡人の特徴4つ


凡人の特徴①自分を特別だと思っている

特別

凡人の特徴としてまず挙げられるのが、「自分を特別だと思っている」点です。これは、天才の素質を持った人と大きく異なるポイントとも言えます。凡人は、なにかしら自分に対して驕りを持ってしまいがちです。日々の生活においてちょっとした良い成績を収めたりすると、それだけで「自分はすごいんだ」と思ってしまいます。

しかしこの「特別」というのは、なにも過剰な自信を持つだけではありません。人によっては異常に自信がない人もいます。「自分にはなんの価値もない」と、マイナス方面に自分を特別視しているのです。天才の素質を持った人は、自分を特別視することはありませんから、その考えを持っているなら改めたほうが良いでしょう。

凡人の特徴②全体的にパッとしない

ぱっとしない

天才の素質を持った人は、全体的に周囲とは異なる雰囲気を持っています。また、内面的にも身体的にもなにかしら特別な特徴を持っていることも多いことが特徴です。しかし凡人には、そういった特徴的な要素というものがありません。そのため、全体的にもあまりパッとしない印象を受けるでしょう。

凡人の特徴③すぐに諦めて努力をしない

努力しない

凡人というのは、決して自分を特別視している人だけではありません。自分は凡人なんだと自覚している人もいます。こういうケースでは、自分の能力が天才には到底及ばないのだと思っています。そのため、あまり向上心を持たずに努力することをしません。また、悪い結果が出るとすぐに諦めてしまいます。

そのため、仕事面においては「無能」や「怠けもの」といったレッテルを貼られてしまうこともあります。関連記事では、無能や怠けものの特徴に関する解説がより詳しくされていますので、参考にしてみてください。

凡人の特徴④今の環境に甘えてしまいがち

甘え

先にも触れたとおり、凡人は基本的にすぐに諦めて努力を怠ってしまいがちです。そのため、今の環境が良ければそのまま維持することを最優先してしまいます。それは、生活面だけでなく、仕事面などあらゆる要素で言えることです。時に、苦しい環境であっても、目の前の物事をこなすだけに留めてしまうこともあります。

天才の素質を持った人は、決して今の環境を良しとしません。それがもし関心があることならば、より積極的な姿勢で取り組みます。そして結果的に、今の環境よりもより良い環境を手に入れることができるケースもあります。

天才と凡人の見分け方

言動の基準から見極める

見極める

天才の特徴でも触れたとおり、天才の素質を持った人は全体的変わった言動をしてしまいがちです。そのため、周囲に理解されずに腫れもの扱いされることもあります。これは自分の価値観を大事にしているからこそですが、凡人の場合は自分をよく見せるなどなにかしら理由をもって振舞っていることがあります。

しかしそういった違いは、なかなか見極めにくい要素でもあります。関連記事では、変わった言動に関する内容を解説していますので、参考にしてみてください。

天才は理解されない?

独創的な考えに凡人は困惑する

困惑

天才の素質を持った人は、基本的に独創的な考えを持っています。それは考えだけでなく、言動などあらゆる場面において顕著です。時にはルールを無視することもあるため、周囲は理解できずに困惑してしまうのです。

しかし天才も傷つくことも

傷つく

基本的に天才の素質を持った人は、周囲の意見を気にしませんが、だからといって全くなにも思わないわけではありません。それが悪意を持った振る舞いならば酷く傷つくでしょう。天才の素質を持った人は、凡人と同じ心をもった人間であることを忘れてはいけません。

天才と凡人の違いを理解しよう!

今回は、天才と凡人の違いについて解説しました。内容からわかる通り、一見すると同じように見えてもその言動の理由に大きな違いがあることがわかります。それぞれの特徴を理解し見極めることで、天才だけでなく凡人とも上手に付き合っていきましょう。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。